Home > ROCK・PROGRE情報 > 1/13(金)ROCK・PROGRE新入荷情報!フレーミング・リップスの新作入荷しました!!

1/13(金)ROCK・PROGRE新入荷情報!フレーミング・リップスの新作入荷しました!!

★73年ライヴ音源がCD化!

●ROLLING STONES / LIVE IN PERTH FEB. 24, 1973 輸入CD 2,160円(税込) (TOP GEAR / TOP37)
73年2月24日ではなく26OR27日、オーストラリアはパースではなくシドニーでのショウをサウンドボード・レコーディングで収録。

ライヴ絶頂期と評価される72年USツアーと73年ヨーロッパ・ツアーの間に行われた73年初頭ツアー「PACIFIC TOUR 1973」(いわゆる「ウィンター・ツアー」としても知られていますが、南半球は夏という指摘も)からの一夜。1月からのLAベネフィット、ハワイ公演を経て、MICKのビザが降りずに泡と消えた幻の日本公演を挟み、バンドはニュージーランドからオーストラリアへ。タイトル/ジャケットにある24日のパース公演はファンには有名なNICKY HOPKINSの誕生日音源ですが、収録楽曲からするとそれは誤りで、本音源は26日OR27日のツアー最終地点、シドニー公演の模様のようです。

MICK JAGGER、KEITH RICHARDS、MICK TAYLOR、BILL WYMAN、CHARLIE WATTSという最強のクインテットに、サックスBOBBY KEYS、トランペット/トロンボーンJIMMY PRICE、ピアノNICKY HOPKINSという布陣。基本的には72年アメリカン・ツアーから引き続きのセット・リストで、時代の名盤『LET IT BLEED』『STICKY FINGERS』『EXILE ON MAIN ST.』楽曲を中心に ライヴ・フェイヴァリットCHUCK BERRYの"LITTLE QUEENIE"、ROBERT JOHNSONの"LOVE IN VAIN"も披露。とにかく陽気に熱く展開するノリノリの名演です。

1. Brown Sugar
2. Bitch
3. Rocks Off
4. Gimme Shelter
5. Happy
6. Tumbling Dice
7. Love In Vain
8. Sweet Virginia
9. You Can't Always Get What You Want
10. Honky Tonky Women
11. All Down The Line
12. Midnight Rambler
13. Band Introduction
14. Little Queenie
15. Rip This Joint





★「PASSION PLAY」「THICK AS ABRICK」など代表的組曲を収録した'70年北米公演!
JETHRO TULL / ジェスロ・タル / WIND IT UP IN HAMPTON
●JETHRO TULL / WIND IT UP IN HAMPTON / 輸入CD 2,484円(税込)(ON THE AIR / AIR45)
英国の香りと伝統を内包した職人的名バンド、仏Radio放送用音源発掘レーベルOn The Airの一枚である、70年代初期北米公演の模様を収録した'17年Live盤が登場!'71年作『AQUALUNG』を皮切に本国はもとより北米/欧州でもその評価を確立したバンド黄金期にあたる'72年4月及び'73年5月北米Hampton:Norfolk Scope公演の模様を収録。収録曲は5曲のみながら、両公演共に、バンドの代表作にして名作名高い'72年作『THICK AS A BRICK』/'73年作『A PASSION PLAY』の表題組曲を披露したステージを収録した、正にファン悶絶の内容です!!





★TOTOのSTEVE PORCARO、キャリア初となるソロ・アルバムをリリース!

●STEVE PORCARO / SOMEDAY / SOMEHOW 輸入CD 3,672円(税込) (PORCARA MUSICA / )
言わずと知れたTOTOのキーボード奏者STEVE PORCARO。キャリア初となるソロ・アルバムは、83年にTOTOとして製作が始まったという"BACK TO YOU"から、最近のトラックという"MORE THAN I CAN TAKE"までの全13曲を収めています。7曲でSTEVE自身がヴォーカルを取るほか、"BACK TO YOU"では故JEFF PORCAROとMIKE PORCAROの兄弟も参加、"SWING STREET"、"NIGHT OF OUR OWN"ではMICHAEL MCDONALDがヴォーカル参加、そのほか長年のコラボレーターであるMARC BONILLAや盟友STEVE LUKATHER、LENNY CASTRO、SHANNON FORRESTらも参加しています。





★ザ・エックス・エックスが4年半振りとなるサード・アルバム『アイ・シー・ユー』をリリース!

