Home > ROCK/PROGRE > 9/14(土)ROCK・PROGRE新入荷情報!

9/14(土)ROCK・PROGRE新入荷情報!

  • 2019-09-14
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share



●キャット・スティーヴンス / マシュー・アンド・サン 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6835 / 4582239488355)
英2位のヒットを記録した表題曲を含む記念すべきデビュー・アルバム!
本盤『マシュー・アンド・サン』は67年3月リリース。最初の2枚のシングル両面を収録した記念すべきデビュー・アルバムで、英チャート最高7位を記録。
「マシュー・アンド・サン」に象徴されるオーケストラル・ポップ風のテイストが全体を支配していて、70年代のナイーヴな自作自演歌手としてのイメージとはかなりかけ離れたものになっている。
それでも、ヒットしたトレメローズ版を凌ぐ出来栄えの「ヒア・カムズ・マイ・ベイビー」など、その優れたソングライティングの証となる楽曲も決して少なくなかったことは特筆しておかなければならない。





●ムーディー・ブルース / ゴー・ナウ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6837 / 4582239488379)
ムーディー・ブルース、65年にリリースしたファースト・アルバム『ゴー・ナウ』がUS盤仕様で登場!【USリリース・シリーズ】
ヒット曲「ゴー・ナウ」を含む65年7月リリースのファースト・アルバムは、レインをメインのリード・シンガーに据えた初期ラインナップによる、R&Bのマージービート風カヴァーとオリジナル曲からなる唯一のオリジナル・アルバムだが、これには米盤と英盤で収録曲の異なるふたつのヴァージョンが存在する。
英盤タイトルは『The Magnificent Moodies』(Decca)。アメリカでは4曲を入れ替え(独自に上記UK盤シングルから4曲24812を収録)、曲順も変えたうえで『ゴー・ナウ~ザ・ムーディー・ブルース #1』(米London)のタイトルでリリースされた。
本ディスクは、オリジナル米盤ファースト全12曲(1~12)に、英盤のみに収録された4曲、13「Something You Got」(クリス・ケナー作)、14「I Dont Mind」(ジェイムズ・ブラウン作/歌;マイク・ピンダー)、15「Stop」(レイン&ピンダー作)、16「Thank You Baby」(レイン&ピンダー作)をボーナス・トラックとして追加収録したもの。
【紙ジャケット仕様/Bonus Track4曲収録】






●ホイッスリング・ジャック・スミス / アイ・ワズ・カイゼル・ビルズ・バットマン 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6838 / 4582239488386)
当時日本ではラジオ番組のテーマ曲としても親しまれた大ヒット曲をフィーチャーしたアルバムがついに復刻!
快活な行進曲風のビートに乗せた口笛の音色で1967年の日本洋楽界にさわやかな風を送り込んだ「I WAS KAISER BILLS BATMAN(口笛天国)」。
文化放送発で全国ネットのラジオ番組「オール・ジャパン・ポップ20」では同年6月第2週のチャートで19位に初登場して、7月第4週で見事NO.1。
その後、いったん2位に下がるも8月第1週で再びトップの座に返り咲き、計12週間も20位以内にランク・イン。またTBS発の「今週のベスト・テン」でも7月16日付でNO.1に輝いている。
加えて翌1968年11月に文化放送がスタートさせた深夜番組「走れ!歌謡曲」(月~土の深夜3時~5時)のオープニング・テーマにこの曲が採用されたことで、長年にわたりこのメロディーが多くの国民に親しまれることになった。





●ハプニングス / サイクル 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6839 / 4582239488393)
全米大ヒット「アイ・ガット・リズム」を含むハプニングスの傑作セカンド!
トーケンズのバックアップを受けてデビューした4人組ヴォーカル・グループ、ハプニングスが67年にリリースした傑作セカンド・アルバムが復刻!
全米3位の大ヒット「アイ・ガット・リズム」をはじめ、若々しいハーモニーと快活なサウンドで人気を博した彼らの魅力を存分に楽しむことができる。
見事なアレンジを施したポピュラー・ソングのカヴァーに加えて、トーケンズのメンバーによるオリジナル作品も素晴らしい出来。フォー・グラデュエイツ時代のシングル2曲をボーナス追加!





