Home > ROCK・PROGRE情報 > 11/12(土)ロック新品新入荷情報!ンク・フロイド前代未聞の超レア音源・映像の集大成ボックス・セット発売!! BIGPINKも各種入荷しました!!

11/12(土)ロック新品新入荷情報!ンク・フロイド前代未聞の超レア音源・映像の集大成ボックス・セット発売!! BIGPINKも各種入荷しました!!


ピンク・フロイド、前代未聞の超レア音源・映像の集大成27枚組限定ボックス・セット『The Early Years 1965-1972』初来日公演から45周年、幻の1971年「箱根アフロディーテ」ライヴ映像も収録!

◆ソニー・ミュージックジャパン 限定特典 <日本語翻訳ライナーノーツ封入>
※この特典は、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルから出荷される 商品にのみ封入される特典となります。(日本製作)

●ピンク・フロイドのアーカイヴより未発表曲、デモ音源、テレビ・パフォーマンス、ライヴ・パフォーマンスを集大成
●全7巻・27枚組
●1967年の「Vegetable Man」「In the Beechwoods」他未発表曲20曲以上収録
● 『砂丘 (Zabriskie Point)』音源のリミックスおよびアップデイト・ヴァージョン収録
●未発表ライヴ音源7時間収録
●レア・コンサート映像、インタビュー、3本の長編映画を含む15時間35分の映像を収録

前代未聞の物量で、遂に明らかになる初期ピンク・フロイドの未発表音源、映像の数々!ピンク・フロイドの膨大なアーカイヴから未発表音源・映像を含む全7巻の書籍形式のパッケージからなる27枚組の豪華ボックス・セット『The Early Years 1965-1972』。今作には12時間33分、130トラックからなる音源(未発表音源・アウトテイク・デモ音源・テレビ音源・BBCでのセッションなど7時間分の未発表ライヴ音源とともに20以上の未発表音源)と、15時間を越える映像(5時間分以上に及ぶレアなコンサート映像、長編映画他)が入念なプロデュースを経て、新たなサウンド・ミックスとともに収録される。未発表曲の中には本リリースのために新たにミックスを施された1967年の「Vegetable Man」と「In the Beechwoods」も含まれる。更には、レプリカのジャケットに納められた7インチ・アナログ・シングル、貴重なコレクタブル・グッズなど特典も満載。ピンク・フロイドのアーカイブ・コレクションとしては過去最高のヴォリュームの未発表アイテムを収録した驚愕の内容となる。
『The Early Years 1965-1972』はロジャー・ウォーターズ、リチャード(リック)・ライト、ニック・メイスン、シド・バレットがロンドンの建築学校(リージェント・ストリート・ポリテクニック:現ウェストミンスター大学)で出会った頃から、シドが脱退し、デヴィッド・ギルモアが新たにラインナップに加わるまでのピンク・フロイドのストーリーを見事に時系列化、シングル「アーノルド・レイン」から20分という壮大な「エコーズ」までのサイケデリック・プログレッシヴ・ロックの誕生の歴史ともいえる。このバンドの進化を耳で体験し、彼らのごく初期の録音から、史上最大の売り上げを誇るアルバムのひとつである『狂気』に至るまでの間の、彼らの進化の過程と、彼らが文化の革新において果たした歴史を時代を追って探求することができる壮大なる歴史一大絵巻である。
1969年ベルギーで行われたピンク・フロイドのライヴ・ステージにフランク・ザッパが飛び入りで共演した「星空のドライヴ」の映像、「The Man」と「The Jorney」からなる未発表コンセプト・アルバムのもととなるステージの模様、1970年『原子心母』の4人のメンバーだけの初期スタジオ・ヴァージョン音源、当時 “Nothing-Part〜” と呼ばれていた「エコーズ」のもととなるスタジオでのセッション、1972年『雲の影』の2016年リミックスなども収録されている他、日本のファンにとって特筆すべきこととしては、ピンク・フロイド初来日公演でもあった1971年8月箱根芦ノ湖畔で行なわれた伝説のフェスティヴァル「箱根アフロディーテ」出演時の「原子心母(Atom HeartMother)」のライヴ映像が45年の月日を経て収録されることも決定した。

