Home > ROCK/PROGRE > 3/20(火)ロック・プログレ新品新入荷情報!その① ビートルズ66年武道館公演、6月30日夜の部がレッド・ヴァイナル仕様でアナログ・リリース!

3/20(火)ロック・プログレ新品新入荷情報!その① ビートルズ66年武道館公演、6月30日夜の部がレッド・ヴァイナル仕様でアナログ・リリース!

  • 2018-03-20
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★66年武道館公演、6月30日夜の部がレッド・ヴァイナル仕様でアナログ・リリース!

●BEATLES / LIVE IN JAPAN (RED COLORED LP) 輸入LP 2,160円(税込) (REAL GONE MUSIC / BEATLP03)
言わずと知れたその後の日本のロック史ポップス史を根底から変えた歴史的ライヴ。厳戒態勢の中で日本中が揺れた奇跡の来日公演は実際には5回のステージが行われましたが収録されたのは2公演でした。そのうちのひとつ、66年6月30日武道館公演夜の部が限定盤アナログ化です。JOHNのシャウトもかっこいい"ROCK AND ROLL MUSIC"に、65年12月リリースの『RUBBER SOUL』からの"NOWHERE MAN"、『REVOLVER』期のアルバム未収シングルで「BEATLESがコンサートで演奏した最後の新曲」となった"PAPERBACK WRITER"も披露するファン感涙の一夜です。

1000枚限定盤。





★72年作がアナログ・リイシュー!

●ROXY MUSIC / ROXY MUSIC (LP) 輸入LP 4,860円(税込) (UNIVERSAL / ROXYLP1)
ポスト・グラムの旗手として1972年にデビューし、ニュー・ウェイヴにも影響を与えながら1983年に解散したROXY MUSIC。

グラム・ロック華やかなりし時代に、過去の芸術の再構築“リ・メイク/リ・モデル”をテーマに掲げて颯爽とシーンに登場した彼らの記念すべきデビュー作。瑞々しい感性と独特の美学によって一躍、次代を担うモダーン・ポップの旗手として注目された衝撃の作品。プロデュースはKING CRIMSONのPETE SINFIELDが手がけた。





★あの「紫の箱」が8枚組アナログ盤ボックスでアナログ・リイシュー!!

●JIMI HENDRIX (JIMI HENDRIX EXPERIENCE) / THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE (8LP BOX) 輸入LP 13,500円(税込) (LEGACY / 88697745541)
JIMI HENDRIX没後30年を記念して2000年9月に発売された同名の4CD限定ボックス・セットが8枚組アナログ盤ボックスになって登場。JIMIの短い活動期間(66~70年)を網羅しスタジオ作とライヴ・テイクをうまく配置することで、この不世出の天才の実像をよりリアルな形でリスナーに届けると言う趣旨でコンパイルされたファン必携ボックス・セット。





輸入盤がようやく入荷!
★注意:これはクリスマス・アルバムではありません! ミスターAORのアンソロジー・ボックスです! 

●DONALD FAGEN / CHEAP XMAS: DONALD FAGEN COMPLETE (5CD BOX) 輸入CD 4,644円(税込) (ROADRUNNER / 8122793283)
DONALD FAGEN名義の全4枚のオリジナル・アルバムとレアリテイーズを加えた完全アンソロジー。2012年にデジタルのみで発売になった大全集の待望の初CD化。

今や伝説となりつつある70年代に多くの名盤を発表し圧倒的な人気を博したバンド、STEELY DAN。その中心人物にしてメイン・ヴォーカルであるDONALD FAGEN。ソロ・アーティストとしても歴史的名盤『THE NIGHTFLY』、『KAMAKIRIAD』を発表し、「ミスターAOR」として時代の音を作り上げた彼は、2000年代に入っても『MORTH THE CAT』、『SUKEN CONDOS』をリリース、その超越した完璧主義によって極められた至高の完成度を追求した音世界は多くの音楽ファンの耳と心を捉え続けている。

