Home > ROCK/PROGRE > 11/20(水)ロック・プログレ新品新入荷情報! 本日も大量入荷です!!

11/20(水)ロック・プログレ新品新入荷情報! 本日も大量入荷です!!

  • 2019-11-20
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★ライト・メロウ好き注目の2019年新作がCDリリース!

●MIKE DELLA BELLA PROJECT / ONE
輸入CD 2,420円(税込) (MIKE DELLA BELLA / MDBP/1-19 / 2299990223788)



ギタリスト、キーボーディスト、ソングライター、アレンジャーとして80年代からローマで活動を続けるMICHELE DELLA BELLAによるニュー・プロジェクト、MIKE DELLA BELLA PROJECT。長年自身のスタジオで曲を書き溜めながらも、満足のいくバンドを得られずに多くの楽曲を未発表のままにしてきたという彼がついに挑んだ意欲作。女性シンガーNANA PETROSSIを中心に、シンガーCHIARA STROIA、ドラマーFRANCESCO ISOLA、ベーシストMARCO PISTONE、ギタリストDANIELE TRISSATI、キーボーディストMAURO SCARDINIという布陣で、バッキング・ヴォーカルにはVALENTINA TRAMACERE、FEDERICA ZAVALETA、FRANK POLUCCI、VERONICA MONACO、RAFFAELLA MONZA、FRANCESCA PARIBONIが参加。70Sウエストコースト・サウンドをハードに展開する全11曲を展開しています。





★『OUT OF THE BLUE』の再来か!? 2019年新作がエンボス加工カヴァーCDリリース!

●JEFF LYNNE'S ELO / FROM OUT OF NOWHERE (DELUXE CD)
輸入CD 1,980円(税込) (COLUMBIA / 19075987112 / 0190759871126)




敬愛するBEATLES直下の英国的メロディを無尽に生み出すポップの魔術師、JEFF LYNNEのソングライティングとプロデュースを核に数々変遷。60Sビート/ポップ・サイケ時代の処女バンドIDLE RACEや、ROY WOODとのハード・ポップ・バンドTHE MOVEを経て70年代に発展、ストリングス・アレンジとシンセサイザーを多用した時代のサウンドを体現し、幾多の名作を世に送り出したELOことELECTRIC LIGHT ORCHESTRA。

80年代半ばに自然消滅後、LYNNE抜きのいくつかの後継が生まれたバンドでしたが、00年代に入りJEFF LYNNEはELO名義で再始動。2014年からはライヴ活動も再開し大復活を果たし、現在はJEFF LYNNEのほぼワンマン・バンド編成のスタジオ・プロジェクトとなったJEFF LYNNE'S ELO。

JEFF LYNNE'S ELO名義での1STでもある2015年作『ALONE IN THE UNIVERSE』以来4年ぶりとなる待望のニュー・アルバム2作目。エンジニアSTEVE JAYがパーカッションで参加した他は、JEFF LYNNE自身がギター、ベース、ピアノ、ドラムス、キーボード、ヴァイブスのすべてのノートをプレイし、リード・ヴォーカルはもちろんハーモニー・ヴォーカルやヴォコーダーも担当した多重録音の意欲作となっています。

先行デジタル公開され話題沸騰、すでにクラシックの風格漂うドリーミーでキャッチーなタイトル・トラック"FROM OUT OF NOWHERE"をはじめ、切ない"HELP YOURSELF"に祝祭的な"DOWN CAME THE RAIN"、ロッカー然とした"ONE MORE TIME"にスウィートなクローザー"SONGBIRD"などなど、76年『A NEW WORLD RECORD』や77年『OUT OF THE BLUE』、79年『DISCOVERY』といった黄金期の名作群を彷彿させるJEFF LYNNE節満載のメロディとフック、不変のELOサウンドにマジカルなハーモニーと、かつてのストリングスやシンセ・サウンド以外はどこを取ってもELOな希望に満ちたエヴァ―グリーンな一枚に仕上がっています。

『OUT OF THE BLUE』のジャケットで初お目見えしたお馴染みのトレードマークなスペースシップも若干のアップデートを伴ってしっかりとアートワークに登場しています。

16ページ・ブックレット。エンボス加工カヴァーのソフトパック装。







★ニューヨークを拠点に活動する実力派シンガー・ソングライター。4年ぶりの新作!