◆Pink Floyd - The Early Years 1965-1972


●第一巻:1965-1967 CAMBRIDGE ST/ATION (ケンブリッジ駅)
EMI契約前のデモからアルバム未収録ヒット・シングル、関連トラックまで、シド・バレット在籍時代をカバーする第1巻。新たにミックスを施された「Vegetable Man」と「In the Beechwoods」といった未発表音源や、BBCセッションでの録音もフィーチャーされている。また、1967年にストックホルムで行われたコンサートの未発表録音のテープを発掘し収録。DVD/ブルーレイには歴史的なテレビ出演音源に加え、ピンク・フロイドの私蔵映像も収録される。
●第二巻:1968 GERMIN/ATION (germination=発芽)
シド・バレット脱退直後、ピンク・フロイドが引き続きシングルの曲作りをしながら、同時によりインストゥルメンタルを重視した独自のスタイルを発展させていった時期を探求している。アルバム未収録のシングルや、最近発見されたロサンゼルスのキャピトル・レコーズのスタジオでのセッション音源、BBCセッション他のトラックが収録されている。 DVD/ブルーレイには最近復刻された「青空のファンタジア(Point Me At The Sky)」のプロモ・クリップ、海外でのテレビ出演時の映像、さらには他のテレビ番組からの楽曲の音源のセレクションが収録されている。

●第三巻:1969 DRAMATIS/ATION (dramatization=戯曲化、脚色)
1969年、ピンク・フロイドは夢想、覚醒、その他の活動からなる24時間をテーマとした「The Man」と「The Journey」の2部からなるコンセプト・ライヴ・プロダクションを発表した。その形式ではリリースされなかったものの、一部の曲はサウンドトラック『モア』やアルバム『ウマグマ』に使用されている。本巻は「The Man」と「The Journey」のツアーに遡り、アムステルダムでのライヴ音源やロンドンのBBCで行なわれた演奏を取り上げているが、映画で使用されたもののサウンドトラック『モア』には収録されなかったボーナス・トラックや、ハーヴェスト(Harvest)・レーベルのサンプラー『ピクニック』に収録された「エンブリオ」の初期バージョンのようなアルバム未収録曲も含まれる。映像マテリアルにはアンソニー・スターン監督による、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールで行われた「The Man」「The Journey」の20分に及ぶリハーサル映像が収録される。収録曲は「Afternoon (Biding My Time)」、「The Beginning (Green Is The Colour)」、「Cymbaline」、「Beset By Creatures Of The Deep」、「The End Of The Beginning (『神秘 [A Saucerful Of Secrets]』の最後の部分)」の他、同年に行われたライヴ映像など。そして、ベルギーで行われたピンク・フロイドのライヴ・ステージにフランク・ザッパが飛び入りで共演した「星空のドライヴ」を収録している。

●第四巻:1970 DEVI/ATION (deviation=逸脱、偏向)
1969年暮れと1970年初期、ピンク・フロイドはミケランジェロ・アントニオーニの米国社会に対する新たな見解を描いた映画『砂丘』への提供曲の録音とミックスを行った。3曲がサウンドトラック・アルバムに収録され、さらに4曲が1997年に発売された同作のエクスパンデッド・エディションに収録されている。ピンク・フロイドの作品には一切収録されたことがなかったが、本巻には『砂丘』の音源をリミックスしアップデイトした音源がまとめられている。同年、ピンク・フロイドはロン・ギーシンとのコラボレーションによる『原子心母』により初の全英No.1を獲得した。本作にはオーケストラや合唱団との共演によるBBCでの初演時の音源が収録されるほか、『原子心母』の4人のメンバーだけの初期スタジオ・ヴァージョンも収録されている。更にDVDにはオリジナルの4チャンネル・ステレオ・ミックスが収録される。映像マテリアルにはサンフランシスコのケーブル・テレビ局KQEDで行われた、まる1時間に及ぶピンク・フロイドのライヴ映像、『原子心母』の歴史的パフォーマンスの抜粋、フランス南部で行われたサン・トロペ・フェスティヴァルをフランスのテレビ局が取材した際の映像などが含まれる。
●第五巻:1971 REVERBER/ATION (reverberation=残響)
1971年、ピンク・フロイドはアルバム『おせっかい』を録音した。アルバム片面を占める「エコーズ」は『狂気』の起源となった曲でもあり、ピンク・フロイドの作品群においても歴史上重要な曲のひとつとして捉えられている。本巻には「Nothing」から「Return Of The Son Of Nothing」まで展開していく「エコーズ」プロジェクトの制作過程でのオリジナル・デモ音源の一部や、同時期の BBCセッション音源が収録される。オーディオ・ヴィジュアル・マテリアルには「エコーズ」の4チャンネルによる未発表オリジナル音源の他、ローラン・プティとマルセイユ・バレエ団と共演した楽曲を含む、1971年に行われたライヴ音源が含まれる。そして、ピンク・フロイドの初来日公演である1971年8月に箱根の芦ノ湖畔でおこなわれたフェス“箱根アフロディーテ”出演時のライヴ映像「原子心母」も収録されている。