9月に自身のバンド、DONALD FAGEN & THE NIGHTFLYERSを率いてブルーノート・ジャズ・フェスティヴァルへの出演が決定している彼だが、ソロ名義としては今回が初めての来日となる。またそれに先立つ7月には、EAGLES、FLEETWOOD MAC、DOOBIE BROTHERS、JOURNEY、EARTH, WIND & FIREなどアメリカン・ミュージック・シーンのビッグ・ネームが続々出演したことで大きな話題となった"THE CLASSIC"フェスティヴァルにSTEELY DANとして出演したことも記憶に新しい。またDONALD FAGENは秋にはSTEELY DANでのUKツアーも決定している。

DONALD FAGEN & THE NIGHTFLYERSでのツアーがここ日本だけでなく全米でも決定しているが、そのツアーに合わせるかのように今回初CD化されるのが、元々2012年にデジタル配信のみで発売された本作『CHEAP XMAS: DONALD FAGEN COMPLETE』である。5枚組からなる本作品は、DONALD FAGEN名義のオリジナル・アルバム全4枚と、レアリテイーズを集めた「エクストラ・ディスク」を加えたもの。「エクストラ・ディスク」には、『NIGHTFLY TRILOGY BOX SET』に入っていたトラックやシングルのB面曲、またサウンドトラックに提供した楽曲などが集められている。

クリスマス曲は1つも入っていないのに『CHEAP XMAS』とはDONALD一流のジョークかも知れないが、中味は正真正銘DONALD FAGEN 100%のアンソロジーである。DONALD FAGEN & THE NIGHTFLYERSとして、またSTEELY DANとして精力的に活動している今こそ、彼の音楽を振り返る良い機会かも知れない。

【DISC 1: THE NIGHTFLY】
【DISC 2: KAMAKIRIAD】
【DISC 3: MORPH THE CAT】
【DISC 4: SUNKEN CONDOS】
【DISC 5: 10 EXTRAS】

★2018年GEORGE HARRISONトリビュートがCDリリース!

●RANDY BACHMAN / BY GEORGE BY BACHMAN 輸入CD 2,376円(税込) (UNIVERSAL / UME6740959.2)
THE GUESS WHOを経てBACHMAN-TURNER OVERDRIVEの中心として活躍したカナダのハード・ロック・ギタリスト・パイオニアANDY BACHMAN。2015年の『HEAVY BLUES』以来となる新作ソロ・スタジオ・アルバム。95年にはRINGO STARR AND HIS ALL STARR BANDの一員としてプレイするなどBEATLESファンとしても知られた彼のタイトル通りのGEORGE HARRISONトリビュート・アルバムが登場です。HARRISONスタイルのスライド・ギターを披露する"YOU LIKE ME TOO MUCH"、BACHMAN TURNER OVERDRIVE仕様のロッカー"DON'T BOTHER ME"、レゲエ・ヴァージョンの"HERE COMES THE SUN"などなどの独自カヴァーはもちろん、HARRISON影響下のオリジナル"BETWEEN TWO MOUNTAINS"ではシタールも取り入れています。





★もうひとつの『BEFORE THE FLOOD』、74年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●BOB DYLAN / 1974 TOUR LIVE (3CD) 輸入CD 3,024円(税込) (ROXVOX / RV3CD2137)
WBCN-FMで放送された74年1月14日のボストンはBOSTON GARDEN公演と、WNEW-FMで放送された74年1月31日のNYはMADISON SQUARE GARDEN公演を収録。

74年1月17日リリースの新作『PLANET WAVES』を引っさげたTHE BANDとの74年初頭ツアーよりの2夜。新作からは"FOREVER YOUNG"を披露するものの、"LAY LADY LAY"や"BALLAD OF A THIN MAN"、"I SHALL BE RELEASED"、"ALL ALONG THE WATCHTOWER"、"KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR"、"THE TIMES THEY ARE A-CHANGIN'"、"HIGHWAY 61 REVISITED"、"LIKE A ROLLING STONE"、"BLOWIN' IN THE WIND"などなどのクラシックを、ときにソロでときにTHE BANDとのバンド編成でときにアコースティックで披露。THE BANDも"STAGE FRIGHT "、"THE NIGHT THEY DROVE OLD DIXIE DOWN"、"KING HARVEST"、"UP ON CRIPPLE CREEK "、"THE WEIGHT"などなど名演で綴る熱狂のステージです。別日の音源がライヴ・アルバム『BEFORE THE FLOOD』で聞けるまさに偉大なる復活なファン必携盤。





