Home > ROCK/PROGRE > 11/8(金)ロック・プログレ新品新入荷情報!まだあった! カルト・シンガー・ソングライター最高峰PETER IVERSの未発表デモ音源集がCDリリース!

11/8(金)ロック・プログレ新品新入荷情報!まだあった! カルト・シンガー・ソングライター最高峰PETER IVERSの未発表デモ音源集がCDリリース!

  • 2019-11-08
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share

●PETER IVERS (PETER IVERS' BAND) / BECOMING PETER IVERS (CD) 
輸入CD 2,200円(税込) (RVNG INTL. / RERVNG09CD / 0747742382413)


まだあった! カルト・シンガー・ソングライター最高峰PETER IVERSの未発表デモ音源集がCDリリース!

70年代半ばから後半にかけてロサンゼルスで書かれた驚愕のアーカイヴァル・レコーディングスがまさかの発掘音盤化。

5年もの歳月がかけられた500本以上に及ぶテープの山の調査探求の果てにようやく完成に至ったというファン垂涎の秘蔵コレクション。IVERS自身が書き残したように、「デモは多くの場合、レコードよりも優れている」かもしれない奇跡的な録音が詰まっています。「よりエネルギッシュで、よりソウルフルで、よりガッツがあるんだ。」

ロサンゼルスはローレルキャニオンの自宅やハリウッドのスタジオでカセットやオープン・リール・テープに吹き込まれたリハーサル・セッションやデモ音源の数々は、74年『TERMINAL LOVE』~76年『PETER IVERS』期の貴重音源。"ALPHA CENTAURI"、"EIGHTEEN AND DREAMING"といった長年に亘って彼の作品で繰り返されたトラックはもちろんのこと、CARLY SIMONとのデュエットに結実する"PETER"や、DAVID LYNCHとの"IN HEAVEN"、VAN DYKE PARKSとの"WINDOW WASHER"、78年自伝的ミュージカル「NIRVANA CUBA」用の"NIRVANA CUBA WALTZ"、初出かもしれない"TAKE YOUR CHANCES WITH ME"や"CONFERENCE CALL AT FOUR"、"MY DESIRE"、"THE NIGHT YOU DIDN'T COME"、"AIN'T THAT A KICK"などなどなど、ピアノ、ドラム・マシーン、ハーモニカ、そしてむき出しのヴォーカルによるシンプルなサウンドで彼本来の奇異なポップ性が浮かび上がる全25トラックを収録しています。まさしくプライヴェートな瞬間を捉え「PETER IVERSになるということ」が丁寧に解き明かされていくファン必携盤です。

24ページ・ブックレット。

------

ハーバード大学を卒業しながらハーモニカ・プレイヤーとしてキャリアをスタート。在学中にブルース・レジェンドLITTLE WALTERとジャズ・チェリスト/ベーシストBUELL NEIDLINGERに師事し、68年にはMUDDY WATERSをして「生きている中で最も偉大なハープ・プレイヤー」と言わしめた彼は、ソングライターとしてもサイケ、アシッド・フォーク、ブルース、ジャズはもちろんのこと、シンセ・ポップにエレクトロ、ディスコ、ニュー・ウェーヴ、レゲエ、ソウル、アヴァンギャルド、サントラETC ETCと軽々とジャンルを横断。フリーキーでポップな個性と淫靡でストレンジなメロディ・センス、そして類まれなるそのハイトーン・ヴォイスを武器に、縦横無尽にそのすべてを串刺しに繋ぎ合わせることに成功した不世出の異能シンガー・ソングライターPETER IVERS。

職業作曲家としてはPOINTER SISTERSやDIANA ROSS、笠井紀美子らへの楽曲提供、さらには77年デヴィッド・リンチの長篇映画デビュー作にしてカルト映画の代名詞的傑作「ERASERHEAD」の楽曲製作をリンチに依頼され、のちにDEVOやBAUHAUS、TUXEDOMOON、PIXIESら多くの後進に取り上げられることになる"IN HEAVEN (THE LADY IN THE RADIATOR SONG)"を提供、またANGRY SAMOANSやDEAD KENNEDYSらをいち早く取り上げ80年代LAローカルの伝説のテレビ番組となったエクスペリメンタルなミュージック・ショウ「NEW WAVE THEATRE」のホスト役を務め新世代のバンドを紹介し続けたことでも知られていますが、本筋のシンガー・ソングライター稼業ではメインストリームでの成功を得ることなく、カルトな立ち位置に甘んじたまま83年に非業の最期を遂げています。

