Home > ROCK/PROGRE > 12/14(土)ロック・プログレ新品新入荷情報!ワム!とジョージ・マイケルの名曲で彩る映画『ラスト・クリスマス』のオリジナル・サウンドトラックなど

12/14(土)ロック・プログレ新品新入荷情報!ワム!とジョージ・マイケルの名曲で彩る映画『ラスト・クリスマス』のオリジナル・サウンドトラックなど

  • 2019-12-14
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★ワム!とジョージ・マイケルの名曲で彩る映画『ラスト・クリスマス』のオリジナル・サウンドトラック。ジョージ・マイケルの未発表新曲も収録!

●GEORGE MICHAEL ジョージ・マイケル / GEORGE MICHAEL & WHAM! - LAST CHRISTMAS THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK
輸入CD 1,815円(税込) (SONY MUSIC CG / 19075978832 / 0190759788325)


ワム!とジョージ・マイケルの名曲で彩る映画『ラスト・クリスマス』のオリジナル・サウンドトラック。ジョージ・マイケルの未発表新曲も収録!

ジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリーの2人からなる英国の人気ポップ・デュオ、ワム!の人気曲にインスパイアされた映画『ラスト・クリスマス』が、12月6日から日本公開される。

同作はワム!の楽曲を含むジョージ・マイケルの音楽にインスピレーションを受けたラブ・ストーリー/ロマンティック・コメディで、女性キャスト版『ゴーストバスターズ』(2016)や『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011)のポール・フェイグが監督を務め、アカデミー賞受賞歴のあるエマ・トンプソンが脚本に参加。エミリア・クラーク(HBO『ゲーム・オブ・スローンズ』)、ヘンリー・ゴールディング(『クレイジー・リッチ!』)が主演、ミシェル・ヨー、エマ・トンプソンらが出演している。『ラスト・クリスマス』のオリジナル・サウンドトラックには、永遠のクリスマス定番曲となった「ラスト・クリスマス」、「恋のかけひき」、「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」といったワム!のヒット曲をはじめ、「フェイス」や「フリーダム 90」など、ジョージ・マイケルのソロ時代の作品からも数多くのヒット曲が収録される。更には、ジョージの未発表新曲「ディス・イズ・ハウ(ウィ・ウォント・ユー・トゥ・ゲット・ハイ)」が収録されることも大きな話題となりそうだ。

サウンドトラックに収録されている曲は全てジョージ・マイケルが作詞・作曲・アレンジ・プロデュースしたものだが、唯一「ディス・イズ・ハウ(ウィ・ウォント・ユー・トゥ・ゲット・ハイ)」はジョージ・マイケルとジェームズ・ジャックマンが作曲とプロデュースを共同で手がけたものだ。これらの曲は、ジョージ・マイケルの曲とともに育った年齢層のファンにアピールするとともに、彼のたぐいまれな音楽の妙技や幅の広さを新世代に知らしめることになるだろう。
映画『ラスト・クリスマス』は、英国の高名な映画プロデューサー、デヴィッド・リヴィングストーン (BAFTA:英国アカデミー賞を受賞した 『パレードへようこそ(原題:PRIDE)』やレネー・ゼルウィガー主演の『ジュディ』ほかで知られる)がワム!の代表的ヒット曲「ラスト・クリスマス」への愛情を、オスカー受賞歴のある女優/プロデューサー/脚本家のエマ・トンプソンに語ったことから始まった。その会話が、『ラスト・クリスマス』にインスパイアされた映画を作るという魅力的なアイデアが芽生えるきっかけとなり、2013年春にエマ・トンプソンがジョージ・マイケルをロンドンの自宅に訪ねたところ、彼も賛同してくれたということだ。

