Home > ROCK・PROGRE情報 > 11/10(火)ロック新品新入荷情報!★ストーンズ秘蔵ライヴ映像シリーズ“From The Vault"第5弾イアン・スチュアートが参加した最後のライヴとなった82年リーズ!

11/10(火)ロック新品新入荷情報!★ストーンズ秘蔵ライヴ映像シリーズ“From The Vault"第5弾イアン・スチュアートが参加した最後のライヴとなった82年リーズ!

★ストーンズ秘蔵ライヴ映像シリーズ“From The Vault"第5弾イアン・スチュアートが参加した最後のライヴとなった82年リーズ!

●ローリング・ストーンズ / ライヴ・アット・リーズ1982 国内BLU-RAY+2CD+Tシャツ(L) 10,800円(税込) (ワード / GQXS900947
●ローリング・ストーンズ / ライヴ・アット・リーズ1982 国内DVD+2CD+Tシャツ(L) 9,720円(税込) (ワード / GQBS90106)

●ローリング・ストーンズ / ライヴ・アット・リーズ1982 国内BLU-RAY+2CD 7,560円(税込) (ワード / GQXS90094)
●ローリング・ストーンズ / ライヴ・アット・リーズ1982 国内DVD+2CD 6,480円(税込) (ワード / GQBS90103)

ストーンズ秘蔵ライヴ映像シリーズ“From The Vault"第5弾! 1982年ヨーロッパ・ツアーのファイナル・コンサートにして、ピアニストのイアン・スチュアートが参加した最後のストーンズライヴ映像がリリース決定! 【日本語字幕付き(MCのみ/日本先行発売/日本語解説書封入】


話題騒然の『ストーンズ-ライヴ・アット・ザ・トーキョー・ドーム 1990』に続くローリング・ストーンズのアーカイヴ映像シリーズ “From The Vault" の第5弾作品はこれに決まった、『ストーンズ-ライヴ・イン・リーズ 1982』だ! 1982年ヨーロッパ・ツアーのファイナル・コンサートにして、ピアニストのイアン・スチュアートが参加した最後のストーンズのライヴである。


この時期の青空の下での野外コンサートと言えば、映画『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』で捉えられた前年のアリゾナ州テンピのサン・デヴィル・スタジアムでのコンサートのことを思い起こすファンが多いと思うが、こちらはその時の2倍以上、一説によると約15万人を集めたとも言われる巨大コンサート。複数アーティストの名前が並ぶフェスティヴァルやフリー・コンサートを除けば、この当時ストーンズのライヴ史上でも最大規模のもので、そこでにこやかにピアノを弾くイアン・スチュアートの雄姿もアップで捉えられている貴重な映像である。


イアン・スチュアートとはもちろんストーンズ成立時のピアニストで、デビュー時のマネージャーの指示によってロード・マネージャーに格下げとなりながらも、そのブルース/R&Bへの深い愛情でその後も長くグループの精神的支柱でもあったことは、ストーンズ・ファンにはよく知られているだろう。そんなスチュは、このコンサートの後、ストーンズがツアーを休止中の'85年に心臓麻痺で亡くなっている。というわけで'82年のこれが彼が最後にプレイしたストーンズのギグとなってしまったわけだが、自分の身に起こる悲劇を予感していたからということではないだろうが、生前、自分の後継者となるべき人材を探し出し、自分が持っているブギ・ウギ・ピアニストとしてのスキルやブルース/R&Bの知識を継承しようと務めていた。その「人材」として白羽の矢が立てられたのがオールマン・ブラザーズ・バンド~シー・レヴェルのキーボーディストだった米国人チャック・リーヴェルで、このコンサートの映像では二人が一台のピアノに仲良く座って連弾でブギ・ウギ・ピアノを弾くという、見方によればストーンズ史的にも重要な意味を持つ感動的なシーンが含まれている! このチャックがその後、スチュの期待通り、サポート・ミュージシャンとしてずっとストーンズを支え続けていることはご存じだろう。


'82年7月25日、英国はウェスト・ヨークシャー州のリーズにあるラウンドヘイ・パークで開催されたこのコンサートがフルで映像作品になるのはもちろん初めて。しかし、古くからのストーンズ・ファンはごく断片的にであるが、この時の映像を目にしている可能性がある。それは1984年にリリースされたプロモーション・ヴィデオ集『VIDEO REWIND』(日本で最初に発売された時の邦題は『ザ・ローリング・ストーンズ/グレート・ビデオ・ヒット』)の中で、この時の映像が少しだけ使われていたからだ。主人公のビル・ワイマンがミック・ジャガーと寸劇めいたやりとりを広げながら次々とヴィデオを紹介していくこの作品の最後に、1981年~'82年の各所で撮られた映像が組み合わせられた「スタート・ミー・アップ」の演奏シーンがあったのだが、その中で青空をバックにストーンズのメンバーがもっと躍動しているように見え、当時のファンを驚かせたのがこの'82年のリーズの映像だったからだ。


