Home > ROCK・PROGRE情報 > 11/4(火)ロック・プログレ新品CD/レコード新入荷情報

11/4(火)ロック・プログレ新品CD/レコード新入荷情報

★ストーンズ秘蔵アーカイヴシリーズ“From The Wault"第2弾! 『ハンプトン・コロシアム~ライヴ・イン 1981』発表の衝撃も醒めやらぬ中、発表された第2弾は、1975年北米ツアーのハイライト、ロサンゼルス・フォーラム公演の未発表完全映像! 

●ローリング・ストーンズ / ストーンズ~L.A. フォーラム~ライヴ・イン 1975 国内DVD+2CD 6,480円(税込) (WARD / VQBD10210)
・ストーンズ秘蔵ライヴ・アーカイヴシリーズ第2弾! '75年北米ツアーよりカリフォルニア州ロサンゼルス LAフォーラム公演の未発表完全映像! 

・ミック・テイラー脱退、ロン・ウッドがまだゲスト参加ながら極上のアンサンブルを聴かせる70年代ストーンズの圧倒的存在感を収めた奇跡の映像作品! 
・2014年最新デジタライズによりレストアされた映像とボブ・クリアマウンテンによるリマスタリングで可能な限り向上された迫力の映像&音声! 
・日本盤には寺田正典氏による大長編解説書を封入! 

1975年のLA公演は7月9日から13日まで5日間連続でLA近郊イングルウッドにあるザ・フォーラム(LAフォーラム)で行なわれた。音源配信のみだが、その最終日、7月13日の録音が “Stones Archive"から“L.A. Friday '75"というタイトルで、公式ブートレグとして2012年4月にリリースされている一方、映像は長らく未発表だった。

今回リリースされる映像は、ストーンズ側の資料によれば、同じLA公演の4日目、7月12日のもの。古いマニアックなファンなら、どこかで見たことのあるシーンも含まれていて地下世界のデータ・ベースとの整合性も若干気になるところだろうが、全編にわたって4~5台のカメラで捉えていた思われる映像のカット割りなどの編集が違っていて全く別モノと考えるべきものに仕上がっている。当然ながら、映像の鮮明度、発色の良さの違いは地下発のものとはレヴェルの違う臨場感を生んでいて、キースが吐き出すタバコの煙が、モニターの手前の自分にまで漂って来そうなぐらいのリアルな「空気感」を感じ取ることができる。ステージの蓮の葉の部分が、メンバーの動きに合わせて、演奏中も細かく上下してたなんてこと、少なくともぼくはこれまで全然認識してなかった。そうしたリアル感を音の良さがさらにグッと押し上げてくれるのは言うまでもない。『ラヴ・ユー・ライヴ』では半分ほどの長さに短く編集されていた「フィンガープリント・ファイル」でのアグレッシヴなパーカッションの響きにこれほど腰を動かされる日が来るとも思ってなかった! 

オープニング・シーンのカッコ良さも特筆すべきものだ。アーロン・コープランド作の「庶民のファンファーレ」をイントロのBGMにしたそれは'75~'76年のツアーから制作(一部、'77年のスペシャル・スモール・ギグからも収録)された傑作ライヴ・アルバム『ラヴ・ユー・ライヴ』(1977年リリース)にも収録されていて、聴くだけでも十分興奮を呼び起こすものだったが、映像で見た場合の興奮度は段違いなのだ! 

