Home > ROCK/PROGRE > 4/19(木)ロック・プログレ新品新入荷情報!ビートルズ★最初期音源が単体アナログ・リリース!

4/19(木)ロック・プログレ新品新入荷情報!ビートルズ★最初期音源が単体アナログ・リリース!

  • 2018-04-19
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★最初期音源が単体アナログ・リリース!

●BEATLES / 1958-1962 (LP) 輸入LP 2,484円(税込) (DOXY / DOY687LP / 8013252886874)
まだQUARRYMEN時代58年リヴァプール録音のPAULとGEORGEの唯一共作曲"IN SPITE OF ALL THE DANGER"、STUART SUTCLIFFEとのPAULの60年ホーム・レコーディング"CAYENNE"、61年ハンブルグ録音"AIN’T SHE SWEET"、PETE BESTがドラムの62年"BESAME MUCHO"、62年キャヴァーン・クラブ録音"THE ONE AFTER 909"に"I SAW HER STANDING THERE"などなどなどなど、貴重な最初期BEATLES音源が詰まっています。

★76年ベスト盤がCDリイシュー!

●NEW RIDERS OF THE PURPLE SAGE / THE BEST OF 輸入CD 1,620円(税込) (FLOATING WORLD / FLOATM6346 / 0805772634626)
ご存知GRATEFUL DEADのJERRY GARCIAが中心となって結成されたコズミック・カントリー・サイドプロジェクト、NEW RIDERS OF THE PURPLE SAGE。JOHN DAWSON、DAVID NELSON、DAVE TORBERT、SPENCER DRYDENのデビューからの4人はそのままに、ペダル・スティールにはDEADと平行して活動するのが難しくなったGARCIAに替わってカナダ人のBUDDY CAGEが加入して5人編成となっていた彼らですが、本ベストには71年セルフ・タイトル・デビュー作『NEW RIDERS OF THE PURPLE SAGE』楽曲もコンパイル。代表曲となったブルーグラス・レジェンドPETER ROWAN作の"PANAMA RED"や3曲のライヴ音源ほか、71年から75年までの7作品からのハイライト抜粋盤です。




★71年作がCDリイシュー!

●GRACE SLICK & PAUL KANTNER / SUNFIGHTER 輸入CD 1,944円(税込) (FLOATING WORLD / FLOATS6350 / 0805772635029)
ご存知JEFFERSON AIRPLANEのPAUL KANTNER、GRACE SLICKによるデュオがAIRPLANE作『BARK』リリースからまもなく放った一枚は、JA自身のGRUNTレーベルからの第2作。ジャケットには二人の愛娘CHINA WING KANTNERがフィーチャーされ、彼女の名前を冠した"CHINA"も収録。またタイトル楽曲"SUNFIGHTER"は盟友MARTY BALINに捧げられ、"DIANA"は60年代に活動した極左テロ組織WEATHER UNDERGROUNDのメンバーDIANA OUGHTONに関する歌となっています。JERRY GARCIAやDAVID CROSBY、GRAHAM NASH、JACK CASADY、JORMA KAUKONENにTOWER OF POWERホーンズ、のちJEFFERSON STARSHIPのリード・ギタリストとなるCRAIG CHAQUICOなどベイ・エリアの盟友達が豪華ゲスト参加。




★80年9THはCDリイシュー!

●PURE PRAIRIE LEAGUE / FIRIN' UP 輸入CD 1,620円(税込) (FLOATING WORLD / FLOATM6355 / 0805772635524)
のちにLITTLE FEATに加入するCRAIG FULLER、GEORGE ED POWELLを中心に結成されたオハイオ州ウェイブリーのカントリー・ロック・バンドPURE PRAIRIE LEAGUE。78年に新加入した今やカントリー・ミュージック界のスーパースターVINCE GILLがバンジョー、フィドル、ギターで活躍し、バンド最大のヒットとなった"LET ME LOVE YOU TONIGHT"を含む全10曲を収録しています。VINCEの妻で、BYRDSの名盤からバンド名を頂戴した姉妹カントリー・デュオSWEETHEARTS OF THE RODEOのJANIS GILLがバッキング・ヴォーカルで参加。

再入荷!
★英モダン・ロック界随一のソングライターでありoasisでほぼすべての主要楽曲の作詞作曲を手掛けてきた男、ノエル・ギャラガー率いるNOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDSの最新シングル曲『 IT'S A BEAUTIFUL WORLD』を12インチでリリース!サマーソニック2018の出演も決定! 

●NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS / IT'S A BEAUTIFUL WORLD (12"/BLACK VINYL) 輸入LP 1,944円(税込) (SOUR MASH / JDNC30T / 5052945030067)
英モダン・ロック界随一のソングライターでありoasisでほぼすべての主要楽曲の作詞作曲を手掛けてきた男、ノエル・ギャラガー率いるNOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDSの最新シングル曲『 IT'S A BEAUTIFUL WORLD』を12インチでリリース!サマーソニック2018の出演も決定! 

■ブラック・ヴァイナル



★クリーム、完全未発表、超絶ライヴ・イン・デトロイト1967!

