Home > ROCK/PROGRE > 9/12(木)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!その①ROCK編:ALLMAN BROTHERS BAND、伝説の『AT FILLMORE EAST』の2ヶ月前! WEST公演を収めた未発表ライヴ音源が4CDリリースなど

9/12(木)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!その①ROCK編:ALLMAN BROTHERS BAND、伝説の『AT FILLMORE EAST』の2ヶ月前! WEST公演を収めた未発表ライヴ音源が4CDリリースなど

  • 2019-09-12
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★伝説の『AT FILLMORE EAST』の2ヶ月前! WEST公演を収めた未発表ライヴ音源が4CDリリース!

●ALLMAN BROTHERS BAND / FILLMORE WEST '71 (4CD) 輸入CD 6,804円(税込) (ALLMAN BROTHERS BAND RECORDING COMPANY / ABBR4.2 / 0821229000042)
伝説の『AT FILLMORE EAST』の2ヶ月前! WEST公演を収めた未発表ライヴ音源が4CDリリース!バンド50周年企画の一環として、ファン垂涎の全盛期未発表ライヴ音源が発掘音盤化。のち傑作ライヴ・アルバムとして結実することになる71年3月のニューヨークはFILLMORE EASTでの名演に先立つこと2ヶ月前、71年1月29日、30日、31日の3日間に亘って開かれたサンフランシスコはFILLMORE WEST公演の模様を収録しています。

DUANE ALLMAN、GREGG ALLMAN、DICKEY BETTS、JAIMOE、BERRY OAKLEY、BUTCH TRUCKSという黄金の布陣で、ルーズに快活に展開しながら徐々にタイトに仕上がっていくもうひとつの歴史的ステージ。オープニング・チューン"STATESBORO BLUES"に"WHIPPING POST"、"ELIZABETH REED"などEAST公演でも演奏されるグレイテスト・ヒッツな楽曲に、若さと熟練が同居するMUDDY WATERSクラシック"TROUBLE NO MORE"、BERRY OAKLEYがマイクを取った"HOOCHIE COOCHIE MAN"、比較的新しいセットとして披露する"HOT 'LANTA"などなど、『EAST』に続くセカンド・ベスト・ライヴ・アルバムといって良い名演のオンパレードがCD3枚強に亘り詰まりに詰まっています。

加えてDISC 4には、こちらも未発表となる70年3月13日ニュー・オーリンズのTHE WAREHOUSE公演からの"MOUNTAIN JAM"の衝撃の45分インプロヴァイズド・ヴァージョンを収録したファン必携盤4枚組。

当時実際にFILLMORE WESTにいたというABBのオフィシャル・アーカイヴィストKIRK WESTによる監修で、バンドの元ツアー・スタッフTWIGGS LYNDON、JOE DAN PETTY、MIKE CALLAHANが所有していたオープン・リール・サウンドボード・マスターからのコンパイル。

JIM MARSHALL撮影によるDUANE ALLMANのステージ・ショットをフィーチャーしたフロント・カヴァー・フォト装。








★2019年ソロ18THがCDリリース!

●IGGY POP / STOOGES (IGGY & THE STOOGES)  / FREE (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (CAROLINE INTERNATIONAL / CAROL019CD / 0602577943331)
●IGGY POP / STOOGES (IGGY & THE STOOGES)  / FREE (COLORED 180G LP) 輸入LP 3,564円(税込) (CAROLINE INTERNATIONAL / CAROL019LPC / 0602577943546)
2019年ソロ18THがCDリリース!自身チャート最高位を獲得した2016年の「ポップ後鬱」こと『POST POP DEPRESSION』以来3年ぶりのニュー・アルバムが登場。GILLE PETERSON周辺にフックアップされKENDRICK LAMAR作品へも参加、BILALの諸作等ネオ・ソウル界でも暗躍するNYのジャズ・トランペッターLERON THOMASと、ミニマル・ドローン・アンビエントな作風で00年代後半に名を成しGLENN BRANCAの100 GUITAR ENSEMBLEへも参加、『POST POP DEPRESSION』ツアーのオープニング・アクトにも抜擢されたこちらもブルックリンの女性ギタリスト/映像作家NOVELLERことSARAH LIPSTATEとのコラボレーションによって紡ぎだされた 憂鬱で瞑想的な本作。これまでのIGGYとは全く異なったサウンドに仕上がった「自由」な意欲作となっています。

