Home > ROCK/PROGRE > 6/19(火)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!輸入盤編その①!WILKO JOHNSON2018年新録新作が輸入盤でも入荷など

6/19(火)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!輸入盤編その①!WILKO JOHNSON2018年新録新作が輸入盤でも入荷など

  • 2018-06-19
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★2018年新録新作がCD/LPリリース!

●WILKO JOHNSON / BLOW YOUR MIND (CD) 輸入CD 2,160円(税込) (UNIVERSAL / 6734811)
●WILKO JOHNSON / BLOW YOUR MIND (LP) 輸入LP 3,456円(税込) (UNIVERSAL / 6734813)

2018年新録新作がCD/LPリリース!

「俺がこんなアルバムを作ることになるとは夢にも思っていなかった。」
--- WILKO JOHNSON

「俺はもうじき死ぬ予定になっているんだ。」 キャンヴェイ・アイランドから生まれた名バンド、DR. FEELGOODの伝説的なギタリストだったWILKO JOHNSONは、2012年末に末期の膵臓癌と診断された。しかし医師たちの下した最悪の予想に反して、彼は元気一杯に活動を続けていった。さらには、かの有名なROGER DALTREYと組んだ共演アルバム『GOING BACK HOME』まで発表。これは彼のキャリアの中でも最高のヒット作となった。

このアルバムが大成功を収めたあと、WILKOはまた別の医師(ロック写真家でもあった)のサード・オピニオンにより手術を受け、ガンを克服したと発表。このキャリア後期の復活劇について、彼は独特のユーモアを交えながらこう述べている。「お前はじきに死ぬだろうと言われると、何より生きているって実感できるもんだね。」

本作は、WILKOにとって30年ぶりのオリジナルの新曲で構成されたアルバムである。ここで聴けるのは、まさに「生きていると実感している」人間のサウンドだ。このアルバムには、長年に渡ってWILKOのバックを務めてきたベーシストNORMAN WATT-ROYとSTEVE HOWEの息子でドラマーのDYLAN HOWEが参加。またプロデュースは、大ヒットしたDALTREYとの共演作『GOING BACK HOME』に続いてDAVE ERINGAが担当し、前作にも参加したキーボーディストMICK TALBOTとハーモニカでSTEVE WESTONも参加。WILKOは「自分がこんなアルバムを作ることになるとは夢にも思わなかった」と話す。収録曲のテーマとなっているのは、過去5年間に経験した試練の日々。たとえば"MARIJUANA"や"TAKE IT EASY"といった曲は、彼が受けた末期癌の告知のことを直接採り上げている。

30年ぶりの新曲の歌詞について、WILKOはこう語る。「70歳にもなると厄介だよ。つまり、この年齢の人間が何を歌えばいいんだい? 『愛してるよベイビー、でも君はつれないよね』とかなんとか歌うっていうのかい? まさかな! そういうところがちょっと問題になってくる。でも、自分がその手の歌詞じゃなくて現実の経験を曲にするなんて思ってもいなかった。病気になるまではね。」

こうした心のこもった歌詞を歌うくらいだから、WILKOのR&Bサウンドも以前よりソフトになっているのではないか......そう予想していた人は驚くことになるだろう。むしろ、本人が「ザ・チョップ」と呼ぶあのギターは以前にも増して攻撃的だ。このアルバムには内省的な曲も収められているが、その一方でアルバム・タイトル曲や"BEAUTY"、"I LOVE THE WAY YOU DO"といった曲は古き良き陽気なパーティ風の雰囲気になっている。そこにはDR. FEELGOOD時代と同じく聴く者を駆り立てるような迫力が満ちあふれている。

さまざまな試練を乗り越えてWILKOは再びスタジオに入り、アルバムを作り上げた。本人は、このアルバムに収められた12の曲について次のように語っている。「こういう歌を録音するつもりは実のところなかったし、自分がスタジオにまた入ることがあるのかどうかさえわからなかった。曲のひとつは、あの時期を振り返ったものになっている。夜、家の中で座り込んで、死が迫ってきていることを感じている......という内容でね。その曲も録音したし、アルバムに入る予定。実はかなり元気のいい曲でもあるんだ!」

