Home > ROCK/PROGRE > 11/12(火)ロック・プログレ新品新入荷情報①!ヨーロッパのネッド・ドヒニー”ことアル・サニー2NDが入荷!

11/12(火)ロック・プログレ新品新入荷情報①!ヨーロッパのネッド・ドヒニー”ことアル・サニー2NDが入荷!

  • 2019-11-12
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★ブリティッシュ・ブルースが誇る天才ギタリスト、ピーター・グリーンが率いた第1期フリートウッド・マック(Blue Horizon)の未発表ライヴ(一部デモ)音源3枚組!

●フリートウッド・マック / ビフォー・ザ・ビギニング 1968-1970 ~ライヴ&デモ・セッションズ~
国内CD 4,620円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / SICP-6118/20 / 4547366404531)


60年代イギリスで起こったブリティッシュ・ムーヴメントの中登場したフリートウッド・マックはチキン・シャック、サヴォイ・ブラウンとともに<ブリティッシュ3大ブルース・ロック・バンド>と称されシーンを牽引した。ピーター・グリーンの圧倒的なプレイはもちろん、ジェレミー・スペンサーのスライドも必聴!はじける若さとともに本場ブルースへの憧れが溢れる演奏は聴く者の胸を熱くする。企画・選曲はピーター・グリーンがアプルーヴァルしており歴史的にも貴重な音源が初発売となる。彼らが世界のアーティストたちに与えた影響は大きく、名曲「アルバトロス」がビートルズをインスパイアしたのを始め、サンタナ(ブラック・マジック・ウーマン)、ジューダス・プリースト(グリーン・マナリシ)、エアロスミス(ストップ・メッシン・アラウンド)がピーター・グリーン時代の曲をカバーしている。ダニー・カーワンは2018年6月永眠した。





★特典ステッカー!日本盤でた!

●ボブ・ディラン / 血の轍 (ウルトラディスク・ワンステップ)
国内LP 22,000円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / SIJP-88/9 / 4547366415957)


ワン・ステップ・プロセスによるオリジナル・マスター・テープからのマスタリング作品。この特別企画である『血の轍』は全世界限定プレスで、その一部を日本用に確保しての販売となります。

当企画のポイントであるMOBILE FIDELITYのウルトラディスク・ワンステップ(UD1S)は、ラッカー盤から製作された最初のスタンパーでプレスを行うため生産数が限定されてしまい、希少盤としても価値が高く、大きな特徴はノイズを軽減し、音のディティールをより細かく再現するというもの。仕様は、45RPM、180Gのアナログ2枚組となりますが、当企画は雑音を抑えレコード盤の溝を鮮明にする新素材のSUPERVINYLを採用。

ディランのピーク時に制作され、全米チャート1位を記録した七十年代を代表する名盤中の名盤『血の轍』が究極のサウンドで蘇ります。

限定ナンバリングを施した豪華BOXはアナログ・ディスク2枚を収めた輸入盤仕様となり、日本版には書下ろし解説・仕様の翻訳・歌詞・対訳を付属する。

完全生産限定盤/解説歌詞対訳付/豪華BOX

【特典】
『ボブ・ディラン / 血の轍 (ウルトラディスク・ワンステップ)』 をお買上げのお客様に先着で、『血の轍』 ステッカーを差し上げます。




●IMPACT OF BRASS / DOWN AT THE BRASS WORKS
輸入CD 2,640円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK642 / 8809270026497)


MOTOWNマナーなファンキー・グルーヴ満載の71年唯一作がCDリイシュー!

68年トランぺッターWALLY MCMURRAYを中心にマイアミ大学の学生たちによってサウス・フロリダで結成されたローカルな大所帯ブラス・ロック・バンドTHE IMPACT OF BRASS。

プロデュースはSTEVIE WONDERの初期作を手掛けたことでもおなじみのFUNK BROTHERSのHENRY COSBYが担当し、アレンジにはTEMPTATIONSのオーケストレーションを手掛けるDAVID VAN DEPITTE、デトロイトのジャズ・コレクティヴSPHEREのトランぺッターED NUCCILLIを起用。バンドの実態としてはマイナーなほぼアマチュア・ミュージシャン10人が集った作品ながら、MOTOWN傘下RARE EARTHの大々的なサポートによってプロに劣らない完成度を誇る仕上がりとなった隠れた名品です。

