Home > ROCK・PROGRE情報 > 6/6(火)ロック・プログレ新品新入荷情報!輸入盤

6/6(火)ロック・プログレ新品新入荷情報!輸入盤

★今まで無かったのが不思議! ACEのプロデューサー・シリーズにSHEL TALMYが登場!

●SHEL TALMY / MAKING TIME - A SHEL TALMY PRODUCTION 輸入CD 2,160円(税込) (ACE / CDCHD1497)
アメリカ出身ながらまさに英国ロックンロール・サウンドを形作った変革者にしてトップ・オブ・トップ・プロデューサーSHEL TALMY。初期のKINKSにTHE WHOをはじめとした60年代キャリアを総括する初のアンソロジーが登場です。

ハリウッドでエンジニアとして研鑽を積み、62年の渡英を機にDECCA RECORDSでプロデューサー業を開始。BEATLES登場以降のビート/モッドの波に乗ったBACHELORSやFORTUNESの最初期ヒットを皮切りに、KINKS、THE WHO、EASYBEATSとのちの大物を量産、またCHAD & JEREMYのブリージーなスタイルやMANFRED MANNやAMEN CORNERのソウルフル・ポップ、PENTANGLEのアコースティックなアプローチなど実は幅の広い音を手がけています。

上記以外にも、TALMY自身の短命レーベルPLANET RECORDSからの英国B級ポップ・アート・バンド最高峰THE CREATIONの"MAKING TIME"で幕を開け、本名のDAVY JONES名義ではラスト・シングルとなったのちのスターDAVID BOWIEの"YOU'VE GOT A HABIT OF LEAVING"のオルタネイト・アウトテイクに、のちのLEMMYことIAN WILLIS在籍時のROCKIN' VICKERS、英国シンガー・ソングライター名品ROY HARPER、、

さらにマイナーどころでは、知る人ぞ知るフリークビート・バンドLINDSAY MUIR'S UNTAMEDやノーザン・ソウル評価のOLIVER NORMAN、子飼いの「セッション・マン」JIMMY PAGEがノンクレジットで活躍するTHE FIRST GEARとTHE MICKEY FINN、北アイルランドの期待の17歳ガール・ポップPERPETUAL LANGLEY、今や多くのガールズ・ロッキン・コンピでもおなじみの英国で人気を博した米国ガールズGOLDIE AND THE GINGERBREADS、THE WHOもレコーディングしこちらもJIMMY PAGEが参加したTHE SNEEKERSのフリークビート・クラシック"BALD HEADED WOMAN"、TALMYのプロダクションではないものの作曲を手がけたTRINI LOPEZのダンス・キラー"SINNER NOT A SAINT"、チュチュチュチュ・ナナナナ・ララララ・モッド・ポップ・クラシックNASHVILLE TEENSなどなどなど、

60年代英国音楽史そのものといえるプロデューサーの一人を追うことで表と裏から見えてくる、英国ビート・ポップ/ロック全盛の記憶を追体験できる全25曲。






★AMERICA 入門編ベストがCDリリース!

●AMERICA / AN INTRODUCTION TO 輸入CD 1,080円(税込) (RHINO / 8122793876)
アコースティック・ギター・サウンドとコーラス・ハーモニーは永久に不滅! 「名前のない馬」、「ヴェンチュラ・ハイウェイ」など数々の大ヒットを放った70年代アメリカのヒット曲・代表曲・人気曲をぎゅっと1枚に凝縮した入門編が登場。

一人のアーティストを知るにも振り返るにも格好の「AN INTRODUCTION TO」シリーズはお手頃・コンパクトな決定盤!R&B、ロック、ポップスからダンスまで...幅広いジャンルはワーナーミュージック・グループの膨大なカタログならでは。ワーナーミュージック・グループが誇る膨大なカタログに焦点を当てた新たなシリーズが登場!その名も『AN INTRODUCTION TO』。1人のアーティストのヒット曲・代表曲・人気曲をぎゅっとCD1枚に凝縮した、お手頃でコンパクトな決定盤である。洋楽アーティストの入門編と呼べる本シリーズ最大の特徴と呼べそうなのが、R&B、ロック、ポップス、ダンス...などなど幅広いジャンル・年代のアーティストを誇るワーナーミュージック・グループならではの広く、深いラインアップ!洋楽好きならマストで押さえておきたいレジェンドから、ヒット曲だけは全部聴きたいアーティスト、名前は知っているけど曲はよく知らないアーティスト、いま振り返ってみたいあの曲、あのアーティストなどなど、聴く人のミュージック・ライフをより一層充実させてくれるきっかけやヒントになってくれそうなシリーズとなる。

第1弾として発売されるのは、レイ・チャールズ、ブルース・ブラザーズ、アニマルズ、ジェスロ・タルなど9アーティスト。ジャンルで揃えるのもよし、年代で揃えるのもよし。今後も続いていくこのシリーズで自分だけの”アーティスト・ライブラリ”を作るのも可能に!お手頃なプライスで揃えられるのも魅力的!! 