プロデューサーのDAVE ERINGAは、簡潔にこうまとめている。「『GOING BACK HOME』のあと、WILKO JOHNSONのアルバムをもう1枚作ることになるなんて予想もしていなかった。でもWILKOの30年ぶりの新曲を録音できるなんて本当に嬉しいことだったし、本当に特別な仕事だったよ! 彼は音楽界を代表する本物の紳士のひとりだ ―― 教養も知性もあるし、考えもはっきりしている。それでいて、めちゃくちゃロックンロールしているんだ!」





★66年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●GREAT SOCIETY / LIVE AT THE MATRIX 輸入CD 1,944円(税込) (RETRO WORLD / FLOATS6348)

66年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

66年6月21日、サンフランシスコはMATRIX公演を収録。

のちにJEFFERSON AIRPLANEで爆発するモデル上がりのシンガーGRACE SLICKと、当時の夫でドラマーJERRY SLICK、義兄でギタリストのDARBY SLICKを中心とした6人組THE GREAT SOCIETY。65年から66年の短期間にベイエリアのアシッド・ロック・シーンを駆け抜け、66年2月にリリースされたDARBY SLICK作の唯一シングル"SOMEONE TO LOVE"で強烈なインパクトを放った彼等の、どんよりと陰りをもった一足先を行くサイケデリック・サウンドにインド/東洋のムード、フォーク・ロックにブルース・ロックなサウンドをすでに存分に聴かせる貴重なステージを収録しています。





★73年7THがボーナス追加のリマスター&エキスパンデッド・エディションCD+DVDリイシュー!

●PROCOL HARUM / GRAND HOTEL (EXPANDED EDITION CD+DVD) 輸入CD+DVD 2,484円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC22632 / 5013929473249)
GARY BROOKER (PIANO, VOCALS)、ALAN CARTWRIGHT (BASS)、CHRIS COPPING (ORGAN)、MICK GRABHAM (GUITARS)、B.J. WILSON (DRUMS)という布陣でのファースト・アルバムであり、彼らの後期の最高傑作と評される名盤。荘厳なオーケストレーションと陰影に富んだサウンドからなるトータル・コンセプト・アルバム。 

初期のレコーディング・セッションからの3曲の未発表楽曲を含む5曲のボーナス音源に、RTBFテレビが収めた79年11月のベルギー公演の未発表パフォーマンスを収録したDVDが付属したファン必携の2枚組。GARY BROOKERのパーソナル・アーカイヴからのマテリアル掲載ブックレット。

デジパック装。

※本DVDは一般的な国産DVDプレイヤーで視聴可能です。NTSC / REGION FREE



★74年8THがボーナス追加のリマスター&エキスパンデッド・エディション3CDリイシュー!

●PROCOL HARUM / EXOTIC BIRDS AND FRUIT (EXPANDED EDITION 3CD) 輸入CD 3,240円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC32633 / 5013929473348)
73年冬の産業紛争の結果、停電に巻き込まれた一連のセッションを経た録音ながら、難しいコンディションの中でもGARY BROOKERと作詞家KEITH REIDのコンビネーションの良さを見せつけた快作。

2曲のボーナスを含むオリジナル・アルバムに加え、74年3月のBBC RADIO ONEの「IN CONCERT」ショウの模様と74年7月5日のダラスはKZEW FMのJANUARY SOUND STUDIOSでのライヴ・セットを完全収録したボーナス・ディスク2枚が付属したファン必携の3枚組。GARY BROOKERのパーソナル・アーカイヴからのマテリアル掲載ブックレット。

デジパック装。



★91年作がボーナス追加のリマスター&エキスパンデッド・エディションCDリイシュー!

●PROCOL HARUM / THE PRODIGAL STRANGER: REMASTERED & EXPANDED EDITION 輸入CD 1,944円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC2634 / 5013929473447)
実に14年ぶりにGARY BROOKER、作詞家KEITH REID、オルガニストMATTHEW FISHER、ギタリストROBIN TROWERが揃い、ベーシストDAVE BRONZE、ドラマーMARK BRZEZICKIを加えた編成で残された再結成PROCOL HARUMによる一枚。

90年のデモ音源2曲と03年ドイツのSWR RADIOで録音された"HOLDING ON"のライヴ・レコーディングの3曲をボーナス追加したファン必携盤。GARY BROOKERのパーソナル・アーカイヴからのマテリアル掲載ブックレット。





★60S英国フォーク・ポップ・コンピレーションが3CDリリース!