●第六巻:1972 OBFUSC/ATION (obfuscation=曖昧化)
1972年、ピンク・フロイドはパリの北にあるエルーヴィル(Hérouville)へ向かい、町のシャトー(城) に設置されたストロベリー・スタジオでレコーディングを行なった。2週間という特筆すべき期間の間に、彼らは最も一体感の強い作品のひとつである『雲の影』を録音した。バーベット・シュローダー監督の映画『ラ・ヴァレ(La Vallée)』のサウンドトラックである。本巻のCDに収録されている『雲の影』は新たに2016年にREMIXされたもの。1972年には『ピンク・フロイド・ライヴ・アット・ポンペイ』がリリースされた。エイドリアン・メイベン監督による、ポンペイの歴史的なローマ帝国時代の野外音楽堂で行われた、無観客でのライヴ映画である。本巻の映像マテリアルには映画『ライヴ・アット・ポンペイ』の演奏を新たに5.1オーディオ・ミックスに編集したものや、同時代にフランスのテレビ局で収録された映像、1972年6月にブライトン・ドームで行われた演奏、ローラン・プティのバレエ団との共演映像などが含まれる。

●第七巻:BONUS CONTINU/ATION (Exclusive to ‘The Early Years 1965-1972’ box set) (continuation=継続)
CD/DVD/ブルーレイのボーナス・パッケージには初期のBBCラジオ出演時セッション、映画『ザ・コミッティー』のオーディオ・トラック、1969年のNASAによる月面着陸生中継時のサウンドトラックとしてピンク・フロイドが提供した音源などが収録される。オーディオ・ヴィジュアル・マテリアルには長編映画『ザ・コミッティー』、『モア』、『ラ・ヴァレ』の3本収録される他、ライヴ映像やアルには長編映画『ザコミッティ』、『モア』、『ラヴァレ』の3本収録される他、ライヴ映像やフェスティヴァルでの演奏も収録される。
【700SET限定27枚組BOX/CD+DVD+BLU-RAY】


↓BIG PINK新作5タイトル入荷!!


★US産業ロックの隠れた名作77年デビュー作がCDリイシュー。
●BABY GRAND / BABY GRAND 輸入CD 2,592円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK458)
一時SANTANAでも活動、またDREAM THEATRE 『IMAGES AND WORDS』のプロデュースでも知られるドラマーDAVID PRATERを中心に、のちにHOOTERSを結成するヴォーカル/ギターERIC BAZILIANとキーボード/ヴォーカルROB HYMANも在籍したフィラデルフィアの5人組メロディアス・ハード/AOR/パワーポップ/プログレッシヴ産業ロック・バンドBABY GRAND。

比較的マイナーな存在ながら、70年代末の洗練されたサウンドそのままにスタイリッシュかつメロディアスなクロス・オーヴァー/A.O.R.路線のハード・ロックを聴かせる絶品作。このジャケットでさえなかったら100%間違いなくAOR/メロディアス・ハードの名作として語られたであろう楽曲とメロディー・センス、アレンジの全てがハイ・クォリティーの内容です。無駄なくすっきりした都会的なサウンドが特徴で、若干のプログレ臭をミックスしながらも同時代のAMBROSIAやORLEANSとも比較される隠れた逸品。

紙ジャケット仕様
24ビットデジタルリマスタリング
歌詞収録

★ZAPPA周縁アシッド・サイケ短命バンドの69年2ND&ラスト作がCDリイシュー。
●FRATERNITY OF MAN / GET IT ON! 輸入CD 2,592円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK459)
65年、結成後間もないFRANK ZAPPAのMOTHERS OF INVENTIONに参加しながら『FREAK OUT』直後のツアーでクビになったことでも知られるギタリストELLIOT INGBERがその後カリフォルニアで結成した5人組バンドTHE FRATERNITY OF MAN。メンバーのうち3人は、こちらもZAPPAがプロデュースに関わりリーダーLOWELL GEORGEの脱退によって空中分解したTHE FACTORYの元メンバーで、ギタリストWARREN KLEINは73年にSTOOGESに加入、ドラマーRICHIE HAYWARDはのちにLITTLE FEATにも参加することになります。

ラスト作となった2NDは、前作の若干重たく暗いサイケデリック・フィールは抑え目に変化しサウンド全体が柔らかく軽くなった印象で、より高い完成度でブルージーな面が引き立った一枚に仕上がっています。とはいえ60年代末のサンフランシスコのロック・シーンらしいルーズさと自由さは存分に味わえる傑作です。まさに結成前後のLITTLE FEAT人脈からLOWELL GEORGEとBILL PAYNEがほぼ全編でゲスト参加。

ちなみにINGBERはのち『THE SPOTLIGHT KID』期のCAPTAIN BEEFHEART AND THE MAGIC BANDに参加、WINGED EEL FINGERLING名義で活動しています。

