Home > J-POP・日本のROCK・INDIES情報 > ★★11/21 J-POP&インディーズ新譜情報★★ 注目のアイテム多数タイトル入荷しております!!!

★★11/21 J-POP&インディーズ新譜情報★★ 注目のアイテム多数タイトル入荷しております!!!

★★J-POP&インディーズ新譜情報★★
注目のアイテム多数タイトル入荷しております!!!


◆南壽あさ子 / Landscape / CD / 2,000円(税込) 
 
大絶賛のデビューシングル「フランネル」から5ヶ月、南壽あさ子の描くLandscape(風景)の誕生!
 
Landscape(風景)と名付けたアルバムに納められた、真水の流るるような、優しく寄り添うような楽曲。デモ音源にて、完売し入手困難となった、南壽あさ子の代表曲の一つ「回遊魚の原風景」を新しく録音、6月にシングルでリリースし、瞬く間に全国に名前を轟かせる要因となった『フランネル』。そして今回は、個性溢れるサポートミュージシャンが参加。「あの人を待つ」では椎名林檎のヴァイオリニストとして参加の斉藤ネコ氏、「メープルシロップ」ではパーカッショニストとして中山美穂・今井美樹・平井賢・石井竜也などのアーティストのツアーやレコーディングに参加の山口とも氏、前作に続きサウンドプロデューサーには湯浅篤氏、Photographerにはかくたみほ氏を起用。透き通る様な歌声と存在感、そして溢れんばかりの才能が詰め込まれている作品。
 
★先着特典付き★
先着にてポストカードセットを差し上げます!!
※特典が無くなり次第終了となります。
 
TAKE FREE!!!TAKE FREE!!!TAKE FREE!!!
只今、店頭にてフリーサンプラーCDを配布中です。
南壽あさ子さんご本人がニューアルバム「Landscape」の曲達を1曲1曲にまつわるエピソード
を紹介・解説しているサンプラーCDです。アルバムとあわせて是非お聴き下さい!!
※数に限りがございます。無くなり次第終了となります。
TAKE FREE!!!TAKE FREE!!!TAKE FREE!!! 


◆LOVE ME TENDER / SWEET / CD / 2,100円(税込) 
 
奥渋谷にちょっぴりフキンシンな涼すすかぜ風が吹き抜ける……。きらびやかな鍵盤とギター、エロティックなサックスに彩られた、ロリ声がささやくサイケデリック風味のアーバン・ポップス。心優しき不眠症のアウトサイダーたちに捧げるLOVE ME TENDER 待望の1st フル・アルバム『SWEET』!
 
昨年4 月に自主制作でリリースしたミニ・アルバム『FRESH!』(CDR)が各店で品切れ続出となり、奥渋谷界隈のバー・シーンから飛び出し、ライヴ・ハウスや各種イベント出演も急増、同年9 月にミニ・アルバム『TWILIGHT』で正式デビューを果たし、さらに大きな注目を集めるようになった話題のバンド、LOVE ME TENDER。先述の二作が一部で熱狂的な支持を受けた(ともに昨年のベストに挙げる向きも)彼らが満を持して放つ初のフル・アルバム!
 
奥渋谷の住民たちのアンセムとなるであろう、エレピの音色と跳ねるベースが心地好い軽快な「メスカリーター」で幕を開け、“あまく危険な香り”漂う、LUVRAW のトークボックスをフィーチャーしたM2「Unlimited」(オトナ泣かせな歌詞も◎)と、アルバムは快調に滑りだす。そして、根は純な(笑)遊び人たちの恋の物語M5 や、LMT ならではのちょっと不謹慎なM7 を経て、素直に泣ける美しいバラードM8、すばらしく爽快なファンキー・フュージョンM10 と続く。どの曲も少々毒のある、しかし高度に洗練された、清々しく、切なく、どこかノスタルジックなシティ・ポップスであり、都会の夜をクルーズする者にしか生みだし得ない音楽である。そこには、80 年代のシティ・ポップスともひと味違うヤバさがある。享楽的でありながらも、都市生活者の孤独がにじむ傑作が誕生した! さあ、DOWN TOWN へくりだそう!
 