同じ『刺青の男(Tattoo You)』ツアーではあるものの、ふたつの公式映像がリリース済み、ライヴ・アルバム『スティル・ライフ』でもその様子を知ることができた'81年北米ツアーとは違い、'82年の映像作品が正式公開されるのはこれが初めて。当時、日本のテレビ朝日の取材チームが「ベスト・ヒット・USA」のために撮ってきた、ロンドン・ウェンブリー・スタジアム公演のオープニング・シーンの映像を食い入るように見ていた世代としては、'82年のストーンズがフルで見られる、というだけで嬉しくなってしまう。


「アンダー・マイ・サム」に始まり、「サティスファクション」で終わる、前年の北米ツアー後半に固まったセット・リストが大筋で継承されてはいるが、大ヒット・バラード「悲しみのアンジー」が取り上げられていたり、キーボードが前年のイアン・マクレガンからそのチャック・リーヴェルに、サックス奏者がアーニー・ワッツからジーン・バージに変更となっており、一部の曲のアレンジも変更になっているなど資料的にも意義深いリリースとなる。それ以上に注目されるのは、公式ブートレグとしてこのコンサートの音源が “Stones Archive"から2012年に有料配信が開始された時に大いに話題になった、ストーンズとしては異色なほどのハイ・テンポの演奏という部分かもしれない。なお、同アーカイヴのサイトでは、この配信音源のプロモーションのために用意された、このリーズ公演のダイジェスト映像も見ることができる。


ストーンズ・ファンにとって「リーズ」でのライヴと言えば長く、今年『スティッキー・フィンガーズ』のスーパー・デラックス・エディションのボーナスとして公式フル・リリースされた'71年のリーズ大学のライヴを指すことが多かったはずだが、ストーンズ史を彩るもうひとつの「リーズ」ライヴとして、また'69年からギタリスト変更も挟んでコンスタントに続いてきた中期ストーンズのライヴ・バンドとしての躍進の時代を締めくくる巨大規模ライヴとして位置づけられるこのスペシャルなコンサートの「目撃者」になれる日は、もうすぐだ!


寺田正典

【ミュージシャン】
ミック・ジャガー(ヴォーカル)
キース・リチャーズ(ギター)
ビル・ワイマン(ベース)
チャーリー・ワッツ(ドラムス)
ロニー・ウッド(ギター)


【サポート・ミュージシャン】
イアン・スチュアート(ピアノ)
チャック・リーヴェル(キーボード/バッキング・ヴォーカル)
ジーン・バージ(サックス)
ボビー・キーズ(サックス)
 
寺田正典氏による4万字を超える長編日本語解説書封入
日本語字幕付き
 



★8cmサイズ ミニチュア・スリーヴ特典♪ クリスマス・ソングの定番中の定番! みんな大好きNRBQの『クリスマス・ウィッシュ』がパジャマ・ジャケで紙ジャケCD化!

●NRBQ / クリスマス・ウィッシュ - デラックス・エディション 国内CD 2,484円(税込) (HAYABUSA LANDINGS / HYCA-3052)【特典:8cm ミニチュア・ジャケット 『クリスマス・ウィッシュ』】

クリスマス・ソングの定番中の定番!! みんなが大好きNRBQの、キュートでチープでドリーミーな「クリスマス・ウィッシュ」久々の日本盤発売が決定!! オリジナル12インチアナログ盤のデザインを忠実に再現した初・紙ジャケット仕様で待望の再発!

今や、フィル・スペクターやビーチ・ボーイズのクリスマス・アルバムらと共にクリスマス・アルバムの定番化したNRBQの「クリスマス・ウィッシュ」

元々は、78年彼らの自主制作で発売した4曲入り7インチEPがオリジナル盤で86年に8曲入りミニ・アルバムとして米ラウンダー・レコードから12インチで再リリース、さらに95年には12曲入り仕様で初CD化された。この前後にかけて、NRBQの初来日公演(96年)が行われ、小西康陽監修によるコンピ盤「レディメイド、クリスマスを祝う」(94年)に収録されたり、また嶺川貴子によるカバー・ヴァージョン(95年・NRBQが全面サポート)も発表されたりと一気に日本のリスナーにも大きくその存在が知られるようになった。2000年には、長門芳郎氏主宰のドリームズヴィル・レコードから17曲仕様となって初の日本盤がリリースされ、2007年には再び本国で19曲仕様となったデラックス・エディションがリリースされた。