●クリーム / デトロイト・ホイール 1967 国内CD 3,024円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0008)

クリーム、完全未発表、超絶ライヴ・イン・デトロイト1967!

●1967年、10月15日、3ヶ月に及ぶ全米ツアー最終日の熱演。
●クリームの激烈アドリブ合戦ライヴは、ここから始まった!
●ボーナスで英国公演2曲を追加収録した2枚組。

こんなライヴ音源があったとは! デビュー直後のクリームは、翌1967年に入るとライヴに明け暮れます。そして5月には、R&Bの聖地アトランティック・スタジオで、第2作「カラフル・クリーム」を録音。「サンシャイン・ラヴ」など、3人の力量を見事に具現化したこの録音で、自信を深めた彼等は、3ヶ月に及ぶ長い全米ツアーに打って出ます。ここでロック史に残るような出来事・・「クリームの長尺アドリブ合戦ライヴ」が初めて展開されるようになるのです。

もともとジャズ畑だったJ・ブルース、G・ベイカーにとっては普通のことだったのでしょう。最初に曲のテーマを演奏し、次に各楽器の自由なアドリブ演奏、そしてまたテーマに戻って終わる。そんな演奏手法は、実力者3人の演奏に拍車をかけ、互いに競い合い、火花を散らす、まさに「殺るか、殺られるか」の壮絶なライヴとなって行きます。春先には4分ほどだった曲も、この全米ツアーでは10分を越える演奏に進化していったのです。しかしながら、これまで公式に発表されたクリームのライヴ盤はすべて1968年のものでした。肝心の1967年米国公演は一度も陽の目をみていないのです。このCDにはその「幻の全米ツアーの最終日」、デトロイト公演を約2時間、2CDに完全収録しています。

嵐の前の静けさのように始まる「英雄ユリシーズ」も、途中からE・クラプトンのワウワウギターが炸裂。会場中がトリップ感覚を刺激され固唾を呑んで見入る様子が伺えます。そして怒涛の「N.S.U.」へ。J・ブルースのベースは唸りをあげ、G・ベイカーのフィルは嵐のよう。E・クラプトンはスローハンドと異名を轟かせたフィンガリングでスケールアウトしようがお構いなしの爆走フレーズを繰り出します。フィルモアを模して改装されたデトロイトの小ぶりのライヴホールで、チャイコフスキーの1812序曲をインクルードしたラスト曲「I'M SO GLAD」まで、狂おしく燃え上がる「当時の最新型ブルース・ロックの到達点」の神ライヴ! この貴重音源から立ち昇る、その歴史的瞬間にぜひ立ち会ってください。ボーナスとして「サンシャイン・ラヴ」と「間違いそうだ (WE'RE GOING WRONG)」の2曲を、ジミヘンらも出演した、1967年5月の英国チューリップ・オークション・イベント会場での特別ライヴから追加収録。

当時の状況、背景、曲目などの解説文を内ジャケに掲載。
ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ

DISC 1 / 69MINS

DISC 2 / 58MINS
T.1-4: LIVE AT GRANDE BALLROOM, DETROIT, MI, US, OCT 15, 1967
T.5-6: BONUSTRACK / LVE AT TULIP BULB AUCTION HALL, SPALDING, LINCOLNSHIRE, UK MAY 29, 1967

★ポップの女神のきらめき ゴールデン・アワー。 ユーロポップの麗しき女神、カイリー・ミノーグがポップ・シーンに戻ってきた!
KYLIE MINOGUE / カイリー・ミノーグ / GOLDEN / ゴールデン
●カイリー・ミノーグ / ゴールデン【ボーナストラック収録】 国内CD 2,138円(税込)(ワーナーミュージック・ジャパン / WPCR-17993)