スリランカのジャズ・ディーヴァとのPETER IVERS' BAND WITH YOLANDE BAVAN名義で残したEPICからの69年1STアルバム『KNIGHT OF THE BLUE COMMUNION』を経て、VAN DYKE PARKSとLENNY WARONKERから10万ドルの契約金を提示されWARNER BROS. RECORDSへと移籍。そこでVAN DYKEと残したTHE PETER PETER IVERS BAND名義の74年2ND『TERMINAL LOVE』、ソロ名義となった76年3RD『PETER IVERS』、死後85年の追悼盤『NIRVANA PETER』の各作品は、今やカルト名盤としてJIM O'ROURKEや坂本慎太郎もファンを公言するなど多大なる影響を与え続けています。

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
『PETER IVERS / BECOMING PETER IVERS (CD)』 をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル 『特製イラスト』 ポストカードを差し上げます。






●ニール・ヤング / コロラド
国内SHM-CD 2,750円(税込) (ワーナーミュージック / WPCR-18279 / 4943674304202)


ロック・シーンにおける孤高のレジェンド、ニール・ヤング、2012年の『PSYCHEDELIC PILL』以来となるクレイジーホースとの最新作をリリース!日本独自仕様となる高音質SHM-CD。

『コロラド』は、2012年の『サイケデリック・ピル』以来となる、ニール・ヤングとクレイジー・ホースによる新作音源となる。ここ数ヶ月でニールが披露していた楽曲や(「レインボー・オブ・カラーズ」「グリーン・イズ・ブルー」「ミルキー・ウェイ」)、13分を超える大作「シー・ショウド・ミー・ラヴ」などを含む計10曲の新作。今作はニール・ヤングと、ジョン・ハンロン(JOHN HANLON)によるプロデュースで、2019年4月と5月にそのほとんどを一発録りで、コロラドのロッキー・マウンテン・スタジオにてレコーディングされた。追加のミックスを、マリブにあるシャングリラ・スタジオにて実施し、バーニーグランドマン・マスタリングのクリス・ベルマンがマスタリングを手掛けた。






●GENE CLARK / NO OTHER (2CD)
輸入CD 3,520円(税込) (4AD / 4AD0070CDX / 0191400007000)


埋もれた傑作74年4THが45周年記念でリマスター&ボーナス追加の2CDリイシュー!

短命に終わった73年のBYRDS再結成によって一旦救われるも、起死回生の本作はリリース当時不調で76年には廃盤に。クラブどさ周りを余儀なくされていた不遇の時代のGENE CLARK。生きていればこの11月17日で75歳を迎えていた彼のバースデーを祝う45周年記念リイシュー企画が登場です。

復活をかけ(たものの結局失敗に終わっ)た74年のソロ4作目。こちらも当時ヒットすることはなかった71年名作ソロ1ST『GENE CLARK』をプロデュースした敏腕JESSE ED DAVISも随所で良い仕事をこなし、盟友CHRIS HILLMANやJOE LALAはもちろん、RUSS KUNKELやDANNY KORCHMAR、CRAIG DOERGEなどなど名うてのウェストコースト人脈やALLMAN BROTHERS BANDOのBUTCH TRUCKSら豪華な面々がバックアップ。こののち15年に亘るコラボレーターともなったプロデューサーTHOMAS JEFFERSON KAYEによるBRIAN WILSONやPHIL SPECTORを意識したというアレンジも冴えた本作はCLARK版『SGT. PEPPER』との異名も囁かれ、サイケデリック・ロック、フォーク、カントリー、ジャズ、ゴスペル、ソウル、R&B、ファンクの要素までを取り入れた地味かつ大胆な音作りが試行錯誤を感じさせるまさにフォーク・ロック・クラシックと呼べる一枚です。

