Home > ROCK・PROGRE情報 > 12/20(水)ROCK・PROGRE新入荷情報!STEELY DAN、EAGLES、LOU REEDのライヴ盤など

12/20(水)ROCK・PROGRE新入荷情報!STEELY DAN、EAGLES、LOU REEDのライヴ盤など

★74-93年FMラジオ放送用ライヴ音源が5CD化!

●STEELY DAN / DECADES APART - LIVE ON THE RADIO '74 & '93 (5CD) 輸入CD 4,320円(税込) (SOUND STAGE / SS5CDBOX37)
DISC 1には 74年3月10日、カリフォルニア州アーバインはカリフォルニア大学公演を収録。

DONALD FAGENのステージ嫌いとWALTER BECKERの完璧主義の故にほとんど残されていない初期STEELY DANのライヴ・コンサート。73年リリースとなる2NDアルバム『COUNTDOWN TO ECSTASY』からの"KING OF THE WORLD"はかなり気合いの入ったドラムで観客のボルテージはマックス。お次に披露するのは74年2月にリリースされたばかりののちの常連メンバーが勢揃いした同年傑作サード『PRETZEL LOGIC』から、かなり爽やかな演奏に仕上がった"BARRYTOWN"。この時期は天才DONALD FAGENのヴォーカルを堪能できる時期でもあります。また選曲も初期ベスト盤と言っても過言ではないほどのベストチョイスで、勢いもあり気持ち良さもありなAOR/STEELY DAN好きにはマストなステージです。

DISC 2には 74年3月20日、カリフォルニア州サウサリートの名門THE RECORD PLANTでのセッション音源を収録。

74年サード『PRETZEL LOGIC』サポート・ツアー期の録音で、ドラムにTOTOのJEFF PORCARO、パーカッションにROYCE JONES、キーボードにのちDOOBIEのMICHAEL MCDONALDを迎え残されたステージは、初期3作からのベストと言える選曲にスタジオ未録音の"THIS ALL TOO MOBILE HOME"、75年『KATY LIED』に収録される"YOUR GOLD TEETH II"の完全別ヴァージョンなどをフィーチャーした貴重な記録となっています。

DISC 3には 74年4月30日、メンフィスはELLIS AUDITORIUM公演を収録。

ドラムでJEFF PORCARO、キーボード/ヴォーカルでMICHAEL MCDONALDもツアー参加、激ファンキー & ソウルフルに疾走するメンフィスでの一夜。"RIKKI DON'T LOSE THAT NUMBER (リキの電話番号)"の大ヒットにより飛ぶ鳥を落とす勢いだった当時のSTEELY DANの凄さを体感できる音源です。タイトでアグレッシヴなビート感に大コーフンの"BODHISATTVA"、美麗なギター&ピアノ・フレーズが抜群に気持ち良い極上ブルー・アイド・ソウル"THE BOSTON RAG"、DJ HARVEYもプレイ、サンプリング・ソースとしても人気のディスコAOR名曲 "DO IT AGAIN"、こみ上げるソウルフルなメロディが最高の"BROOKLYN"、鮮やかに疾走する"YOUR GOLD TEETH II"、そして"RIKKI DON'T LOSE THAT NUMBER"、"DIRTY WORK"などの人気曲ももちろん収録! ラストのアンコール"SHOW BIZ KIDS"も激ソウルフル! ラテン~R&B~ソウル~ファンク~ディスコ的要素を内包した、ロック/AORの枠に納まらないSTEELY DANの魅力をたっぷりと味わえます。

DISC 4-5には 93年9月1日、ミズーリ州メリーランド・ハイツのTHE RIVERPORT AMPHITHEATRE公演を収録。

80年に一時活動休止、93年から再始動したDAN。バンドとしては74年のツアー以来となる93年ツアーよりの一夜。"THE ROYAL SCAM"、"BAD SNEAKERS"、"AJA (INSTRUMENTAL)"とSTEELY DANメドレーで幕を開け、"GREEN EARRINGS"、" BODHISATTVA"、"JOSIE"、"HEY NINETEEN"、"CHAIN LIGHTNING"、"DEACON BLUES"といったDANクラシックはもちろん、DONALD FAGENの"I.G.Y. (WHAT A BEAUTIFUL WORLD)"や"COUNTERMOON"、WALTER BECKERの"BOOK OF LIARS"や"FALL OF '92 "などソロからのカットも交えながら、FAGEN & BECKERを中心に8ピースのバッキング・バンドと3人のフィメール・ヴォーカリストを含んだフル・サイズ・ジャズ・バンド編成で挑んだ非ロック・バンドとしての珠玉のステージが詰まっています。





★74-94年TV/FMラジオ放送用ライヴ音源が7CD化!

●EAGLES / BROADCAST COLLECTION '74-'94 (7CD) 輸入CD 4,860円(税込) (SOUND STAGE / SS7CDBOX36)
DISC 1には 74年4月13日、NYはBEACON THEATER公演を収録。

ウエストコーストの巨人、ご存知ロック・レジェンド、EAGLES。DON FELDERが正式加入し、よりロック色を強めた74年サード・アルバム『ON THE BORDER』リリース期の音源です。"SILVER THREADS AND GOLDEN NEEDLES"、"DESPERADO"、"IT DOESN'T MATTER ANYMORE"ではLINDA RONDSTADTがスペシャル・ゲスト参加、"YOUR BRIGHT BABY BLUES"、" LOOKING INTO YOU"ではJACKSON BROWNEがスペシャル・ゲスト参加、ラストのアンコール"TAKE IT EASY"ではどちらも参加しています。ほか"GOOD DAY IN HELL"、"ALREADY GONE"、"JAMES DEAN"、"MIDNIGHT FLYER"といった重要曲ももちろんも収録! 脂が乗りまくったアンサンブル&コーラス・ワーク、爽快でありながらもどこか憂いの帯びた「コレシカナイ!」な熱狂ライヴ盤です。

DISC 2-3には 76年11月6日、テキサス州ヒューストンはTHE SUMMIT公演を収録。

『HOTEL CALIFORNIA』リリース直前のステージ。加入直後のJOE WALSHソロやJAMES GANG楽曲やライヴではレアな"WITCHY WOMAN"や"THE BEST OF MY LOVE"に、新作からは"HOTEL CALIFORNIA"や"WASTED TIME"を披露、前年の大ヒット作『ONE OF THESE NIGHTS』からの"ONE OF THESE NIGHTS"や"LYIN' EYES"、"TAKE IT TO THE LIMIT"をはじめ74年『ON THE BORDER』、73年『DESPERADO』、72年『EAGLES』楽曲とベスト・オブといった構成で熱くハードなEAGLESを堪能できる一夜です。

DISC 4-5には 80年3月4日、カリフォルニア州イングルウッドのTHE LA FORUM公演を収録。
79年『THE LONG RUN』後のツアーよりの一夜です。80年11月にリリースされるライヴ盤『EAGLES LIVE』収録のサンタモニカ公演に先立つファイナル・ツアー録音です。『EAGLES LIVE』等には未収録の『THE LONG RUN』楽曲、"IN THE CITY"、"THE SAD CAFE"、"THOSE SHOES"、"KING OF HOLLYWOOD"等の意外にレア・ナンバーに、もちろん"HOTEL CALIFORNIA"、"ONE OF THESE NIGHTS"といったクラシックも披露。バンド創世期の穏やかなカントリー色のある楽曲はもちろん、JOE WALSHのギターを押し出したハードなロック・サウン ド、更にGLENN FREY の爽やかなヴォーカル全てがバランス良く混在。バンドの熟し切った音源が堪能できつつ"THE SAD CAFE"ではDAVID SANBORNがスペシャル・ゲスト参加しサックスで華を添えたファン必携の一夜です。

DISC 6-7には 94年4月25日、バーバンクのWARNER BROS. STUDIOSでの24日のMTV放送用スペシャル・セッションの翌日、未発表となるセカンド・ナイトを収録。

80年に解体して以降14年ぶりとなる再結成を果たしたTHE EAGLES。大規模な世界ツアーを経てのち11月にリリースされるライヴ盤『HELL FREEZES OVER』同様にアンプラグドな一夜となっています。"GET OVER IT"、"LOVE WILL KEEP US ALIVE"など新たなスタジオ・ソングも披露し、リラックスした5人が堪能できるファン必携のステージとなっています。





★76-92年FMラジオ放送用ライヴ音源が9CD化!

●LOU REED / THE BROADCAST COLLECTION 1976-1992 (9CD) 輸入CD 4,644円(税込) (SOUND STAGE / SS9CDBOX40)
DISC 1-2には 76年10月29日ボストンはTHE ORPHEUM THEATER公演を収録。

『ROCK AND ROLL HEART』ツアーよりの一夜。サックスをフィーチャーした"HEROIN"が白眉。この時期特有の楽しみ、レジェンドDON CHERRYのトランペットも最高です。

DISC 3-4には 76年1月12日、LAの伝説THE ROXY THEATRE公演を収録。

レジェンドDON CHERRYの高らかなサックスがライヴの始まりの高揚感をトップギアまでもっていく"SWEET JANE"、ピアノとサックスによるドラマチックなイントロからふと静まり返って歌いだす"LISA SAYS"、エレピのきらめく音色とサックスでガラリと姿を変えた"I'M WAITING FOR THE MAN"などのクラシックから、当時発表直前の『ROCK AND ROLL HEART』からの 小粋なグッドタイムミュ-ジックよろしくLOUが楽しげなシャウトを聴かせる"I BELIEVE IN LOVE"や"YOU WEAR IT SO WELL"まで、サックスを全面フィーチャーしたサウンドによるアツイ名演。中でもLOUのラップすらもお行儀よく聞こえるフリーキーなシンギングが強烈すぎる"KICKS"、10分を超える"WALK ON THE WILD SIDE"にシビれます。

DISC 5には 78年4月26日、オハイオ州クリーヴランドのCLEVELAND MUSIC HALL公演を収録。
78年2月リリースの『STREET HASSLE』プロモート・ツアーからの一夜。同78年5月にNYはBOTTOM LINEで録音された78年リリースのライヴ・アルバム『TAKE NO PRISONERS』と同時期の貴重音源で、この時期のライヴ音源はとてつもなくヘヴィネスなギターと骨太でファンキーなライヴでおなじみ。"LEAVE ME ALONE"のサックスとファズ・ディストーション・ギターにオブリで挿入されるLOUのボーカルはVELVET UNDERGROUNDがNO WAVE期にいたら・・・と想像させるアッパー・チューン。"CONEY ISLAND BABY"がこれまたサックス入りでコーラスもたまらなくAORな仕上がり。『TAKE NO PRISONER』には未収録の『STREET HASSLE』の"GIMME SOME GOOD TIMES"やVUクラシック"SWEETJANE"、"ROCK'N ROLL"等が収録されているのもポイントの高いステージです。

DISC 6には 84年10月3日オハイオ州クリーヴランドのAGORA BALLROOM公演を収録。

ロック史に残る名作ライヴ・アルバム『LIVE IN ITALY』の翌年の記録。ROBERT QUINE (GU)、FERNANDO SAUNDERS (BA)に、PETER WOOD (KEY)、LENNY FERARRI (DR)と、シンプルでありながら強力なバンド・サウンドは言わずもがな。唯一無二のルーズなグルーヴ&ヴォーカルが強烈な個性を放つ"SWEET JANE"や" I'M WAITING FOR THE MAN"、"SATELLITE OF LOVE"、"LEGENDARY HEARTS"に84年4月の新作『NEW SENSATIONS』からの楽曲など、VU&ソロの永久不滅のクラシックを多数収録。A.T.C.Q.ネタをはじめサンプリング・ソースとしても人気の超名曲"WALK ON THE WILD SIDE"の仕上がりも文句ナシ。

DISC 7には 89年4月13日 コロラド州デンヴァーはTHE PARAMOUNT THEATER公演を収録。
言わずと知れた元VELVETSの中心人物LOU REEDがSIREに移籍し通算19作目となる移籍第1弾アルバム『NEW YORK』をリリースした年でもある後期絶頂期のライヴ音源。NYの街角の貧困を歌う"DIRTY BLVD."をはじめ"ENDLESS CYCLE"、"LAST GREAT AMERICAN WHALE"など序盤は『NEW YORK』からの当時新曲を5曲お披露目。そして中盤からはLOU REEDファンならば涙なしには聴けない"ROCK'N'ROLL"、"SWEET JANE"と豪華すぎる流れに〆は"WALK ON THE WILD SIDE"。ただただ最高の一言。爆音すぎるバックの演奏にタラタラと語りかけるように歌うLOU REEDの歌い方はライヴでの即興性に限ります。

DISC8-9には 92年9月12日、シカゴはWORLD MUSIC CENTERでのXRT/BUDWEISER TWILIGHT CONCERT公演を収録。

同年92年7-8月には東京埼玉横浜福岡広島大阪名古屋と怒涛のジャパン・ツアーをこなしたLOU REED。"WHAT'S GOOD"、"POWER AND GLORY"、"MAGICIAN"、"SWORD OF DAMOCLES"、"WARRIOR KING"、"MAGIC AND LOSS"、"HARRY'S CIRCUMCISION"と、1月リリースの新作『MAGIC AND LOSS』からの楽曲はもちろん、72年『TRANSFORMER』の"VICIOUS"、"WALK ON THE WILD SIDE"、"SATELLITE OF LOVE"に86年『MISTRIAL』の"TELL IT TO YOUR HEART"、89年『NEW YORK』の"ROMEO HAD JULIETTE"、"DIRTY BOULEVARD"、"STRAWMAN"、"THERE IS NO TIME"などのソロ・クラシックにVUクラシック"SWEET JANE"も披露する充実の一夜です。




★POSTPUNK~NEW WAVEを代表する孤高のギタリスト、ヴィニ・ライリーによる一人ユニット、DURUTTI COLUMNの名盤6作目(1987年作品)がデラックス・エディション『GUITAR AND OTHER MACHINES DELUXE』として再発!! レア曲やライヴ音源を収録!

●DURUTTI COLUMN / GUITAR AND OTHER MACHINES DELUXE (2LP/REMASTER) 輸入LP 2,808円(税込) (FACTORY BENELUX / FBN204LP)
■ダウンロードコード付き
※アナログ盤の収録曲はCDとは異なります。

2枚組のアナログ盤は、2017年リマスター音源を使用したオリジナル収録曲からなる1LPと、2LPにはCDに収録されているライヴ音源から厳選された7曲を収録。

そのミニマルで叙情的なサウンド構築によりアンビエント~ポスト・ロック・シーンへも影響を与えたドゥルッティ・コラム。

『GUITAR AND OTHER MACHINES』は、NEW ORDERなどで知られる人気レーベル=FACTORYから1987年に発表された6作目で盟友ブルース・ミッチェルやジョン・メトカーフらが参加。本作は2017年リマスターを使用した3枚組デラックス・エディション!

THE SMITHSなどの仕事で知られるスティーヴン・ストリートのプロデュースによるオリジナル曲に加え、3曲のボーナストラックを収録。

イタリアのみで発表された1986年のレア作品「Greetings Three EP」の楽曲や未発表曲、さらにJEFFERSON AIRPLANEのカヴァー曲M-16などをコンパイル。

ライヴ・アルバムで、1987年のニューヨークはボトムライン・クラブと、1988年のWOMAD FESTIVALでの演奏を収録。

2枚組のアナログ盤は、2017年リマスター音源を使用したオリジナル収録曲からなる1LPと、2LPにはCDに収録されているライヴ音源から厳選された7曲を収録。







オーストラリア産新鋭テクニカル・シンフォニック・ロック/プログレ・メタル・lバンドの'17年セカンドアルバム!

●KETTLESPIDER / KETTLESPIDER 輸入CD 2,376円(税込) (KETTLESPIDER / KS002)

Geoffrey Fyfe(key)、Simon Wood(dr)等により'11年に結成されたオーストラリア産新鋭テクニカル・シンフォニック・ロック/プログレ・メタル・lバンド、'17年セカンドアルバム。本作は'Building a Spider'をテーマにしたセルフタイトルのコンセプトアルバム。全編インストながらも、ツインギターの5人編成を生かしたメロディアスかつドラマティックな抜けの良いProgressive/Symphonic Rock・インストを展開。Rob Cottonによる"Building a Spide"のアートワークを完全掲載した12Pブックレットも必見です。






69年唯一作が独Garden Of Delightsから通しNO.入1,000枚限定ピクチャー・ディスク仕様アナログ盤で復刻再発!

●SHIVER (CHE) / WALPURGIS: 1,000 COPIES LIMITED PICTURE VINYL - 180G LIMITED VINYL/REMASTER 輸入LP 3,996円(税込) (GARDEN OF DELIGHTS / PDLP03)

後にISLANDのメンバーとしても活躍するBenjamin Jäger(vo/per)も在籍したSwizerland産Art/Organ Rockバンド、独Maris Musikから発表された'69年唯一作が独Garden Of Delightsから通しNO.入1,000枚限定ピクチャー・ディスク仕様アナログ盤で復刻再発!オリジナルは故H.R. Gigerのジャケット・デザインとも相まって、Swizerland産バンド・アイテムの中でもPsyche/Progressive Rockマニアの間では超の付く屈指のコレクターズ・アイテム、PROCOL HARUM'Repent Walpurgis'カヴァー等を含む、時代性を反映したドラマティックかつClassicalで陰鬱なOrgan Rockを展開。楽曲/演奏力/arr.を含め、その完成度は同時代の中ではクオリティーの高いもので、TOADと並び、後のSwizerland rockシーンの源流となった最重要バンド/アイテムです!!マスターは既発CDと同じオリジナル・マスターを元にした'04年リマスタリング音源を使用(ボーナス・トラックは未収)、裏に通しNO.を記載した収納用ジャケットに封入/'11年復刻アナログ盤にも添付された、メンバー写真、オリジナル盤ラベル等の貴重写真、バイオグラフィー/ヒストリー/ディスコグラフィーを掲載した8Pカラー・インナー・スリーヴを添付。
【通しNO.入1,000枚限定Picture Disc仕様盤/Remaster/180g重量盤
※通しNO.の選択は出来ません。予め御了承下さいませ。】






再入荷!
★80年作がボーナス収録の決定盤CD/BLU-RAYエディションで登場!

●XTC / BLACK SEA (CD+BLU-RAY - DEFINITIVE EDITION) 輸入CD+BLU-RAY(ブルーレイ) 2,592円(税込) (APE HOUSE LTD / APEBD104)
80年4作目『BLACK SEA』がリミックス5.1サラウンド拡張版で登場。オリジナル・マスター・テープからのリミックス&リマスター。ミックスはシリーズ引き続きANDY PARTRIDGE/XTCから全権委任されたSTEVEN WILSONが担当しています。

CDには最新ステレオ・アルバム・ミックスにアルバム・セッション音源をボーナス・トラックを追加、
BLU-RAYにはオリジナル・マルチ・トラック・マスター・テープからのLPCM/DTS HD MAフォーマット24BIT/96KHZの5.1サラウンド・ミックスに加え、24BIT/96KHZ LPCM AUDIOでの最新ステレオ・アルバム・ミックス (それぞれボーナス含む)、さらにオリジナル・ハイ・レゾ・ステレオ・アルバム・ミックスとボーナス・トラック、24BIT/96KHZ LPCM AUDIOでの最新インストルメンタル・ヴァージョン、その他アルバム・セッション前にPHONOGRAM STUDIOSやSWINDON TOWN HALLでほぼライヴ録音されたデモ音源に、"TOWERS OF LONDON"、"GENERALS & MAJORS"、"RESPECTABLE STREET"のプロモ・フィルムを収録。

ANDY PARTRIDGE、DAVE GREGORY、TERRY CHAMBERS、プロデューサーSTEVE LILLYWHITE、エンジニアHUGH PADGHAMによるスリーヴノーツ収録エキスパンデッド・ブックレット収納スペシャル・パッケージング。PETER GABRIEL、PHIL COLLINSに続きLILLYWHITE/PADGHAMが仕掛けた当時最新のゲート・リヴァーブ処理されたドラムの80年代的残響はもちろん、ANDYとCOLINの競い合いによりアルバムを追う毎に進化、さらに骨太で重厚なロック・バンド・サウンドが詰まった80年代の幕開けを飾る名盤中の名盤。まだ職人的とまでは行かずとも中毒性の高いメロディと凝り過ぎない素直なサウンド、ライヴ・バンドとしての充実も感じられるリズム志向、練りこんだポップなベース・ラインにANDYのギタリストとしての自信、もちろん時折覗く変態性。初期XTCの最高傑作と称えられることも多いポップ・フリークのマスト・アイテムです。アルバムはバンド初のUKトップ20入り、シングル"GENERALS AND MAJORS"、"TOWERS OF LONDON"もUKトップ40ヒット。

新たな音像が浮かび上がる各種最新ミックスに加え、ボーナスとして収録される サウンドトラック盤『TIMES SQUARE』にも収録されたアルバム後のシングル"TAKE THIS TOWN"や、未発表シングル・ヴァージョン、別ミックス、同時期シングル音源、ANDY PARTRIDGEのソロ・デモなどなどファン垂涎のまさに決定版エディションとなっています。




再入荷!
★67-80年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●PAUL SIMON / TRANSMISSION IMPOSSIBLE (3CD) 輸入CD 2,160円(税込) (EAT TO THE BEAT / ETTB089)
DISC 1は 67年3月11日、マサチューセッツ州メドフォードの名門私大タフツ大学はTHE COUSENS GYMNASIUM公演を収録。

前年に傑作アルバム『PARSLEY, SAGE, ROSEMARY AND THYME』を発表し、シングルでも立て続けにヒットを飛ばしてノリに乗っていたS&G。永遠のバラッド"THE SOUND OF SILENCE"、ポップ・センス溢れる"RED RUBBER BALL"、"FOR EMILY, WHENEVER I MAY FIND HER"でのアートの絶唱など名曲オンパレードのステージ。

DISC 2は 78年5月7日、イスラエルはカイザリアのOLD ROMAN AMPHITHEATRE公演を収録。
アルバム・リリースは一旦休止し、WOODY ALLENの77年映画「ANNIE HALL」、78年のテレビ映画「ALL YOU NEED IS CASH」への出演など課外活動を活発化させていたこの頃のPAUL。"ME AND JULIO DOWN BY THE SCHOOLYARD"、"MOTHER AND CHILD REUNION"などのソロ・クラシックはもちろん、SIMON & GARFUNKEL時代の"HOMEWARD BOUND"や"THE BOXER"、"MRS. ROBINSON "、"BRIDGE OVER TROUBLED WATER"、"THE SOUND OF SILENCE"に"AMERICA"なども披露する伝説の一夜です。

DISC 3は 80年10月7日、フィラデルフィア州アッパー・ダービーはTOWER THEATER公演を収録。

自身が監督・脚本・主演を務めた同名映画の80年8月リリースのサントラ盤『ONE-TRICK PONY』期の一夜は、KING BISCUIT FLOWER HOUR放送用録音。ヒットした"LATE IN THE EVENING"などアルバム楽曲に加え、初期ソロ・ワークスにSIMON & GARFUNKELクラシックも収録し、映画の中で主人公が組んでいるバンドのメンバーそのままにERIC GALE (GUITAR)、RICHARD TEE (KEYBOARDS)、TONY LEVIN (BASS)、STEVE GADD (DRUMS)と腕利きをそろえた名演です。





再入荷!
★JIMMY PAGEによる発掘音源集第2弾! 68年YARDBIRDSの未発表ライヴ/スタジオ音源が2CD、180グラム重量盤2LPリリース!

●YARDBIRDS / YARDBIRDS '68 (2CD) 輸入CD 4,104円(税込) (JIMMY PAGE RECORDS / T41464)
いわずと知れた、のち伝説のLED ZEPPELINのギタリスト、プロデューサーとなった男。そして生粋の音楽マニア/ブート・ディガーとしても知られるJIMMY PAGE。PAGEが贈る「初のオフィシャル・プロダクション」が、自身の名を冠したレーベルから驚愕のオフィシャル・リイシューとなります。自身の最深の激レア音源を自ら掘り起こすブートレガーの鑑。

68年3月のNYはANDERSON THEATER公演と、同時期の貴重デモやアウトテイクなどのスタジオ・スケッチを収録。JIMMY PAGE在籍最後の年となった68年、JIM MCCARTY、CHRIS DREJA、KEITH RELFという布陣で残された歴史的音源です。

■LIVE AT ANDERSON THEATER
■STUDIO SKETCHES

「永遠に失われたかもしれないと思われていたが、遂に我々は再発見し、新たにミックスをした。素晴らしい歴史的重要性を持った音源だ。我々はリリースができることを喜んでいる」
- JIM MCCARTY, CHRIS DREJA AND JIMMY PAGE


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 12/20(水)ROCK・PROGRE新入荷情報!STEELY DAN、EAGLES、LOU REEDのライヴ盤など

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top