★MOJO FILTERからの4作品9CDがワン・パッケージにバンドルされた超お買い得セットで再登場!

●GRATEFUL DEAD / LIVE IN THE 80'S 輸入CD 3,456円(税込) (MOJO FILTER / MFRCD2009)

■『NEW YEAR'S EVE 1982, OAKLAND AUDITORIUM ARENA (3CD)』

82年12月31日、カリフォルニア州オークランドのOAKLAND AUDITORIUM ARENA公演を収録。
星の数ほどあるDEADのコンサートの中でもベスト・ゲスト・ジャムと賞されるETTA JAMESとTOWER OF POWER HORNSをフィーチャーした一夜。ゲストにちなんだサード・セットはETTA JAMES自身の"TELL MAMA"にJIMMY REEDの"BABY WHAT YOU WANT ME TO DO"、OTIS REDDINGの"HARD TO HANDLE"などなどオールR&Bセットとなっています。セカンド・セットの"NOT FADE AWAY"、"DEAL"、"SUNSHINE DAYDREAM"ではJOHN CIPOLLINAも参加。

■『KINGSWOOD MUSIC THEATRE, MAPLE, ONTARIO JUNE 21ST 1984 (2CD)』
84年6月21日、カナダはオンタリオ州メープルのKINGSWOOD MUSIC THEATRE公演を収録。
GRATEFUL DEADのオフィシャル・クラウンとしてデッドのコンサートでは道化師の格好で会場内を練り歩くカウンター・カルチャーの申し子WAVY GRAVYがホストを務める、途上国での失明を防ぐ活動をする慈善団体SEVAのベネフィット・コンサートの模様を収録。JERRY GARCIA、BOB WEIR、PHIL LESH、BILL KREUTZMANN、MICKEY HART、BRENT MYDLANDという最高の布陣で披露される"LOOKS LIKE RAIN"、"SCARLET BEGONIAS"、"TERRAPIN"、"THE WHEEL"、"MIGHT AS WELL"などの名演はもちろんのこと、RICK DANKOとLEVON HELMが参加したラストの"NEW ORLEANS"、"BIG BOSS MAN"、"IKO IKO"も必聴です。

■『UIC PAVILION, CHICAGO APRIL 11TH 1987 (2CD)』
87年4月11日、シカゴはUIC PAVILLION公演を収録。
86年に体調不良に陥ったJERRY GARICIAの復活と、新たなキーボーディストBRENT MYDLANDのバンド内での位置の確立を得てバンドのエネルギーがピークに達し始めた80年代後半のDEAD。同年1月に録音され7月にリリースされることになる『IN THE DARK』からの"TOUCH OF GREY"や"TONS OF STEEL"、"THROWING STONES"、"BLACK MUDDY RIVER"など新曲を中心に、この時期の定番"HELL IN A BUCKET"オープナーから72年GARCIAソロの"SUGAREE"、"LOSER"などなどなど、ジャムは控えめにしつつハイ・エナジーかつソリッドな名演を2セットに渡って繰り広げるファン必聴盤です。

