Home > ROCK/PROGRE > 9/20(木)ロック・プログレ新品新入荷情報!PAULMCCARTNEY新作の限定US盤など

9/20(木)ロック・プログレ新品新入荷情報!PAULMCCARTNEY新作の限定US盤など

  • 2018-09-20
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
今度はUS盤が到着!
★PAULMCCARTNEY.COM限定デラックス・ブルー&オレンジ・カラー・ヴァイナル180グラム!

●PAUL MCCARTNEY / EGYPT STATION (DELUXE EDITION COLORED 180G 2LP/US) 輸入LP 10,044円(税込) (CAPITOL / B002878601 / 2299990222680)
≪輸入PAULMCCARTNEY.COM限定デラックス・ブルー&オレンジ・カラー・ヴァイナル180グラム重量盤2LP/トライ・ゲートフォールド・スリーヴ装/US盤≫

BEATLES X 現代サウンドともいうべき強力作に仕上がった2018年新作がCD/LPリリース!
2013年作『NEW』以来となる5年ぶりの新作は、古巣ともいえるCAPITOL RECORDSへの移籍後第1弾フル・アルバムにして、スタジオ・ソロ17作目。アルバムに先立ち6月21日に両A面の先行シングル"I DON'T KNOW / COME ON TO ME"がデジタル・リリースされ全世界でニュースとなっています。ジャケット・アートワークはPAUL画伯によるもので、印象的なアルバム・タイトルはこの絵にちなんで名付けられたとのこと。

"I DON'T KNOW"は美しいピアノのイントロで始まるPAULにしか作れないであろう哀愁のドラマティックなミディアム・バラッド・チューン、"COME ON TO ME"はライヴで絶対に盛り上がるであろう胸の高鳴るキャッチーなロック・チューン。いずれもBEATLESやWINGSを彷彿とさせるPAULらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされており、アルバムの完成度の高さを予感させます。レコーディングはLA、ロンドン、サセックスで行われ、ONEREPUBLICのRYAN TEDDERが担当した1曲を除き、GREG KURSTIN (ADELE、BECK、FOO FIGHTERSなど)がプロデュース。

「僕は『EGYPT STATION』という言葉を気に入ってる。僕らがかつて作っていた「アルバム」を思い起こさせるね。『EGYPT STATION』は1曲目の駅から出発して、それぞれの曲がまるで違う駅のようなんだ。そのアイデアがすべての曲の元になっている。それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている」
--- PAUL MCCARTNEY

タイトルの発想に正しく、楽曲は独特なトラベローグ(紀行映画)のような雰囲気を持っています。音響的瞑想とアナウンスされる"HAPPY WITH YOU"、これまでのどのアルバムに入っていてもおかしくないタイムレスなアンセム"'PEOPLE WANT PEACE"、7分に及ぶ組曲"DESPITE REPEATED WARNINGS"等を旅しながら、オープニングとクロージングを飾るインストゥルメンタル"STATION"と"STATION II"に挟まれる全16曲。PAULはその場所や時を捉え、リスナーをスムースに次の行先に運んでいきます。


★こちらはCDです!

●PAUL MCCARTNEY / EGYPT STATION (TARGET EXCLUSIVE CD) (US) 輸入CD 4,104円(税込) (CAPITOL / 53758698 / 0602567797470)
≪輸入TARGET EXCLUSIVE CD + 2 EXTRA SONGS/US盤≫
※ジャケットを留めるゴムの色は通常の赤ではなく緑色です。





★68年記念すべき1STシングル楽曲が50周年記念ヴァージョンでCD EPリリース!

●MARY HOPKIN / THOSE WERE THE DAYS 2018 (CD EP) 輸入CDS 1,296円(税込) (MARY HOPKIN MUSIC / MHM011CD / 5060192480290)
68年記念すべき1STシングル楽曲が50周年記念ヴァージョンでCD EPリリース!BEATLESのAPPLE RECORDSから発売された最初のレコードとなった"THOSE WERE THE DAYS (邦題:悲しき天使)"は、元々はロシア民謡を英語化した楽曲で、当時18歳の新鋭フォーク歌手だったMARY HOPKINがPAUL MCCARTNEYのプロデュースで発表した68年の国際的ヒット・シングルでした。