LMT のライヴの定番曲でもあり、ライヴ会場限定販売のCDR でも好評を博していたテレビアニメ『ドラゴンボール』のエンディング・テーマ「ロマンティックあげるよ」のカヴァーも再録でボーナス収録!録音&ミックスは、蓮沼執太やオオルタイチ等を手がける、今もっとも多忙な若手エンジニアの一人、葛西敏彦。仕上げ(マスタリング)は、クラムボンや七尾旅人等を手がける木村健太郎(KimkenStudio)。 
 
★diskunionオリジナル特典DVDR付き★
【Love Me Tender】シャーマン青春サイケ at SWEET / 大渡キャンプ場
※特典が無くなり次第終了となります。


◆Peacock Babies / ピーコック・ベイビーズの世界 / CD / 2,500円(税込) 
 
昭和歌謡とGSをNYパンクとガレージ魂でロックン・ロール!
ロング・ヒットの前作より3年半ぶりのニューリリース!
ロケンロー評論家”鳥井賀句”率いる、ピーコック・ベイビーズの2ndアルバム完成!!
 
人気オリジナルナンバー「お母さん」「許したまえマリア様」、ゴールデン・カップスや中村晃子などの秀逸なカバーを収録した話題作!
 
「荒削りな一発録りの歌とサウンドはリチャード・ヘルやテレビジョンに通じるものがあり嬉しくなるが、何より興味深いのは60年代GSと昭和歌謡からのこだわりの選曲だ。その情熱に圧倒された」
---鮎川誠(SHEENA&THE ROKKETS)前作コメントより


◆倉内太と彼のクラスメイト / くりかえして そうなる / CD / 2,310円(税込) 
 
泣き声パンクロッカーにして、スウィート・リトル・ブルースマン!下北沢のジョナサン・リッチマンこと、シンガーソングライター倉内太が、半径3メートルの小さな世界から全宇宙に向けて、歌い、つぶやき、叫んだ、青春の記録。誰もいない放課後の教室で、ホコリだらけの狭い倉庫内で、君の部屋のステレオで、吐き出すように歌い叫び、心細くつぶやき、センチメンタルに語りかけるMINIMUM 
ROCK’N’ROLL!恐い奴にもカッコいい奴にもなれないから、変な奴になるしかなかった。きっと、ロックが好きな子供たちには、すべてのポエムが同じ意味なのさ。二度とバカにされてたまるか。
 
【参加クラスメイト】 
ユリナ(住所不定無職) 
ザ・ゾンビーズ子(住所不定無職) 
本間ドミノ先生(THE BOHEMIANS) 
佐古勇気(snap) 
宗村北斗(snap) 
三輪二郎 
田代タツヤ(撃鉄) 
鮎子(THE DROPS) 


◆あすなろう / Take it easy / CD / 1,200円(税込) 
 
新宿~金沢を中心に、モルグモルマルモ、ヤーチャイカ、ひらくドア等、新進気鋭のバンドと対バン&精力的に活動中、10月には「TOKYO BOOT UP!2012」の出演も決定!と注目度急上昇中の4ピース・バンド、あすなろうの最新作!!エンジニアは、THE BAWDIES、毛皮のマリーズ、デキシード・ザ・エモンズ等を手掛けたDEWマキノ氏!!
 
今では珍しくなったメロトロンを使用する等、後期ビートルズ・サウンドをテーマに作られた”うわさを信じるかい”、コードチェンジ無しのピアノ連打&歪んだベースが強烈な”こわいことばかり”、スカスカでスウィートなソウル・ナンバーに、敢えてファズ・ギターを乗せた”手紙を書くわ”、ドラムにディープなリバーブ、ぶりぶりに歪んだベース等、ピンクフロイドのサウンドを思わせる”からっぽのままで”、ショート・ディレイのかかっヴォーカルが特徴的な”おばけになっても”、ピアノ2本とアコースティック・ギター2本を重ねることでジョン・レノンを意識した”夜明け前”の全6曲収録!!