「これは他のアーティストが俺に代わって作り上げたアルバムなんだ。俺は俺の声を貸しただけ。」

「前作のツアーを終えて、確かに感じたんだ。これまであまりにも長い間俺の人生とキャリアを悩ませてきた慢性的な不安を自ら取り除けたんだってね。でも同時に疲れ切っていた。サングラスをかけて、背を向けて、立ち去りたかった。自由になりたかったんだ。」

「それが幻想だってことはわかってる。自由なんてものは、自分で感じるか感じないかだけだ。でも俺はこれまでそれを追及することに信念を持って俺の人生を生きてきた。幸せや愛なんてのは必ずしも必要なものではなくて、自由でいるっていうその感覚こそが必要なんだよ。」

「そしてこのアルバムはちょうどそんな感じで生まれてきたし、俺はそれを起こるままにさせただけさ。」
---IGGY POP







★2018年ライヴがCDリリース!

●TEN YEARS AFTER / NATURALLY LIVE (CD) 輸入CD 2,484円(税込) (BUTLER RECORDS / BUR340069 / 8718627230169)
!2018年3月24日、ドイツはエアフルトのHSD MUSEUMKELLER公演を収録。

ギター/ヴォーカルMARCUS BONFANTI、ベースCOLIN HODGKINSON、キーボードCHICK CHURCHILL、ドラムRIC LEEという布陣のTYA。2017年のスタジオ・アルバム『A STING IN THE TALE』を引っさげたツアーよりの一夜。"LAND OF THE VANDALS"、"SILVERSPOON LADY"、"LAST NIGHT OF THE BOTTLE"といった新作楽曲に、"I'D LOVE TO CHANGE THE WORLD"、"HEAR ME CALLING"、"GOOD MORNING LITTLE SCHOOLGIRL"のようなオールド・フェイヴァリットにウッドストック・キラー"I'M GOING HOME"まで圧巻のセットに加え、近年のセットに設けられているセミ・アコースティックなセクションでは最初期67年楽曲から"PORTABLE PEOPLE"、"DON'T WANT YOU WOMAN"、"LOSING THE DOGS"も披露するファン必聴のステージです。





★68-70年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●PETER GREEN'S FLEETWOOD MAC / TRANSMISSION IMPOSSIBLE (3CD) 輸入CD 2,160円(税込) (EAT TO THE BEAT / ETTB111 / 0823564031309)
DISC 1には 68年6月9日、サンフランシスコはTHE CAROUSEL BALLROOM公演を収録。

ギターPETER GREEN、ベースJOHN MCVIE、ドラムスMICK FLEETWOOD、ギターJEREMY SPENCERの鉄壁の布陣によるUSツアーからの一夜。ELMORE JAMESクラシック"MADISON BLUES"に"MY BABY'S"の2連発、1ST『FLEETWOOD MAC』の"GOT TO MOVE"に2ND『MR. WONDERFUL』の"TRYING SO HARD TO FORGET"や"LAZY POKER BLUES"、ROBERT JOHNSONクラシック"I'LL DUST MY BROOM"に8分に及ぶブルース・ジャム、LITTLE RICHARDの"LONG TALL SALLY"からJOHNNY OTISの"WILLIE & THE HAND JIVE"にさらにLITTLE RICHARDの"TUTTI FRUTTI"という圧巻のロックンロール・メドレーなどなど、後半にはハープでPAUL BUTTERFIELDを迎えた正しくブルース・ロック・バンドとしてのMACを堪能できる名演のステージです。

DISC 2には 各種BBC音源をコンパイル。

68年1月12日のTOP GEAR、3月24日のTOP GEAR、4月13日のSATURDAY CLUB、6月2日のTOP GEAR、7月7日のTOP GEAR、7月23日のTHE BLUES ROLL ON、8月26日のRADIO ONE O'CLOCK、10月13日のTOP GEAR、11月24日のTOP GEARからのセッション音源を一挙コンパイル。クラシック・ブルースにロックンロール・カヴァー、最初期のオリジナルまで、JOHN MAYALLスクールから現れた若き天才PETER GREENの才気溢れるプレイが存分にフィーチャーされた ヒップなブルース・ロック・バンドとしての初期のFLEETWOOD MACが詰まった名演パフォーマンスです。

