Home > ROCK・PROGRE情報 > 11月19(木)ロック・プログレ新品新入荷情報!

11月19(木)ロック・プログレ新品新入荷情報!

★ザ・バンドの76年解散コンサート『THE LAST WALTZ』の数か月前の貴重なライヴ音源がCD化!
THE BAND / ザ・バンド / LIVE IN WASHINGTON DC - JULY 17, 1976 (CD)
●THE BAND / LIVE IN WASHINGTON DC JULY 17, 1976  輸入CD 2,160円 (BRR / BRR6019)
ザ・バンドの76年解散コンサート『THE LAST WALTZ』の数か月前の貴重なライヴ音源がCD化! 76年7月17日ワシントンDCのCARTER BARRON AMPHITHEATER公演を収録。前年に傑作『NORTHERN LIGHTS SOUTHERN CROSS (南十字星)』を発表しTHE BAND健在を強く印象付けたものの、RICHARD MANUELの交通事故による怪我でツアーが行えずようやく翌76年6月にツアーを開始、しかしRICHARDの体調不良やメンバー間の関係悪化などで満足ゆくライヴが行えなかったため、元々ライヴには消極的だったROBBIE ROBERTSONにライヴ・バンドとしての活動休止とそれに伴う『THE LAST WALTZ』の開催(76年11月)を決断させる要因となったツアーですが、このライヴではそんなことを微塵も感じさせない完璧な演奏を披露しています。
当然のクラシック・ラインナップ、ROBBIE ROBERTSON、RICK DANKO、LEVON HELM、RICHARD MANUEL、GARTH HUDSONの5人による名曲名演がずらり、RICKのエモーショナルなヴォーカルが映える"IT MAKES NO DIFFERENCE"にディランとの共作"THIS WHEEL'S ON FIRE"、味わい深いLEVONの南北戦争歌"THE NIGHT THEY DROVE OL' DIXIE DOWN"などなど、ほぼカナダ人によって深く強くエキサイティングに体現されたアメリカの歴史と風土そのもの、まさにTHE BANDな一夜です。リマスター。




★スティーリー・ダン74年ライヴ音源がCD化!
STEELY DAN / スティーリー・ダン / LIVE AT WBCN IN MEMPHIS APRIL 30, 1974 (CD)
●STEELY DAN / LIVE AT WBCN IN MEMPHIS APRIL 30, 1974  輸入CD 2,160円 (BRR / BRR6020)
スティーリー・ダン74年ライヴ音源がCD化!  74年4月30日メンフィス公演を収録。ジェフ・ポーカロ、マイケル・マクドナルドもツアー・メンバーとして参加、激ファンキー & ソウルフルに疾走する74年ライヴ・イン・メンフィス。"RIKKI DON'T LOSE THAT NUMBER (リキの電話番号)"の大ヒットにより飛ぶ鳥を落とす勢いだった当時のSTEELY DANの凄さを体感できる音源です。タイトでアグレッシヴなビート感に大コーフンの"BODHISATTVA"、美麗なギター&ピアノ・フレーズが抜群に気持ち良い極上ブルー・アイド・ソウル"THE BOSTON RAG"、DJ HARVEYもプレイ、サンプリング・ソースとしても人気のディスコAOR名曲 "DO IT AGAIN"、こみ上げるソウルフルなメロディが最高の"BROOKLYN"、鮮やかに疾走する"YOUR GOLD TEETH II"、そして"RIKKI DON'T LOSE THAT NUMBER"、"DIRTY WORK"などの人気曲ももちろん収録! ラストのアンコール"SHOW BIZ KIDS"も激ソウルフル! ラテン~R&B~ソウル~ファンク~ディスコ的要素を内包した、ロック/AORの枠に納まらないSTEELY DANの魅力をたっぷりと味わえます。ハイ・クオリティなリマスター音源によるド迫力のライヴ・アルバム! キーボード/ヴォーカルにMICHAEL MCDONALD、ドラムにJEFF PORCAROが参加。