作品のハイライトとなるのは、ジョージの数々の大ヒット曲「フェイス」、「ファストラヴ」、「フリーダム90」、「トゥー・ファンキー」や、「ヒール・ザ・ペイン」、「ウェイティング・フォー・ザット・デイ」、更にはジョージ自身が気に入っていた「プレイング・フォー・タイム」のMTVアンプラグド・ヴァージョンといったサプライズ、そして『オールダー』からの名曲「ムーヴ・オン」など。新曲「ディス・イズ・ハウ(ウィ・ウォント・ユー・トゥ・ゲット・ハイ)」を聞いたエマ・トンプソンは、この曲をどうしても『ラスト・クリスマス』に使用するべきだとすぐに悟ったという。
映画の制作に繋がったジョージ・マイケルとの出会いについて、エマ・トンプソンはこう語っている。
「ジョージの歌詞の聡明さや感情の豊かさには昔から感動を与えられてきたわ。まるで映画のために書かれたような気がする曲が本当に多いのよ。実際にジョージに会って、彼の思いやりや共感力に間近で接してみると、実はそれらの歌詞があるからこそ脚本ができたんだって気づいたの」







●GEORGE MICHAEL ジョージ・マイケル / GEORGE MICHAEL & WHAM! - LAST CHRISTMAS THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK (2LP/180G)
輸入LP 4,235円(税込) (SONY MUSIC CG / 19075978831 / 0190759788318)


ワム!とジョージ・マイケルの名曲で彩る映画『ラスト・クリスマス』のオリジナル・サウンドトラック。ジョージ・マイケルの未発表新曲も収録!

■180グラム重量盤、ダウンロードコード付き







★79年未発表セッションが2017年CDRリリース!

●ESSRA MOHAWK エスラ・モホーク / 1979 THE SUPERSOUND SESSIONS (CDR)
輸入CD-R 2,750円(税込) (MUMMYPUMP / MP1017 / 0804879285823)


CD-R商品は、一部の機器(パソコンなど)で再生・読み込みの際に不具合が生じる場合がありますので、予めご了承ください。
79年未発表セッションが2017年CDRリリース!

FRANK ZAPPAに見出されSANDY HURVITZ名義でデビューを試みるもその制作途中にZAPPAとは仲違い・・・MOTHERSのIAN UNDERWOODの協力でどうにかリリースに漕ぎ着けたものの、以降のアルバムではESSRA MOHAWK名義でリリースを続けた CAROLE KINGミーツLAURA NYROな女性シンガー・ソングライター、SANDRA ELAYNE HURVITZ MOHAWK。

79年4月の未発表セッションが近年見つかったというアーカイヴからの発掘音盤化。

ESSRAのピアノとヴォーカルを軸に、ギターにはのちTODD RUNDGRENのバンドに参加するJESSE GRESS、ベースにはのちDOOBIE BROTHERSの"TAKE ME TO THE HIGHWAY"の共作にも名を連ねるセッション・マンTOM FEDELE、ドラムスには70年2ND『PRIMORDIAL LOVERS 』や74年3RD『ESSRA MOHAWK』にも参加した旧友JAMES ZITROという布陣で残されたカリフォルニア州モントレーのSUPERSOUND STUDIOでのレコーディング(T.1-6)をはじめ、LA各所でのスタジオ・セッションやハリウッドの自宅リヴィングでの録音までを収録した全16トラック。

ソウルフルで力強い宣言となった"THIS IS MUSIC"、ダンサブルでキャッチーな"WISHIN' I WAS LOOKIN' AT YOU"に"C'MON LET'S BE IN LOVE"、必殺のドライヴィン・チューン"ONE SHOT IN THE DARK"といったマジカルな70年代の空気感を収めたバンド編成に、セクシーでスモーキーなピアノ・チューン"MY SHIP IS COMIN' IN"、JESSE GRESSも再び参加しカズーまで響くアコースティック・グルーヴ"WELCOME HOME"のようなシンプルな弾き語り、