FOUR TOPSが歌ったHOLLAND-DOZIER-HOLLANDの"REACH OUT I'LL BE THERE"に同じくFOUR TOPSのSMOKEY ROBINSONチューン"STILL WATER (LOVE)"、プロデューサー人脈STEVIE WONDERの"MY CHERIE AMOUR"や、BREADの"MAKE IT WITH YOU"、OSMONDSの"ONE BAD APPLE"といった時代のヒット曲とCOSBYのペンによる楽曲の数々が、ブラスが主導するクールなファンク&ジャズの要素、うねるグルーヴと粘っこいソウル・サウンドでまとめ上げられたインストルメンタルが全12曲。

ちなみに同年にはゴスぺラーJOE HINTONをフィーチャーし、MOTOWNからのコンピレーション『ROCK GOSPEL - THE KEY TO THE KINGDOM』に"WHAT A FRIEND WE HAVE IN JESUS"で参加しています。

紙ジャケット仕様
24ビット・デジタル・リマスタリング
リリック・シート封入






●CRACKIN' / CRACKIN' - I
輸入CD 2,640円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK639 / 8809270026466)


ファンキー・ロック傑作! 75年1STがCDリイシュー!

数多くのAOR名作にその名を残す名プロデューサー・チームPETER BUNETTA & RICK CHUDACOFF、全盛期のDOOBIE BROTHERSやAVERAGE WHITE BANDのアレンジャーとしても知られるLESTER ABRAMSに、RICKIE LEE JONESやRANDY NEWMAN、NICOLETTE LARSON、MARC JORDAN作品等々に携わるソウル・ファンク・ヴォーカリスト/ドラマーARNO LUCAS、そしてソロとしてもAOR傑作を残す名ヴォーカリストLESLIE SMITHらを擁した白黒混成ブルーアイド・ソウル・ファンク・バンド伝説、CRACKIN'。

西のTOWER OF POWER、東のCRACKIN'と呼ばれた都会的なセンスに溢れる大所帯グルーヴを売りにした彼らの記念すべきデビュー作。タイトなビートに思わず踊りだす"WANNA DANCE?"に、西海岸風の"NOTHIN' TO FEAR"、ラテン・テイストで颯爽と駆け抜ける"WHAT TA DAY"、メロウなファンクネスにシンセも薫る"LIVE LIFE SIMPLE"などなど、エクセレントなヴォーカル・ハーモニーとスウィートなグルーヴが全体を覆いつくし、当然のことながらすでにファンキーでソウルフル、デビュー作にして自分たちの目指すところを明確に示している名品に仕上がっています。

紙ジャケット仕様
24ビット・デジタル・リマスタリング
リリック・シート封入
世界初CD化






●アル・サニー / プラネッツ
国内CD 2,640円(税込) (ピーヴァインレコード / PCD-24884 / 4995879248843)


驚異の20代が奏でる至高の21世紀型アーバン・メロウ!“ヨーロッパのネッド・ドヒニー”ことアル・サニー、モダンAORの新たなバイブルとなる超傑作2NDが完成!

2017年発表の1STアルバム『TIME TO DECIDE』(今年日本のみで初CD化)がAOR~ヨットロック・ファンからクラブ系リスナーまで巻き込んで話題を呼んだフランスの新鋭SSW、アル・サニー。ついに届けられた2NDアルバムは、高かった期待値を余裕で上回る衝撃的傑作! よりアーバン・メロウ路線にシフトし、夜の色香としなやかなグルーヴをまとったサウンドは、25歳の若者が作り上げたとはとても思えない、紛れもなく現代最高峰のアダルト・オリエンテッド・(ヨット)ロック。前作同様に充満するネッド・ドヒニー直系のスウィート&ブリージーな西海岸テイストもたまりません。今回もリリースは信頼の仏 ≪FAVORITE RECORDINGS≫! あのルーカス・アルーダの大傑作『ONDA NOVA』を放った超ハイセンス・レーベルがまたしてもやってくれました!

★監修・解説:金澤寿和 (LIGHT MELLOW)





●SUSAN WEBB / BYE-BYE PRETTY BABY
輸入CD 2,640円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK641 / 8809270026480)


隠れたウェストコースト系名作! 75年唯一作がCDリイシュー!