●ザ・エックス・エックス / アイ・シー・ユー 国内CD 2,797円(税込) (YOUNG TURKS / YTCD-161J)
国内盤特典:ボーナス・トラック2曲追加収録、歌詞対訳・解説書封入

前作『コエグジスト』が全英1位、全米5位を獲得し、過去2作品の総売上は300万枚を超えるなど世界的ブレイクを果たした数少ない大型インディバンドの仲間入りを果たした彼ら。約4年半振りにリリースする今作は、2014年3月から今年の8月までの間にニューヨーク、テキサス、レイキャヴィーク、ロサンゼルス、そして彼らのホームタウンであるロンドンと世界各地でレコーディングが行われ、ソロ・アルバム『In Colour』でも高い評価を受けたメンバーのジェイミーと、初期から彼らを支えてきたロディ・マクドナルドがプロデューサーを務めている。過去2作品の内向的でメランコリックなサウンドから、よりオープンかつ幅広いサウンドにアプローチし、大きく飛躍を遂げた、バンド史上最高傑作といえる作品が完成!

■バイオグラフィー
09 年デビュー作『エックス・エックス』が主要メディアの年間ベスト・アルバムに次々に選出、さらには英最高峰音楽賞マーキュリー・プライズを受賞。12 年にセカンド・アルバム『コエグジスト』をリリースするとイギリスを含む全世界5カ国でチャート1位を獲得。翌年のフジロック・フェスティバルではホワイト・ステージのヘッドライナーを務めベスト・アクトに挙げられる圧巻のパフォーマンスをみせた。昨年にはバンドのブレーンであるジェイミー・エックス・エックスがソロ・デビュー作『イン・カラー』を発表。モノクロでメランコリーなイメージだったザ・エックス・エックスのサウンドから一転、バンドメンバーはもちろんヤング・サグなど多彩なゲストをフィーチャーし改めてその才能を見せつけた。

このミュージック・ビデオは、素晴らしい才能を持つ、僕らが敬愛するアラスデア・マクレランが監督を務めたんだ。撮影が行われたのは、新しいアルバムの一部が作曲されレコーディングされた場所で、僕らにとって、とても特別な場所であるテキサスのマーファ。アメリカでは何百回とショウを行ったけど、アメリカの人々には愛と尊敬の念を持ってるよ。僕らがアメリカで感じてきた温もりや歓迎の気持ちを、少しでもこのビデオから感じ取ってもらえると嬉しいな。
- The xx





★ザ・フレーミング・リップス、前作『Terror』から4年ぶりとなるニュー・アルバム『Oczy Mlody』をリリース!

●フレーミング・リップス / オクシィ・ムロディ 国内CD 2,654円(税込) (ワーナーミュージック・ジャパン / WPCR-17626)
Vo.ウェイン・コインの誕生日でもある2017年1月13日にニュー・アルバム『Oczy Mlody』はリリースされる。アルバムのタイトルとなる「Oczy Mlody(=オクシィ・ムロディ)」はポーランド語。「eyes of the young」という意味で、語感からはOxycodone(オキシコドン=オピオイド系の鎮痛剤のひとつで、アヘンに含まれるアルカロイドのテバインから合成される半合成麻薬)を連想させる。
アルバムのプロデュースを手掛けるのは、長年ザ・フレーミング・リップスの作品を手掛けてきたデイヴ・フリッドマン(マーキュリー・レヴ)。
ウェイン・コイン曰く、本作について現在表現するとするなら「シド・バレットがA$APロッキーに出会って、二人そろって未来のおとぎ話に囚われてしまった」ようなサウンドだという。ピンク・フロイドのオリジナル・メンバーであり、サイケデリックなロック・サウンドで知られていたシド・バレットと現代アメリカンのミュージック・シーンの最前線に立つラッパー/HIPHOPアーティスト、A$APロッキーという全く時代もジャンルも異なった2人を引き合いに出しているウェインだが、彼の理論によれば「この二人のアーティストが出会うことが出来たのは、フレーミング・リップス・ワールドならではのこと」だそう。
バンドが2015年1月ごろから制作し始めた本作からは、先日「The Castle」のミュージック・ビデオが公開されたばかり。彼らの拠点であるオクラホマ・シティで撮影されたこのビデオは、シンプルな作りながらも、しっかりとフレーミング・リップス・ワールドを表現した作品となっている。またタイトル・トラックとなる「Oczy Mlody」は、下降していくベースとスローなドラム・マシーンを中心にレコーディングしたものと、魔法の水晶のようなシンセ・メロディー・ラインをレコーディングした2つのジャム・セッションから生まれた曲だという。これまでと変わらず実験的でありながらも、よりメロディーや歌が曲の中心に来ている のが本最新作なのである。
言葉では到底表現しきれない、独特な視覚聴覚世界、それこそがフレーミング・リップスの魅力。彼らの音楽性同様、ユニークなものとして評価と高いライヴ・パフォーマンスもアルバムの発売に合わせて早速ヨーロッパ、そして全米ツアーも発表している。



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 1/13(金)ROCK・PROGRE新入荷情報!フレーミング・リップスの新作入荷しました!!

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top