さらにはSUPERSOUNDでキャリアを重ねていたことでセッション参加となった元盟友ドラマーJAMES ZITROとの再会を即興で歌った"YOU WERE ALWAYS IN MY BAND"、2000年に再録され06年新作『LOVE IS STILL THE ANSWER』にも収録された"IT'S A FOOL"などなど、ESSRA MOHAWKファンの期待を裏切らないどころか軽々と越えていく豊潤な音が詰まりに詰まった名演盤に仕上がっています。

本作はこのリリース・プロジェクトの直前の2016年に亡くなったという盟友リリシストJACK VEASEYに捧げられています。VEASEYとの共作による"SOME FOOLS"も収録。





★UKレーベルOPTIC NERVEがネオアコ/ギター・ポップの名曲を限定7インチで毎月復刻するシリーズ"OPTIC SEVEN"第2弾始動!

●HOUSE OF LOVE ハウス・オブ・ラヴ / SHINE ON /LOVE / FLOW (7"/COLORED VINYL)
輸入7" 1,650円(税込) (OPTIC NERVE / ON202 / 0604565365217)


■限定1000枚カラー・ヴァイナル仕様、ライナーノーツ:与田太郎(KiliKiliVilla/ex-wonder release records)

前回も即完売が相次いだ人気シリーズが再び!今回は半年で12作品をリリース予定!日本限定ライナーノーツ付きの仕様となります!
HOUSE OF LOVE, THE - SHINE ON 7"
初期クリエーション・レーベルを代表するバンドであるハウス・オブ・ラブの名曲デビューシングル!元々12インチでリリースされていたものの初7インチ化。シューゲイザーの名曲としても誉れ高い「Christine」のリリース前哨戦というべく薄暗い雰囲気を漂わせながらも繊細でいて緊張感のあるメロディと美しいギターの音が印象的な名曲にしてハウス・オブ・ラブの代表曲。







●BOB / CONVENIENCE/COQUETTE (7"/COLORED VINYL)
輸入7" 1,650円(税込) (OPTIC NERVE / ON201 / 0604565365200)


■限定カラー・ヴァイナル仕様(Red(200枚)、Green(300枚)、 Amber(300枚))、ライナーノーツ:油納 将志
※ランダムでの出荷になります。カラーを選ぶことはできません。ご了承ください。
※オフィシャルサイトでは全てのカラーが完売しております!!

前回も即完売が相次いだ人気シリーズが再び!今回は半年で12作品をリリース予定!日本限定ライナーノーツ付きの仕様となります!

BOB - CONVENIENCE 7"
1989年によりリリースされた5枚目のシングル。OPTIC NERVEの7”シリーズからカラー盤3種のリリースされる激推し盤。ジャパニーズ・ネオアコシーンのパイオニアであるデボネアが好きな人は絶対に聴いてもらいたいジャグリー・ギターポップ・クラシック!!







★以下再入荷品です!

●GRATEFUL DEAD グレイトフル・デッド / SAINT OF CIRCUMSTANCE: GIANTS STADIUM, EAST RUTHERFORD, NJ 6/17/91 (3CD)
輸入CD 3,520円(税込) (RHINO / 603497852376 / 0603497852376)


DEAD唯一の48トラック・マスター録音として知られる91年ライヴ音源が3CDリリース!

1991年6月17日、ニュー・ジャージー州イースト・ラザフォードはGIANTS STADIUM公演を収録。

キャリアを通じて数え切れないほどのショウを行いデッド・ヘッズを熱狂させ続けてきたGRATEFUL DEADの、ライヴ史最後の10年間で最も素晴らしいショウとして広く認識されている一夜が遂に初の公式音盤化。

79年からバンドのキーボード奏者を務めたBRENT MYDLANDが90年7月に急逝してから約1年後に行われたステージで、JERRY GARCIA、BOB WEIR、PHIL LESH、MICKEY HART、BILL KREUTZMANNという不動のラインナップに加え、新たなキーボーディストとして名を連ねるBRUCE HORNSBYとVINCE WELNICKがバンドのパフォーマンスに新鮮な息吹と新たな広がりをもたらしています。