ポップ、ロック、R&B、カントリーにジャズまでジャンルを超えて数多くのタイムレスな名曲を生み出し続け、BURT BACHARACHやBRIAN WILSONらと並び称される偉大なシンガー・ソングライターJIMMY WEBBの妹シンガー・ソングライターSUSAN WEBB。

結果としてSUSAN自身はオブスキュアな立ち位置に甘んじたものの、プロデュースとアレンジを担当した兄JIMMY WEBBの大々的なサポートで作られた本作には、JESSE ED DAVISにJEFF PORCARO、JIM GORDON、JIM KELTNER、JAY GRAYDON、ALBERT LEE、HERB PEDERSEN、FRED TACKETT、JOE OSBORN等々の有名ミュージシャンがセッションに参加し、マイナーながらも非常に豪華な一枚となりました。

軽快に仕上げられたCROSBY, STILLS & NASHクラシック"HELPLESSLY HOPING"、一発屋THOMAS WAYNE AND THE DELONSの美しくも切ない"TRAGEDY"、ライトにスワンプなJESSE WINCHESTERの"ISN'T THAT SO?"に、JONI MITCHELLの"A CASE OF YOU"、IAN MATTHEWSの"SAME OLD MAN"、JIMMY WEBBも77年作『EL MIRAGE』で取り上げたFRED TACKETTの"DANCE TO THE RADIO"、BENNY GOODMANでも知られるジャズ・クラシック"BYE-BYE PRETTY BABY"などほぼカヴァー曲で構成されつつも、やはり血統を感じざるを得ないSUSANのペンによるオリジナルも3曲収録。とはいえ全体として作曲よりもヴォーカルとアレンジに主眼を置いた作品で、それまでにもJIMMY作品で美しく澄んだコーラスを聴かせていたSUSANのしっとりと愛らしい歌声の魅力を堪能できる名唱満載の一枚に仕上げられています。透明感あふれるその感覚はプレAOR的な隠れた名作としても位置付けられる逸品。

紙ジャケット仕様
24ビット・デジタル・リマスタリング
リリック・シート封入
世界初CD化


●JESS RODEN BAND / BLOWIN' 
輸入CD 2,640円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK640 / 8809270026473)


ラストを飾る名演の77年3RDがCDリイシュー!

ソウル&ビート・バンドALAN BOWN SETからブリティッシュ・スワンプBRONCOに、DOORS残党と結成したBUTTS BANDなど英国ロックの名バンドの数々に在籍し、今やROD STEWARTやVAN MORRISON、PAUL RODGERSらとも並び称される英国の名シャウター/ブルー・アイド・ソウル・シンガーJESS RODEN。

初期においては活きの良いモッド/R&Bシンガーとして活躍、やがてブルース・ロックへと傾倒し、次第に洗練されたAOR/メロウな英国ファンクを聴かせた彼がバンド名義で残した3枚目にしてラスト作。

同年77年の英国バーミンガムはBIRMINGHAM TOWN HALLでの実況アルバムで、ギター/ヴォーカルBRUCE ROBERTS、ベース/パーカッションJOHN CARTWRIGHT、ドラムス/コンガPETE HUNT、トロンボニストCHRIS GOWER、サキソフォニストRON TAYLORからなる5人組ジャズ・ファンク・ヘヴィ・ロック・バンドIGUANAのメンバーを軸に、後期IGUANAに参加したギタリストSTEVE WEBB、RONNIE LANE & SLIM CHANCEのキーボーディストBILLY LIVSEYという布陣で臨まれたステージ。

ファンキーでアップビートなRODENチューン"JUMP MAMA"、ブルース・ソウルな漢のヴォーカルがしっとりと炸裂するハイライト"BLOWIN'"、哀愁ブルース・ロッキンに変貌を遂げたEAGLESカヴァー"DESPERADO"など76年1ST『KEEP YOUR HAT ON』からのレパートリーを中心に、同年2ND『PLAY IT DIRTY PLAY IT CLASS』からのソウルフルなミドル・チューン"ME AND CRYSTAL EYE"、ベスト盤のオープニングも飾る熱いヴォーカルの"THE BALLAD OF BIG SALLY"と、そこここで発揮されるJESSの名シャウターとしての資質と洒脱なホーン・セクションを含むバンドの厚く熱い名演が満載の英国ロック・ファン大満足の傑作に仕上がっています。

紙ジャケット仕様
24ビット・デジタル・リマスタリング
リリック・シート封入
世界初CD化





●BECKETT / BECKETT - DIGITAL REMASTER 
輸入CD 2,640円(税込) (BIG PINK MUSIC / BIGPINK638 / 8809270026459)