●V.A. (ROCK GIANTS) / GATHERED FROM COINCIDENCE: THE BRITISH FOLK-POP SOUND OF 1965-66 (3CD BOX) 輸入CD 3,240円(税込) (GRAPEFRUIT / CRSEGBOX043 / 5013929184305)
65年頃にピークを迎えた英国フォーク・ポップの潮流。60年代半ばのブームを多面的に取り扱った全79曲3枚組コンピレーションが登場です。THE SEARCHERSにPETER & GORDON、THE POETS、THE CHOSEN FEW、THE ZOMBIESにMARC BOLAN、THE MIRAGE FEATURING GRAHAM NASH、GULLIVERS PEOPLE、DAVID & JONATHAN、DONOVAN、BILL FAY、THE KINKS、ADAM FAITH、DAVEY GRAHAM、MEIC STEVENSなどなどなど、DYLANにインスパイアされつつもコマーシャルなポップ性を湛えたシンガー・ソングライターに、より内向的なビート・バンド、MARIANNE FAITHFULL直系の歌姫に、新時代のR&Bを取り入れたグループなど、チャート・ヒットからオブスキュアまで初CD化音源や未発表楽曲も含みつつ 6弦/12弦リッケンバッカーがキラキラと響き渡る好企画盤です。





★75年改名後1STがCDリイシュー!

●MOTT / DRIVE ON 輸入CD 1,944円(税込) (FLOATING WORLD / FLOATM6319 / 0805772631922)
ソロに専念するためIAN HUNTERとMICK RONSONが脱退後、残ったメンバーでMOTT THE HOOPLEからからMOTTと改名。OPAL BUTTERFLYやHACKENSACKで活動していたギター/ヴォーカルのRAY MAJORと当時完全無名のリード・ヴァーカル/ギターNIGEL BENJAMIを新たに加えて制作された75年再編成再デビュー作。IAN HUNTERの穴を埋めるべく奮闘するメンバーの熱量が伝わる好作で、ほぼ全曲を担当したベーシストPETE 'OVEREND' WATTSのソングライティングもノッています。ストレートな英国ロックにハード・ロッキンなエッセンスもまぶした一枚に仕上がっています。





★実験音楽好きもオールド・タイム・ファンもアシッド・フォーク・ファンも! 78年自主盤が初のアナログ・リイシュー!

●J.JASMINE J / MY NEW MUSIC (LP) 輸入LP 2,484円(税込) (UNSEEN WORLDS / UW016LP)

実験音楽好きもオールド・タイム・ファンもアシッド・フォーク・ファンも! 78年自主盤が初のアナログ・リイシュー!

米国実験音楽の重鎮ROBERT ASHLEYの諸作品への参加や、同UNSEEN WORLDSからすでに音盤化済みの実験電子音楽家DAVID ROSENBOOMとの共作発掘音源でも知られる女性マルチ・パフォーマー、J.JASMINEことJACQUELINE HUMBERT。

映画監督GEORGE MANUPELLIとのコラボレーションとしてANN ARBOR FILM FESTIVALのために製作を開始、DAVID ROSENBOOMのプロデュースの元で残されたJ.JASMINE名義の唯一作。ROBERT ASHLEYやDAVID ROSENBOOMとともにカリフォルニア州オークランドのミルズ大学で活動していた同じく実験音楽界の鬼才DAVID BEHRMAN、SAM ASHLEYらがバッキング・ヴォーカルを担当。ROSENBOOM流儀のジャンルを飛び越えたキャバレー・スタイルのアート・ソングは アシッドでアヴァンで陽気でスウィートで洒脱でいびつ、結果としてフォークともイージー・リスニングともサロン・ミュージックとも言えない不可思議な名盤に仕上がっています。

ダウンロード・コード付属。





★63-64年レア&ライヴ音源がブルー・ヴァイナル仕様でアナログ・リリース!

●BEATLES / BEATLES MELBOURNE (COLORED LP) 輸入LP 3,024円(税込) (ROCKWELL / RWLP034-C)

63-64年レア&ライヴ音源がブルー・ヴァイナル仕様でアナログ・リリース!

64年6月17日のオーストリアはメルボルンのTHE FESTIVAL HALL公演に加え、63年3月5日、64年4月15日、64年9月30日に残されたスタジオ・アウトテイクをコンパイル。

300枚限定盤。





★86年FMラジオ放送用ライヴ音源がブルー・ヴァイナル仕様でLP化!

●NEIL YOUNG (& CRAZY HORSE) / INTO THE BLUE (COLORED LP) 輸入LP 2,700円(税込) (CODA / CPLVNY288)

86年FMラジオ放送用ライヴ音源がブルー・ヴァイナル仕様でLP化!

