Home > ROCK・PROGRE情報 > 6/24(火) ★5タイトルでBOX特典!『レガシー・レコーディング~AORセレクション(金澤寿和氏監修)キャンペーン』

6/24(火) ★5タイトルでBOX特典!『レガシー・レコーディング~AORセレクション(金澤寿和氏監修)キャンペーン』




『レガシー・レコーディング~AORセレクション(金澤寿和氏監修)キャンペーン』
【フェア特典】
期間中に対象商品からよりどり5タイトルをまとめてお買上のお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル特典『CD 5タイトル 収納ボックス』
[1]ネッド・ドヒニー/ハード・キャンディ

[2]カーラ・ボノフ/ささやく夜
[3]ヴァレリー・カーター/愛はすぐそばに
上記3種のうちからおひとつを差し上げます。
※特典ご希望の方は、誠にお手数ですが、WEBご購入の際の「通信事項」欄に「ご希望の上記ボックス図柄いずれか1種」をご指定お書き添えのほどお願いいたします。
開催期間:2014/6/25~ 特典終了次第



■■6月25日発売■■ 対象商品28タイトル

●BOZ SCAGGS / ヒッツ! [EXPANDED EDITION] 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30628)
AORを代表するアーティスト、ボズ・スキャッグス。1944年生まれ。スティーヴ・ミラー・バンドに参加し注目を集めソロ・デビュー。70年代前半はセールスに恵まれなかったが、1976年の『SILK DEGREES』が全米2位を記録し、人気アーティストの仲間入りを果たす。本作は「LOW DOWN」「SLOW DANCER」「HARBOR LIGHT」「WE’RE ALL ALONE」など1980年までのヒット曲に、新曲「MISS SUN」と映画『アーバン・カウボーイ』の主題歌「LOOK WHAT YOU’VE DONE TO ME(燃えつきて)」を加えてリリースされたベスト・アルバム。さらに2006年に「HEART OF MINE」など5曲のボーナス・トラックが追加収録された。(オリジナル:1980年作品)


●AIRPLAY / ロマンティック 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30629 )
今ではスーパー・プロデューサーとして知られるデヴィッド・フォスター(KEY)と、スティーリー・ダン「PEG」の名演でも名高いジェイ・グレイドン(G)が組んだユニット、エアプレイの唯一の録音。同い年の2人がLAのクラブで出会い、1978年頃セッションを通じて結成された。レコーディングには、スティーヴ・ルカサー(G)、ジェフ・ポーカロ(DS)らTOTOを中心に、レイ・パーカーJR.(G)、ビル・チャンプリン(CHO)、ジェリー・ヘイのホーン隊など、西海岸の一流ミュージシャンたちが勢ぞろい。ヴォーカルは後にボストンに参加するトミー・ファンダーバーク。本国での売り上げは芳しくなかったが、日本では絶大な支持を得て好セールスを記録した。(1980年作品)


●BILL CHAMPLIN / 独身貴族 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30630)
多くのレコーディングにコーラスとして参加するなどAORシーンに欠かせないヴォーカリスト、ビル・チャンプリンのソロ・デビュー作。プロデューサーにデヴィッド・フォスターを迎え、スティーヴ・ルカサー(G)、ジェフ・ポーカロ(DS)などTOTOのメンバーが全員参加している他、ジェイ・グレイドン(G)、レイ・パーカーJR.(G)、マイケル・マクドナルド(KEY)らも参加。ファンキーなナンバーから泣きのバラードまで幅広い楽曲まで、職人気質のヴォーカル・ワークが発揮されたアルバム。チャンプリンは1981年からシカゴに参加し、「LOOK AWAY」などのヒットを放った。(1978年作品)