後にFREEの故Paul Kossoffが結成するBACK STREET CRAWLERや80年代初期CHARLIEで活躍、Bruce Dickinsonより先にIRON MAIDENのヴォーカル候補にも挙がっていたTerry Wilson-Slesser(vo)が在籍した隠れた名Hard Rockバンド、英RAFTから発表された'74年唯一作がKorea:Big Pinkからデジタル・リマスター/紙ジャケット仕様で'19年再発CD化!'Rolling Thunder''A Rainbow's Gold'等々、Terry Wilson-SlesserのBACK STREET CRAWLERへの加入も頷けるブルージーなvoを前面に押し出したHRをベースにしつつ、ゲストのTim Hinkleyによる端正なkeyと美しいstring arr.を交えた劇的な展開とプログレッシヴなセンスを取り入れたサウンド/楽曲が秀逸。正にこれぞ王道という正当派HRサウンドが、英国Hard Rockファン必聴といえる隠れた名作です!!新規英文バイオグラフィー掲載インサートを添付。
【紙ジャケット仕様/Digital Remaster】



●DAVID BOWIE / TOKYO 78
輸入CD 1,980円(税込) (PROTUS / PRCD3009 / 4755581300921)


78年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

78年12月12日、NHKホール公演を収録。

LAでのドラッグ漬けの日々から抜け出した76年末を経て、77年から79年にかけてベルリンに拠点を移したBOWIE。再びキャリアを歩みだした彼が、ZIGGYでもHALLOWEEN JACKでもTHIN WHITE DUKEでもないBOWIE自身として放った『LOW』『"HEROES"』を引っさげた「ISOLAR II」ワールド・ツアーからの一夜。

のちにKING CRIMSONへと加入するまだ無名のギタリストADRIAN BELEWをフィーチャー。ほか、MAX ROACHやELVIN JONESに師事しROY AYERSやGEORGE BENSONのバックを務めたドラマーDENNIS DAVIS、当時BOWIEの片腕といわれたプエルトリカンのギタリストCARLOS ALOMAR、こちらもこの時期の片腕ベーシストGEORGE MURRAYの3者によるリズム・セクション、いわゆる「THE D.A.M. TRIO」に、72年の『ZIGGY STARDUST』ツアーにも参加したFUMBLEのキーボーディストSEAN MAYES、UTOPIAのキーボーディストROGER POWELL、ヴィオリンにはHAWKWINDのSIMON HOUSEという布陣で贈る 名曲名演オンパレードの至高のステージを捉えています。

ボーナス・トラックとして79年のテレビ番組「SATURDAY NIGHT LIVE」からの3曲を追加。







●LEON RUSSELL / LIVE AT GILLEY'S (CD)
輸入CD 1,980円(税込) (VARESE SARABANDE / VSD00087 / 0888072090149)


81年ライヴ音源がCDリイシュー!

81年9月17日、テキサス州パサデナの有名ナイトクラブGILLEY'S公演を収録。初出は2000年のCDが長い廃盤から復活です。

バック/前座にブルーグラス・バンドNEW GRASS REVIVALを引き連れたツアーからの一夜。81年にはすでにリリースされていた 80年5月録音の同編成ライヴ・アルバム『THE LIVE ALBUM』期の別ヴェニュー音源です。LEONクラシック"A SONG FOR YOU"や"LADY BLUE"をはじめ、スティール・ギターが新たな息吹を吹き込んだ"ONE MORE LOVE SONG"や"CAJUN LOVE SONG"にブルーグラス・チューン"UNCLE PEN"などなど、時代の波をものともしないカントリーでブルーグラスでソウルでロックンロールな名演を披露するファン必聴のステージです。

ニュー・アートワーク&ライナー・ノーツ2019年エディション。



●MARIAH CAREY / MERRY CHRISTMAS (DELUXE ANNIVERSARY EDITION) (2CD)
輸入CD 2,585円(税込) (COLUMBIA/LEGACY / 88875124482 / 0888751244825)


日本でも280万枚の大ヒットとなったマライア・キャリー『メリー・クリスマス』の25周年記念盤 !オリジナル・アルバムに加えて初発売のライヴ音源等を収録した、2枚組デラックス仕様。

女性アーティストとして世界最高のトータル・セールス2億枚を誇るマライア・キャリー。彼女の大ヒット曲「恋人たちのクリスマス」収録のアルバム『メリー・クリスマス』発売から25周年を記念したスペシャル・デラックス盤『メリー・クリスマス ~25th Anniversary Edition~』が、当時のオリジナル発売日である11/1(金)に全世界同時発売される。