●ジョン・リーゲン / ハイアー・グラウンド
国内CD 2,500円(税込) (サンドフィッシュ / SFR011 / 4582384550112)



ジョン・リーゲンは、ニューヨークを拠点に活動する実力派シンガー・ソングライター。4年ぶりの新作『ハイアー・グラウンド』には、彼のこれまでのキャリアと、これからやって来るであろう輝かしい未来が詰まっている。プロデューサーにマット・ジョンソン(ジャミロクワイ)を迎え、新たな手法でレコーディングされた全11曲。

リーゲンならではの胸を打つ美しいメロディ、スモーキーなヴォーカル、卓越したピアノ・プレイは本作でも健在。それらをジョンソンが魔法のようなスタジオ・ワークで新たな地平へと押し上げている。アンディ・サマーズ(ザ・ポリス)、チャック・リーヴェル(オールマン・ブラザーズ・バンド)、ニック・ローズ(デュラン・デュラン)等の豪華ゲスト陣による演奏も聴きどころだ。

アーバンなソウル・ミュージックの薫り漂う1、リーゲンらしい美しい弾き語り4、ニューヨークの猥雑なノイズを切り取ったかのような6、ニューオーリンズ調のファンキーな8、自らこれまでの半生を振り返った感動的な10など、アルバムはヴァラエティに富みながら、バランス良く曲が配置され、聴く者をひたすら魅了する。

<各方面からも絶賛の声が!>

”ジョン・リーゲンは多様な才能をもった稀有なアーティストだ。熟練した演奏技術、ソウルフルなヴォーカル、高度なソングライティングの才能、それらは彼がアーティストとして成長を遂げるにつれ、ますます上達していっている。じっくり聴いてみてくれ!”
ブルース・ホーンズビー

”(「ワイド・アウェイク」を聴いて)これは本当にクールな曲だ。君はこのグルーヴを気に入るだろうし、ささやくようなヴォーカル、魅力的で抑制の効いたソウルフルな演奏は、君を笑顔にしてくれるよ。楽しんでくれ!”
スティーヴ・ルカサー(TOTO)

”彼は本当に粋なシンガーだし、美しい歌を書く。そして『ハイアー・グラウンド』という素晴らしい新作がリリースされるんだ。本当に素晴らしいよ。”
ジェイミー・カラム

”伝統的なソングライターなどもうどこにはいないと思っているなら、ジョン・リーゲンを聴いてみるといい。”
ロブ・トーマス(マッチボックス・トゥエンティ)

プロデュース; マット・ジョンソン(ジャミロクワイ)
参加ミュージシャン;アンディ・サマーズ(ザ・ポリス)、チャック・リーヴェル(オールマン・ブラザーズ・バンド)、ベンモント・テンチ(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)、ニック・ローズ(デュラン・デュラン)ライナーノーツ:宮井 章裕
歌詞対訳:佐藤 幸恵





★73年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●FRANK ZAPPA (& THE MOTHERS OF INVENTION) / AUSTIN 1973
輸入CD 1,980円(税込) (ZIP CITY / ZCCD099 / 0823564031705)



73年10月26日、テキサス州オースティンはARMADILLO WORLD HEADQUARTERS公演を収録。

キーボーディストGEORGE DUKE、ベーシストTOM FOWLER、トロンボニストBRUCE FOWLER、サキソフォニストNAPOLEON MURPHY BROCK、ドラマーCHESTER THOMPSONにRALPH HUMPHREY、パーカッショニストRUTH UNDERWOODという布陣のMOTHERS OF INVASIONを率いた73年9月の新作『OVER-NITE SENSATION』リリース直後の一夜。すでに前を向いていたのか新作楽曲は無し、74年作『APOSTROPHE』に収録される"COSMIK DEBRIS"や"FARTHER OBLIVION"、75年作『ONE SIZE FITS ALL』の"INCA ROADS"、74年『ROXY & ELSEWHERE』の"PYGMY TWYLYTE"に"CHEEPNIS"、同じくROXYでも披露された68年『WE'RE ONLY IN IT FOR THE MONEY』クラシック"THE IDIOT BASTARD SON"、そして"MR GREEN GENES/KING KONG/CHUNGA'S REVENGE"メドレー等々を披露するタイトでスウィンギンな名演ステージとなっています。