世界初CD化
紙ジャケット仕様
24ビットデジタルリマスタリング
歌詞収録

待望の再発!
★サイケ・ファン垂涎の72年USレア・サイケデリック・フォーク傑作1STがCDリイシュー。
●BOBBY BROWN / THE ENLIGHTENING BEAM OF AXONDA 輸入CD 2,592円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK460)
フルート、シタール、ハープ、ツィター、ベル、コンピューター、自作パーカッションなど50種類以上という様々な楽器をマルチに操り「UNIVERSAL ONE MAN ORCHESTRA」とのニックネームを持つ奇才シンガー・ソングライターBOBBY BROWN。念のためソウル/R&Bスター・シンガーのあちらとは同名異人です。

アヴァンギャルドでサイケデリックなアシッド・フォークを聴かせるデビュー作は、主人公JOHNNYのハワイの田舎から世界を巡り果ては宇宙へと向かうコンセプト・アルバムで、AXONDAはそのビームで人類の未来を映し出す神のマシーンというお話。エキゾチカ、インディアン・ラーガにガムラン・オーケストラ、アフリカン・リズム等々の要素を取り入れながら、エレクトリックではないもののSILVER APPLESやUNITED STATES OF AMERICA、MOONDOGやFIFTY FOOT HOSEに連なるような、時にクラウト・ロック的でさえある実験的なサウンドに満ちた異色の作品となっています。ドラッグの影響をたぶんに感じるBOBBY BROWNの浮遊するヴォーカルはMICHAEL ANGELOにも例えられる絶品もの。海と夕日バックに犬を小脇に抱えた自作野外スタジオのジャケ写も謎感を煽ります。

紙ジャケット仕様
24ビットデジタルリマスタリング
歌詞収録

★NYの色物コンセプト・バンドTHE HELLO PEOPLEの71年3RDがCDリイシュー。
●HELLO PEOPLE / HAVE YOU SEEN THE LIGHT 輸入CD 2,592円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK461)
フランスのパントマイム映画に触発されたNYのプロデューサーLEW FUTTERMANによって集められたオハイオのミュージシャン5人組THE HELLO PEOPLE。「マイム・ロッカーズ」の肩書を持ち、派手な扮装・白塗りにピエロ・メイク、曲間には無声のパントマイムを披露するパフォーマンスでライヴを沸かせた彼らのサード・アルバム。

デビュー作に比べてより繊細により柔らかくなりつつも、引き続き時代のサイケデリックやフォーク・ロック、ジャズ、ポップ、ヴォードヴィル調など様々な要素をゴチャマゼに詰め込んだ玩具箱のようなサウンド。MONKEESや5TH DIMENSIONにも比較される ゆるやかにユーモラスに展開するポップ性とともにどこか不可思議な60年代末~70年前後のニューヨークのアンダーグラウンド・ロック・シーンの雰囲気をよく反映した作品に仕上がっています。唯一のインストとなったファンキー楽曲"WHEAT GERM"はお手本のようなブレイクビーツ・ネタとしても人気です。

世界初CD化
紙ジャケット仕様
24ビットデジタルリマスタリング
歌詞収録

★72年USシンガー・ソングライター名作がCDリイシュー。
●RON CORNELIUS / TIN LUCK 輸入CD 2,592円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK462)
BOB DYLANの『SELF PORTRAIT』や『NEW MORNING』のほか、LEONARD COHENやAL KOOPER、LOUDON WAINWRIGHT IIIなど多くの録音でセッション・ミュージシャンとして活躍、WE FIVEのMICHAEL STEWARTと組んだフォーク・カントリー・ロック・バンドWESTでも60年代末に2枚のアルバムを残したシンガー・ソングライターRON CORNELIUS。

今でもRUFUS WAINWRIGHTやLANA DEL REYなど多くのアーティストにカヴァーされている楽曲、LEONARD COHENがJANIS JOPLINに捧げた"CHELSEA HOTEL NO.2"の共作者としても知られています。

RON CORNELIUS自身のギター/ピアノを中心にベースとドラムを配した最小限度の3ピース編成で紡ぐ全9曲、BOB DYLANやRON DAVIESを思い起こさせつつ、アーシーな音楽性とナイーヴで自省的な歌唱が地味に渋くラフに響く隠れた傑作アルバムです。シンプルで哀愁を漂わせるサウンドは通底しながら、スワンプやブルース、アコースティック・スウィングにNEIL YOUNGのような側面も。天性のギター・マンとしてのプレイはここではあまり聴かれませんが、味わい深くレイドバックした繊細で滑らかなフォーク・ロック・サウンドはシンガー・ソングライター・ファンの心を掴んで離さない魅力に満ち溢れています。

世界初CD化
紙ジャケット仕様
24ビットデジタルリマスタリング
歌詞収録

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 11/12(土)ロック新品新入荷情報!ンク・フロイド前代未聞の超レア音源・映像の集大成ボックス・セット発売!! BIGPINKも各種入荷しました!!

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top