●DARYL HALL & JOHN OATES / モダン・ポップ 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30631)
80年代最高のデュオといわれるダリル・ホール&ジョン・オーツが大ブレイクする直前の会心作。セールス的に成功を収めたわけではないが、若き日のデヴィッド・フォスターがプロデュースし、ポップでありながらタイトでファンキーなサウンドは来るべき80Sのヒット曲の雛形ともいえる好楽曲が多く収録されている。とりわけメロディアスなギターのイントロが印象的な「WAIT FOR ME」は、日本のファンにとって3本指に入る人気曲。情熱的なダリル・ホールのヴォーカルが涙を誘う。(1979年作品)


●DARYL HALL & JOHN OATES / モダン・ヴォイス 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30632)
ホール&オーツ栄光の80年代の幕開けを飾るアルバム。全米チャートで100週以上にわたりランキングされるロングセラーとなり、結果プラチナ・ディスクを獲得した。アルバムのリリース翌年にシングル・カットされた「KISS ON MY LIST」は全米1位を獲得。他にもライチャス・ブラザーズの「YOU’VE LOST THAT LOVIN' FEELIN(ふられた気持ち)」のカバーや、後にポール・ヤングがカバーした「EVERYTIME YOU GO AWAY」を収録。70年代の試行錯誤の末にたどり着いたホール&オーツ流ポップ&ソウルの結晶。(1980年作品)


●PAGES / ファースト・ペイジズ 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30633)
80年代に「KYRIE」「BROKEN WINGS」で全米を制覇したMR.ミスターとして名を馳せるリチャード・ペイジ(VO)とスティーヴ・ジョージ(KEY)を中心としたグループ、ペイジズ。彼らのデビュー作となる本作は、ジャズ/フュージョンの要素を巧みに取り入れたスムーズな楽曲、控えめながら細部にわたり気を配られた演奏は、これぞAORと唸る出来映え。プロデュースは元BS&Tのボビー・コロンビーで、ゲストにデイヴ・グルーシン(KEY)、マイケル・ブレッカー(SAX)、ヴィクター・フェルドマン(PERC)らを迎えている。(1978年作品)


●PAGES / フューチャー・ストリート 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30634)
80年代にMR.ミスターとして名を馳せたリチャード・ペイジ(VO)とスティーヴ・ジョージ(KEY)を中心としたグループ、ペイジズ。デビュー作に比べ多少ロック寄りのフレイヴァーを感じさせる2NDアルバム。本作から多くのフュージョン系の名盤に名を連ねるギタリスト、チャールズ“イカルス”ジョンソンが参加している。ハイライトはケニー・ロギンスと共作(コーラスにも参加)した「WHO'S RIGHT, WHO'S WRONG」。イントロの華麗なサックスはマイケル・ブレッカーによる。(1979年作品)


●GINO VANELLI / ナイトウォーカー 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30635)
イタリア系カナダ人のシンガー・ソングライター、ジノ・ヴァネリ(1952年生まれ)。大学で音楽を専攻した後、活動の拠点をLAに移し、1973年にA&Mレコードからデビュー。1978年には「I JUST WANNA STOP」が全米4位のヒットを記録している。アリスタ移籍第1弾となった本作からは、情感豊かなバラード「LIVING INSIDE MYSELF」が全米6位を記録。凄腕ドラマーのヴィニー・カリウタとベースのニール・スタベンハウスの強力リズム隊に支えられたハードなサウンド、プログレッシヴ・ロックにも通じる秀逸なアレンジが、ヴァネリの歌をドラマチックに盛り上げる。(1981年作品)


●ジミー・ウェッブ / エンジェル・ハート 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30636)
バート・バカラックやブライアン・ウィルソンらと並び称される偉大なシンガー・ソングライター、ジミー・ウェッブが80年代に残した唯一のアルバム。ジェフ・ポーカロ(DS)、スティーヴ・ルカサー(G)らTOTOのメンバーを中心に、デヴィッド・フォスター、マイケル・マクドナルド、ケニー・ロギンスなど西海岸のトップ・ミュージシャンが参加。AORブームの日本でも、タイトル曲の「エンジェル・ハート」がヒットした。前年、アート・ガーファンクルに提供した「シザーズ・カット」「美しき若葉の頃」もセルフ・カバーしている。(1982年作品)


