Home > ROCK/PROGRE > 3/18(水) ロック・プログレ新品新入荷情報!

3/18(水) ロック・プログレ新品新入荷情報!

  • 2020-03-18
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★黄金期/転換期のMAGMAの活動を常に支え続け、傑作『HHAI!/LIVE』をはじめとする数々の名作でもその優れたプレイを残した名key奏者、'77年ソロ・デビュー作がFinland:Svartより'20年再発CD化!

●BENOIT WIDEMANN ブノワ・ヴィデマン / STRESS!
輸入CD 2,365円(税込) (SVART RECORDS / SRE391CD / 6430065589259)



盟友Patrick Gauthier(moog)をはじめ、Jean-Jacques GoldmanやJean-Michel Jarre作品にも参加し'70年代後期はMAGMAのメンバーでもあったGuy Delacroix(b)、Patrick Gauthierの作品にも参加しているClément Bailly(dr)、現在はMovie/TVサントラのComposerとして活躍するJean-Pierre Fouquey(synth)等のMAGMA人脈、さらには意外にもEmmanuelle Parrenin(vo)等豪華ゲストを招いて制作。MAGMAや当時のCross Over志向も反映させつつ、全編で繰り広げられるメカニカルかつテクニカルなアンサンブルの応酬が素晴らしい作品。同時期に発表されたPatrick Gauthier/Jean Philippe Goudeソロ作との近似も伺わせつつ、かつ独特のCross Over感覚を交えたロマンティシズムを湛える逸品です!!





★KEPLER TENのJames Durand(vo/g/key/b)、GALAHADのLee Abraham(g/key/b/vo)、COSMOGRAFのKyle Fenton(dr/key/vo)の英国Melodic Rock系人脈の面々により結成された英国産新鋭Melodic Rockトリオ・ユニット、'20年デビュー作が登場!

●ARRIVAL (PROG: UK) ARRIVAL / LIGHT FROM A DYING STAR
輸入CD 2,090円(税込) (LANDING GEAR / LGR001 / 5029385997045)



顔触れやジャケットから受ける印象とはやや異なり、参加メンツの背景を十二分に反映した10分を超えるProgre Hardスタイルのタイトル曲以外はJames Durandのvoを核とする3者のchorusワークを前面に押し出した、キャッチーなソング/ヴォーカル・オリエンテッドなMelodic Rockを全編で展開。1曲目'Here And Now'から味わえる、今となっては懐かしい80年代Melodic Rock/Metal的な魅力を全編で放ちつつ、Ballrdの'Can't Let You Go'にとくに顕著な、煮え切らないvo/メロディー・センス等々随所で英国産らしい魅力も発揮した快作に仕上がっています!







★再入荷!Patrick Torrès(vo/acoustic-g)、Jean Paul Migliara(key)、Jean-Yves Dauphin(b)等により結成、本作を残し消えた幻の仏産Progressive Rockバンド、超マイナー・レーベルSDCから発表された'78年唯一作がデジタル・リマスターで'19年初CD化!

●TREFLE / REFLET - DIGITAL REMASTER
輸入CD 2,420円(税込) (PAISLEY PRESS / PP141 / 4048876661419)



独特のメランコリーを称えたPatrick Torrèsの歌唱と繊細なメロディー/細やかなで端正なアンサンブルが織り上げるリリシズムに富むProgressive/Symphonic Rockを披露する1枚。派手なドラマティックさはないものの確かな演奏力と歌心溢れるメロディー/要所に仏産らしいシアトリカルな展開を織り込みつつ、“静”の前半から次第にダイナミズムを増していき”動”の後半を経て大団円を迎えるアイディア/構成力の妙が秀逸。自主制作に近い作品ながらも、同時期のメジャー系同系バンド作品に劣らぬ完成度が光る隠れた逸品です!!
【Digital Remaster】





★サザン・ロック・バンド、ウェブ・ワイルダー・アンド・ザ・ビートネックスの18年作!