●HUMBLE PIE / TOURIN' - OFFICIAL BOOTLEG BOX SET VOLUME 4 (4CD BOX) 輸入CD 3,240円(税込) (HNE / HNEBOX123 / 5013929922303)
74-81年ライヴをコンパイルしたオフィシャル・ブートレグ・ボックス第4弾が4CDボックス・リリース!
69年に元SMALL FACESのSTEVE MARRIOTT、 元HERDのPETER FRAMPTON、元SPOOKY TOOTHのベーシストGREG RIDLEY、そして当時17歳の天才ドラマーJERRY SHIRLEYによって結成されたスーパー・グループHUMBLE PIE。
ライヴではパワフルでブルージーでソウルフル、そしてなによりもハードだったHUMBLE PIEが最も輝いていた時期のライヴ音源を集めた公式ブートレグ・シリーズの第4弾が登場です。
CD1は 74年9月27日のドイツはエッペルハイムのRHEIN-NECKAR-HALLE公演より、74年の最新作『THUNDERBOX』からのタイトル・トラック"THUNDERBOX"を皮切りに、71年5月の末期フィルモア・イーストで残された伝説ライヴ『PERFORMANCE ROCKIN' THE FILLMORE』でも披露したR&Bクラシック"I DON'T NEED NO DOCTOR"や72年作『SMOKIN'』からの"SWEET PEACE AND TIME"に"THE FIXER"や"30 DAYS IN THE HOLE"、EDDIE COCHRANカヴァー"C'MON EVERYBODY"等をハード・ロッキンなセットで披露。
日本人には嬉しいBONNIE TYLERカヴァー"SAYONARA TOKYO"も聴きものです。CD2は 74年3月11日のボストンはBOSTON MUSIC HALL公演より、同最新作『THUNDERBOX』の"THUNDERBOX"にCHUCK BERRYカヴァー"NO MONEY DOWN"を披露、こちらでも72年作『SMOKIN'』からの"SWEET PEACE AND TIME"や"30 DAYS IN THE HOLE"、EDDIE COCHRANカヴァー"C'MON EVERYBODY"、さらにはこちらもこの時期の定番ライヴ・フェイヴァリット"I DON'T NEED NO DOCTOR"で〆られる名演の一夜。
75年の『STREET RATS』リリース後には一旦解散し休止の時期を挟み、CD3は STEVE MARRIOTT、JERRY SHIRLEYに加えベースにANTHONY JONES、ギター/ヴォーカルにBOBBY TENCHという新たな布陣で復活後の80年3月12日、ニューヨーク州アルバニーのJB SCOTT'S THEATER公演を収録。
新作『ON TO VICTORY』からの"INFATUATION"や"FOOL FOR A PRETTY FACE"を披露し、さらにはファン歓喜のロックンロール・メドレー"ROUTE 66 / BE BOP A LULA / LITTLE QUEENIE / WHOLE LOTTA SHAKIN' GOIN' ON"でラストを飾っています。CD4は 81年4月19日のミルウォーキーのTHE PALMS公演より、引き続きの復活2作目『GO FOR THE THROAT』を引っさげた一夜。アルバムでも冒頭を飾ったELVIS PRESLEYカヴァー"ALL SHOOK UP"、SMALL FACES再訪チューン"TIN SOLDIER"、PIEクラシック・メドレー"30 DAYS IN THE HOLE / HALLELUJAH (I LOVE HER SO) / I WALK ON GILDED SPLINTERS / ROUTE 66 / TULSA TIME"などなどを披露するファン必聴のステージ。





●RENAISSANCE (PROG: UK) / TOUR 2011~LIVE IN CONCERT: 2CD/1DVD DIGIPACK EDITION 輸入CD+DVD 3,024円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / ECLEC32692 / 5013929479241)
※価格は予定価格です。海外レートにより変更なる場合も御座いますので、予めご了承くださいませ。
Classical/Symphonic Rockを代表するバンドの一つ、自主レーベルSymphonic Rock Recordingsから発表された'11年北米ツアーの模様を収録した同年CD+DVD(2CD+DVD)3枚組Live盤が、英Esoteric Recordingsからデジパック仕様に新装し'19年再発!生産終了のため長らく入手困難だった1作、現SEA WITHINのTom Brislinに替わりI AND THOUのJason Hartを新keyに迎え行われた'11年北米ツアーから、同年9月Philadelphia:GlensideのThe Keswick Theatre公演の模様を収録(CD/DVD共に同内容)。
当時のツアーの目玉であった、70年代中期に発表された『TURN OF THE CARDS』『SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES』の名作2作品完全再現公演の模様をCD2枚とDVDに完全収録、メンバー・チェンジを行いながらも前々年からのシーンに再復帰/Live活動を重ねた成果を反映したタイトなアンサンブルをバックに、往年を彷彿させるAnnie Haslamの美声が全編で堪能できる内容。堅実かつ職人的な各メンバーの演奏、ツインkeyを生かしたアコースティカルな味わいとシンフォニック色をまとった端麗なサウンドに加え、各楽曲間のMC/観客の反応もダイレクトに捉えられた臨場感溢れる内容の素晴らしさはもとより、本ツアー後に逝去した故Michael Duford(acoustic-g/vo)/先頃逝去した、00年代再編期から堅実な演奏でバンドのリズム・セクションを支えたDavid J. Keyes(b/vo)の故人2人の在りし日の雄姿も楽しめる、ファン必見/必聴の一本です!!