◆Oii / sukima sunlight / CD / 1,800円(税込) 
 
横浜在住のサウンドクリエイター「Cota Nacao」によるOii(Original Image Innovatio)の1stアルバム!
 
Melanche[n]tryニコニコインディーズ「普遍の窓」コンピレーション参加などその活動の幅を広げるサウンドクリエイター「Cota Nacao」のアンビエント、エレクトロを基調としながらもポップでキャッチーな歌モノとしてもクオリティの高いサウンドを聴かせる気鋭の1stアルバム!
 
Oii
-Original image innovation-
中生航太(Cota Nacao)standard gossip所属
横浜在住のCota Nacaoによる一人シンセポップユニット。映画音楽提供や楽曲アレンジメントなどのサウンドクリエイティングを経て2011年よりOii名義でアーティスト活動を開始。
エレクトロでオーガニックな音とコトバで「生活」を映し出し、五臓六腑に染み入る音とコトバがあなたをあなたと出会わせる。
 

◆NINGEN OK / 体温の行方 / CD / 2,300円(税込) 
 
無機質でハードなサウンドから迸る、人間愛と生への肯定!
金沢在住の轟音ロック・デュオ「NINGEN OK」、デビューアルバムをリリース!
 
ライブDVD一枚をリリースしたのみでFUJI ROCK FESTIVAL’12のルーキーステージに出演するなど、その圧倒的なステージングが話題の轟音ロック・デュオ、NINGEN OK(ニンゲンオーケー)。金沢を拠点に、web展開も含めてD.I.Yなスタンスで活動を続けてきた彼らは、「すべてをライブに集中させたかった」として、これまで一度も音源を制作してこなかった。だが、”KAIKOO POPWAVE FESTIVAL”に二年連続で彼らを招聘したインディペンデント・レーベルPOPGROUPの熱烈なラブコールを受け、初となるレコーディングを開始。デビューアルバム『体温の行方』を完成させた。
 
90'sオルタナティブ~インディー・ロックやUSハードコアに影響を受けてきたと公言する彼らの音楽は、ソリッドに刻まれるギターとタイトかつ変幻自在のドラミングが絡み合い、競い合い、ときには激しく衝突し合いながら生み出される、ノイジーなインダストリアル・サウンドである。表面上は無機質にも聴こえるが、ダンスミュージックとしての高揚感を持つだけでなく、シンセサイザー(ピアノ)による叙情的なフレーズやデジタルエフェクトを全面的に採り入れたことで、非常にエモーショナルな響きを獲得。「僕らにとってロック=怒りの爆発ではなくて。ハードなサウンドだけれども、愛情表現であるっていうのは揺るぎない」とメンバーが語るように、生命力や人間愛が滲み出た、ポジティブなオーラを纏っているのが大きな魅力と言えよう。


◆ KATE SIKORA / JUST ENOUGH SPACE / CD / 2,000円(税込) 
 
ファイスト meets ベル&セバスチャンとも称される日本在住アメリカ人女性SSW。 グラスゴーの奇才デイヴィッド・ノートンprod.による2ndアルバム。
 
ニュージャージー出身の女性SSW。09年、中尾憲太郎(ex-NUMBER GIRL、CRYPT CITY)監修のコンピ『kill your T.V.09』に参加、FUJI ROCK FESTIVALにも出演。7年ぶりとなる本作は、これまでにティーンエイジ・ファンクラブ、ベル&セバスチャンなどを手がけてきたデイヴィッド・ノートンによるプロデュース。バンド・メンバーである岸田佳也(トクマルシューゴ他)、堀越武志(ex-OCEANLANE)、Minminはもちろん、世界中からゲストが参加し、ケイトの世界を彩る。その中心にあるのはケイトの甘くて優しい、そして芯のある唄声。共演したリズ・フェアをはじめとするUSインディー歌姫の系譜、カメラ・オブスキュラなどタイムレスなグラスゴーの香りを、東京から世界に向けて発信する稀有な存在である。
 