マライア・キャリーはこれまでグラミー賞をはじめ世界中の数々のアワードを受賞、シングル18曲が全米シングル・チャート1位を獲得し女性ソロ・アーティストとして過去最高記録を保持しているが、なかでも「恋人たちのクリスマス」は毎年冬になると日本はもちろん世界中の街中に流れる黄金ソング。チャート2位まで上昇したマライアの日本における最大のヒット曲だ。この曲は’94年秋に放映され大反響を呼んだTVドラマ「29歳のクリスマス」の主題歌に採用され、その後マライアの人気が爆発。同曲を収録したアルバム『メリー・クリスマス』は全世界1,400万枚のセールスを記録、日本でも280万枚の大ヒットとなった。

そんな世紀の大ヒット曲誕生から25周年を記念したスペシャル・デラックス盤『メリー・クリスマス~25th Anniversary Edition~』は豪華2枚組仕様で、DISC1にはオリジナル・アルバムを収録、DISC2には‘94年N.Y.のセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂で行われたライヴ音源6曲(「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」等すべて初発売音源)やジョン・レジェンドとのデュエット曲「ホエン・クリスマス・カムズ」、その他リミックス音源等を収録予定。25年経った今も色褪せない心はずむ「恋人たちのクリスマス」ほか、90年代毎年にように名盤をリリースしヒットを連発した彼女の当時の神がかった圧倒的歌唱力が十二分に楽しめる<永久保存>のクリスマス・アルバムである。



●ビリー・ブラッグ / BEST OF BILLY BRAGG AT THE BBC 1983 - 2019
国内CD 2,750円(税込) (COOKING VINYL / COOKCD-734J / 4526180497691)


Billy BraggのBBCでのパフォーマンスをコンパイルしたアルバム『Best Of Billy Bragg At The BBC 1983 - 2019』をリリース!全曲リマスターされ数々のセッションから多数の未発表曲も収録。

80年代初頭から現在までのBilly BraggのBBCでのパフォーマンスをコンパイルした作品。収録曲はすべてリマスターされ、John Peel、David Jensen、Janice Long、Phill Jupitus、Bob Harris、Tom Robinson等でのセッションから、多くの未発表曲も収録されている。BillyBraggはパンクが流行する80年代初頭のイギリスで音楽活動を開始した。彼の楽曲はフォーク、パンク、プロテスト・ソングの要素を持ち、政治的な歌を引き語りで歌ったもので、その過激な政治的発言はイギリスで賛否両論を巻き起こした。通常はギター1本でプレイし「ひとりクラッシュ」とも評されるが、時にはバンドとも共演する。1983年のデビュー・アルバム『Life's A RiotWith Spy Vs Spy I』から、目下の最新作でUKアルバムチャートの28位を記録したJoe Henryとのコラボ作『Shine A Light: Field Recordings From The Great American Railroad』まで、絶え間なく作品を発表。1998年にリリースされたWilcoとのコラボ作『Mermaid Avenue』はグラミー賞にもノミネートされ大きな評価を獲得した。

(DISC 1)
1. A New England (John Peel session, 27th July 1983)
2. Fear Is A Man's Best Friend [Cale] (John Peel session, 27th July 1983)
3. Love Gets Dangerous (John Peel session, 27thJuly 1983)
4. Like Soldiers Do (David Jensen session, 22ndDecember 1983)
5. The Man In The Iron Mask (w/ Dave Woodhead) (David Jensen session, 22ndDecember 1983)
6. The Saturday Boy (David Jensen session, 22ndDecember 1983)
7. A Lover Sings (John Peel session, 18thSeptember 1984)
8. Between The Wars (John Peel session, 18thSeptember 1984)
9. A13, Trunk Road To The Sea [Troup/Bragg] (w/ Wiggy) (Saturday live, 13th October 1984)
10. There Is Power In A Union (John Peel session, 20th August 1985)
11. Days Like These (John Peel session, 20thAugust 1985)
12. Scholarship Is The Enemy Of Romance (Janice Long session, 18th December 1985)
13. Greetings To The New Brunette (John Peel session, 2nd September 1986)
14. Ideology (John Peel session, 2nd September 1986)
15. The Warmest Room (John Peel session, 2ndSeptember 1986)
16. She's Got a New Spell (John Peel session, 30thAugust 1988)
17. Valentine's Day Is Over (John Peel session, 30th August 1988)
18. The Short Answer (John Peel session, 30thAugust 1988)
19. Rotting On Remand (John Peel session, 30thAugust 1988)