ショッキングな"EYES OF THE WORLD"でスタートした一夜は、アルバム・タイトルにも冠された"SAINT OF CIRCUMSTANCE"をはじめ"MIGHT AS WELL"、"NEW SPEEDWAY BOOGIE"、"CHINA DOLL"といったレアな楽曲も披露。"TRUCKIN'"、"UNCLE JOHN'S BAND"といったクラシックはもちろんのこと、セットの要所要所にライヴ/デッドな"DARK STAR"が織り交ぜられるように演奏され、結果として計6回も顔を出すなど全編を総合的に構成、キャリアを通じても貴重なステージとなっています。アンコールにはTHE BANDの"THE WEIGHT"も披露するファン・サービスの徹底振り。

バンドのキャリアを通じても貴重な、48トラックのアナログ・オーディオ・テープに録音されたファン必聴の名演です。








●LYNYRD SKYNYRD レーナード・スキナード / TRANSMISSION IMPOSSIBLE (3CD)
輸入CD 2,200円(税込) (EAT TO THE BEAT / ETTB112 / 0823564031637)


75-79年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

DISC 1には 75年3月19日、テネシー州チャタヌーガのCHATTANOOGA ARENA公演と、75年のLA FORUM公演4曲をコンパイル。

同年3RD『NUTHIN' FANCY』ツアーよりの一夜。"FREE BIRD"や"SWEET HOME ALABAMA"といったクラシックはもちろん、『NUTHIN' FANCY』からのブルーズ色の濃いAL共作"CHEATIN' WOMAN"、重厚な"SATURDAY NIGHT SPECIAL"に軽快な"RAILROAD SONG"などなど、AL COOPERが持ち込んだ都会的センスと南部特有のドロ臭さが入り混じるアルバムどおりのLYNYRD独自のサザン・ロック・サウンドが迸る名演のステージです。

DISC 2には 75年11月6日、著名音楽番組「KING BISCUIT FLOWER HOUR」放送用のウェールズはカーディフ公演を収録。

同年3RDド『NUTHIN' FANCY』プロモートの為の英国ツアーよりの一夜。お客さんの興奮MAXの中"DOUBLE TROUBLE"でスタート、さらに"I AIN'T THE ONE"とブルージー・ロッキン・チューンでたたみかけ、"NEEDLE AND SPOON"、"SATURDAY NIGHT SPECIAL"と定番曲を披露する鉄壁のセット。なかでもJ.J. CALEのナンバーを"I GOT THE SAME OLD BLUES"、"CALL ME THE BREEZE"と2曲演奏しているところがこのライヴの珍しいところ。もちろん最後は"SWEET HOME ALABAMA"、"FREE BIRD"の2大名曲で決まり。AL KOOPERが持ち込んだ都会的センスと南部特有のドロ臭さが入り混じるアルバムどおりのLYNYRD独自のサザン・ロック・サウンドがまたも満載のファン必携のステージです。

DISC 3には 78年8月30日、ジョージア州アトランタはドーラビルのDIR-FMスタジオで行われた「THE SUPERSTAR JAM」スタジオ・セッション・ライヴ音源を収録。

ロックンロール史上もっとも有名な悲劇の一つ、1977年10月20日のツアー中の飛行機事故で、主要メンバーRONNIE VAN ZANTとSTEVE GAINESをはじめとしたバンド関係者を一気に失ったLYNYRD SKYNYRD。