【アメリカ】 
ジェリー・ベックリー、デューイ・バネル、ダン・ピークの3人によりロンドンで結成され、1971年にデビュー。3人とも父親はロンドンに駐留するアメリカの軍人であり、アメリカンスクールでの仲間だった。 デビューアルバム「アメリカ」の売れ行きはさほどではなかったが、翌1972年に発表したシングル「名前のない馬(A HORSE WITH NO NAME)」が期せずして全米1位の大ヒットとなる。急遽この曲を追加収録してアルバムを再発したところミリオンセラーを記録、グラミー賞の最優秀新人賞を受賞した。同年にロサンゼルスに活動拠点を移す。さわやかなコーラスを生かした素朴なサウンドは、当時すでに人気を確立していたクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングと比較されることが多かった。ダン・ピークは1977年に脱退、2011年に死去している。 本作『AN INTRODUCTION TO』はコンパクトながらも、全米NO,1ヒットの「名前のない馬」を始め、「ヴェンチュラ・ハイウェイ」や「金色の髪の少女(SISTER GOLDEN HAIR)」など、彼等のヒット曲、代表曲を余すところなく収録している。






★オルタネイト・テイク集がイエロー・ヴァイナル仕様でアナログ・リリース!

●BEATLES / DON'T BOTHER ME (COLORED LP) 輸入LP 2,808円(税込) (ROCKWELL / RWLP027)
未発表アウトテイクはもちろん、RINGOをドラムに配したオリジナル"LOVE ME DO"シングルに、TONY SHERIDANレコーディング、DECCAオーディション、PETE BEST音源、さらにB面後半にはタイトルの"DON'T BOTHER ME"やLENNON / HARRISONによる"CRY FOR A SHADOW"などGEORGEにスポットを当てた楽曲を収録しています。
250枚限定盤。





★スタジオ・テイク集がクリア・ヴァイナル仕様で180グラム重量盤アナログ・リリース!

●ROLLING STONES / KEY TO THE HIGHWAY (CLEAR LP) 輸入LP 2,808円(税込) (ROCKWELL / RWLP028)
63年11月14日の"GO HOME GIRL"、63年11月21日の"IT SHOULD BE YOU / LEAVE ME ALONE"、64年1月10日の"NOT FADE AWAY"、64年2月24日の"SOME THINGS JUST STICK ON YOUR MIND / TRY A LITTLE HARDER"、64年3月11日の"AS TIME GOES BY"、64年6月10日シカゴはCHESS STUDIOSでの"HIGH HEEL SNEAKERS / TELL ME BABY / REELIN' & ROCKIN'"などなど全17トラックを収録。
250枚限定盤。






★2014年作がCDリリース!

●DONNA JEAN GODCHAUX BAND / BACK AROUND 輸入CD 2,160円(税込) (HEART OF GOLD RECORDS / 88295)
72年から79年にかけてGRATEFUL DEADのメンバーとして活動したことで有名な女性シンガーDONNA JEAN GODCHAUX。 前夫KEITHとDONNAがDEAD後に結成したバンドHEART OF GOLD BANDにちなんだ自身のレーベルHEART OF GOLD RECORDSからの一枚です。

米国南部、アラバマ州はフローレンスで生まれたDONNA JEAN THATCHERは、60年代にマッスル・ショールズのセッション・シンガーとして活躍。PERCY SLEDGEの"WHEN A MAN LOVES A WOMAN (男が女を愛する時)"(66年)やELVIS PRESLEYの"SUSPICIOUS MINDS"(69年)という全米ナンバー・ワン・ヒット曲のバック・アップ・シンガーを務めています。その他にもBOZ SCAGGS、DUANE ALLMAN、CHER等、数多くのレコーディングに参加。その後活動の拠点をカリフォルニア州に移し、後にGRATEFUL DEADのメンバーとなるKEITH GODCHAUXと結婚し、自身も1979年までGRATEFUL DEADのメンバーとして活躍。80年にKEITHと死別後、80年代からは自身のルーツである米国南部、アラバマ州はフローレンスに活動の拠点を移し、マッスルショールズのササン・バンドFIDDLEWORMSのベーシストDAVID MACKAYと再婚、今日に至るまでマッスル・ショールズのミュージック・シーンで活動を続けています。

2009年にDONNAが夫DAVID MACKAY、ジャム・バンドZEN TRICKSTERS/PHIL LESH AND FRIENDSのJEFF MATTSONとともに新たに結成したバンドがDONNA JEAN GODCHAUX BANDで、本作は2014年のファースト・アルバムにして現時点での唯一作。