当時評論家には温かく受け入れられたものの商業的なセールスは残すことができなかった本作ですが、リリースから40年経った2014年にはNEW YORK TIMES紙で「後から考えると『NO OTHER』は輝きを増してくる。このアルバムのおかげでBIG STARの『THIRD/SISTER LOVERS』や、LOU REEDの『BERLIN』などがロックのレパートリーとして再構築された」と賞賛され、さらにはオルタナティヴ・カントリー勢やBEACH HOUSEにFLEET FOXESといった現行アーティストによっても再評価を受け注目を浴びたことで、時を経た現在ではようやく「本作こそが最高傑作である」というCLARK自身が度々インタビューで明かし続けてきた認識が正しく広まることになりました。

オリジナル・アルバム楽曲8曲のABBEY ROADにおける最新リマスター音源を収録したDISC 1に、さらにBERNIE LEADONと共作しEAGLESに提供した72年のヒット曲"TRAIN LEAVES HERE THIS MORNING"の貴重なセルフ・カヴァー・ヴァージョンを含むアルバム・セッションからのアウトテイクを収録したDISC 2をコンパイルした2枚組。

ハード・カヴァー装。


●CHRIS REA / AUBERGE (DELUXE EDITION 2CD)
輸入CD 2,750円(税込) (EAST WEST / 9029.549218 / 0190295492182)


91年11THが最新リマスター&ボーナス追加のデラックス・エディション2CDリイシュー!

78年のヒット・チューン"FOOL (IF YOU THINK IT'S OVER)"で音楽シーンに登場、日本では86年に"ON THE BEACH"がTVCMに使用され、そのスタイリッシュな世界と大人の色気漂う歌声で一世を風靡。ブルース・ロックをベースとしたコンテンポラリーなAORサウンド、そのむせび泣くような独特なスライド・ギターの音色と渋みに満ちたスモーキー・ヴォイスを武器に、累計アルバム・セールスは実に3,000万枚超え。硬派な英国シンガー・ソングライターの至宝と呼ばれたCHRIS REA。

前作『THE ROAD TO HELL』で見事全英1位を記録した彼が約2年後に発表した通算11作目。ジャケットにも登場する当時彼が所有していた車CATERHAM SUPER SEVENも印象的な作品で、車にまつわる楽曲を多く収録した作品でもあります。前作に続き2枚連続で全英1位を記録し、ドイツでも1位を獲得した他、素晴らしいチャート・アクションを記録。ファンの間でもマスターピースとして語られる本作には、"AUBERGE"や"HEAVEN"、"LOOKING FOR THE SUMMER"、シングル・カットされなかったにもかかわらずファンからの人気が高い"AND YOU MY LOVE"といった楽曲を収録。

最新リマスターが施されたオリジナル・アルバムを収録したDISC 1に加え、ライヴ音源やBサイド、未発表楽曲などを多数収録したDISC 2をコンパイルしたデラックス・エディション。CHRIS REAの最新インタビューを含むライナーノーツ掲載ブックレット。






●ローリング・ストーンズ / ブリッジス・トゥ・ブエノスアイレス (BLU-RAY+2SHM-CD)
国内CD+BLU-RAY(ブルーレイ) 7,700円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UIXY-75011 / 4988031357590)


【金曜販売開始商品】【生産限定盤(SD BLU-RAY + 2SHM-CD)】

●ザ・ローリング・ストーンズ、<ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー>からの新たなる未発表コンサート映像が登場。ボブ・DYLANもゲスト参加した、1998年4月5日のブエノスアイレス公演を完全収録!