●RICHARD THOMPSON / ACROSS A CROWDED ROOM: LIVE AT BARRYMORE'S 1985 - 2019 REMASTER 輸入CD 2,808円(税込) (REAL GONE MUSIC / RGM0909 / 0848064009092)
FAIRPORT CONVENTION/Richard & Lindaデュオをはじめ数々のバンド/プロジェクトで名作を生み出し、現在も英/米を股にかけて活躍するFolk/Tradシーンを代表するギタリスト/SSWの一人、'85年ライヴ音源を収録した発掘ライヴ作品が米Real Gone Musicよりリマスター/2枚組CDで'19年登場。
'85年4月にカナダ,オタワのBarrymore Music Hallにて行われたライヴの音源を収録する作品、'85年にVHS,レーザーディスクでリリースされた音源に一部楽曲を追加しての初CD化。
タイトルにもある'85年作『ACROSS A CROWDED ROOM』の楽曲をメインに、'82年作『SHOOT OUT THE LIGHTS』ほかソロ作品やRICHARD & LINDA THOMPSON名義作品から選曲された楽曲を披露。バックにはClive Gregson(g)、FAIRPORT CONVENTION,FOTHERINGAY他のGerry Conway(dr)などが参加、プロデューサーはAl Cooper。前記'85年盤には収録されていなかった'Warm Love Gone Cold' 'How I Wanted To'の2曲を追加収録。
マスターはギリシャStudio 1093のTom Lewisによる新規リマスター音源を使用。 
【2枚組CD/Remaster】





●AMERICAN TEARS / WHITE FLAGS 輸入CD 1,836円(税込) (ESCAPE / ESM331 / 5031281003317)
※価格は予定価格です。海外レートにより変更なる場合も御座いますので、予めご了承くださいませ。
VALHALLA/TOUCH/DRIVE, SHE SAID等数々の北米Progre Hard/Melodic Rockバンドの中核として活動してきたMark Mangold(vo/key/synth)を中心に70年代中期に結成/活躍した北米産Hard Rock/Progre Hardバンド、英Escapeより'19年作が登場。
前作『HARD CORE』に続き、Mark Mangoldが全パートを手掛け制作した実質的にはソロの作品となるアルバム。核となるキーボードのサウンドは前作では'70s然とした音を軸としていたのに対し本作では更に音色の幅を聴かせ、更なる煌びやかで雄大なサウンド/編曲によるProgressive Hardに仕上げている一枚です。





●SPAMPINATO BROTHERS / PIE IN THE SKY 輸入CD 2,376円(税込) (REVOLVO RECORDS / CD81741 / 0844553037492)
2010年1STがCDリリース!
日本でも多くのファンを持ち過去5回の来日を果たしたアメリカン・ロックの至宝NRBQの結成以来のオリジナル・ベーシストであり、大半の楽曲のヴォーカルとソングライティングも手掛けてきたJOEY SPAMPINATOが、実弟でもありケープゴッドの伝説バンドINCREDIBLE CASUALSのメンバーでもあり、95年からはNRBQの3代目ギタリストとしても活躍したJOHNNY SPAMPINATOとともに結成した兄弟バンド、SPAMPINATO BROTHERS。
NRBQ時代からJOEYの持ち味であった初期BEATLESやLOVIN' SPOONFULを彷彿させるラウドでラブリーでゴキゲンな3分間ロックンロールは本作でももちろん健在。全てのポップ・ミュージック・ファンのマスト・アイテムです。