★00年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●LOU REED / DUSSELDORF 2000
輸入CD 2,200円(税込) (LEFTFIELD MEDIA / LFM2CD629 / 0823564031682)



2000年4月24日、ドイツはデュセルドルフのPHILIPSHALLE公演を収録。

3月31日のニューヨークから始まった『ECSTASY』ツアーよりの一夜。ギターにMICHAEL RATHKE、ベースにFERNANDO SAUNDERS、ドラムスにTONY 'THUNDER' SMITHというアルバム同様の布陣で、"PARANOIA KEY OF E"、"MODERN DANCE"、"ECSTASY"、"FUTURE FARMERS OF AMERICA"、"TURNING TIME AROUND"、"ROCK MINUET"、"MYSTIC CHILD"、"MAD"、"TATTERS"といった新作楽曲を存分に披露。ほか、84年『NEW SENSATIONS』の"TURN TO ME"やCALEとの90年作『SONGS FOR DRELLA』の"SMALLTOWN"、89年『NEW YORK』の"ROMEO HAD JULIETTE"に"DIME STORE MYSTERY"、95年『SET THE TWILIGHT REELING』の"RIPTIDE"や"SET THE TWILIGHT REELING"といった後期のソロ楽曲群に、のち03年の『THE RAVEN』に収録される"WHO AM I"、82年『THE BLUE MASK』の"THE BLUE MASK"、72年『TRANSFORMER』の"VICIOUS"にVELVET UNDERGROUNDクラシック"SWEET JANE"まで、ファン必聴の圧巻のセットリストをリラックスしつつ歌い上げる名演ステージです。





★85年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●QUEEN / GOLDEN RAIN
輸入CD 1,980円(税込) (GOLDEN RAIN / GRNCD032 / 0823564031729)



85年1月12日、ブラジルはリオデジャネイロのROCK IN RIO FESTIVAL公演を収録。

10日間に及び開催され、各日25万人が集ったという最初のROCK IN RIOコンサートの歴史的なオープニングを飾ったQUEEN。11日の出演予定が12日の深夜2時になるというウッドストックばりの遅延で始まったステージながら、"TIE YOUR MOTHER DOWN"で幕を開け"GOD SAVE THE QUEEN"で終焉、ほか"BOHEMIAN RHAPSODY"、"RADIO GA GA"、"WE WILL ROCK YOU"、"WE ARE THE CHAMPIONS"など名曲オンパレードで60分に亘り展開された白熱の名演を収録しています。





★ソロ2作を中心にしたレア音源満載のMAINMAN期コンプリート・アンソロジーが4CDリリース!

●MICK RONSON / ONLY AFTER DARK - THE COMPLETE MAINMAN RECORDINGS (4CD)
輸入CD 3,300円(税込) (CHERRY RED / CRCDBOX85 / 5013929108509)



まさしくBOWIEの片腕として、IAN HUNTERやLULU、LOU REED等々のサイドメンとして、またBOB DYLANの「ROLLING THUNDER REVUE」にもバック・バンドGUAMとして帯同するなど、70年代ロックを表から裏から彩った名ギタリストMICK RONSON。

DAVID BOWIEが設立したMAINMANに残されたソロ・アルバム2作、ZIGGYのバック・バンドSPIDERS FROM MARSの面々が参加した74年1ST『SLAUGHTER ON 10TH AVENUE』に、IAN HUNTERに乞われて加入したMOTT THE HOOPLE期を抜けてカヴァーを中心に残された75年2ND『PLAY DON'T WORRY』からの楽曲に加え、シングルやフレキシに残されたインタビュー、74年から79年にかけてのライヴ音源などをそれぞれ追加したDISC 1&2、