●Nick Duffy (The Lilac Time)、Satoru Ono、浜田夕起子(4 bonjour’s parties)、Dom Cooley、Hee Young Rhee参加 


◆ マルマリ / となりの青色 / CD / 1,470円(税込) 
 
京都から届いた”宅録世代の風街ろまん”。
 
これまではほとんどライヴは行わず、WEBのみで粛々と音源を発表し続けたマルマリが秘密のベールを脱ぐ!朴訥とした歌声と淡々とした演奏、ほどほどのロマンチシズムは、はっぴいえんどのある側面を匂わせる。まったく世間に媚びることなく、ひと癖もふた癖もある独自の世界観を描き出しているが、なぜか吸い寄せられる魅力にあふれた奇跡のような一枚。


◆三上寛 / 馬銜っ主(ハミッシュ) / CD+DVD / 3,150円(税込) 
 
※11/11発売 ⇒ 11/18発売へ発売延期となりました。
 
実にデビュー作以来、40年振りと成るアコースティックギターと声のみでの録音により新たな"三上寛"の世界が開く!!
 
前作「門」より一年。「門」の隠しテーマであった"震災"より丁度一年経った2012年03月、前作同様高知にてレコーディングに入った"三上寛"が放つ意欲作にして問題作!!実にデビュー作以来、40年振りと成るアコースティックギターと声のみでの録音により新たな"三上寛"の世界が開く!!40年を超えるキャリアを経過し、益々削ぎ落とされていく言葉と音色!!「腰を据えてジックリ聴かなくても、BGMとしても楽しんでもらいたい!!」"三上寛"は言った!!紡がれる言葉、そしてアコースティックな響き!!その全てが現在の"三上寛"と言う音楽魔人を曝け出す!!"三上寛"、更なる深みへと………
 
レコーディング前後10日間に渡り密着した(?)感動のロードムービー「涙の夜の、俺とハナオと三上寛!!」(DVD)同時封入!!


◆HIROYUKI NAGAKUBO / ROCK "EXOTICA" STEADY / CD / 1,500円(税込) 
 
lake、曽我部恵一ランデヴーバンド、光風&GREEN MASSIVEでも活動するギタリスト、長久保寛之。本作『ROCK "EXOTICA" STEADY』は彼がこっそり録り溜めていたプライヴェート作品。盟友・小池龍平とのギター・インスト作品『GUITAR EXOTICA』(2012年)のレイドバックしたムードを踏襲しながらも、60年代のストレンジでエキゾチックなギター・インスト作品のような、同時代 のジャマイカで吹き込まれたジャジーなロックステディのようなヴィンテージなムードをさらに強めた内容となっている。そして、そこに は手作りならではの温もりも込められていて、長久保と小さなバーで酒を酌み交わしているような気分にさせられるのである。
 
収録曲中9曲がカヴァー。[1]は“いつか王子様が”の邦題でも知られるディズニー映画『白雪姫』劇中曲。[2]はセロニア ス・モンクの名曲。[3]はハーパーズ・ビザールらがカヴァーした楽曲で、作曲はバート・バカラック。[4]はガーシュウィン作曲の スタンダード、[5]はミュージカル 『ローズ・マリー』主題歌。[7]はブライアン・ウィルソンが70年代後期に書いたもの、[9]はベニー・グッドマンもカヴァーしたスタンダード、 [10]は“A列車で行こう”という邦題でも有名なジャズ・スタンダード、[11]はチャールズ・チャップリンの映画『モダン・タイ ムス』劇中曲で、ナット・キング・コールらの名唱でも知られている。
 


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00

友だち追加数

Home > J-POP・日本のROCK・INDIES情報 > ★★11/21 J-POP&インディーズ新譜情報★★ 注目のアイテム多数タイトル入荷しております!!!

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top