今回は、07年の19曲仕様の内容に最新マスタリングを施して、ファンに最も馴染みのある86年の12インチのアートワーク(通称パジャマ・ジャケ)を忠実に再現した紙ジャケット仕様にてリイシュー。

オモテ・ウラ

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
『NRBQ / クリスマス・ウィッシュ - デラックス・エディション』 をお買上のお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル 復刻ミニチュア・7インチ・ジャケット 『クリスマス・ウィッシュ』を差し上げます。
※復刻ミニチュア・ジャケット・・・当時の7"シングルを可能な限り再現したCDシングル8cm×8cmサイズのペラジャケ・スリック特典です。





★ヴァン・モリソン、WARNER BROTHERS移籍第1弾『ASTRAL WEEKS』、第3弾『HIS BAND AND THE STREET CHOIR』が最新リマスターに貴重なレア・トラックスをプラスしたEXPANDED &REMASTERED EDITIONで新装登場!!
 
●ヴァン・モリソン / アストラル・ウィークス~デラックス・エディション 国内CD 1,836円(ワーナーミュージック / WPCR-16932)
WARNER BROTHERS時代の名盤が最新リマスターの新装版で登場! 今回リリースされるのは1968年に発表された移籍第一作となる『ASTRAL WEEKS』、そして1970年発表の『HIS BAND AND THE STREET CHOIR』。どちらの作品も2015年最新リマスター音源を使用。さらに、アルバム未収録ボーナス・トラックを加えた、EXPANDED &REMASTERED EDITIONの新装版となる。『ASTRAL WEEKS』に収録されるレア・ボーナス・トラックは、"BESIDE YOU"のファースト・テイク、"SLIM SLOW SLIDER"のフル・ヴァージョン、そしてヴィブラフォンを強調した"MADAME GEORGE"のシンプルなセッティングで録音された別テイク・ヴァージョンなど4曲。R&B、ブルースをベースに、秘めたる思いをアコースティックなサウンドをバックに歌いあげた68年WARNER BROTHERS移籍第一弾。未発表のレア・トラックスを収録して新装登場。

 
●ヴァン・モリソン / ストリート・クワイア~デラックス・エディション  国内CD 1,836円(ワーナーミュージック / WPCR-16933)
2013年にリリースされた『MOONDANCE』のデラックス・エディションに続く、WARNER BROTHERS時代の名盤が最新リマスターの新装版で登場。今回リリースされるのは1968年に発表された移籍第一作となる『ASTRAL WEEKS』、そして1970年発表の『HIS BAND AND THE STREET CHOIR』。どちらの作品も2015年最新リマスター音源を使用。さらに、アルバム未収録ボーナス・トラックを加えた、EXPANDED &REMASTERED EDITIONの新装版となる。
『HIS BAND AND THE STREET CHOIR』に収録されるボーナス・トラックは、ピアノもホーンもバッキング・ヴォーカルも無い"GIVE ME KISS"のラフな初期ヴァージョンや、VAN MORRISONがファルセットをきかせている"GYPSY QUEEN"の別テイク・ヴァージョンや、ギラギラとファンクがきいた"I'VE BEEN WORKING"の別ヴァージョンなど5曲。 自らのバンドを従え、R&B色を強めた70年ワーナー・ブラザーズ移籍第三弾。未発表のレア・トラックスを収録して新装登場。




★"ミスターAOR"ボビー・コールドウェルが豪華ゲストともに完成させた待望の王道AOR/R&Bアルバム!

●クール・アンクル=ボビー・コールドウェル&ジャック・スプラッシュ / クール・アンクル(仮) 国内CD 2,916円 (ビクター / VICP-75153)
"ミスターAOR"ボビー・コールドウェルが豪華ゲストともに完成させた待望の王道AOR/R&Bアルバム! 「風のシルエット」、「ハート・オブ・マイン」、「ステイ・ウィズ・ミー」など数々のビッグ・ヒットを持つ"ミスターAOR"、ボビー・コールドウェルと、グラミー賞に10回以上ノミネートされ3度受賞歴を持つR&Bプロデューサー、ジャック・スプラッシュがタッグを組んだ新プロジェクト=クール・アンクル。 ゲストにメイヤー・ホーソーン、シーロー・グリーン、デニース・ウィリアムス、ジェシー・ウェアら現代最高峰のアーティストをゲストに迎えて制作されたアップ・トゥ・デイトかつエヴァーグリーンなAORアルバムが堂々完成! 高音質K2HD+HQCD仕様 歌詞・対訳付 解説:金澤寿和 





■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 11/10(火)ロック新品新入荷情報!★ストーンズ秘蔵ライヴ映像シリーズ“From The Vault"第5弾イアン・スチュアートが参加した最後のライヴとなった82年リーズ!

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top