「庶民のファンファーレ」が長く鳴り響く中、蓮の葉を模した巨大な開閉式のステージがゆっくりと開いていき、中にいたメンバーが顔を出すと同時にキースが、「ホンキー・トンク・ウィメン」のオープニング・リフを弾き始めるという具合なのだ。このストーンズのライヴ史上最もスケールが大きくドラマチックなオープニング・シーンが、ついに正規の映像作品として登場するのだ。しかも、楽屋からステージに向かうメンバーの姿や、プロモーターのビル・グレアムを捉えたシーンも交えて、より緊張感が高まるような形に編集されている。このシーンだけでも多くのロック・ファンに、'70年代のストーンズの圧倒的な存在感を改めて伝える“事件"になり得るのではないかと個人的には思っているほど大好きなシーンだ。

1975年のこの北米ツアーは、'70年代前半のストーンズに多大な貢献をしたギタリスト、ミック・テイラーが前年暮れに脱退を表明し、当時まだフェイセズのロン・ウッドをゲストに迎えて敢行されたものだった。それ以前のツアーでは当たり前のものとなりつつあったホーン・セクションは外して雰囲気をがらりと変える一方(LAの後半3日間だけは一部ゲストとしての参加もあり、その様子も今回の映像には捉えられている)、キーボード奏者のイアン・スチュワート、ビリー・プレストンの参加に加えて、スティーヴィ・ワンダーのバンドとドラマーも務めていたオリー・E・ブラウンをパーカッション奏者として新たに迎えてリズム面を強化。ニュー・ソウル/ファンクからフィリー・ソウルを経てディスコへと向かいつつあった当時のブラック・ミュージックの動向に呼応したような、ファンキーかつ重厚感漂うパフォーマンスを繰り広げたとのだった。これもライヴ・アルバム『ラヴ・ユー・ライヴ』にもしっかりと刻まれている。

しかし、ストーンズが、この1975年のツアーから1ステージあたりの演奏時間をそれまでよりグッと伸ばし、舞台装置や演出面でも先に触れたオープニングのギミックや、ステージ中央からミック・ジャガーがせり上がって来るような仕掛けを使ったり、「スター・スター」の演奏中には歌詞の内容に合わせて迫り出して来る男根を模したバルーン(先からは紙吹雪が噴出! )をミックが自分の股に挟んでおどけたり…といった、いろんな意味でヴィジュアル・インパクトの強いシーンがふんだんに盛り込まれたこのツアー時のパフォーマンスの全体像は、今回のリリースで初めてちゃんとした形で世界に向けて公開されることになる。もちろん、ビリー・プレストンが歌い、ストーンズのメンバーがサポートに回る2曲ももちろん含まれ、そのうち1曲の円中には、ターザンよろしくミックがロープにつかまって引き上げられ観客席の上空を「飛ぶ」シーンも見られる。長年のファンはミック、キース、ロン・ウッドの3人がフロントで一緒にハモる「ワイルド・ホース」のシーンを見て存分に泣くべし。そして“悪魔"のようなロックのリズムに今も魂を奪われ続ける不良たちは、裸になったミックが雄叫びと共に先導する終盤のグルーヴのウネりに、ただただ圧倒されるべし!!


【DVD収録内容】
1975年7月12日 アメリカ/カリフォルニア州ロサンゼルス LAフォーラムにて収録
1.イントロダクション
2.ホンキー・トンク・ウィメン
3.オール・ダウン・ザ・ライン
4.イフ・ユー・キャント・ロック・ミー~一人ぼっちの世界
5.スター・スター
6.ギミー・シェルター
7.エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ
8.ユー・ガッタ・ムーヴ
9.無情の世界
10.ハッピー
11.ダイスをころがせ
12.イッツ・オンリー・ロックン・ロール
13.バンド・イントロズ
14.ドゥー・ドゥー・ドゥー・・・(ハートブレイカー)
15.フィンガープリント・ファイル
16.悲しみのアンジー
17.ワイルド・ホース
18.ザッツ・ライフ
19.アウタ・スペース
20.ブラウン・シュガー
21.ミッドナイト・ランブラー
22.リップ・ディス・ジョイント
23.ストリート・ファイティング・マン
24.ジャンピン・ジャック・フラッシュ
25.悪魔を憐れむ歌