●1998年のブエノスアイレス公演は、3月12日~21日にかけて行われた日本ツアーの直後、3月29日~4月5日の間に巨大なリヴァー・プレート・スタジアムで計5回が行われ、そのいずれもがソールドアウトを記録。4月4日と5日にはボブ・DYLANがオープニング・アクトを務め、ストーンズのステージにもゲストで登場。アルバム『ストリップト』(1995)でもカヴァーした「ライク・ア・ローリングストーン」で初共演を果たしたことも大きな話題を呼びました。

●映像はオリジナル・マスターから細心の注意を払ってレストア、オーディオはマルチトラックからリミックス/リマスターされたものを収録。

●本編22曲のオーディオを収録したSHM-CD×2枚が付属する限定盤デジパック仕様

●日本盤のみ、1997年にニューヨークはブルックリン橋にて行われたプレス・コンファレンス映像をボーナス収録。

●日本語字幕付

●解説:寺田正典

日本盤のみボーナス映像:
1997年プレス・コンファレンス




●ツイッグス / マグダレーン
国内CD 2,420円(税込) (BEAT RECORDS / YT191CDJP2 / 4580211853504)





●FKA TWIGS FKA / MAGDALENE 
輸入CD 1,925円(税込) (YOUNG TURKS / / 0889030019127)




●FKA TWIGS FKA / MAGDALENE (LP/RED VINYL) 
輸入LP 2,530円(税込) (YOUNG TURKS / YT191LPE / 0889030019165)




音楽とファッション、アート、テクノロジーを繋いで”未来から来たR&B”とも表現されるネクスト・レベル・アーティスト、 FKA Twigsがデビュー・アルバム以来5年ぶりとなる2作目『MAGDALENE』を〈Young Turks〉よりリリース!

■解説:坂本真理子/歌詞対訳付き/ボーナストラック追加収録/ステッカー封入
※下記はステッカーデザインです。
本作は、FKAツイッグスの心が張り裂けるような辛い体験や子宮の腫瘍を取り除く手術をするという経験によって彼女が自信を喪失していた時期に生み出されたという。
アルバムに収録されている「Mary Magdalene」にも歌われているように、サウンドには心と身体の再生に向かっている彼女の姿が映し出されており、デビュー・アルバム『LP1』と同様にFKAツイッグス自身が制作/プロデュースを手掛け、エレクトロニック・ミュージック界を代表するプロデューサーのニコラス・ジャーら多数の著名アーティストが、コラボレーターとしても名を連ねている。

また、先行で公開された楽曲「holy terrain ft. Future」では米ヒップホップ界を牽引するラッパーのフューチャーを迎え、プロデュースにはFKAツイッグス本人だけでなく、スクリレックスやテイラー・スウィフトなどを手掛けるジャック・アントノフも参加。
ファッションアイコンとしても注目され、サウンドはもちろん多彩なビジュアルアートで視覚的にも魅了する新世代アーティストの新たな感性が溢れ出した作品がここに誕生した。
日本盤CDはボーナストラックとしてロンドンの美術館The Wallace Collectionにて行われた「Cellophane」のライブ音源1曲が追加収録され、解説書・歌詞対訳とロゴステッカーを封入。限定輸入盤LPはレッド・ヴァイナル仕様でのリリースとなる。

●LUCY DACUS / 2019 (12")
輸入12" 2,365円(税込) (MATADOR / OLE14521 / 0744861145219)


Julien Baker、Phoebe Bridgersと共に結成したプロジェクト、Boygeniusでの活動や、2019年には欧州や北米などツアーで巡ったほかサポーティングアクトとしてMitskiのコンサートにも出演を果たしたSSW、Lucy Dacusが『2019』という名のシリーズで1年に渡りデジタルで発表してきたバレンタインや米国独立記念日などの記念日をテーマにした楽曲をまとめて12インチでリリース!

Bruce Springsteenの誕生日と共に自身のお父さんの誕生日を祝ってのBruce Springsteenのカバー曲「Dancing In The Dark」(リリース後1週間で米国のカレッジ・ラジオで最も放送されたシングル)や、ハロウィンをテーマにしたPhil Collins のカバー曲「In The Air Tonight」、またクリスマスをテーマにした「Last Christmas」のカバー曲や元日をテーマにした「Fools Gold」も収録。CDでのリリース予定はないとのことです!
ソングリスト




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 11/8(金)ロック・プログレ新品新入荷情報!まだあった! カルト・シンガー・ソングライター最高峰PETER IVERSの未発表デモ音源集がCDリリース!

Page Top