Home > ROCK/PROGRE > 6/15(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!ウィルコ・ジョンソン新作など

6/15(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!ウィルコ・ジョンソン新作など

  • 2018-06-15
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★30年ぶりとなるオリジナルの新曲で構成された新作!

●ウィルコ・ジョンソン / ブロウ・ユア・マインド 国内SHM-CD 2,700円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICY-15741 / 4988031284216)
【SHM-CD仕様】【解説/歌詞・対訳付】

「俺がこんなアルバムを作ることになるとは夢にも思っていなかった。」
ウィルコ・ジョンソン 

英3位の大ヒットを記録し、ゴールド・ディスクに認定された『ゴーイング・バック・ホーム』以来となるウィルコ・ジョンソンの新作『ブロウ・ユア・マインド』が、チェス・レコーズ/ユニバーサル ミュージックより登場! 

「俺はもうじき死ぬ予定になっているんだ。」 キャンヴェイ・アイランドから生まれた名バンド、ドクター・フィールグッドの伝説的なギタリストだったウィルコ・ジョンソンは、2012年末に末期の膵臓癌と診断された。しかし医師たちの下した最悪の予想に反して、彼は元気一杯に活動を続けていった。さらには、かの有名なロジャー・ダルトリーと組んだ共演アルバム『ゴーイング・バック・ホーム』まで発表。これは彼のキャリアの中でも最高のヒット作となった。 このアルバムが大成功を収めたあと、ウィルコはまた別の医師(ロック写真家でもあった)のサード・オピニオンにより手術を受け、ガンを克服したと発表。このキャリア後期の復活劇について、彼は独特のユーモアを交えながらこう述べている。「お前はじきに死ぬだろうと言われると、何より生きているって実感できるもんだね。」

『ブロウ・ユア・マインド』は、ウィルコにとって30年ぶりのオリジナルの新曲で構成されたアルバムである。ここで聴けるのは、まさに「生きていると実感している」人間のサウンドだ。 このアルバムには、長年に渡ってウィルコのバックを務めてきたノーマン・ワット・ロイ(ベース)とディラン・ハウ(ドラムズ)が参加。またプロデュースは、大ヒットしたダルトリーとの共演作『Going Back Home』に続いてデイヴ・エリンガが担当している。ウィルコは「自分がこんなアルバムを作ることになるとは夢にも思わなかった」と話す。収録曲のテーマとなっているのは、過去5年間に経験した試練の日々。たとえば「マリファナ」や「テイク・イット・イージー」といった曲は、彼が受けた末期癌の告知のことを直接採り上げている。 30年ぶりの新曲の歌詞について、ウィルコはこう語る。「70歳にもなると厄介だよ。つまり、この年齢の人間が何を歌えばいいんだい? 『愛してるよベイビー、でも君はつれないよね』とかなんとか歌うっていうのかい? まさかな! そういうところがちょっと問題になってくる。でも、自分がその手の歌詞じゃなくて現実の経験を曲にするなんて思ってもいなかった。病気になるまではね。」 

こうした心のこもった歌詞を歌うくらいだから、ウィルコのR&Bサウンドも以前よりソフトになっているのではないか......そう予想していた人は驚くことになるだろう。むしろ、本人が「ザ・チョップ」と呼ぶあのギターは以前にも増して攻撃的だ。このアルバムには内省的な曲も収められているが、その一方でアルバム・タイトル曲や「ビューティ」、「アイ・ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ドゥ」といった曲は古き良き陽気なパーティ風の雰囲気になっている。そこには、ドクター・フィールグッド時代と同じく、聴く者を駆り立てるような迫力が満ちあふれている。 

さまざまな試練を乗り越えてウィルコは再びスタジオに入り、アルバム『ブロウ・ユア・マインド』を作り上げた。本人は、このアルバムに収められた12の曲について次のように語っている。「こういう歌を録音するつもりは実のところなかったし、自分がスタジオにまた入ることがあるのかどうかさえわからなかった。曲のひとつは、あの時期を振り返ったものになっている。夜、家の中で座り込んで、死が迫ってきていることを感じている......という内容でね。その曲も録音したし、アルバムに入る予定。実はかなり元気のいい曲でもあるんだ!」 

プロデューサーのデイヴ・エリンガは、簡潔にこうまとめている。「『ゴーイング・バック・ホーム』のあと、ウィルコ・ジョンソンのアルバムをもう1枚作ることになるなんて予想もしていなかった。でもウィルコの30年ぶりの新曲を録音できるなんて本当に嬉しいことだったし、本当に特別な仕事だったよ! 彼は音楽界を代表する本物の紳士のひとりだ ―― 教養も知性もあるし、考えもはっきりしている。それでいて、めちゃくちゃロックンロールしているんだ!」 




★ボーナス収録の国内CD!

