Home > ROCK・PROGRE情報 > 【予約受付中!】 PAUL MCCARTNEYの新曲が急遽45回転盤12"で登場! ゲーム「DESTINY」のタイトル曲『HOPE FOR THE FUTURE』!

【予約受付中!】 PAUL MCCARTNEYの新曲が急遽45回転盤12"で登場! ゲーム「DESTINY」のタイトル曲『HOPE FOR THE FUTURE』!

2015年1月中旬入荷予定-----


★PAUL MCCARTNEYの新曲が急遽45回転盤12"で登場!

●PAUL McCARTNEY / HOPE FOR THE FUTURE 輸入12" 1,458円(税込) (HEAR MUSIC / HEAR36718.1)
BUNGIE社制作の話題のコンピューター・ゲーム「DESTINY」(日本でも9月にソニー・コンピューター・エンタテインメントから発売)のエンド・タイトル・テーマ曲として提供した書き下ろしの新曲で、もちろんポールのヴォーカルも入っています。

これまでポップス、ロックの大ヒット曲はもちろん、映画のテーマ、オーケストラ曲、エレクトロ曲も多く作ってきたPAULは、活動が広がるにつれ彼の音楽世界を広げてきた。ギネス・ブックでも"これまでにおいて世界で最も成功したコンポーザー/レコーディング・アーティスト"の称号を得ているPAULだが、コンピューター・ゲームに書き下ろしたのは今回が初。2010年からこのゲームのスコアを制作し始めていたそうで、本楽曲はABBEY ROAD STUDIOSにて120人のオーケストラと共にレコーディング。またオーケストラの指揮とプロデュースを手掛けているのはGEORGE MARTINの息子、GILES MARTINというのも話題。

PAUL曰く、『"HOPE FOR THE FUTURE"のようにカスタム・メイドではっきり何かのために曲を書く時というのは誰かのためにポートレートを書くようなもので、第一に彼らが必要としているもの、欲しているものなのが何かということを自分で想像しないといけない。その後に初めて自分が彼らに何をしてあげたいかをよく考えてからその3つをうまく繋げていいものを完成させないといけないんだ。だから今回のように地球をインヴェーダーやエイリアンたちから守るゲームの基本コンセプトからこの"HOPE FOR THE FUTURE"のアイデアは出てきたんだ。しかもただのゲームの曲というものにはしたくなかったから、ゲーム以外でも聴く人にも分かるように、エイリアンのことなどを歌って「この人何言ってるの?」といわれるようなものでしゃなく、ゲームを知らなくても意味や価値のある曲を作らなければならなかったんだ。』とのこと。


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 【予約受付中!】 PAUL MCCARTNEYの新曲が急遽45回転盤12"で登場! ゲーム「DESTINY」のタイトル曲『HOPE FOR THE FUTURE』!

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top