さらに、のち99年に『JUST LIKE THIS』のタイトルで音盤化するまでお蔵入りとなっていた 「ROLLING THUNDER REVUE」直後の76年に行われた幻の3RDアルバム用セッション音源12曲に、デモやスタジオ・アウトテイクを収録したDISC 3、その幻のアルバム用に録りためられていた76年のデモ音源5曲に、76年10月のニューヨーク州バッファローのCENTURY THEATREでのライヴを収録したDISC 4をコンパイルしたファン必聴必携の4CDセットです。

クラムシェル・ボックス装。





★THE POLICEのデビュー・アルバム『アウトランドス・ダム―ル』発売40周年を記念して昨年リリースされたLPボックスと同内容の6枚組CDボックスで登場!

●POLICE / EVERY MOVE YOU MAKE: THE STUDIO RECORDINGS (6CD BOX)
輸入CD 3,300円(税込) (POLYDOR / 7797577 / 0602577975776)



■限定ボックス(生産限定盤) / フルカラー・ゲートフォールドのデジパック / 初CD化音源収録 / ボーナス・ディスク付 / リマスタリング

『アウトランドス・ダム―ル』(1978)から『シンクロニシティー』(1983)までの5枚のスタジオ・アルバムに加え、A&MのシングルB面からアルバム未収録のスタジオ・トラックをセレクトした12曲入りのボーナス・ディスクをセット。大ヒット曲「見つめていたい」のUK7インチ2枚組に収録されていた「トゥルース・ヒッツ・エヴリバデイ」のリミックスは、1993年リリースのCDボックス「メッセージ・イン・ア・ボックス~ポリス・ヒストリー」にも未収録だった、今作で初CD化となるレアなトラック。
全ディスク、昨年のLPボックス用にアビイ・ロード・スタジオで新たにリマスターされた音源を収録。ジャケットはフルカラー・ゲートフォールドのデジパック仕様。





★80年1STがデジタル・リマスターCDリイシュー!

●JACK GREEN / HUMANESQUE
輸入CD 2,530円(税込) (BAD REPUTATION / BAD191201 / 3341348053073)



73年から74年にかけてT. REXに参加、続いて74年から76年にかけてPRETTY THINGSでプレイし、のちPRETTIESメイトのGORDON EDWARDSとの双頭バンドSUNSHINEや、同ドラマーSKIP ALANとのPRETTIES後身METROPOLIS、78年には3週間だけRITCHIE BLACKMOREのRAINBOWでも活動した スコットランドはグラスゴウ生まれのギタリスト/シンガー・ソングライターJACK GREEN。

ハード・エッジなギターにメタル・ライクな裏声バッキングがポップに纏まるまさしく80Sなオープナー"MURDER"、TOM PETTYフィールな"CAN'T STAND IT"、ポップなフックで刻まれるパワー・ポッパー"BABE"などなど、ニューウェーヴ/ポスト・パンクとグラム・ロックを掛け合わせ、さらにレゲエも一つまみ、という時代を体現したジャングリーなギター・ドライヴン・ポップ・ロックが全11曲。"I CALL NO ANSWER"ではRITCHIE BLACKMOREがリード・ギターを務めています。

70年代PRETTY THINGSを支えたギタリストPETE TOLSON、DEEP PURPLE周りWARHORSEのドラマーMAC POOLE、SAVOY BROWN~CLOUDSのベーシストIAN ELLIS、JACKSON HEIGHTSのキーボーディストBRIAN CHATTON、CAMELやKING CRIMSONでおなじみのサキソフォニストMEL COLLINS、KINGDOM COMEのギタリストANDY DALBYらがバックアップ。





★05年新作がリマスター&エキスパンデッド・エディションでCDリイシュー!