●WEBB WILDER / POWERFUL STUFF:PREVIOUSLY UNRELEASED RECORDINGS 1985-1993
輸入CD 2,200円(税込) (LANDSLIDE / LDCD1044 / 0012886104420)



1985年から活動している米国ミシシッピ州出身のウェブ・ワイルダー(ボーカル、ギター)率いるサザン・ロック、ブルース・ロック、ルーツ・ロック系バンド、ウェブ・ワイルダー・アンド・ザ・ビートネックス。彼らの1985~1993年にレコーディングされていた未発表音源を集めた2018年新作アルバムです。

NRBQ、ジョナサン・リッチマン、エッグズ・オーバー・イージー等が好きな方はたまらない、ご機嫌なルーツ・ロック、ロックン・ロールが堪能できます。





★ベン・フォールズ、アノーニ(アントニー&ザ・ジョンソンズ)、スフィアン・スティーブンス、ダーティー・プロジェクターズ、ホセ・ゴンザレス、マイ・ブライテスト・ダイアモンド…ジャンルを越えたアーティストたちとのコラボレーションを展開してきたブルックリンの新世代チェンバー・アンサンブル< yMusic>による、最新4thアルバムが完成!

●yMUSIC / ECSTATIC SCIENCE
輸入CD 2,365円(税込) (NEW AMSTERDAM / NWAM135 / 0798304461091)



いま熱い注目を浴びるインディー・クラシック・シーン、その象徴的コレクティヴの最新到達点。新しい音楽、新しいサウンドはいくらでも作り出すことができる――それも管弦6人によるチェンバー・アンサンブルと、作曲家とのコラボレーションという伝統的な手法によって。ボン・イヴェールのメンバー兼アレンジャーでもあるロブ・ムース( アントニー&ザ・ジョンソンズやスフィアン・スティーヴンスのアレンジャーでもある)、CJの二人を中心に、コンテンポラリー・クラシックの作編曲家としての活動からインディー・ロック~ジャズに渡る多彩な演奏経験を持つメンバー揃いのコレクティブ< yMusic>は、本作によって再度そのことを証明してみせた。

ピューリッツアー受賞コンポーザーで、カニエ・ウェストとも度々コラボレーションし(「Say You Will (remix) 」「Wolves」等)、カニエ楽曲にクラシック・コンポジションのテクスチュアを与えていることでも知られるキャロライン・ショウ。メトロポリタン・オペラ(北米最大のクラシック・カンパニー)の歴史において、最初に嘱託された女性作曲家の一人であるミッシー・マゾーリ。1980年代のアメリカ人女性作曲家を中心に取り上げた本作は、野心的な作風と柔らかなトーンが絶妙な一致をみせる。サンフランシスコ出身の作曲家ガブリエラ・スミスによるエンディング曲はその象徴で、トレモロアームのフィードバックノイズを思わせる甘美でデリケートなイントロから、ミニマル・ミュージックのスリルを現代のバンドサウンド的なドライブ感で展開した至高のトラックだ。

2011年のデビュー作『Beautiful Mechanical 』、2014年の2nd『Balance Problems 』はともに、タイム・アウト・ニューヨークが選ぶ<クラシック・レコード・オブ・ザ・イヤー>の第一位に選出。また前述の人気アーティストたちとの録音、ツアーでの共演を経て、カーネギーホールでの単独公演もソールドアウトするなど、シーンを象徴するグループとなったyMusic。ポール・サイモン2018年の傑作『イン・ザ・ブルー・ライト』にフィーチャー、現役最後のワールドツアーにも参加するなど、今やその活動はメジャー・シーンにも及んでいる。ここ日本でも、ラティーナ誌2017年3月号の表紙(インディー・クラシック特集号)を飾り、Jazz The New Chapter 3 でも大きく取り上げられるなど、シーン全体としても俄に注目を集めている。







★祝・リリース40周年! 