●LARRY LEE / ロンリー・フリーウェイ 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30637)
1975年に「JACKIE BLUE」というヒットを放ったカントリー・ロック・バンド、オザーク・マウンテン・デアデヴィルズのヴォーカル/ドラムスだったラリー・リー。本作は彼のソロ・デビュー作で、デヴィッド・サンボーン(SAX)、ニッキー・ホプキンス(KEY)、デヴィッド・ハンゲイト(B)らが参加している。シングル「DON’T TALK(ロンリー・フリーウェイ)」は心地良いリズムとメロディーに、透明感のあるヴォーカルが乗った、AORのお手本的な一曲。日本オリジナル・ジャケットは、当時FM雑誌の表紙などを手がけていた人気イラストレーターの鈴木英人。(1982年作品)


●STEVE PERRY / ストリート・トーク 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30638)
1949年生まれ。エイリアン・プロジェクトというバンドでプロの音楽活動をスタートし、1977年ジャーニーに新ヴォーカリストとして加入。『ESCAPE』(1981)『FRONTIERS』(1983)などメガヒットを生み出す原動力となった。本作はグループ活動と並行して制作された自身初のソロ・アルバム。当時の恋人のことを歌ったラヴソング「OH SHERRIE」(全米3位)をはじめ、ジャーニーとは異なるポップな楽曲を多く収録している。録音にはマイケル・ランドウ(G)、ワディ・ワクテル(G)、ボブ・グラウブ(B)など西海岸の一流スタジオ・ミュージシャンたちが参加。2006年の再発時に5曲のボーナス・トラックを追加収録。(オリジナル:1984年作品)


●KENNY LOGGINS / 未来への誓い 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30639)
ウェストコーストを代表するデュオ、ロギンス&メッシーナで数々の名曲を残した後、プロデューサーにフュージョン界の重鎮、ボブ・ジェームスとフィル・ラモーン(ポール・サイモン、ビリー・ジョエル他)を迎えたソロ・デビュー作。デュオ時代から大きく踏み出した都会的で洒脱なフュージョン系のサウンドは、リチャード・ティー(P)、スティーヴ・ガッド(DS)、エリック・ゲイル(G)のスタッフの面々や、ハーヴィー・メイスン(DS)、リー・リトナー(G)など西海岸の一流ミュージシャンが多数参加している。ロギンスの爽やかなハイトーン・ヴォーカルと巧みな演奏が見事に融合した傑作AOR作。(1977年作品)


●KENNY LOGGINS / ナイトウォッチ 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30640)
前作『未来への誓い』に続いて、フュージョン界の重鎮、ボブ・ジェームスを迎えたソロ2NDアルバム。美しいアカペラで始まる「WHENEVER I CALL YOU "FRIEND"」はフリートウッド・マックの歌姫スティーヴィー・ニックスとのデュエット(楽曲はロギンスとメリサ・マンチェスターの共作)で、見事全米NO.1を獲得。ロギンスとマイケル・マクドナルドとの共作でグラミー賞(SONG OF THE YEAR)を受賞した「WHAT A FOOL BELIEVES」をセルフ・カバー。ドゥービー・ブラザーズよりもロック寄りのアレンジになっている。その他にも、ボブ・ジェームスとのコラボが心地よい「WAIT A LITTLE WHILE」など好楽曲を数多く収録している。(1978年作品)


●KENNY LOGGINS / キープ・ザ・ファイア 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30641)
前作と同じメンバーでレギュラー・バンドを組み、プロデューサーとしてデレク&ザ・ドミノス/エリック・クラプトン「いとしのレイラ」を手がけたトム・ダウドを迎え、ロック色が濃くなったソロ3RDアルバム。「THIS IS IT(明日に向かって)」はグラミー賞コンビであるマイケル・マクドナルドとの共作。数多くのカバーが存在する「WHO’S RIGHT, WHO’S WRONG(ゲームは終り)」(ペイジズのリチャード・ペイジとの共作)には、あのマイケル・ジャクソンがコーラスで参加。次作のライヴ・アルバム『ALIVE』で70年代のキャリアに区切りをつけ、「FOOTLOOSE」と「DANGER ZONE」の80年代を迎えることになる。(1979年作品)