【DVD仕様】
収録時間:約159分 / 日本語字幕付き / 画面サイズ:4:3 / 音声:ドルビー・デジタル ステレオ、ドルビー・デジタル 5.1chサラウンド、DTSサラウンド・サウンド


【CD収録内容】
1975年7月13日 アメリカ/カリフォルニア州ロサンゼルス LAフォーラムにて収録

[DISC 1]
1.ホンキー・トンク・ウィメン
2.オール・ダウン・ザ・ライン
3.イフ・ユー・キャント・ロック・ミー~一人ぼっちの世界
4.スター・スター
5.ギミー・シェルター
6.エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ
7.ユー・ガッタ・ムーヴ
8.無情の世界
9.ハッピー
10.ダイスをころがせ
11.バンド・イントロズ
12.イッツ・オンリー・ロックン・ロール
13.ドゥー・ドゥー・ドゥー・・・(ハートブレイカー) 

[DISC 2]
1.フィンガープリント・ファイル
2.悲しみのアンジー
3.ワイルド・ホース
4.ザッツ・ライフ
5.アウタ・スペース
6.ブラウン・シュガー
7.ミッドナイト・ランブラー
8.リップ・ディス・ジョイント
9.ストリート・ファイティング・マン
10.ジャンピン・ジャック・フラッシュ
11.悪魔を憐れむ歌





★昨年他界したYESの初代ギタリスト、ピーター・バンクスが率いたエンパイアの1979年未発表スタジオ・リハーサル音源!!
●ピーター・バンクス・エンパイア / ザ・マーズ・テープス 国内CD 3,780円(税込) (デュウ / NIMM1001)
英国のプログレッシヴ・ロック・バンドYESのオリジナル・ギタリストである故ピーター・バンクスが率いたリーダー・バンド、エンパイアの1979年未発表スタジオ・リハーサル音源が国内盤として発売!!
この音源はバンドのドラマーであるマーク・マードック氏の所有で、L.A.のマーズ・スタジオで収録された貴重な記録。さらにボーナス・トラックとして追加収録された音源には何とフイル・コリンズ、ジョン・ギブリン等のBrand X人脈も参加!マニア驚愕の発掘音源です!!
・Peter Banks - Guitar
・Sidonie Jordan( aka Sydney Foxx) - Lead Vocals
・Mark Murdock - Drums
・Brad Stephenson - Bass, Backing Vocals
・Paul Delph - Keyboards, Backing Vocals
〈*Additional Synthesizer on ‘The Fall Of The Empire' - Mark Murdock〉
・Phil Collins - Drums and Backing Vocals [on Bonus Track]
・John Giblin - Bass [on Bonus Track]
・Jakob Magnusson - Keyboards [on Bonus Track]
・Sam Gobal – Tabla [on Bonus Track]





★ジミヘンのサイト限定、オフィシャル・ブートレグ・シリーズがまとめて入荷!!


★DAGGER RECORDS最新作!!
●JIMI HENDRIX / LIVE IN COLOGNE 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / 88883747962 ) 
EXPERIENCE HENDRIX,L.L.C公認のレーベルであるダガーレコードのオフィシャルブートレグシリーズVOL.12!!
今回は1969年1月13日、ドイツはケルンでのライブを収録!!時期的には数か月前に「エレクトリック・レディランド」を発売したばかりの時期、この数か月後にノエル・レディング脱退を迎える前の精神的には不安定ながらしっかりとした演奏が聴ける一枚です!!





★サイト限定商品!!
[ cover artwork ]
●JIMI HENDRIX / LIVE AT THE OAKLAND COLISEUM 輸入CD 3456円(税込)  ( DAGGER / 88697633512 ) 
ダガーレコードの記念すべき第1弾タイトル!!ファンからも熱狂的に人気のあるライブ音源で1969年4月27日、オークランドでのライブを収録。エクスペリエンスの末期、前座はジェファーソン・エアプレイン・・・脂の乗り切った時期だけに自然と楽曲も長尺になっていますが、とにかく内容は最高です!!