●ジョニー・マー / コール・ザ・コメット 【全世界同時発売作品 / ボーナストラック収録】 国内CD 2,654円(税込) (ワーナーミュージック・ジャパン / WPCR-18047 / 4943674284207)
THE SMITHSのギタリストであり、UKロック/ブリットポップ・ムーヴメントに多大なる影響を与える、超重要アーティスト=JOHNNY MARR。ソロ・アーティストとしても非常に高い評価を受ける彼が、約4年振りとなる通算3枚目のアルバム『CALL THE COMET』をリリース!

■ボーナス・トラック収録、歌詞・対訳付き、解説:油納将志

「このアルバムは僕にとってのマジック・リアリズムなんだ」 ジョニー・マー
1stソロ・アルバム『THE MESSENGER』(2013年)が全英10位、そして2ndソロ・アルバム『PLAYLAND』(2014年)は全英9位を記録。この最新作『CALL THE COMET』は、マンチェスターにあるMarr's Crazy Face Studiosにて制作された。新曲「The Tracers」では、らしさ全開のギター・ワークと、憂いを帯びた疾走感のあるロック・サウンドが展開されている。きらびやかなギター・リフで幕を開ける「Rise」、既にライヴでは定番曲のSpiral Cities」、ピアノのイントロで静かに幕を開け、その後内にある情熱を静かにほとばしらせていく「Walk Into The Sea」など、その創造性の豊かさをまざまざと見せつけてくれる素晴らしいアルバムとなっている。




★ザ・ビートルズ来日公演時の未発表写真で構成した「小冊子」付きでアンコール発売!

●ビートルズ / MUSIC LIFE ザ・ビートルズ日本公演 1966 特別版 <シンコー・ミュージック・ムック> 国内BOOK 1,944円(税込) (シンコーミュージック / 4401646296 / 9784401646296) 
「ビートルズ・ジャパン・ウイーク」(6月下旬~7月上旬)に併せて、「ビートルズ来日50周年」の2016年6月に刊行し大好評を博したムック『MUSIC LIFE ザ・ビートルズ日本公演1966』をアンコール・プレスします。

今回は特別に、最近発見されたK.ABE(カメラマンの阿部克自氏)撮影によるビートルズ来日公演時の未発表写真を使った「小冊子」を付録として添付します。ビートルズ・ファンのみなさん、お買い逃しのないように! 

【CONTENTS】
ザ・ビートルズ日本滞在103時間ドキュメント
6月29日 羽田到着~記者会見~ヒルトンホテル
6月30日 武道館~舞台裏~演奏曲と1回目の公演の特徴
7月1日 ポール、皇居前を散策~2回目/3回目の公演の特徴~ホテルへ
7月2日 『ミュージック・ライフ』編集長がスイートルームへ~4回目/5回目の公演の特徴
日本公演を記録する歴史資料たち
7月3日 離陸、サヨナラ、ニッポン 
50年後に知る ザ・ビートルズ日本公演
50年後に知る日本公演
[証言] 「役に立つよ」と言われてヘンだけどすごい連中と会った 加山雄三
[証言] 1966年の日本で巡り合った4人とその仲間たち 星加ルミ子
[検証] ビートルズ来日記者会見を読み解く 山川真理
[検証] 日本滞在中のファッション 吉野由樹
[証言] 歌をがんばったご褒美にビートルズの舞台へ 尾藤イサオ
[証言] リンゴのドラムにどうしても触りたくて、ローディーの目を盗んで叩いちゃった ジャッキー吉川
[検証] 日本公演での前座演奏 岩根健一
[検証] 日本公演での使用楽器・機材 岩根健一
[証言] 圧倒的だったビートルズのインパクトに導かれた僕の音楽制作への道 ミッキー吉野
[証言] 周囲の理解と応援で3日間通った武道館 横倉絹枝
[検証] 日本公演での演奏法 米村幸雄
[検証] 日本公演関連の残された映像と音声 野咲良 

などなど! 





★85年スパニッシュ・アンビエント / ミニマルシンセ・マスターピースがデッドストック入荷!!

●ILDEFONSO AGUILAR / EROSION (CD) / EROSION (CD) 【85年スパニッシュ・アンビエント / ミニマルシンセ・マスターピース】 輸入CD 1,836円(税込) (NO-CD REKORDS / CDNO06)

85年スパニッシュ・アンビエント / ミニマルシンセ・マスターピースがデッドストック入荷!!