●JIM MESSINA / オアシス 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30642)
60年代からバッファロー・スプリングフィールド、ポコ、ケニー・ロギンスとのデュオ「ロギンス&メッシーナ」で活躍したジミー・メッシーナ(ジム・メッシーナ)。1979年に3年間の沈黙を破り、ソロ・デビュー作なったのが本作。明るく乾いたラテン・フレイヴァーから、メロウなジャズ・テイストの曲までバラエティに富んだ内容になっている。なかでもメロウなギターのイントロから心地良いサックスのエンディングまで一体となった「SEEING YOU」は、AOR屈指の名曲と高く評価されている。コロンビアに本作1枚を残し、ワーナーに移籍している。(1979年作品)


●NED DOHENY / ハード・キャンディ 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30643)
アサイラム契約第1号アーティストとしてジャクソン・ブラウンらと共に、1973年デビュー。本作はコロンビア移籍第1弾。ソウルの名門スタックスで数々のセッションに参加してきたスティーヴ・クロッパーをプロデューサーに迎え、ドヒニーのソウル志向を巧みに料理し、小粋で洒落た作品に仕上げている。イーグルスのグレン・フライ&ドン・ヘンリー、リンダ・ロンシュタット、J.D.サウザーらがコーラスで参加している他、若き日のデヴィッド・フォスター(P)も参加している。印象的なジャケット写真は、ボズ・スキャッグスの「SILK DEGREES」で知られるモシャ・ブラカによる。(1976年作品)


●J.D. SOUTHER / ユア・オンリー・ロンリー 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30644)
デトロイトからLAに出てきて、イーグルスの面々やジャクソン・ブラウンらとの交流を通じ、設立間もないアサイラム・レコードからデビュー。本作はCBSへの移籍第1弾アルバム(通算3作目)となる。ロイ・オービソンの「オンリー・ザ・ロンリー」へのオマージュと言われる「YOU’RE ONLY LONELY」(全米7位)、リンダ・ロンシュタットが取り上げた「WHITE RHYTHM AND BLUES」、ニコレット・ラーソンがデビュー作で取り上げた「THE LAST IN LOVE」などを収録。ワディ・ワクテル(G)、ダニー・コーチマー(G)、ケニー・エドワーズ(B)、デヴィッド・サンボーン(SAX)らが参加。(1979年作品)


●KARA BONOFF / カーラ・ボノフ 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30645)
リンダ・ロンシュタットのバックを務めていたケニー・エドワーズ、アンドリュー・ゴールド、ウェンディ・ウォルドマンとブリンドルというグループを組み、LAのクラブ・サーキットで長い下積みを送っていたカーラ・ボノフ。リンダ・ロシュタットの『HASTEN DOWN THE WIND(風にさらわれた恋)』(1976)で作品を取り上げられたことをきっかけにソロ・デビューを果たす。本作にはそのリンダ・ロンシュタットに提供した3曲「SOMEONE TO LAY DOWN BESIDE ME」、「LOSE AGAIN」、「IF HE'S EVER NEAR」のセルフ・カバーを収録。カーラの不器用で朴訥とした歌は、新鮮な魅力を発揮している。(1977年作品)