ほとんど解散状態にあったバンドを記録した本録音は、DIR FMが78年後半に放送を開始し、CHARLIE DANIELSがアレンジを務めた「SUPER JAM」と銘打たれたチャリティ・ライヴ・ショウ・シリーズからの一夜です。事故を引きずっていたLEON WILKESON以外のメンバー、GARY ROSSINGTON、ALLEN COLLINS、BILLY POWELL、ARTIMUS PYLEに加え、ALLMAN BROTHERS BANDのDICKEY BETTS、CHARLIE DANIELS BANDからCHARLIE DANIELSにTAZ DIGREGORIO、WET WILLIEのMIKE DUKEとJIMMY HALL、さらにBONNIE BRAMLETTにLENNY LEBLANC、ATLANTA RHYTHM SECTIONのROBERT NIXにTHE OUTLAWSの面々と南部人脈そろい踏みのステージ。当然のVAN ZANT作曲楽曲、SKYNYRDSのオハコだったJJ CALEの"CALL ME THE BREEZE"などを披露と、欠けたものの大きさを感じるものの、それでも充実の名演となっています。

79年「THE VOLOUNTEER JAM」音源2曲と、76年のRONNIE VAN ZANTインタビューをボーナス収録。

6面デジパック装。






●TEAR UP THE HOUSE (2CD) / TEAR UP THE HOUSE (2CD)
輸入CD 3,630円(税込) (SUNSET BLVD / CDSBR7946 / 0708535794622)


1978-2015年未発表ライヴ音源がリマスター2CDリリース!

CBGB時代のTUFF DARTSでの活動やLINK WRAYとのタッグでも知られ、そのバリトン・ヴォイスで米国ロカビリー・リヴァイヴァル・シーンを牽引、STRAY CATSも賛辞を表明するネオ・ロカビリーの帝王ROBERT GORDONと、

NUCLEUSからANDY FRASER、ROXY MUSICにJOHN CALE、ELTON JOHNにBRIAN ENOにPAUL MCCARTNEY作品などなど多くの名作に名を残すイギリスで最も有能なセッション・ギター・ヒーローことCHRIS SPEDDING。

70年代から共闘を続ける両者の、40年以上にも及ぶステージからのベスト・テイクをコンパイルした未発表ライヴ・アルバムが登場。ROBERTの代名詞ともなった初期のELVISクラシックスにCONWAY TWITTYのドラマティックなバラッド"IT'S ONLY MAKE BELIEVE"、CHARLIE RICHの"LONELY WEEKENDS"、JOHNNY KIDD & THE PIRATESの"SHAKIN' ALL OVER"、JOE BENNETT & THE SPARKLETONESの"BLACK SLACKS"などなど、

08年のNYのブルース・ヴェニュー&グリルB.B.KINGSでのステージをDISC 1に、さらに78年、80年、85年、2015年のボストン、ニューヨーク、ロサンゼルスで行われた幾つものステージからのハイライト楽曲をDISC 2にコンパイル。ロックンロールそのものを体現する熱いパフォーマンスが詰まったファン必携盤です。







●NATIONAL HEALTH ナショナル・ヘルス / ライヴ・イン・UK1976
国内CD 3,045円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10252 / 4997184109086)