●DAVID BOWIE デヴィッド・ボウイ / ALABAMA SONG (40TH ANNIVERSARY PICTURE DISC 7")
輸入7" 2,420円(税込) (PARLOPHONE / 190295356286 / 0190295356286)



いつの時代もスタイリッシュでアーティスティックなデヴィッド・ボウイの姿がピクチャー・ディスクに!! 今回登場するのは、78年のワールド・ツアーで披露され、その後1980年にシングルのみで発表された「ALABAMA SONG」! カップリングには「Joe The Lion」の78年のツアー・ファイナル会場となったアールズ・コートでのサウンドチェック音源と、「Alabama Song」の78年ライヴという、ともに未発表音源を収録!

◆今も尚、音楽のみならず、カルチャーやアート、ファッション・シーンに大きな影響を与え続けているデヴィッド・ボウイ。彼の全キャリアを総括する驚異のボックス・セット・シリーズや、1969年というキャリア初期のボウイの姿を細かく捉えた『CONVERSATION PIECE』など、様々なアーカイヴが紐解かれている中、シリーズとしてリリースされている40周年記念7インチ・ピクチャー・ディスクの最新作がここに登場する!

◆今回リリースとなるのは、1980年2月15日にUKでシングルとしてリリースされていた「Alabama Song」。この楽曲は、ボウイが敬愛するベルトルト・ブレヒトが1925年に執筆したポエムに、クルト・ヴァイルが戯曲「小マハゴニー」用にメロディを付けたもの。以前からブレヒトに魅了されていたボウイは、この曲を1978年のIsolar IIツアーのセットリストに組み込み、披露していたのだ。Isolar IIツアー終了後となる1978年7月にロンドンのソーホーにあるトニー・ヴィスコンティのスタジオ、Good Earth Studiosにて改めてスタジオにてレコーディングし、その後1980年にシングルとしてリリースされた。

◆AA面には、未発表音源2曲が収録されている。まず一曲目は、アルバム『”HEROES"』に収録されている「Joe The Lion」の、78年のIsolar IIツアーの最終日となる7月1日のアールズ・コート公演のサウンドチェック時にレコーディングされていた、ライヴ・サウンドチェック音源。Isolar IIツアー中、リハーサルではこの楽曲をプレイしていたのだが、実際のライヴで披露されたのは、1983年のSerious Moonlightツアーだった。そして二曲目には、「Joe The Lion」のサウンドチェック音源と同日となる7月1日に収録されている、「Alabama Song」のライヴ・ヴァージョンが収録されている。ここに収録されているライヴ音源は、ライヴ・アルバム『WELCOME TO THE BLACKOUT』に収録されている音源とは別のパフォーマンスだ。

◆A面には、Dean Chamberlain撮影による写真が、そしてAA面には、Chris Walter撮影による写真が使用されている。今作もこれまで同様完全生産限定盤!! ! ボウイ・ファンなら必携のコレクターズ・アイテムであること間違いなし!!

【収録楽曲クレジット】
A. ALABAMA SONG
(Kurt Weill / Bertolt Brecht)
Produced by DAVID BOWIE and TONY VISCONTI
Recorded at GOOD EARTH STUDIOS, LONDON on 2nd July, 1978
AA-1. JOE THE LION (LIVE EARLS COURT '78 SOUNDCHECK)
(David Bowie)
Recorded live by TONY VISCONTI with the MANOR MOBILE at EARLS COURT, LONDON, 1st July, 1978
Recording engineered by JEREMY ALLOM and KEN CAPPER
Mixed by JOHN PRESTAGE at AIR Studios, London, July 2019
AA-2. ALABAMA SONG (LIVE EARLS COURT '78)
(Kurt Weill / Bertolt Brecht)
Produced by DAVID BOWIE
Recorded live by TONY VISCONTI with the MANOR MOBILE at EARLS COUR, LONDON, 1st July, 1978
Recording Engineered by JEREMY ALLOM and KEN CAPPER
Mixed by DAVID BOWIE and DAVID RICHARDS at MOUNTAIN STUDIOS, MONTREUX, 17th-22nd January, 1979



※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008084142B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008080537B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008017021B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RS200309WW1B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008089229B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/DY200120DBB29




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:12:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 3/18(水) ロック・プログレ新品新入荷情報!

Page Top