MARYは回想しています。
「ABBEY ROADでのレコーディングは私にとってとても重要な転機だった。フル・オーケストラを前に怖気づき、楽曲も私にとっては新たな挑戦だったので、とても臆病になっていたの。ポールがやってきて言ったわ、『歌詞のことを思い描いてみて、主人公がどんな人なのかってね』。そのときは自分でもすぐには満足できなかったから、『家に帰って考えてみて、また月曜にやってみよう』って言われて。週末、JOHN LENNONが家に電話をかけてきてくれて、『人は誰でも間違えるものさ、やってみよう、大丈夫さ』って。私がナーバスになっているのをPAULがJOHNに言ってくれていたみたい。とても素敵なことよね。」「月曜になって録音を終えて、うまくいったねって彼らは言ってくれた。でも私はもっと曲に心地よさを感じるようになっていたの。ただの高校生だった私には歌詞の内容はずっと大人の話だったけれど、PAULがあの曲を私に与えてくれたことは本当に恵まれたことだったと思うわ。」

時を経て、愛娘JESSICAがMARYに新たな録音を薦めたことから始まった2018年のプロジェクト。「RICHARD HEWSONのオリジナル・アレンジメントは好きだけれど、より静かな、思慮深いものをやってみたかった」というそのレコーディングは、JESSICAのピアノとギターをバックに、彼女のパートナーのCHRISTIANがエンジニアリングという家内制手録音。改めてフォーク・クラブで聴かれるようなアコースティックで美しいヴァージョンとなった2018年版に加え、72年RALPH MCTELLの前座として出演したROYAL FESTIVAL HALLでのライヴ・ヴァージョン、さらに当時の夫TONY VISCONTIとともに残した77年のオフィシャル・レコーディングと、"THOSE WERE THE DAYS"に続く2NDシングルとなった69年PAUL楽曲"GOODBYE"の同77年ヴァージョンもコンパイル。





★ROGER NICHOLS & PAUL WILLIAMSの黄金コンビによる70年作がスカイ・ブルー・ヴァイナル仕様&ボーナス追加で初アナログ・リイシュー!

●PAUL WILLIAMS / SOMEDAY MAN (COLORED LP) 輸入LP 3,024円(税込) (SHIP TO SHORE / STS029 / 0615855247274)
ROGER NICHOLS & PAUL WILLIAMSの黄金コンビによる70年作がスカイ・ブルー・ヴァイナル仕様&ボーナス追加で初アナログ・リイシュー!処女サイケ・ポップ・バンドHOLY MACKERELの解散を経て1970年にPAUL WILLIAMSの1STソロ・アルバムとしてリリースされた本作は、自身の詞を全編盟友ROGER NICHOLSのメロディに乗せて歌った奇跡の大名盤。アルバムによっては鬱陶しくも感じるPAUL WILLIAMSの男臭い歌声と彼独特の敗北や傷心といった詞のテーマが今作ではROGER NICHOLSのセンチメンタルなメロディにズバリとハマリ、「男泣きのソフト・ロック」という評価に相応しいビターでスウィートな唯一無二の世界を作り出しています。前年にMONKEESがヒットさせたタイトル・トラック"SOMEDAY MAN"をはじめ全曲ROGER NICHOLSとの共作による珠玉のメロディ・ラインはもちろんのこと、ARTIE BUTLERやBOB THOMPSON、PERRY BOTKIN JR.といった超強力アレンジャー陣による流麗なアレンジがまた最高な仕上がりとなったまさに捨て曲無しの一枚です。

「全曲名曲」というあり得ないクォリティのオリジナルに加え、"SO MANY PEOPLE"、"I KNOW YOU"のデモ音源をボーナス追加。レア・フォト、PAUL WILLIAMSとROGER NICHOLS、音楽史家RICHARD BARONEによる新規ライナーノーツ掲載カラー・インサート付属。








97年ライヴ音源が初CDリリース!

●MARSHALL TUCKER BAND / LIVE AT PLEASURE ISLAND '97 輸入CD 2,160円(税込) (MOUNTAIN MAN MUSIC / CFU01165 / 0819514011651)
97年ライヴ音源が初CDリリース!
97年7月7日、フロリダ州オーランドはウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内のナイト・クラブPLEASURE ISLAND公演を収録。ソングライター/リード・ギタリストTOY CALDWELLを中心にサウスカロライナ州スパータンバーグで結成、ロック、カントリー、ブルース、ジャズを多彩に織り込みながらALLMAN BROTHERS BANDに次ぐ成功を収めたCAPRICORNのサザン・ロック代表格MARSHALL TUCKER BAND。得意のスロウなインスト・ジャムを挟みながら、73年1ST『THE MARSHALL TUCKER BAND』の"TAKE THE HIGHWAY"に"CAN'T YOU SEE"、74年3RD『WHERE WE ALL BELONG』からのメロウ・チューン"THIS OL' COWBOY"に熱狂ライヴ・ジャム"24 HOURS AT A TIME"、75年4TH『SEARCHING FOR A RAINBOW』の"SEARCHING FOR A RAINBOW"、"CAN'T YOU SEE"、77年6TH『CAROLINA DREAMS』の"HEARD IT IN A LOVE SONG"、78年9TH『RUNNIN' LIKE THE WIND』の"RUNNIN' LIKE THE WIND"に直近98年作『FACE DOWN IN THE BLUES』からの"LIKE GOOD MUSIC"も披露するファン必聴の一夜です。レコード盤面風のブラック・ポリカーボネイトHDCD仕様。コレクターズ・エディション2000枚限定盤。





50周年を記念した2枚組ベストアルバム新曲2曲を収録!