■『FROST AMPHITHEATRE, PALO ALTO, CALIFORNIA MAY 7 1989 (2CD)』
89年5月7日、カリフォルニア州パロ・アルトはFROST AMPHITHEATRE公演を収録。
ドラマーBILL KREUTZMANの43回目の誕生日という一夜。JERRY GARCIA、BOB WEIR、PHIL LESH、BILL KREUTZMAN、MICKEY HART、BRENT MYDLANDという布陣で、70年代からのライヴ・フェイヴァリット"IKO, IKO"、"MEXICALI BLUES"に"HE'S GONE"、HOWLIN' WOLFクラシック"LITTLE RED ROOSTER"、JANIS JOPLINに捧げられた"BIRDSONG"、89年2月にリリースされた共演ライヴ盤『DYLAN & THE DEAD』からこの時期頻繁にプレイされた"KNOCKING ON HEAVEN'S DOOR"もちろん来る89年10月の新作アルバム『BUILT TO LAST』からは"BUILT TO LAST"や"VICTIM OR THE CRIME"、"FOOLISH HEART"のキラー・ヴァージョンも披露する充実の一夜です。

★フリー・ソウル・ファン必携の73年作が初の正規アナログ・リイシュー!

●BATTEAUX / BATTEAUX (LP) 輸入LP 3,240円(税込) (BE WITH RECORDS / BEWITH027LP)
ボストン/ケンブリッジのフォーク・シーンから現れ、70年バロック・フォーク/シンガー・ソングライターの傑作アルバムとして評価される『IN CALIFORNIA』を残したCOMPTON & BATTEAUの片割れROBIN BATTEAUが、兄弟DAVIDとのデュオによるBATTEAUX名義でリリースしたフォーク・ファンク・クラシック唯一作。

NED DOHENYのブルー・アイド・ソウルからGENE CLARKのリッチ・カントリー・ロック、もちろんプロト・ヨット・ロック/AOR的感性で綴られたバロック・フォークの忘れ去られたロスト・マスターピース。発掘の進んだ2000年代初頭からFIFTH AVENUE BANDや山下達郎のシュガー・ベイブあたりのファンはマストと謳われ続けてきた言わずと知れた大名盤です。爽快なメロウ・アコ・ソウル名品"TELL HER SHE'S LOVELY"、ブルー・アイド・フリー・ソウル人気曲"HIGH TIDE"、トロピカル・ポップな"DIG UP THE LOVE"などなど、かつてはフリー・ソウル再評価、現在ではバレアリック的再評価もなされる心地よくグルーヴィーな人気作です。

★84年唯一作がボーナス追加でCDリイシュー!


●IAM SIAM / SHE WENT POP 輸入CD 1,944円(税込) (RENAISSANCE / RMED1130)
NYで活躍した80Sシンセ・ポップの仇花IAM SIAM。時代のニュー・ウェーヴ・ディスコにヴィデオ・クリップの相乗効果で時代を駆け抜けた男女3人組の唯一作がボーナス追加で登場です。代表曲"SHE WENT POP"のシングル・ミックスはもちろん、よりダンスフロア仕様な直進的グルーヴがかっこいい"TALK TO ME"のシングル・ヴァージョンやダブ・ヴァージョン等をコンパイルした全16曲。

★JOHNNY WINTERの人気シリーズ第14弾がCDリリース!

●JOHNNY WINTER / LIVE BOOTLEG SERIES 14: IT'S JOHNNY'S BIRTHDAY(LIMITED EDITION, REMASTERED, ORIGINAL MASTER RECORDING) 輸入CD 2,700円(税込) (FRIDAY MUSIC / FRIM22344.2)
人気シリーズ第14弾がCDリリース!

JOHNNY WINTER自身の全面協力の下でスタートした人気未発表ライヴ音源蔵出しシリーズ「LIVE BOOTLEG」第14弾がJOHHNYのバースデイ2月23日を祝って登場です。97年NYC公演でも披露したJIMMY REEDカヴァー"THE SUN IS SHINING"ほか、TRAFFICの"NO TIME TO LIVE"、EDDIE FLOYDの"KNOCK ON WOOD"、ファン・フェイヴァリット"YOU'RE HUMBUGGIN' ME"、ハード・ロッキンな"BOOT HILL"など激レア音源を多数収録したファン必携盤。ボーナス・トラック1曲収録。


●PANDA RIOT / INFINITY MAPS (LP) 輸入LP 2,808円(税込) (PANDA RIOT / PRLP001)

米フィラデルフィア産、最高に耽美なドリーミー・シューゲイザー・ポップ・バンド。
4年振りとなる3rdアルバム。




●SUPERCHUNK / WHAT A TIME TO BE ALIVE (LP) 輸入LP 2,592円(税込) (MERGE / MRG620)
結成から30年近くになる現在でもDIYのスタイルを貫き、自らのレーベル「Merge」の運営も変わらず好調なSUPERCHUNKが4年半ぶり通算11枚目のアルバム『WHAT A TIME TO BE ALIVE』をリリース!