●KARA BONOFF / ささやく夜 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30646)
繊細なシンガー・ソングライター的なデビュー作に比べ、ポップ寄りの楽曲が増えた2NDアルバム。前作と同じリンダ・ロンシュタット~ブリンドル陣営のミュージシャンを中心に、新たにドン・グロルニック(P)、デヴィッド・リンドレー(G)らが参加。オープニングを飾る「TROUBLE AGAIN(涙に染めて)」は、リンダ・ロンシュタットが歌いたいと申し出たにもかかわらず、自分で歌いたいからと断ったという逸話が残るほどの自信作。本国では大きなヒットにはならなかったが、日本ではラジオを中心に人気を獲得した。トラディショナル・ナンバーに加筆した「THE WATER IS WIDE(悲しみの水辺)」のアコースティック・ギターはジェイムス・テイラー。(1979年作品)


●KARA BONOFF / 麗しの女~香りはバイオレット 国内 BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30647)
前作から3年のインターバルを挟んだ3RDアルバム。イーグルスのドン・ヘンリーとティモシー・B・シュミットによるハーモニーが心地よい「パーソナリィ」(オリジナルではなくR&Bシンガーのポール・ケリー提供曲)は全米19位まで上昇し、彼女にとって最大のヒットになった。レコーディングはこれまで通り、ラス・カンケル(DS)、ボブ・グラウブ(B)、アンドリュー・ゴールド(G/ORG)を中心に、ダニー・コーチマー(G)、ワディ・ワクテル(G)、J.D.サウザー(CHO)、ウェンディ・ウォルドマン(CHO)など旧知のウェストコースト系のミュージシャンたちがバックを固めている。プロデュースは元ブリンドルのケニー・エドワーズ。(1982年作品)


●JAMES TAYLOR / JT 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30648)
70年代を代表するシンガー・ソングライター、ジェイムス・テイラーのコロンビア移籍第1弾(通算8作目)。『SWEET BABY JAMES』など初期作を手がけたプロデューサー、ピーター・アッシャーを再び招き、軽やかでリラックスしながらも洗練された都会的なサウンドを推し進め、全米4位のヒットを記録した。レコーディングはダニー・コーチマー(G)、リー・スクラー(B)、ラス・カンケル(DS)ら気心の知れた面々がバックを固めている。シングル「HANDY MAN」はグラミー賞も受賞している。(1977年作品)


●JAMES TAYLOR / ダディーズ・スマイル 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30649)
60年代から長いキャリアを誇るシンガー・ソングライター、ジェイムス・テイラーの80年代を代表する1枚(通算10作目)。ピーター・アッシャーがプロデュースし、ワディ・ワクテル(G)、リック・マロッタ(DS)、リー・スクラー(B)ら西海岸のミュージシャンたちが脇を固めている。ジェイムス・テイラーの曲としては異色といわれる、J.D.サウザーとのデュエット「HER TOWN TOO(憶い出の町)」が全米シングル・チャート11位を記録。日本でも当時のAORブームに乗ってヒットした。(1981年作品)


●VALERIE CARTER / 愛はすぐそばに 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30650)
1954年、アリゾナ州生まれ。元フィフス・アヴェニュー・バンドのジョン・リンド(後にEW&F「BOOGIE WONDERLAND」やマドンナ「CRAZY FOR YOU」を提供)らとハウディ・ムーンを結成し、1974年にレコード・デビューを果たす。このソロ・デビュー作は、EW&F作品のエンジニアとして知られるジョージ・マッセンバーグ、リトル・フィートのローウェル・ジョージ、EW&Fのモーリス・ホワイトがプロデュースし、チャック・レイニー(B)、ジェフ・ポーカロ(DS)など西海岸の一流ミュージシャンたちが参加している。1曲目の「OOH CHILD」はR&Bグループ、ファイヴ・ステアステップスのカバー。(1977年作品)