●JEAN-MICHEL JARRE / PLANET JARRE: DELUXE VERSION 輸入CD 2,484円(税込) (COLUMBIA / 19075833792 / 0190758337920)
フランスのエレクトロニック・ミュージックのパイオニア:ジャン=ミッシェル・ジャールの、音楽活動50周年を記念した2枚組ベストアルバム『PLANET JARRE』 新曲2曲を収録。
フランスを代表するシンセサイザー奏者であり、エレクトロニック・ミュージックのゴッド・ファーザー的な存在であるジャン・ミッシェル・ジャールの音楽活動50周年を記念したベスト・アルバム。今回のベスト・アルバムは、全41曲が楽曲によって「Soundscapes」「Themes」「Sequences」「Explorations&Early Works」という4つのパートに分けられており、ジャン=ミシェル・ジャール本人の監修のもと、全曲最新のリマスタリングが行われた。
また、「Coachella Opening」と「Herbalizer」という未発表の新曲2曲も収録され、従来のファンから初めて彼の音楽に触れるリスナーまで、ジャンの偉大な歴史を十分に楽しめる内容となっている。
【2018 Remaster/2枚組/3面Digipack仕様】





スタジオ・ワン、スカ・アルバムの定番中の定番が公式再発!

●SKATALITES / SKA AUTHENTIC VOL.1 輸入LP 3,348円(税込) (STUDIO ONE / SUDO151 / 0634457901513)
スタジオ・ワン、スカ・アルバムの定番中の定番が公式再発!63年から活動を共にし、スタワンのスタジオ・ミュージシャンとしてSKATALITES結成、64年春にこのアルバムを発表し僅か2年で解散、と説明不要のオリジネーターによる教科書と言ったところ。キングストン教会所属の全寮制学校で、JAZZの音楽教育を取り入れていたアルファボーイズスクール出身を中心に彼らなりのJAZZを追求した結果、早熟でありながら未完でありながら、その後世界中を虜し、民族音楽としてWORLD MUSICの枠に収まらずここ日本でも確固たる音楽のジャンルとして確立することとなった「SKA」を生み出すことになる。キューバ出身のコンガ奏者「モンゴ・サンタマリア」を下敷きにした「LEE OSWALD」,「BRIDGE VIEW」などはローランド・アルフォンソ(sax)のお気に入りだったそうだ。再発盤も長らく廃盤状態だったので今回の再発は見逃さないでください。






スタジオ・ワン、スカ・アルバムの定番中の定番が公式再発!

●ANNETTE BRISSETT / BETRAYED 輸入12" 1,728円(税込) (WACKIE'S / W715 / 2299990591511)
83年にWACKIE'SからリリースされたANNETTE BRISSETT『LOVE POWER』からのシングル・カット。極甘フィメール・ルーツで人気の一枚でオリジナル盤も高額。アルバムには未収録のダブも収録されておりWACKIE'Sファンならこちらも見逃せない一枚です。




【再入荷】
★69年3RDが180グラム重量盤リマスター・アナログ・リイシュー!

●THE PETARDS / HITSHOCK (180G LP) 輸入LP 2,592円(税込) (BEAR FAMILY / BAF18048 / 5397102180484)
69年3RDが180グラム重量盤リマスター・アナログ・リイシュー!のち独LIBERTYのA&Rヘッドとして活躍することになるヴォーカル/キーボードのKLAUSとギター/ヴォーカルのHORSTのEBERT兄弟を中心に61年結成、のちにオルガン・ハードODIN/ハード・ファンクRANDY PIEで活躍するギタリストBERND WIPPICHも72年以降に在籍したジャーマン・ビート/のちヘヴィ・サイケ・バンドTHE PETARDS。シンセ、メロトロン、ピアノが導入され、サイケデリックでプログレッシヴな時代の波に呼応した意欲作。隣国フランスへも進出し、シングル"BLUE FIRE LIGHT"はフランスとベルギーでトップ・テン入りの成功を収めています。英独ショート・バイオグラフィー掲載インサート。オリジナルA3ポスターリプロ封入。

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 9/20(木)ロック・プログレ新品新入荷情報!PAULMCCARTNEY新作の限定US盤など

Page Top