■ダウンロードコード付き

2013年8月にリリースされ好評を博したアルバム『I Hate Music』から4年半、Superchunkのニュー・アルバム『What aTime to Be Alive』が完成した。アルバムは2018年2月16日、自らのレーベル、Mergeよりリリースされる。
「自分達が住み、そして自分達の子供が成長しようとしている周辺の状況を完全に無視したレコードをつくることは、バンドをやっている者、少なくとも今の自分たちのバンドにとっては奇妙なことなんだ」
崩壊した2016年の選挙後の現在の出来事の緊急性によって、SuperchunkのMac、Laura、Jim、Jonは早く新しい作品を作る為の勢いを得た。当『What aTime to Be Alive』はSuperchunkの4年振りとなるニュー・アルバムだ。「これは悲惨で落ち込んでいる状況についてのレコードだけど、聴いていても悲惨で憂鬱に感じるようなレコードではない」とMacは語る。実際、既に30年近くに渡って活動しているSuperchunkの多くの曲と同じ様に、『What a Time to Be Alive』の収録曲は、ラウド・パンクの熱と爽快なポップのエネルギーのカタルシスと高揚感を持って、怒りと不安に直面する。高齢化の中での死、喪失、そして音楽の役割に焦点を当てた2013年の『I Hate Music』のように、『What a Time to Be Alive』は痛みの最前線に精神を運ぶ。それは絶望的なのと同じくらい挑戦的で、手を挙げて降参しながらも、戦闘準備を命ずるようなものだ。アルバムの楽曲の多くは2016年の11月から2017年の2月にかけて書かれた。『I Hate Music』同様、Beau Sorenson(Death Cab For Cutie、Bob Mould他)によりレコーディングとミックスがおこわれた。Sabrina Ellis(A Giant Dog、Sweet Spirit)、Katie Crutchfield(Waxahatchee)、Stephin Merritt(The Magnetic Fields)、Skylar Gudasz、DavidBazan等、過去のどのSuperchunkのアルバムよりも沢山のバッキング・ヴォーカリストがゲスト参加した。

バイオグラフィー:
Superchunkは1989年にノースカロライナ州チャペルヒルで結成されたインディ・ロック・バンドだ。メンバーはMac McCaughan(Vo, G)、Jim Wilbur(G)、Laura Balance(B)、Jon Wurster(Dr)の4人。1990年代のチャペルヒルのミュージック・シーンを定義したバンドで、パンク・ロックから影響を受けたDIYのスタイルで活動を行っている。また、Mac McCaughanとLaura BallanceはSuperchunkの作品をリリースする為、インディペンデントのレコード・レーベル、Merge Recordsを1989年に設立。Arcade Fire、Neutral Milk Hotel、Spoon他の作品をリリースし、大きな成功を収めている。Superchunkは現在まで『Superchunk』(1990)、『No Pocky forKitty 』(1991)、『On the Mouth 』(1993)、『Foolish』(1994)、『Here's Where the Strings Come In 』(1995)、『Indoor Living 』(1997)、『Come Pick Me Up』 (1999)、『Here's to Shutting Up 』(2001)、『Majesty Shredding 』(2010)、『I Hate Music』(2013)と10枚のアルバムをリリースしている。







■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 3/20(火)ロック・プログレ新品新入荷情報!その① ビートルズ66年武道館公演、6月30日夜の部がレッド・ヴァイナル仕様でアナログ・リリース!

Page Top