DISC 3には 70年1月30日、ニューオーリンズはTHE WAREHOUSE公演を収録。

69年9月リリースの3RD『THEN PLAY ON』を引っさげたUSツアーより、1/30、1/31、2/1と続いた3連続公演からの初日のステージは、85年になってリリースされた『LIVE IN BOSTON』のまさに数日前を捉えています。19歳の新鋭DANNY KIRWANの初参加作にして初期MACを形作ったPETER GREENのラスト作となった新作からは"BEFORE THE BEGINNING"を披露。ボストンでも演奏されたDANNY KIRWAN作の"LIKE IT THIS WAY"に"ONLY YOU"といったレア・トラックに、バンドの代表曲となった68年インストルメンタル・ヒット"ALBATROSS"、70年5月にシングル・リリースされPETER GREEN在籍時最後の録音となった"GREEN MANALISHI"に"WORLD IN HARMONY"、ブルース・バンドとしての躍動を存分に感じるライヴ・フェイヴァリットなELMORE JAMESカヴァー"MADISON BLUES"、"OH BABY"、"STRANGER BLUES"と、やはり初期MACを堪能できる名演盤です。





★80年代FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●GRATEFUL DEAD / LIVE BOX (3CD) 輸入CD 2,160円(税込) (LASER MEDIA / 1147812 / 5359004505543)
80年代FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!年代場所不明の3公演分を収録。





★73年KSAN-FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●MICKEY HART / SAN FRANCISCO 1973 輸入CD 1,944円(税込) (ROXVOX / RVCD2154 / 5292317215429)
73年サンフランシスコでのセッションを収録。

71年2月にGRATEFUL DEADを離れたドラマーMICKEY HARTが、翌年に友人たちを交えソロ名義で残したセッション。72年9月リリースの1STソロ・アルバム『ROLLING THUNDER』以降に彼が取り組んだものの、WARNERに発売拒否されてしまった幻の2NDアルバム・プロジェクト『FIRE ON THE MOUNTAIN』期の"FIRE ON THE MOUNTAIN"に、ROBERT HUNTER/DAVID FREIBERGによる"I HEARD YOU SINGING"、さらに同時期、ナッシュヴィルのAREA CODE 615に倣ったベイエリアのAREA CODE 415プロジェクト期に残したとされる"GHOST RIDERS IN THE SKY"や"YOU KNOW I WILL"、"I HEARD YOU SINGING"、"NIGHT OF THE VAMPIRE"などなど、マリン郡のセッション・ミュージシャンを中心としたフレンドリーなコレクティヴの貴重すぎる記録が詰まっています。この中の何曲かは同じく幻となった73年のBRUCE LEE映画のアンビエントなロスト・サウンドトラック『THE SILENT FLUTE』にも収録されていたのかもしれません。





★88年ラスト・パフォーマンスがCD+DVDリイシュー!

●NICO & THE FACTION / FATA MORGANA (CD+DVD) 輸入CD+DVD 1,944円(税込) (GONZO MEDIA GROUP / HST516CD / 5056083205646)
88年6月6日、西ベルリンの天文台WILHELM-FOERSTER-STERNWARTEのプラネタリウムで開催された、EUROPEAN CAPITAL OF CULTURE(欧州文化首都)フェスティヴァル公演の一幕を収録。

オリジナルは94年リリースのCD。74年作『THE END...』に収録されたラストの"YOU FORGET TO ANSWER"以外の楽曲はこのショウのためにバック・バンドTHE FACTIONとともに作られたという NICOにとってのまさに遺作となったステージです。JOY DIVISIONやBAUHAUS、SIOUXSIE & THE BANSHEESらに支持され、ゴシックの先駆けとも評価された実験的で陰鬱かつドラマティックなそのサウンドは確かに同時代のニューウェーