Home > PUNK/HARDCORE情報 > PUNK 新入荷情報!!LAUGHIN' NOSE、BUZZER BEATER、SOLIS MANなど入荷!!

PUNK 新入荷情報!!LAUGHIN' NOSE、BUZZER BEATER、SOLIS MANなど入荷!!

LAUGHIN' NOSE / ラフィンノーズ / 50's ROLL

LAUGHIN' NOSE ラフィンノーズ

50's ROLL


CD(4) 2,484円(税込)



あったんだって あの小屋が さあ! 探しにいこうぜ!!

パンクロックの金字塔「LAUGHIN'ROLL」が発売されて30年。CHARMY56歳、PON55歳。50代になった奴らのラフィンロールが自由爛漫に大炸裂! タイトル曲には20代に苦楽を共にしたMARUもハープで参加!!!愛と希望と夢に溢れる一大パンクロック・アルバムがここに誕生!!!



[ 50's Roll ツアー ]
7.5(水) 町田 Nutty's "50's Roll Tour ワンマン"
7.8(土) 仙台 BIRDLAND "50's Roll Tour ワンマン"
7.13(木) 福岡 graf "50's Roll Tour ワンマン"
7.15(土) 大阪 KING COBRA "50's Roll Tour ワンマン"
7.16(土) 名古屋 UP SET "50's Roll Tour ワンマン"
7.22(土) 新宿 LOFT "50's Roll Tour ワンマン"





LAUGHIN' NOSE / ラフィンノーズ / 50's ROLL (Lサイズ)

LAUGHIN' NOSE ラフィンノーズ

50's ROLL 【ディスクユニオン限定Tシャツ付きセット】 


MUSIC+APPAREL(アパレル)(28) 3,888円(税込)(S,M,Lサイズ)

【ディスクユニオン限定Tシャツ付きセット】 

デザイン: Front のみ

※画像はイメージです。実際とは異なる場合がございますのでご了承ください。


BODY : TRUSS
COLOR : ホワイト×ヘザーグレー

[サイズについて]
◆ Sサイズ [ 着丈 : 65 ] [ 身幅 : 46 ] [ 袖丈 : 17 ] (cm)
◆ Mサイズ [ 着丈 : 68 ] [ 身幅 : 48 ] [ 袖丈 : 18 ] (cm)
◆ Lサイズ [ 着丈 : 71 ] [ 身幅 : 50 ] [ 袖丈 : 19 ] (cm)
◆ XLサイズ [ 着丈 : 74 ] [ 身幅 : 52 ] [ 袖丈 : 20 ] (cm)

※数値はカタログのものなので実寸とは異なる場合もございます。目安としてご活用ください。


BUZZER BEATER / ブザービーター / MATCHLESS

地元や自分たちの信念を貫き続ける、7人組BRASS CORE SKA PUNKバンド
"BUZZER BEATER"が贈る攻撃的楽曲が満載の13曲フルアルバム

三重県四日市 ”デトロイトシティ” と呼ばれる街で生まれ育ち、様々なジャンルが点在する中、唯一この音楽を貫き続ける。エナジー迸るボーカル、極悪な歪みを持つギター、地面をがなり立てるベース、顔面に殴りかかるかのような重いドラム、その上につん裂き渡る管楽器。暴力的とも言える彼等の音楽はこれぞまさに”土建系BRASS CORE SKA PUNK”!
(インフォメーションより)



MATSUOKA (Vo.)
NAKAGAWA (Gt/Cho)
MARUKIN (Dr/Cho)
KOJI (Ba/Cho)
YOCCHAN (A.SAX/Cho)
ASAI (T.SAX/Cho)
KENICHI (TB/Cho)


SOLIS MAN / Iron oxide color

SOLIS MAN

Iron oxide color


CD(4) 1,620円(税込)

ハイブリッドテクノジャムバンド"SOLIS MAN"、フレッシュでケミストリーな 1stシングル「Iron oxide color」をリリース!!

シンセサイザー&エレクトロニクスを担当するNissinは、インダストリアルやアブストラクト・ヒップホップ、プロ グレッシブ・ロックに影響を受け、10代から楽曲作製を始める。 ギターのJitsumoriは関西でいくつかのバンド活動を経て2006年にインドへ渡る。シタールの名門ベナレスガラナの Pandit Shivnath Mishra氏に師事し、帰国後もワールドミュージックを探究。 大阪のHCパンクバンドROUGH ROCK POSSESTのドラムTsuboは、デジタル・ハードコアやガバ、トランスを経て、ジャズに傾倒。基本メンバー構成は上記の三名。2013年結成以来、長い試行錯誤の上に本作へ辿り着く。 アーバンでブルージーでドラマチックなダンス・ミュージック、緻密に構築された楽曲は情緒豊かで、繰り返し聴くほどに中毒性を増す。 奥行きとストーリー性を秘めた新感覚のジャム・ロックとも言える。 3曲目にゲスト・ボーカルとして参加しているWURA。カリスマ的人気を誇るプロ・スケートボーダー。NIXONをメインスポ ンサーに持ち、3度の全日本グランドチャンプに輝いた後にTRANS WORLD AWARDなど各誌の人気投票でスケーターオブザイヤーを総ナメにして来たスケート界の怪物である。十代後半からヒップホップ、レゲエ、ブルース、ドラム アンドベースなど多方面から影響を受けDARK HORSE MCとしてアンダーグランドシーンに身を置き、そのオールマイティーな活動は大阪のストリート・シーンを語るうえで絶対に欠かせない存在である。テクノ、ドラムンベース、ブレイクビーツ、エレクトロ、インダストリアル、ストーナーロック、ジャムロック、サイケデリック ロック、ポストロック・・・音楽シーンを愛するすべての人に聞いてもらいたい音源だ。 2017年5月14日に大阪の戦国大統領にて初ライブ。共演は444capsule、SUBLIMTY、DJ Energy Dai、DJ TOGETHER、DJ 人間宇宙。 


Dr: Tsubo
Gt: Jitsumori Akito
Synth, Electronics: Nissin
MC: WURA




Element 5 / The Look At Me's / 「行くぜ、ロマンチック!」

Element 5 / The Look At Me's

「行くぜ、ロマンチック!」


CD(4) 1,000円(税込)

君の感情を極限まで揺り動かす、メイドインジャパン郷愁エモサウンドを聴け。行くぜ、ロマンチック!

 

【Element 5】
2012年、エモコアバンドfrontpagestoryの真部、岩本を中心に結成。The Get Up Kids、Cap'n Jazz、Star Marketなどの90年代エモシーンのバンドに影響を受けながらも、曲中に様々な展開やギミックを盛り込んだ楽曲を展開しつつ、切ないメロディーと半絶叫パートを織り交ぜ、他で見ることのできない個性を余すことなく内包したバンドだ。2016年7月には1stアルバム「Waters ep」をリリース。正統派エモコアナンバーから、変拍子を多用したダンサブルなナンバー、はたまたバラードまで、様々な表情を見せリスナーを飽きさせることがない。ドラムが変わって今作、「行くぜ、ロマンチック!」に収録されたのは 「Dear my harper」と「Deepest apology」の2曲。どちらの曲も疾走感のあるストレートなUSインディーの雰囲気を漂わせつつも、ラストまで予想のできない展開と90年代エモ好きならどうしても反応してしまうような小粋なフレージングは今回も健在だ。
都内を中心に活動。2016年は大阪、京都、いわきなど地方ツアーも敢行した。過去、渋谷Ruby Room Tokyoを中心に自主企画「Starlight Breaker」を主催し、様々なジャンルのバンドやDJとのコラボレーションを図りクリエイティヴな空間を作り出していたが、2017年1月より『思い出に残る音楽』をアウトプットしていきたい!という目標を掲げ新たな自主企画「Mixtape Diaries」をスタート。Enie Meenie、RAINMAKER、The Look At Me's、sineなどと共演。好評を博す。 



【The Look at Me's】 
2014年、都内のIT企業に勤務する写真4人で結成されたThe Look at Me's。90年代後期エモシーンの洗礼を現地アメリカで浴び続けたモウブレー・ マークを中心に結成されたこの4人組が鳴らすサウンドは、SnowingやDadsなどのエモリバイバル勢に近い影響を感じさせる。2015年に自主制作盤「JABBERWOCKIES」をリリース。収録曲「東新宿ブルー ス」「きみもヤクザになれる」など意味のわからないタイトルになっているが、聴こえてくる音はAmerican Footballを思わせるアルペジオを中心とした珠玉の3曲入りEPであった。そして2017年リリース「行くぜ、ロマンチック!」に収録されたのは、エモ味成分をさらに増したミドルテンポの「もしもしフィラデルフィア」と、美しいハーモニーが印象的な「ストレートエモ」と表現したくなる「天神ナイツ」の2曲だ。前作からさらに円熟味を増したサウンドと偉大なるエモの先人達に敬意を払う音。そう、そこには「オリジナリティ」などといった陳腐な言葉には一切興味のない、「おれたちは鳴らしたい音を鳴らすんだ」という強い覚悟を感じることができるだろう。
なおThe Look at Me's、2015年は新代田FEVERや渋谷O-nestなど都内を中心に活発にライブ活動をしていたが、現在は限られたイベントにしか出ていないという。2017年も数本しか出演しないと決めているようで、彼らのライブを観るチャンスはごくわずかしかない。「行くぜ、ロマンチック!」のレコ発でもある6/24(土)下北沢WAVERはそんな彼らの熱きエモ魂あふれるライブが観られる貴重な機会だ。



まさに「出会うべくして出会った」この2バンドによるスプリットEP。マスタリングはModern BaseballやSPORT、Algernon Cadwallader、Snowingを手掛けたRyan Schwabeが行っており、全世界のエモファンを自認する人にとって必聴のアイテムとなっている。またアートワークはNARCIA/Origami JPのShun Onoが担当。数々のエモバンドを撮影し続けた彼の写真もまた郷愁を感じさせる。そんな「行くぜ、ロマンチック!」をぜひ手にとって欲しい。

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > PUNK/HARDCORE情報 > PUNK 新入荷情報!!LAUGHIN' NOSE、BUZZER BEATER、SOLIS MANなど入荷!!

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top