★サイト限定商品!!
[ LIVE AT CLARK UNIVERISITY ]
●JIMI HENDRIX / LIVE AT CLARK UNIVERSITY 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / 88697634012 ) 
1968年3月15日、マサチューセッツ州ウスターのクラーク大学内アットウッドホールで行われたライブを収録!!インタビュー音源もプラス。


★サイト限定商品!!
[ MORNING SYMPHONY IDEAS ]
●JIMI HENDRIX / MORNING SYMPHONY IDEAS 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / 88697633942 ) 
1969年9月から11月のバディ・マイルスとのセッションや1970年8月ハワイ・マウイ島でのギターソロ弾き語り、1970年2月ニューヨーク自宅でアコースティックデモを収録。音質良好!!


★サイト限定商品!!
[ LIVE IN OTTAWA ]
●JIMI HENDRIX / LIVE IN OTTAWA 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / 88883723242 ) 
1968年3月19日カナダ・オタワでのコンサートからセカンド・ショウを収録!!


★サイト限定商品!!
[ BAGGY'S REHEARSAL SESSIONS ]
●JIMI HENDRIX / BAGGY'S REHEARSAL SESSIONS 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / 88697635822 ) 
フィルモア・イースト公演を間近に控えたバンド・オブ・ジプシーズのニューヨークでのリハーサル音源を収録!!同シリーズ「BURNING DESIRE」と併せて聴きたい一枚です!!


★サイト限定商品!!
[ PARIS 1967 / SAN FRANCISCO 1968 ]
●JIMI HENDRIX / PARIS 1967/SAN FRANCISCO 1968 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / CATF050562 ) 
1967年10月9日、フランスはパリ公演と1968年2月4日、米国はフィルモアでのライブを収録!!


★サイト限定商品!!
[ HEAR MY MUSIC ]
●JIMI HENDRIX / HEAR MY MUSIC 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / 88697635202 ) 
1969年、ロンドンとニューヨークでのライブ音源を収録!!ちなみに⑨"Valleys Of Neptune"ではジミヘンのピアノ・プレイが聴けます!!


★サイト限定商品!!
[ LIVE AT THE ISLE OF FEHMARN ]
●JIMI HENDRIX / LIVE AT THE ISLE OF FEHMARN 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / 88697635762 ) 
1970年9月6日、生前最期のコンサートとして知られるフェーマルン島でのライブを収録!!


★サイト限定商品!!
[ BURNING DESIRE ]
●JIMI HENDRIX / BURNING DESIRE 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / 88697633402 ) 
1969年11月7日と1970年1月7日、23日の未発表音源で、バンド・オブ・ジプシーズのスタジオ・リハーサルを収録。ジャムりながら楽曲を作っていく過程が生々しく伝わる音質良好な音源です!!


★サイト限定商品!!
[ LIVE AT WOBURN ]
●JIMI HENDRIX / LIVE AT WOBURN 輸入CD 3,024円(税込)  ( DAGGER / 88697634772 ) 
1968年7月6日、英国でのWOBURN MUSIC FESTIVALの模様を収録!!





★ビートルズのカラー・フォト 12枚が楽しめるカレンダーが入荷!!
詳細を見る
●ビートルズ / ビートルズ・オフィシャル・カレンダー2015 国内GOODS 2,160円(税込) (プロデュース・センター出版局 / BTOC2015)
ビートルズの初期から後期までのカラー・フォト12枚を厳選。毎月違うビートルズと出会えます! 唯一の日本版ビートルズ公式カレンダーで、日本の祝祭日にも対応。
来年は『ヘルプ!』発売50周年ということで表紙もポイント!!
サイズ(304× 304MM)* LPサイズ/各月見開きサイズ(304× 608MM)/全 28ページ

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 11/4(火)ロック・プログレ新品CD/レコード新入荷情報

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top