初のナッシュヴィル・レコーディングから生まれた、カントリー風味のダンス・ポップ・サウンドが今宵フロアにきらめく――すべての輝く人たちが躍る黄金郷、それが『GOLDEN』!  ■金曜販売開始商品/解説歌詞対訳付/デジパック/ボーナストラック収録 ユーロポップの麗しき女神、カイリー・ミノーグ。クリスマス・アルバム『KYLIE CHRISTMAS』から約3年、スタジオ・アルバム『KISS ME ONCE』から約4年ぶりとなるニュー・アルバムと共に、彼女がポップ・シーンに戻ってきた!通算14作目のスタジオ・アルバムとなる本作のタイトルは『GOLDEN』。カイリー初となるナッシュヴィル・レコーディングの1作である。   アルバムの幕開けを飾るのは、アコースティック・ギターが印象的なファースト・シングル「Dancing」。そのものズバリの直球なタイトルだが、カイリー自身、この曲についてこう語っている:「エッジにある歌詞とカントリーっぽい雰囲気が、サンプリングされた声やエレクトロの要素と混じり合い、タイトルそのもののサウンドを作り出している。それに、”ダンシング”というタイトルもすごく気に入っているの。すごく分かりやすいし、一見あからさま過ぎるほどだけど、曲に深さがあるのよ」ちなみにこの曲のデモは、テイラー・スウィフトをカントリー・アイドルからポップ・スーパースターへ導いたネイザン・チャップマンと作ったという。   お馴染みのダンス・ポップ・サウンドに、カントリー風味を加えた、活気あふれる鮮やかなスタイルは、長年カイリーのA&Rを務めているジェイミー・ネルソンのアイディアから生まれたそう。実際どう形にしたらよいのか分からないまま、暫く寝かされていたそのアイディアが動き始めたのは、カイリーが、エド・シーランとも一緒に仕事をしたことのあるソングライター、エイミー・ワッジの出版社から、コラボレーションの為にナッシュヴィルに来てほしいという提案を貰った時だった。今までナッシュヴィルに行ったことのなかったカイリーは、その時”ビビッ”と来たという。「”ナッシュヴィル?!勿論行くわよ!” アルバムの形が見えてくるような気がした。ナッシュヴィルでそれが見えてこなかったら、どうにもならないと思ったの」カイリーは当時をそう振り返る。   新作『GOLDEN』に収録されている楽曲のソングライティングに、カイリーは共作者として全曲に関わっている。そして彼女と組んだのは、いずれもナッシュヴィルに住まいを構える2人のソングライターたち。一人は、キース・アーバン、ケニー・チェズニー、キャリー・アンダーウッドといったカントリーの大物たちと仕事をしてきている英国生まれのスティーヴ・マクユアン。そしてもう一人はエド・シーランとの仕事で知られるエイミー・ワッジ(こちらも英国生まれ)。さらに大部分のプロデュースを手掛けたのは、アフリカ系ドイツ人のプロデューサー、スカイ・アダムス。この他、アデルなどを手掛けたエグ・ホワイト(Eg White)、ジェス・フレイザー、ジョン・グリーン、ビフ・スタナード、サミュエル・ディクソン、リンゼイ・ライムスなども制作陣に名を連ねている。さらに、英国のシンガー、ジャック・サヴォレッティとのデュエットも収録されている。   これまでのカイリーの音楽は、例えば「Can't Get You Out Of My Head」が、ロンドンというより宇宙っぽく聴こえていたように、特定の都市や場所を感じさせる作品は少なかったが、本作では「Shelby'68」のように、ナッシュヴィルのことを思いながらロンドンで作ったような曲もある。また「Shelby '68」同様、”ナッシュヴィルでの経験が無かったら生まれなかっただろう”とカイリーが語る「Radio On」には、特にカントリーの黄金時代を思い起こさせるノスタルジックな響きがあるという。 またアルバム『GOLDEN』を通じて、イメージされるカントリー・シンガーを上げるならば、それはドリー・パートンなのかも知れない。   信じがたいことに、今年50歳を迎えるカイリー・ミノーグ。アルバムのタイトル『GOLDEN』には、今年生誕50周年(Golden Jubilee)を迎える意味も含まれているのだ。「ずっと使ってみたかった言い回しがあるの。”若くもないし、年とってもいない、輝いてるの”ってね。この業界で何度も何度も年齢を聞かれていたから」そう語るカイリーは、アルバムのタイトル『GOLDEN』についてこうも語っているのだ 「私たちは自分以外の誰にもなれないし、実際の年齢よりも若くなったり、年を取ったりすることもできない、あるがままの自分にしかなれないの。私たちは輝いている。アルバム・タイトルの『GOLDEN』は、こうしたこと全て反映している。みんながそれぞれ自分流に輝いているという考えを気に入っているの。太陽は日中輝いているし、月は夜輝く。人生のその地点にいても、私たちはずっと輝き続けているのよ」 




★未発表スタジオ録音からなるニュー・アルバムが発売!!


●ジミ・ヘンドリックス / ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ 【初回特典:デジパック / 未発表曲収録】 国内CD 2,592円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / SICP-5667)
未発表スタジオ録音から成る<新作>『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』。1968年1月から70年2月の間にスタジオレコーディングされ、今作に収められることとなった13曲のうち、未発表曲は10曲。収録曲の多くは、バンド・オブ・ジプシーズとして知られることになる、ジミ・ヘンドリックス(G/Vo)、ビリー・コックス(B)、バディ・マイルス(Ds)のトリオでレコーディングされているが、ミッチ・ミッチェル、ノエル・レディング、スティーヴン・スティルス、ジョニー・ウィンター、デュアン・ヒッチングス(バディ・マイルス・エクスプレス/Piano)、ダラス・テイラー(CSN&Y/Ds)、ロニー・ヤングブラッド(カーティス・ナイト&ザ・スクワイアーズ/Vo & Sax)などのゲストも参加。プロデュースは、1996年以降にリリースされているジミ・ヘンドリックスの作品を手掛けてきたジェイニー・ヘンドリックス、ジョン・マクダーモット、エディ・クレイマーが手がけている。

歌詞・対訳・解説付 初回仕様のみ、デジパック仕様
※初回仕様の在庫がなくなり次第、通常仕様に切り替わります。




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:12:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 4/19(木)ロック・プログレ新品新入荷情報!ビートルズ★最初期音源が単体アナログ・リリース!

Page Top