●BIG STAR / IN SPACE (CD)
輸入CD 1,760円(税込) (OMNIVORE / OVCD-338 / 0816651017782)



メンフィスから全米のチャートを席巻した60S白人ソウル・バンドBOX TOP出自の天才ALEX CHILTONと、もうひとりの天才ソングライターCHRIS BELLを中心に 71年ブラック・ミュージックの聖地メンフィスで産声を上げ、ルーツとなったソウルとポップスを無二のビート・ロックに昇華。70年代当時は時代に埋もれ僅か4年余りの活動で解体するなどバンド名とは裏腹のマイナーな存在として散りながら、80年代以降に大きく再評価を受け、まさしく元祖パワー・ポップ・バンドとしてのちの全米・全世界のロック・バンド、ロック・ファンに愛され続けることになる巨星BIG STAR。

解散から実に18年の時を経た93年。74年録音78年リリースのラスト作『THIRD/SISTER LOVERS』にも留まったオリジナル・ドラマーJODY STEPHENSとマスターマインドALEX CHILTONというデュオ編成に加え、BIG STARチルドレンど真ん中世代の名パワポ・バンドPOSIESのJON AUERとKEN STRINGFELLOWを迎えて復活を果たし多くのステージをこなした第2期BIG STARですが、そこからさらに10数年後の2005年に突如同編成でリリースされた奇跡のスタジオ・アルバムが本作です。

ジャングリーなCHILTONのギターも健在な"DONY"や"BEST CHANCE"、90Sパワー・ポップに連なる哀愁ハーモニー"LADY SWEET"に"FEBRUARY'S QUIET"、SLY AND THE FAMILY STONEマナーの60Sパロディなファンキー・パーティ・チューン"LOVE REVOLUTION"、90年代TEENAGE FANCLUBとのスプリット・シングルでも披露済みのライヴ・フェイヴァリットなOLYMPICSのスウィート・ファスト・ダンサー"MINE EXCLUSIVELY"カヴァー、過去と現在を繋ぐようにBOX TOPSのオリジナル・ベーシスト/キーボーディストBILL CUNNINGHAMも作曲参加した"HUNG UP WITH SUMMER"、BIG STAR流ロックンロール"A WHOLE NEW THING"にハード・ガレージ・ロッキン"MAKEOVER"などなど、伝説の地ARDENT STUDIOS録音によって実にタイムレスに仕上がった全12曲を収録しています。

オリジナル・アルバム楽曲のリマスター音源に加え、03年のアンソロジー・アルバム『BIG STAR STORY』収録のレア・トラックHOT THING"に、"LADY SWEET"のJON AUERによるデモ昇華前スケッチ、"TURN MY BACK ON THE SUN"のアカペラ・ヴァージョンといった未発表デモやラフ・ミックス6曲をボーナスを追加した全18トラック。

当時のA&RマンJEFF ROUGVIEやオリジナル・アルバムの共同プロデューサーJEFF POWELL、ARDENT STUDIOSのアシスタント・エンジニアADAM HILL、さらにJON AUER、KEN STRINGFELLOW、JODY STEPHENSの3人の生存メンバーそれぞれのコメントをフィーチャーしたライナーノーツ。







【再入荷】
★67年2NDがANALOGUE PRODUCTIONSからモノ/ステレオ仕様の限定盤ハイブリッドSACD仕様で登場!!

●JIMI HENDRIX (JIMI HENDRIX EXPERIENCE) ジミ・ / AXIS: BOLD AS LOVE (STEREO + MONO) (HYBRID SACD)
輸入SACD 5,720円(税込) (ANALOGUE PRODUCTIONS / CAPP19792SA / 0190758197920)




デビュー作『ARE YOU EXPERIENCED』でロック・シーンに衝撃を与え、ギターに火をつけ破壊するというモンタレー・ポップ・フェスティヴァルでの驚愕のパフォーマンスで母国アメリカの聴衆も虜にしたJIMI HENDRIX。本作は同年67年に早くも発表されたセカンド・アルバム。

溢れんばかりの勢いを前面に押し出した前作に比べてインパクトでは劣るものの、彼の才能の幅広さと奥深さをより感じさせてくれる点ではこちらが上。代表曲のひとつである"LITTLE WING"は、幻想的で、ロマンティックで、かつブルージー。"IF 6 WAS 9"では自らの生き方を強く宣言し、"YOU GOT ME FLOATIN'"ではファンクとロックの融合を実現。また、敬愛するBOB DYLANの影響が窺える楽曲も・・・と、聴きどころはあまりにも多い名盤です。このアルバムが一番好きと言うファンが多いのもうなずける傑作。

モノ/ステレオ両ミックス収録。BERNIE GRUNDMANによるオリジナル・アナログ・マスター・テープからの最新リマスター。36ページ・ブックレット。





★『OUT OF THE BLUE』の再来か!? 2019年新作がブルー・ヴァイナル仕様で180グラム重量盤アナログ・リリース!

●JEFF LYNNE'S ELO ジェフ / FROM OUT OF NOWHERE (BLUE COLORED 180G LP)
輸入LP 4,180円(税込) (COLUMBIA / 19075997131 / 0190759971314)



敬愛するBEATLES直下の英国的メロディを無尽に生み出すポップの魔術師、JEFF LYNNEのソングライティングとプロデュースを核に数々変遷。60Sビート/ポップ・サイケ時代の処女バンドIDLE RACEや、ROY WOODとのハード・ポップ・バンドTHE MOVEを経て70年代に発展、ストリングス・アレンジとシンセサイザーを多用した時代のサウンドを体現し、幾多の名作を世に送り出したELOことELECTRIC LIGHT ORCHESTRA。

80年代半ばに自然消滅後、LYNNE抜きのいくつかの後継が生まれたバンドでしたが、00年代に入りJEFF LYNNEはELO名義で再始動。2014年からはライヴ活動も再開し大復活を果たし、現在はJEFF LYNNEのほぼワンマン・バンド編成のスタジオ・プロジェクトとなったJEFF LYNNE'S ELO。

JEFF LYNNE'S ELO名義での1STでもある2015年作『ALONE IN THE UNIVERSE』以来4年ぶりとなる待望のニュー・アルバム2作目。エンジニアSTEVE JAYがパーカッションで参加した他は、JEFF LYNNE自身がギター、ベース、ピアノ、ドラムス、キーボード、ヴァイブスのすべてのノートをプレイし、リード・ヴォーカルはもちろんハーモニー・ヴォーカルやヴォコーダーも担当した多重録音の意欲作となっています。

先行デジタル公開され話題沸騰、すでにクラシックの風格漂うドリーミーでキャッチーなタイトル・トラック"FROM OUT OF NOWHERE"をはじめ、切ない"HELP YOURSELF"に祝祭的な"DOWN CAME THE RAIN"、ロッカー然とした"ONE MORE TIME"にスウィートなクローザー"SONGBIRD"などなど、76年『A NEW WORLD RECORD』や77年『OUT OF THE BLUE』、79年『DISCOVERY』といった黄金期の名作群を彷彿させるJEFF LYNNE節満載のメロディとフック、不変のELOサウンドにマジカルなハーモニーと、かつてのストリングスやシンセ・サウンド以外はどこを取ってもELOな希望に満ちたエヴァ―グリーンな一枚に仕上がっています。

『OUT OF THE BLUE』のジャケットで初お目見えしたお馴染みのトレードマークなスペースシップも若干のアップデートを伴ってしっかりとアートワークに登場しています。

ブルー・ヴァイナル。





★74年US自主ローファイ・サイケ名作プライヴェート・プレス秘宝盤がリマスター・アナログ・リイシュー!