★ボズ・スキャッグス傑作『SOME CHANGE』期、94年KFOG-FM放送用アンプラグド・ライヴ音源がリリース!
BOZ SCAGGS / ボズ・スキャッグス / UNPLUGGED AT THE PLANT - LIVE AT THE PLANT IN SAUSALITO, CA, JUNE 26, 1994 - KFOG-FM (CD)
●BOZ SCAGGS / UNPLUGGED AT THE PLANT - LIVE AT THE PLANT IN SAUSALITO, CA, JUNE 26, 1994  輸入CD 1,944円 (BRR / BRR5029)
ボズ・スキャッグス傑作『SOME CHANGE』期、94年KFOG-FM放送用アンプラグド・ライヴ音源がリリース!  94年6月26日カリフォルニア州サウサリートの名門スタジオTHE RECORD PLANT音源を収録。AORブームの先駆けとして、そして常にシーンをリードしてきたAORの王様ボズ。JEFF PORCAROに捧げられた傑作『SOME CHANGE』期のアコースティック・ライヴが登場。切なく胸を締め付ける哀愁のブルー・アイド・ソウル"SIERRA"や、ジャジーなアレンジ、円熟のヴォーカルが素晴らしい至福のアコースティック・ソウル"LOWDOWN"、ブルージー & ダンディズム溢れる"SOME CHANGE"や"FLY LIKE A BIRD"などを収録。傑作『SILK DEGREES』同様にラストを飾る"WE'RE ALL ALONE"ももちろん素晴らしい仕上がり!




★極最初期ジャニス・ジョプリンの62年レア・ライヴ音源がCD化!
JANIS JOPLIN / ジャニス・ジョプリン / EARLY & RARE (CD)
●JANIS JOPLIN / EARLY & RARE (CD)  輸入CD 1,944円 (EGGRAID / RAID-337)
極最初期ジャニス・ジョプリンの62年レア・ライヴ音源がCD化!  伝説の女性ロック・ヴォーカリストとしていまだに唯一無二の存在感を誇る女王ジャニス・ジョプリンの、STEVE TALBOTと共演した1962年サンノゼFOLK THEATRE、そして同年の62年サンフランシスコTHE COFFEE GALLERYでの極初期ライヴ音源を収録。"SEE SEE RIDER"や、"SAN FRANCISCO BAY BLUES"、"WINNING BOY BLUES"、"CARELESS LOVE"、"I'LL DROWN IN MY OWN TEARS"などのブルース・スタンダードを唯一無二にして強烈な存在感を放つヴォーカルで歌いあげています。




★デヴィッド・クロスビーもゲスト参加で「ほぼBYRDS」な78年ライヴ音源!
MCGUINN, CLARK, HILLMAN & CROSBY / THE BOARDING HOUSE: LIVE AT THE BOARDING HOUSE IN SAN FRANCISCO, FEBRUARY 9, 1978 KSAN-FM (CD)
●MCGUINN, CLARK, HILLMAN & CROSBY / THE BOARDING HOUSE: LIVE AT THE BOARDING HOUSE IN SAN FRANCISCO, FEBRUARY 9, 1978 KSAN-FM  輸入CD 1,944円 (BRR / BRR5030)
DAVID CROSBYもゲスト参加で「ほぼBYRDS」な78年KSAN-FM放送用ライヴ音源!  78年2月9日カリフォルニア州サンフランシスコはBOARDING HOUSE公演を収録。オリジナルTHE BYRDSの3人、ROGER MCGUINN、GENE CLARK、CHRIS HILLMANが集った78年のライヴ音源。この時期のステージでの勢いに乗り11月にはトリオとしてのデビューアルバム『MCGUINN, CLARK & HILLMAN』を録音。DAVID CROSBYも8曲にゲスト参加した貴重な記録です。オープニングを飾るROGER MCGUINNの枯れたヴォーカルが光る名曲"BALLAD OF EASY RIDER"からBYRDSファンは感涙! 軽快なグルーヴが心地よい"CHESTNUT MARE"、BERNIE LEADON × GENE CLARKによるTHE EAGLESヴァージョンでもお馴染みの"TRAIN LEAVES HERE THIS MORNING"、フォークロック・クラシックBOB DYLAN "MR. RAMBOURINE MAN"カヴァー、コチラも大クラシックPETE SEEGER "TURN! TURN! TURN!"カヴァーや、壮大な世界観のBOB DYLAN "KNOCKING ON HEAVEN'S DOOR"カヴァー、実験的精神も多分に感じさせる"EIGHT MILES HIGH"と、正にフォーク・ロック/カントリー・ロックの旨みを凝縮したライヴ・セット!




★ルー・リード84年ライヴ音源がCD化! ロバート・クワインの痙攣ギターももちろん最高!
LOU REED / ルー・リード / LIVE IN CLEVELAND OCTOBER 3, 1984 (CD)
●LOU REED / LIVE IN CLEVELAND OCTOBER 3, 1984 輸入CD 1,944円 (BRR / BRR6017)
ロバード・クワインの痙攣ギターももちろん最高! 84年FM放送用ライヴ音源がCD化!  84年10月3日オハイオ州クリーヴランドのAGORA BALLROOM公演を収録。ロック史に残る名作ライヴ・アルバム『LIVE IN ITALY』の翌年の記録。ROBERT QUINE (GU)、FERNANDO SAUNDERS (BA)に、PETER WOOD (KEY)、LENNY FERARRI (DR)と、シンプルでありながら強力なバンド・サウンドは言わずもがな。唯一無二のルーズなグルーヴ&ヴォーカルが強烈な個性を放つ"SWEET JANE"や" I'M WAITING FOR THE MAN"、"SATELLITE OF LOVE"、"LEGENDARY HEARTS"に84年4月の新作『NEW SENSATIONS』からの楽曲など、VU&ソロの永久不滅のクラシックを多数収録。A.T.C.Q.ネタをはじめサンプリング・ソースとしても人気の超名曲"WALK ON THE WILD SIDE"の仕上がりも文句ナシ。