86年カリフォルニア州ブリスベンのCOW PALACE公演を収録。

CRAZY HORSE抜きの86年作『LANDING ON WATER』を携え、次作『LIFE』の録音で再度CRAZY HORSEと融合、FRANK SAMPEDRO、RALPH MOLINA、BILLY TALBOT、RALPH MOLINAによるCRAZY HORSEを引き連れ86年9月から11月まで北米を回った「IN A RUSTED OUT GARAGE」ツアー。69年『EVERYBODY KNOWS THIS IS NOWHERE』の"CINNAMON GIRL"から"DOWN BY THE RIVER"、72年『HARVEST』の"HEART OF GOLD"、75年『ZUMA』の"CORTEZ THE KILLER"、79年『RUST NEVER SLEEPS』の"HEY HEY, MY MY (INTO THE BLACK)"に最新作『LANDING ON WATER』の"VIOLENT SIDE"など充実期の名演が詰まったファン必携盤です。





★74年WHFS-FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●LOWELL GEORGE WITH LINDA RONSTADT AND FRIENDS / LIVE IN MARYLAND '74 輸入CD 2,160円(税込) (ROXVOX / RVCD2091)

74年WHFS-FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

74年3月19日、メリーランド州ベセスダのラジオ局WHFSのスタジオ・セッション・ライヴを収録。

のちにSUZY BOGGUSSがヒットさせる"HEARTACHE"やLITTLE FEATクラシック"SAILIN SHOES"に"WILLIN'"など、友人達の手を借りつつのLOWELLとLINDAによるアンプラグド・デュエットや、LOWELLのソロ・ヴァージョンによるレア楽曲"CHINA WHITE"などなど、音楽やツアー、レコードに関してのトークを交えながら紡がれる貴重なステージが詰まっています。





★86年テレビ放送用ライヴ音源が2CD化!

●BOB DYLAN & TOM PETTY / NEW YORK 1986 (2CD) 輸入CD 2,592円(税込) (ROXVOX / RV2CD2028)

86年テレビ放送用ライヴ音源が2CD化!

86年7月13日、ニューヨーク州東部サラトガ・スプリングズはSARATOGA PERFORMING ARTS CENTER公演を収録。

当時 名実共に全米トップ・クラスのロック・バンドと化したTOM PETTY AND THE HEARTBREAKERSと、生ける伝説BOB DYLANによる共闘ツアー「TRUE CONFESSIONS TOUR」からの一夜。85年に開催されたチャリティー・コンサート「FARM AID」で意気投合した2人、その後HEARTBREAKERSを引き連れ2年間ライヴを共にする事となります。20000人の観客を前に確かなバンド・サウンドとDYLANのヴォーカルが調和した"UNCHAIN MY HEART"や"POSITIVELY FOURTH STREET"を披露、HEARTBREAKERS単体でのステージでは87年作『LET ME UP (I'VE HAD ENOUGH)』からの"THINK ABOUT ME"先行披露やデビュー作からの1STシングル"BREAKDOWN"など、DYLANのソロ・セットでは"ONE TOO MANY MORNINGS"、"MR. TAMBOURINE MAN"といったクラシックも披露、アンコールでは怒涛の"BLOWIN' IN THE WIND"、"HOUSE OF THE RISIN' SUN"、"KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR"と充実しまくりのファン必携名演盤です。





★96年ライヴ・アルバムが2CDリイシュー!

●LITTLE FEAT / LIVE FROM NEON PARK 輸入CD 1,944円(税込) (FLOATING WORLD / FLOATM6353)

96年ライヴ・アルバムが2CDリイシュー!

79年のLOWELL GEORGEの死後、87年になって残ったメンバーで再結成した新生LITTLE FEAT。バンドにとって2作目となるライヴ・アルバム。ファンにはおなじみのバンドの友人にして数々のバンドの名盤のジャケットを手掛けてきたアーティストNEON PARKに捧げた一枚で、"WILLIN'"や"DIXIE CHICKEN"、"SAILIN' SHOES"といったクラシックも披露。ロックンロールにブルース、R&B、ブギー、カントリー、フォーク、ゴスペル、ソウル、ファンクにジャズと相変わらずのブレンド感覚が詰まりに詰まった名演盤です。


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 6/19(火)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!輸入盤編その①!WILKO JOHNSON2018年新録新作が輸入盤でも入荷など

Page Top