●J. GEILS BAND J / THE MORNING AFTER (180G LP) 輸入LP 4,752円(税込) (MOBILE FIDELITY SOUND LAB / MOFI415 / 0821797141512)
71年2NDがMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入り180グラム重量盤LPで登場!!
ボストン発のいなたいアメリカン・ロックンロール・サウンドと野生的なヴォーカルを武器に、ブルースからR&Bテイストまでを泥臭く織り交ぜ 「アメリカのSTONES」とも呼ばれたJ. GEILS BAND。
これぞアメリカン・ロックンロールな至高のジャンプ・ナンバー"I DON'T NEED YOU NO MORE"で幕を開ける全10曲、バンドの個性そのものともいえるMAGIC DICKの息もつかせぬショウケースと化したJUKE JOINT JIMMYの"WHAMMER JAMMER"、WOLFのヴォーカリストとしての真価を示すBOBBY WOMACK/VALENTINOSのゴスペル・ヒット"LOOKING FOR A LOVE"やDON COVAYのクラシック・ソウル"THE USUAL PLACE"のロマンティックなカヴァー、ファンキーに揺れる"GONNA FIND ME A NEW LOVE"に、のちGRAM PARSONSが『GP』で取り上げた"CRY ONE MORE TIME"などなど、稀代のブルース・ハーピスト'MAGIC DICK' SALWITZの焼け付くようなハーモニカとマシンガン・ヴォーカリストPETER WOLFのブルース・ドライヴンでスモーキーなパフォーマンスに、WOLFと並んでバンドのソングライティングの核でもあるSETH JUSTMANのスロウ・バーンなオルガン、バンド名に冠されながらも地味に支えるJ. GEILSの歌心的ギター・ワークも冴え渡る、汗臭くもロウでピュアなロックンロール感覚とソウルやR&Bに裏打ちされた性急かつルーズなリズム。タイトルやジャケットのオール明け的祭りの後感からも伝わるようにアーリー70Sの終わらない猥雑なパーティ感覚が充満する白熱の名作です。3000枚限定盤。



【再入荷】

●V.A. (PSYCH) / NEW MOON'S IN THE SKY ~ THE BRITISH PROGRESSIVE POP SOUNDS OF 1970 (3CD) 輸入CD 3,024円(税込) (GRAPEFRUIT / CRSEGBOX059 / 5013929185906)
ソフトなポップ・チューン満載! 70年英国プログレッシヴ・ポップ・コンピレーションが3CDリリース!67年、68年、69年それぞれに捧げられたアンソロジーで英国のサイケデリック・シーンを記録してきたコンピレーション・シリーズは、いよいよ70年代に入って変化を見せます。いまだサイケの残り香も感じさせつつ、BEATLESがシーンから去った1970年。急成長する時代のプログレッシヴ・ロックがほんのりと幅を利かせつつも、まだまだどうにも英国的なポップ・サウンドの数々をコンパイル。まさしくパイオニアなPROCOL HARUMに、ハードでポップなBARCLAY JAMES HARVEST、遅れてきたサイケデリアが最初期のプログレッシヴと接続するFIVE DAY RAIN、英国アングラ最深部HAWKWINDに、GERRY RAFFERTYのHUMBLEBUMS、スタジオ・サイケ・プロジェクトPLASTIC PENNY、カンタベリーの貴公子KEVIN AYERS & THE WHOLE WIDE WORLD、HUMBLEBUMSやTINKERBELLS FAIRYDUSTにも関わったオール・フィメール・サイケ・プログ・シアトリカル・バンドSHE TRINITY、英国甘枯れフォーキー・ソフト・ロック最高峰HONEYBUS、THE MIRAGEやPORTEBELLO EXPLOSION、YELLOW PAGESとしても活動したJAWBONE、MOVE~ELO~WIZZARDのMIKE SHERIDANとRICK PRICEによるデュオSHERIDAN & PRICEに、のちの英国ポップを支えるERIC STEWART、KEVIN GODLEY、LOL CREMEによるプレ10CCなDOCTOR FATHERなどなど有名無名問わず大放出、さらにFLEUR DE LYS~RUPERT'S PEOPLEにも顔を出すTIM ANDREWSによるNIRVANAカヴァー"TINY GODDESS"、英国裏ポップ・サイケ最高峰ANGEL PAVEMENTのTHE MOVEミーツHOLLIESな"JENNIFER"、まどろみのハーモニーを現出させるHARMONY GRASSの"I'VE SEEN TO DREAM"、ボンゴ&ヴァイオリンが奇妙なCANTICLEのSMALL FACESカヴァー"MY MIND'S EYE"、バンド名もタイトルも内容もサイケ・ポップの完成形を提示するTHE MARMALADEの"KALEIDOSCOPE"、アート・ロック・トリオBACHDENKELの純英国的ヘヴィ・サイケ"AN APPOINTMENT WITH THE MASTER"、そしてSTEVE & STEVIE~TIN TINとのしての活動で英国ファンに愛され、のちAOR方面からも評価されるSTEVE KIPNER & STEVE GROOVESの変名THE FUTが残し、当時JOHN LENNON/BEATLESの知られざるブートレグ録音かとYOKOまで巻き込み騒ぎになった"HAVE YOU HEARD THE WORD"などなどなど、一発屋に変名バンドにスタジオ・プロジェクト、BEATLESの遺伝子からサイケデリックなフォーク・アドベンチャーにアンダーグラウンドなロックから3分間のポップ・ソングまで全70トラックを収録しています。52ページ・ブックレット。クラムシェル・ボックス装。




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 9/14(土)ROCK・PROGRE新入荷情報!

Page Top