●VALERIE CARTER / ワイルド・チャイルド 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30651)
ウェストコーストを代表するセッション・シンガーでもあるヴァレリー・カーター(元ハウディ・ムーン)のソロ2NDアルバム。ドラムを全曲ジェフ・ポーカロが担当している他、スティーヴ・ルカサー(G)、デヴィッド・ハンゲイト(B)らTOTOの面々が参加。その他にも、チャック・レイニー(B)、ジェイ・グレイドン(G)らが参加。実力派ミュージシャンたちの落ち着いた演奏をバックに、繊細でどこか物憂げな雰囲気のヴォーカルが織りなす緻密で洗練された作品に仕上がっている。7曲目「THE BLUE SIDE」は、ボズ・スキャッグス「JOJO」で知られるデヴィッド・ラズリー作。ラストを飾る「WILD CHILD」は絶唱と呼ぶにふさわしい哀感漂うバラード。(1978年作品)


●SILVER / シルヴァー・ファースト 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30652)
美しいコーラス・ワークにタイトなサウンド、ウェストコースト・ロックの理想的なスタイルの5人組、シルヴァー唯一のアルバム。エリック・アンダーセンのレコーディングでジョン・バドロフ(VO/G)とブレント・ミッドランド(VO/KEY)が出会い結成。イーグルスのバーニー・リードンの実弟トム・リードン(VO/B)もメンバーに名を連ねる。エヴァーグリーンな大ヒット「WHAM BAM (恋のバンシャガラン)」(全米16位)、“ミュージシャンとして生きていくことは簡単なことじゃない”と歌った「MUSICIAN」などを収録したAOR前夜の瑞々しさを感じさせる名盤。(1976年作品)


●CECILIO & KAPONO / ナイト・ミュージック 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30653)
カラパナと並ぶ人気“ハワイアン・サーフ・ロック”デュオの3RDアルバム。メンバーのヘンリー・カポノはネイティヴなハワイアン、メキシコとインディアンの血を引くセシリオ・ロドリゲスはカリフォルニア生まれ。ロサンゼルスで録音された本作は、爽やかなウェストコースト・ロック系のサウンドの中に、ハワイ風のトロピカルな要素がちりばめられた名盤。ボズ・スキャッグスのヒット曲「WE’RE ALL ALONE」のカバーも収録されている。(1977年作品)


●BILL LABOUNTY / 涙は今夜だけ 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30654)
これまでに1000曲近い曲を書き、ソングライターとしても評価の高いビル・ラバウンティ。AORファンからは“永遠の名曲”との呼び声も高い「THIS NIGHT WON’T LAST FOREVER(涙は今夜だけ)」を収録した本作。同曲は翌年マイケル・ジョンソンにカバーされ全米19位(アダルト・コンテンポラリー・チャート5位)のヒットを記録。日本では1990年にTVドラマ「すてきな片思い」で挿入歌として使用され幅広く知られるようになった。アルバムはLAとナッシュヴィルで録音され、リー・リトナー(G)、レイ・パーカーJR.(G)、ディーン・パークス(G)、リー・スクラー(B)、ジェフ・ポーカロ(DS)など有名ミュージシャンが参加している。(1978年作品)


●BILL LABOUNTY / ビル・ラバウンティ 国内BLU-SPEC CD2 1,944円(税込) (ソニー / SICP30655)
日本でのデビュー作(当時の邦題は『サンシャイン・メモリー』)になった4THアルバム(カーブ・レコードでの3作目)。ラス・タイトルマン(ランディ・ニューマン、リッキー・リー・ジョーンズ、スティーヴ・ウィンウッド他)がプロデュースし、スティーヴ・ルカサー(G)、ディーン・パークス(G)、ジェフ・ポーカロ(DS)、スティーヴ・ガッド(DS)、チャック・レイニー(B)、ウィリー・ウィークス(B)、グレッグ・フィリンゲインズ(KEY)、デヴィッド・サンボーン(SAX)など多くの凄腕ミュージシャンが参加。エレピの印象的なイントロだけでその場のムードが変わる名曲「LIVIN’ IT UP」は、バリー・マン/シンシア・ワイルとの共作。後に多くのカバー・ソングも生まれた。(1982年作品)

■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 6/24(火) ★5タイトルでBOX特典!『レガシー・レコーディング~AORセレクション(金澤寿和氏監修)キャンペーン』

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top