オリジナル・リリースは1985年、スペインのエクスペリメンタル・アーティストILDEFONSO AGUILARがSONO ISLAに残したスパニッシュ・アンビエント / ミニマルシンセ・マスターピースの94年リイシュー盤がデッドストック入荷。MINIMOOG、POLYMOOG、ヴォーカル・ループ、フィールド・レコーディングを駆使し、瞑想的且つ深遠、そしてミステリアス極まりないシンセ・アンビエント世界を創造した知る人ぞ知る作品。

 





★90'Sジャーマン・アンビエント・ドローン名作がデッドストック入荷!!

●MATHIAS GRASSOW / IN SEARCH OF SANITY 輸入CD 2,160円(税込) (NO-CD REKORDS / CDNO05)

90'Sジャーマン・アンビエント・ドローン名作がデッドストック入荷!!

ドイツ・ヴィースバーデン出身、1986年にニューエイジ・レーベルAQUAMARIN VERLAGよりデビューし、長きに渡り良質なアンビエント・ドローン作品を量産する鬼才のNO-CD REKORDSリリース1993年作がデッドストック入荷。ジャーマン・エクスペリメンタル / クラウト・ロック影響下のコズミックで重厚なシンセサイザー・ドローン作品は、現行リスナーの耳にも訴えかける説得力に満ちています。

 





★衝撃的ヤバさ! メキシカン・アンビエント・ウィザードホルヘ・レジェスの95年作がデッドストック入荷!!

●JORGE REYES (MEX) / TONAMI 【メキシカン・アンビエント・ウィザードの95年作】 輸入CD 1,836円(税込) (NO-CD REKORDS / CDNO010)

衝撃的ヤバさ! メキシカン・アンビエント・ウィザード、ホルヘ・レジェスの95年作がデッドストック入荷!!

MUSLIMGAUZEのアーカイヴ・シリーズでおなじみSTAALPLAAT、ESPLENDOR GEOMÉTRICOのGEOMETRIKにも名を連ねるメキシカン・アンビエント・ウィザードJORGE REYESの1995年作がデッドストック入荷。(1994年リリース作『PREHISPANIC: MUSIC FOR THE FORGOTTEN SPIRITS』の改題リリース。) オープニングを飾る"TONAMI (THE SINGER)"のヤバさたるやとんでもないことになっています…。SUSO SAIZファンは無論の事、ROBERTO MUSCI、そしてMICHEL BANABILAなどの第四世界、トライバル・アンビエント・フリークはたまたリチュアル好きまで必聴!大推薦!!

 





★UKブリストル女性SSWデビュー作!

●CHAOUCHE / SAFE 【UKブリストル女性SSWデビュー作】 輸入CD 1,944円(税込) (NIGHT TIME STORIES / ALNCD47)

UKブリストルで今最も注目を集める女性SSW、CHAOUCHE待望のデビュー・アルバム『SAFE』をリリース!JAMES BLAKEの1stを思い出す静謐なる美しさ。

2017年5月に発表したデビュー・シングル「I'll Lose My Head」1曲で英メディアを虜にし、「今ブリストルで、最も注目すべきアーティスト」と評されるシンガー/ミュージシャン/プロデューサーのCHAOUCHEことAisha Chaoucheのデビュー・アルバム『Safe』をリリース。誰もが経験する辛い思いや体験を浄化する「癒し」をテーマに、生ピアノと隙のないドラム・サウンド、サブ・ベースが織りなすシンプルながらもホーリーなサウンドスケープに心と体を震わす賛美歌のように厚みのあるヴォーカルが鳴り響く全12曲を収録。6/15に世界同時発売となる本作は、〈Late Night Tales〉の姉妹レーベルであり、KHRUANGBINやGARDEN CITY MOVEMENTなど良質なアーティストの輩出が続くNight Time StoriesからCD、そして世界1000枚限定となるホワイト・ヴァイナルがリリースされる。




●CHAOUCHE / SAFE (LP/WHITE VINYL/LTD) 【UKブリストル女性SSWデビュー作】 輸入LP 3,240円(税込) (NIGHT TIME STORIES / ALNLP47)

■限定1000枚ホワイト・ヴァイナル





★USデトロイトのポストパンク・バンド、PROTOMARTYRが新作EP『CONSOLATION E.P. 』をリリース!

●PROTOMARTYR / CONSOLATION E.P. (12"/YELLOW VINYL/LTD) 輸入LP 2,376円(税込) (DOMINO RECORDINGS / RUG914TX)

USデトロイトのポストパンク・バンド、PROTOMARTYRが新作EP『CONSOLATION E.P. 』をリリース! USオルタナ・バンド、R. RINGのケリー・ディール(PIXIESの元ベーシスト、キム・ディールの双子の姉)がヴォーカルとして参加! 