★ビーフハート流ファンキー・ブルースロック! 74年のFM放送用ライヴ音源がCDリリース!
CAPTAIN BEEFHEART (& HIS MAGIC BAND) / キャプテン・ビーフハート / LIVE IN KANSAS CITY 1974 (CD)
●CAPTAIN BEEFHEART / LIVE IN KANSAS CITY 1974 (CD)  輸入CD 1,944円 (BRR / BRR6010)
ビーフハート流ファンキー・ブルースロック! 74年のFM放送用ライヴ音源がCDリリース!  74年4月22日のミズーリ州カンザスシティはCOWTOWN BALLROOM公演を収録。同年74年11月リリースの『BLUEJEANS & MOONBEAMS』にも参加したギタリストDEAN SMITHにドラマーTY GRIMESをはじめ、CHARLIE PARKERとの仕事でも知られるリード奏者DEL SIMMONS、CURTIS MAYFIELDのギタリストFUZZY FUSCALDO、BOBBIE GENTRYSグループのベーシストPAUL UHRIG、BUCKWHEATのキーボーディストMICHAEL SMOTHERMANという構成のいわゆる"TRAGIC BAND"期のTHE MAGIC BANDながら、BEEFHEARTのヴォーカルをはじめ 残された録音は最高です。発売直後同74年の8枚目『UNCONDITIONALLY GUARANTEED』のプロモートで、ゴリゴリのファンキー・グルーヴにダミ声ヴォーカルが相性抜群の"UPON THE MY-O-MY"や、ビーフハート節もしっかり聴かせつつ王道感もあるブルース・ロック"SUGAR BOWL"、そして"FULL MOON, HOT SUN"、"THIS IS THE DAY"、"PEACHES"を披露、さらに"KEEP ON RUBBING"、"BE YOUR DOG"といったブルース・ジャム、問答無用のビーフハート流ファンキー・ブルースロック最高曲"CRAZY LITTLE THING"(素晴らしい出来!)をはじめ、"ABBA ZABA" "MIRROR MAN"などのクラシックに"SWEET GEORGIA BROWN"といったスタンダード、締めはアンコールで2度目の"PEACHES"と、全体的に緩やかながらアップビートなムードを保ちほぼ同年74年のロンドン公演と一致する楽曲が収められた貴重音源です。『TROUT MASK REPLICA』期のビーフハートとは一味違ったマジック・バンドをご堪能あれ! リマスター。




★アーリー・ブルース・スプリングスティーンのレア・トラックを収録! 74年&73年放送用ライヴ音源がリリース!
BRUCE SPRINGSTEEN / ブルース・スプリングスティーン / SENTIMENTAL JOURNEY(CD)
●BRUCE SPRINGSTEEN / SENTIMENTAL JOURNEY  輸入CD 1,944円 (BRR / BRR5032)
アーリー・ブルース・スプリングスティーンのレア・トラックを収録! 74年KLOL/73年WBCN-FM放送用ライヴ音源がCD/LPリリース!  74年3月9日テキサス州ヒューストンのKLOL STUDIOS音源に加え、ボーナス・トラックとして73年1月10日マサチューセッツ州ボストンのWBCN STUDIOS音源を収録。オールドタイミーな雰囲気に心も穏やかになる"SATIN DOLL"カヴァー、スタジオ・ヴァージョンとは全く違うアプローチで楽しませてくれる"DOES THIS BUS STOP AT 82ND STREET?"や、アコースティックなアレンジで魅せる初期スプリングスティーン屈指の名曲"GROWIN' UP"と、ラフな演奏&ヴォーカルが曲に深みを持たせています。スタジオ・ヴァージョン以上のクオリティと言っても大げさではない"MARY QUEEN OF ARKANSAS"、DORIS DAYヴァージョンで知られるポピュラー・スタンダード"SENTIMENTAL JOURNEY"カヴァーに、切ないメロディが泣かせるSOUTHSIDE JOHNNY & THE ASBURY JUKESにもカヴァーされた"THE FEVER"(この時点では激レアな7"プロモ・デモのみの存在)など、初期ボスの魅力に満ちたスタジオ・ライヴ・セッション! ボーナス・トラックとして73年WBCNスタジオでの"BISHOP DANCE"、"CIRCUS SONG"、"SONG TO ORPHANS"を収録。リマスター。