DONNAのちょっとアーシーでグルーヴ感のあるヴォーカルがたまらない冒頭のオリジナル作品"DON'T ASK ME WHY"。3曲目の"19TH NERVOUS BREAKDOWN"は"19回目の神経衰弱"の邦題で知られるROLLING STONESのカヴァー。シャッフル・ビートのハイ・テンポなロック・ナンバーをロカビリー風味にアレンジしてご機嫌なサウンドに仕上げています。WILSON PICKETTのカヴァー"DON'T FIGHT IT"ではマッスル・ショールズ・ホーンズをバックにDONNAが伸び伸びと歌っています。"DARKNESS DARKNESS"はJESSE COLIN YOUNGのカヴァー。JERRY GARCIAを彷彿させる間奏のきらびやかなギター・ソロが秀逸。曲が進めば進むほど陶酔すること必至です。BEATLESの"SHE SAID SHE SAID"は米国南部風にまったりとした感じに料理しています。マッスル・ショールズ・ホーンズがとても良い味を出しているのにも要チェック。

GRATEFUL DEADのカヴァー"CRAZY FINGERS"ではDONNAの歌唱とマッスル・ショールズ・ホーンズが上手くブレンドして素晴らしい雰囲気を醸し出しています。ラスト・ナンバーのオリジナル作品"STRANGER THINGS"は70年代ファンキー・ロック、ベイエリア・ロックのファンにとって聞かずに死ねない一曲かもしれません。素晴らしいの一言!!

ファンキー・ロック、ベイエリア・ロック、70年代ロック等のファンにお薦めの一枚。





★DAN PENNの相棒のひとり、WAYNE CARSON。タイトルどおりにソングライターとしての自身を振り返り遺作となった02年の自主制作セカンド・アルバムがCDリリース!

●WAYNE CARSON / WRITER 輸入CD 1,944円(税込) (WAYNE CARSON MUSIC / WC5024)
DAN PENNの相棒のひとり、WAYNE CARSON。タイトルどおりにソングライターとしての自身を振り返り遺作となった02年の自主制作セカンド・アルバムがCDリリース!

DAN PENNの4年振りとなる待望の新作、デモ・シリーズ第4弾『SOMETHING ABOUT THE NIGHT』には、親友の音楽ライターWAYNE CARSONへの提供作が収録されていた。DAN PENN自身によるライナー・ノーツの最後には2015年に惜しくも亡くなった友人、音楽仲間のWAYNE CARSONへの追悼メッセージがあった。

米国コロラド州、デンヴァ―出身のソングライター、レコード・プロデューサー、ミュージシャンだったWAYNE CARSONと言えば、ALEX CHILTON率いるBOX TOPSのヒット曲"THE LETTER"、"NEON RAINBOW"、"SOUL DEEP"の作者としてロック・ファンには有名だ。一方、さらに世界中の方に有名なのはELVIS PRESLEYやWILLIE NELSON、BRENDA LEE、PET SHOP BOYS等数多くの有名アーティストにカヴァーされた"ALWAYS ON MY MIND"。

裏方役として長年活躍してきたWAYNE CARSONが2002年に自主制作盤CDでリリースし遺作となった本作は、オリジナル・ソングのセルフ・カヴァー集。冒頭の"THAT'S IT FOR LOVE"はアルバムの幕開けにふさわしいスロウな楽曲で、耳に心地よいスティール・ギターの響きと女性バック・コーラスを従えながら語りかけるように歌っています。"BLESSING IN DISGUISE"は70年代カントリー・ソウルの王道を行くような楽曲で、ちょっとディープにソウルフルに歌うWAYNEのヴォーカルが素晴らしいの一言。美しい女性バック・コーラス隊との絡みには背筋がぞくぞくします。冒頭で女性が「ザッツ・メンフィス!」と叫び、ホーン・セクションが迫ってくる"LOVE LITE"はカントリー・ソウルのファンなら胸キュンものです。DAN PENNとの共作"'65 BLUE"はカントリー・ロック調の楽曲で、米国の広大なフリー・ウェイを車で流しながら聞くのには最適。スタンダードとなった名曲"ALWAYS ON MY MIND"のWAYNE自身によるセルフ・カヴァーは超を付けたいほどディープにしっとりと歌っています。オーケストラをバックにした美しいギターも聞く者の心に刺さります。聞き終えた時には素晴らしい余韻が耳に、心に残るグレイト・ヴァージョン。一度は聞いておきたいものです。アルバムのラストを飾る"THE LETTER"はハードなアレンジでちょっとラフに歌ったカントリー・ロック・バージョンで、楽しく聞かせてくれます。

DAN PENN等、カントリー・ソウルが好きな方は要チェックです。



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 6/6(火)ロック・プログレ新品新入荷情報!輸入盤

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top