●ご予約/ご購入済みの方へは11月30日より順次商品発送いたします。恐れ入りますが、ご了承のほどお願いいたします。
カンタベリー・ミュージックの最後のスーパー・バンド、ナショナル・ヘルスの未発表ライヴ・アーカイヴがCD 化! ハットフィールド・アンド・ザ・ノースは解散後、次なるプロジェクトを模索する中、カンタベリー・ミュージックの様々なバンドとコンタクトをとり、セッションを重ねて新たなバンド結成へと向かう。ハットフィールド・アンド・ザ・ノースを母体に、エッグ、ギルガメッシュ、ヘンリー・カウ、ゴング、コロシアムII etc 様々なメンバーがセッションに参加し、バンドは1977 年後半にようやくデビュー・アルバムのレコーディングを行うメンバーが決まり、バンドに関するアナウンスがされる。今回リリースされるライヴ・アーカイヴは正式メンバーが決まる直前のバンドによるライヴ・パフォーマンスでキング・クリムゾンのビル・ブルーフォード、ゴングのスティーヴ・ヒレッジ、そしてエッグのモント・キャンベルが参加している。Disc1&DISC2 はBBC ラジオの番組用に収録されるが放送はDisc1 の67の2 曲のみで他の音源はお蔵入りとなる。今回それぞれの放送用サブマスターの発見により、現時点で最良のリマスタリングが施されてのリリースである。両ディスク共に当日のライヴ・パフォーマンスを完全収録しているのでこの時期のナショナル・ヘルスのライヴを体感できる貴重なアーカイヴである。この時点でデビュー・アルバムの楽曲は完成されており、二人のギタリストとキーボード・プレイヤーの異なる個性がインプロヴィゼーション・パートでは如実に表れている。40 年を経過して遂に陽の目をみるこのライヴ・アーカイヴはカンタベリー・ミュージックの貴重なミッシング・ピースとなるライヴ・アルバムだ!
【2枚組/輸入盤国内仕様/帯・ブックレット対訳付き】
※ジャケットのデザインは変更になる可能性がございます。ご了承下さい。
※音飛び、ノイズ、フェードアウト、ラジオMC等はオリジナル・マスターに起因するものなので不良ではありません。





●GONG ゴング / ライヴ・イン・ノルウェー1974
国内CD 2,547円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10250 / 4997184109062)


●ご予約/ご購入済みの方へは11月30日より順次商品発送いたします。恐れ入りますが、ご了承のほどお願いいたします。
異才デヴィッド・アレンとその細君ジリ・スマイス率いるゴング、プログレッシヴ・ロック・シーンは勿論、カンタベリー・ミュージックの中ではひときわ異彩を放ちながらもワールド・ワイドな支持を獲得してアクティヴな活動を展開する。1971 年にフランスの新興レーベル、 BYG と契約し、2nd アルバム『カマンベール・エレクトリック』をリリースするとバンドのサウンドは革新的に成長し、独特なスタイルを確立する。当時の新進プログレッシヴ・ロック専門レコード会社であったヴァージン・レコードと契約を交わし、“ラジオ・ノーム・インビジブル” 3 部作の成功によってバンドはよりメジャーなシーンへと飛躍する。そんなゴングが『ユー(原題:You)』をリリース後に行ったツアーの模様のライヴ・アルバムが遂に登場! バンドは上り調子ながらもドラマーのピエール・ムーランの脱退、そして加入したローリー・アランのドラッグ問題から助っ人として解散したばかりのキング・クリムゾンの名ドラマー、ビル・ブルーフォードをサポート・メンバーとして起用しツアーを行う。ビル・ブルーフォードが参加したツアーの中での最終公演の 1974 年12 月15 日ノルウェーの首都オスロでのコンサートは地元のFM ラジオ局のスペシャル番組として収録・放送される。当日のセット・リストは11 曲であることからこのライヴ・アルバムはそれを完全収録した貴重なアーカイヴである。『エンジェル・エッグ』と『ユー』の楽曲を中心に繰り広げられるライヴ・パフォーマンスはビル・ブルーフォードのサポートによりこれまでのゴングのライヴ・パフォーマンスを超越するものだ! 特にスティーヴ・ヒレッジのソロ・アルバムの楽曲「ソーラー・ミュージック・スイート」でのパフォーマンスは圧巻! ボーナス・トラックとしてローリー・アラン在籍時のドイツでのパフォーマンス2 曲を追加収録。
【輸入盤国内仕様/帯・ブックレット対訳付き】
※ジャケットのデザインは変更になる可能性がございます。ご了承下さい。
※音飛び、ノイズ、フェードアウト、ラジオMC等はオリジナル・マスターに起因するものなので不良ではありません。 




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 12/14(土)ロック・プログレ新品新入荷情報!ワム!とジョージ・マイケルの名曲で彩る映画『ラスト・クリスマス』のオリジナル・サウンドトラックなど

Page Top