★タウンズ・ヴァン・ザンドの85年FM放送用ライヴ音源!
TOWNES VAN ZANDT / タウン・ヴァン・ザント / DOWN HOME MUSIC: LIVE AT THE DOWN HOME IN JOHNSON CITY, TN - APRIL 18, 1985 (CD)
●TOWNES VAN ZANDT / DOWN HOME MUSIC: LIVE AT THE DOWN HOME IN JOHNSON CITY, TN - APRIL 18, 1985  輸入CD 1,944円 (BRR / BRR5031)
タウンズ・ヴァン・ザンドの85年FM放送用ライヴ音源がリリース!  85年4月18日テネシー州ジョンソン・シティはTHE DOWN HOME公演を収録。存命の内には商業的成功を得ずに終わりながらのちの世代に数々の名カヴァーを生み、WOODY GUTHRIEとLEONARD COHENを、HANK WILLIAMSとBOB DYLANを繋ぐと称えられるフォーク/カントリー界の偉大なるシンガーソングライターTOWNES VAN ZANDT。フォーク/カントリーの枠にとらわれないその豊かなソング・ライティング・センスは、ルーツ・オブ・オルタナ・カントリーとしても評価出来ます。トラッドな香り漂う"DOLLAR BILL BLUES"、EMMYLOU HARRISヴァージョンも人気の、素朴なメロディ & ヴォーカルが心にじんわりと沁みる名曲"PANCHO AND LEFTY"、やわらかなピッキング、滋味深いヴォーカルが絶品の"NO PLACE TO FALL"、そしてラストの"COLORADO GIRL"からのBOB DYLAN "JUST LIKE TOM THUMB'S BLUES"カヴァーも素晴らしい! リマスター。




★YESの面々が大勢参加! ビリー・シャーウッドの2015年作!
BILLY SHERWOOD / ビリー・シャーウッド / CITIZEN

●BILLY SHERWOOD / CITIZEN  輸入CD 2,268円 (FRONTIERS / FRCD710)
クリス・スクワイアの後任としてYESのツアー・ベーシストとして復帰した元WORLD TRADE/YES/CONSPIRACY、現CIRCA:のマルチ・ミュージシャン、ビリー・シャーウッドの2015年作が登場! 先に故クリス・スクワイア(b)を筆頭に、スティーヴ・ハウ(g)、リック・ウェイクマン(key)、パトリック・モラーツ(key)、ジェフリー・ダウンズ(key)等、新旧YESメンバーの他自身が中心となっての各種プロジェクトに参加した豪華ミュージシャンらが多数参加。




★ゴブリンの77年制作サントラ音源が未発表大量追加でリイシュー!
GOBLIN / ゴブリン / LA VIA DELLA DROGA
●GOBLIN / LA VIA DELLA DROGA  輸入CD 2,160円 (CINEVOX / CDOSTPK015)
オカルト/ホラー映画の第一人者Dario Argento監督作品サントラ制作スタジオ・ユニットから発展した名イタリアン・ロック・バンドの一つ、ゴブリンの'77年伊映画用サントラ音源として制作された98年作がジャケットを変更し再発CD化! 77年作『SUSPIRIA』と同年に同名Crime Movie用として録音/制作されたサントラ音源から編纂。収録曲のバージョン違い.を含む未発表音源13曲を新たに追加!




★73年に結成されたイタリアン・ロック/ジャズロック・バンド、LIBRAの77年作が大量ボーナス追加&オリジナル・ジャケットでリイシュー!
LIBRA / リブラ / SCHOCK
●LIBRA / SCHOCK  輸入CD 2,160円 (CINEVOX / CDOSTPK016)
73年に結成されたイタリアン・ロック/ジャズロック・バンド、LIBRAの77年作がオリジナル・ジャケット仕様に変更し再発CD化! Federico D'Andrea(g/vo)、Nicola Di Staso(g)が脱退、新たに元FLEA/ETNAのCarlo Pennisi(g)、さらにGOBLINのMaurizio Guarini(key)を迎えたツイン・キーボード編成で制作/発表された新編成第1弾。ゴブリン人脈の参加やタイトルでもあるホラームーヴィー用サントラという作品内容も加わり、同時期のゴブリン諸作に通じるダークかつオカルティックながらもシャープでスタイリッシュな楽曲/サウンドが味わえる隠れた秀作です! ボーナスとして新たに未発表音源を大量追加の全25曲!

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 11月19(木)ロック・プログレ新品新入荷情報!

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top