●STONE HARBOUR / EMERGES
輸入LP 3,080円(税込) (OUT-SIDER / OSR078 / 4040824089252)



エレクトリック/アコースティック・ギター、スライド・ギター、オルガン、ピアノ、シンセサイザー、ベース、パーカッション、ヴォイスのRIC BALLAS、リード・ヴォーカル、ドラムス、パーカッションのDAVE MCCARTYからなるオハイオのメランコリック・プリミティヴ・ローファイ・アシッド・フォーク・デュオSTONE HARBOUR。

2008年にLION PRODUCTIONSがボーナス入りでCD化したことで知名度が上がり、今や米国自主サイケの中でも定番の地位を獲得した感がある本作。霧がかかったフォーキー・サウンドに、残響を多分含んだファズが乗る、というサウンドはある意味王道ですが、曲の良さと録音が良い意味で「音が悪い」のが相まって、「ああ~サイケ聴いてるなぁ」という気持ちになれる一枚です。特にドラムがテキトー過ぎでして、完全にBUTTHOLE SURFERSに聴こえる瞬間があったりとアメリカの広さを感じます。

バンド・メンバーRIC BALLASによるライナーノーツ、貴重フォト掲載インサート。ダウンロード・コード付属。





★世界的ブレイク寸前!才能をいち早く見抜いたTYLER, THE CREATORのアルバムに参加したことでも注目を集めたイギリスの新鋭SSW、REX ORANGE COUNTYが3rdアルバム『PONY』をリリース!

●REX ORANGE COUNTY / PONY (LP/BLUE VINYL)
輸入LP 3,630円(税込) (REX ORANGE COUNTY / 19075999561 / 0190759995617)



■限定ブルー・ヴァイナル、ダウンロードコード付き

本名:Alexander O’Connor/アレクサンダー・オコナ―。1998年生まれの21歳、ロンドン郊外に位置するサリー州ハスルミア出身。独学でドラム、ピアノを演奏していたが、16歳の時にアデルやエイミー・ワインハウスもかつて通ったという名門音楽学校、“BRIT School for Performing Arts and Technology in Croydon”に入学。この頃よりスティーヴィー・ワンダー等往年のソウル系ソングライターに傾倒。ギターの演奏を始めLogic softwareで ソロ・ミュージックのプロデュースを始める。

2015年、「怒りと、悲しみと、自分を憐れみ、情けない思いに駆られて作った」という初の自主制作アルバム『ビコーズ・ユー・ウィル・ネバー・ビー・フリー』をリリース。同作品がタイラー・ザ・クリエイターの耳をとらえ、当時17歳であったREXをLAに招いてのレコーディングを決行。彼が参加した「ボアダム」と「フォーワード」は2017年にリリースされ全米初登場2位を記録したタイラー・ザ・クリエイターの4作目のアルバム『フラワー・ボーイ』に収録される。2017年、タイラー・ザ・クリエイターとのコラボの経験をさらに昇華させ、本人曰く「デビューアルバムとは真逆。」と称する2ndアルバム『アプリコット・プリンセス』をリリース。
2018年、“BBC Sound of 2018”で栄えある2位に選出される。サマーソニック2018で初来日を果たし、その素晴らしいライヴ・パフォーマンスが大きな話題を呼ぶ。早熟な才能をいかんなく発揮した前作『アプリコット・プリンセス』から2年、ソニー・ミュージック移籍第一弾となる3rdアルバム『ポニー』がついに完成した。今作は東ロンドンにあるストロングルーム・スタジオにて制作され、作詞、作曲、録音、演奏のほぼ全てをレックスが手掛けている。これまでも親交のあるベン・バプティが共同プロデューサーとしてミックスとエンジニアリングで参加しており、先行シングル「10/10」は海外媒体から「知っておくべき楽曲」と高い評価を得ている。

引っ張りだこのレックスはこの夏、フランス、ドイツの、オーストラリアの等の大型音楽フェスティバルに出演し、イギリスのでは新作の発表に先駆けて「10/10」を初披露。さらにアルバムの発表と同時にレックスにとって過去最大級の規模となるイギリスの「O2 Brixton Academy」の2公演を含むイギリスと北アメリカ・ツアーの開催も発表された。世界中で大ブレイク寸前のレックス・オレンジ・カウンティから目が離せない。





■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 11/20(水)ロック・プログレ新品新入荷情報! 本日も大量入荷です!!

Page Top