(DISC 2)
20. The Few (John Peel session, 12th May 1991)
21. Accident Waiting To Happen (w/ Wiggy) (John Peel session, 12th May 1991)
22. Tank Park Salute (w/ Cara Tivey) (John Peel session, 12th May 1991)
23. Brickbat (John Peel session, 13th October 1995)
24. This Gulf Between Us (John Peel session, 13thOctober 1995)
25. Goal Hanger (London Music Week live, 1st May 1997)
26. The Boy Done Good [Bragg/Marr] (London Music Week live, 1st May 1997)
27. From Red To Blue (London Music Week live, 1st May 1997)
28. The Busy Girl Buys Beauty (Janice Long Paris Theatre London Live, October 1999)
29. It Says Here (Janice Long Paris Theatre London Live, October 1999)
30. Lonesome Traveller [Hays] (John Peel session, 8thDecember 2004)
31. Goodbye, Goodbye (Phill Jupitus live, 30thMarch 2007)
32. Way Over Yonder In The Minor Key [Guthrie/Bragg] (Bob Harris live, 6th May 2012)
33. No-One Knows Nothing Anymore (Latitude Festival live, 18th July 2014)
34. Levi Stubbs' Tears (Glastonbury live, 26th June 2015)
35. Why We Build The Wall [Anais Mitchell] (Tom Robinson live Buxton Opera House, 21st January 2017)
36. I Ain't Got No Home [Guthrie] (w/ CJ Hillman) (Radio 2 Folk Awards live, 5th April 2017)
37. The Space Race Is Over (Tom Robinson Now Playing 6Music ‘Billy Bragg Takeover', 14th July 2019)
38. St. Swithin's Day (Tom Robinson Now Playing 6Music ‘Billy Bragg Takeover', 14th July 2019)





●マイティ・ベイビー / アット・ア・ポイント・ビトウィーン・フェイト・アンド・デスティニィ ~ザ・コンプリート・レコーディングス:6CDクラムシェル・ボックス・セット
国内CD 7,700円(税込) (ベル・アンティーク / MAR-193214/9 / 4524505343418)


60年代から70年代初頭の英国ロックシーンにあって、サイケデリックを軸にしつつ、ジャズ・ロックやヘヴィ・ロックも交えた独特のプログレッシヴ性あるサウンドを展開していた名バンド、マイティ・ベイビー。2枚のスタジオ作に、デビュー作の初期月音源、複数のライヴ音源、大量の未発表音源を追加した6枚組ボックス・セット。英国ロックが独自の個性を持ち、最も豊穣だった時代の空気をこの上なく反映した彼等の多彩な音楽性を再評価するのに最適な究極のコレクション!







●CHAS & DAVE チ / GIVIN' IT THAT - THE ALBUMS COLLECTION (10CD)
輸入CD 11,000円(税込) (EDSEL / EDSL0044 / 0740155724436)


アルバム・アンソロジーが10CDセット・リリース!

英国スワンプ~パブ・ロックを軽快に駆け抜けたCHAS HODGESとDAVE PEACOCKによる元祖英国ポップ・ロック・デュオCHAS & DAVE。2018年9月にCHAS HODGESが惜しまれながら亡くなると、ERIC CLAPTONやJOE BROWN、GARY BROOKER、ALBERT LEEらスターはその12月にトリビュート・コンサートを開催、英国全体が悲しみに包まれた偉人でした。

75年作『ONE FING 'N' ANUVVER』、77年作『ROCKNEY』、79年作『DON'T GIVE A MONKEY'S...』にオリジナル・プレスに付属の7"エクストラ楽曲、81年作『MUSTN'T GRUMBLE』、82年作『JOB LOT』、84年作『WELL PLEASED』、87年作『FLYING』、2013年作『THAT'S WHAT HAPPENS』、2018年作『AND A LITTLE BIT OF US』のオリジナル・アルバム9作品に加え、

73年5月の最初期レコーディングス2曲をはじめ、初CD化となるレアなBサイド音源や1ST期のデモ、77年DOCKLANDSパブでの未発表ライヴ音源、ヒット・ソング"GERTCHA"や"SIDEBOARD SONG"のレアなオリジナルヴァージョン、そしてゲスト・ヴォーカルにLONNIE DONEGANを迎えたBEATLESカヴァー"YOU WON'T SEE ME"など、未発表マテリアルを多く含むレアリティーズ音源21トラックを収録したボーナス・ディスクをコンパイルしたファン必携コレクション。

豪華ブック装。32ページ・ブックレット。



















■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 11/12(火)ロック・プログレ新品新入荷情報①!ヨーロッパのネッド・ドヒニー”ことアル・サニー2NDが入荷!

Page Top