■初回生産限定イエロー・カラーヴァイナル、アルバム音源ダウンロードコード付

USのオルタナロック・バンド、R. Ringのヴォーカルで、ピクシーズの元ベーシスト、キム・ディールの双子の姉としても知られるケリー・ディールがヴォーカルとして参加。プロトマーターは2015年にもスプリット・シングル「A Half Of Seven」でR. Ringとコラボレーションしており、今回で2度目のコラボレーションとなる。また、今作の制作についてプロトマーターのヴォーカル、ジョー・ケイシーは次のように語っている。 
「2017年の前半は、バンドとしてとても生産性のある時間を過ごすことができた。4作目の『レラティヴス・イン・ディセント』のレコーディングの直前まで曲を書いてて、その勢いを保ちたかったんだ。2015年にR. Ringと「A Half Of Seven」をレコーディングしてとてもいい経験をすることができたから、5月にケンタッキーのデイトンで週末に行った今作のレコーディングもとてもスムーズに進んだよ。」 







★HELDON 2タイトルが三面デジパック仕様/2枚組CDで再発!

●HELDON / THIRD (IT’S ALWAYS ROCK ’N’ ROLL) 輸入CD 2,484円(税込) (BUREAU B / BB282CD)

Richard Pinhas率いる仏産Electronicsグループの代表格、自身が立ち上げたDisjunctakからリリースされた'75年作がBureau Bから'18年三面デジパック仕様/2枚組CDで再発。
デビュー作から参加しているAlain Renaud(g), Georges Grünblatt(mellotron/g/synth)、本作以降Pinhasの片腕として活動するMAGMAのPatrick Gauthier(synth)、LARD FREEのGilbert Artman(dr)、ZAOのJean My Truong(dr)等を迎え制作。Electronics/Synthesyzer指向を推し進め、前作で狭間見えたAmbient色とダークで無機質な恐怖感を煽る音楽性が鋭利な空気を生み出す作品。大曲'Aurore' 'Doctor Bloodmoney'を筆頭に、ミステリアスで前衛な音楽を作り上げた、バンドの転機でもあったAlbumです。
マスターは独Master & ServantのTom Meyerによる新規リマスタリング音源を使用。当時のRichard Pinhasの写真とMarc Mastersによる英/独新規解説を掲載したブックレットを封入。



●HELDON / IV (AGNETA NILSSON) 輸入CD 2,160円(税込) (BUREAU B / BB283CD)

Richard Pinhas率いる仏産Electronicsグループの代表格、仏Urusから発表された'76年作が独Bureau Bから'18年デジパック仕様で再発CD化。
前作にも参加したPatrick Gauthier(synth)の他、Alain Bellaiche(b)、後にWEIDORJEに参加するMichel Ettori(g)、ZAO/RAHMANNのGérard Prevost(b)、Philibert Rossi(mellotron)、Coco Roussel(dr)等をゲストに迎え制作。四部構成の組曲'Perspective'をベースとしたこれまでのAlbumと同じ流れを汲みつつ、より無機質にMinimalに展開し、キャリアを積んだことで安定しながらもこの後の後期HELDONを感じさせるサウンドが光る隠れた快作です。
マスターは独Master & ServantのTom Meyerによる新規リマスタリング音源を使用。当時のRichard Pinhasの写真とMarc Mastersによる英/独新規解説を掲載したブックレットを封入。





★ARIWAのザ・ワイルド・バンチへ発展した女性3人組のUKラヴァーズ・ロック・グループが世界初CD化!

● / ラブ・カムズ・ラブ・ゴーズ +1 【ARIWAのザ・ワイルド・バンチへ発展した女性3人組のUKラヴァーズ・ロック・グループが世界初CD化】 国内CD 2,484円(税込) (ARIWA、OCTAVE-LAB / OTLCD2353)

★特典DJ MIX CDR★
『SISTER LOVE / LOVE COMES LOVE GOES +1』(REGGAE-180510-02)をお買い上げ頂いた方に先着で、SPECIAL REQUESのCASIO45がセレクトしたSister Loveを含む貴重なラヴァーズ音源を収録した60分のDJ MIX CDRを差し上げます!

ARIWAのザ・ワイルド・バンチへ発展した女性3人組のUKラヴァーズ・ロック・グループ、シスター・ラヴが1981年Loving Timeから唯一リリースした幻のアルバムが世界初CD化!マッド・プロフェッサーと共にARIWA初期ラヴァーズ作品を数多く手掛けたトニー・ベンジャミンがARIWA初期と同時期に完全バックアップして制作した 奇跡のラヴァーズ・フリーク垂涎のレア盤! 今回トニー・ベンジャミンの全面協力によりここ日本で世界に先駆けCD化が実現した話題作! 名曲「She Is Leaving You」「At The Station」に加えシングル収録も追加収録! 2018年最新デジタル・リマスタリング 。


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 6/15(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!ウィルコ・ジョンソン新作など

Page Top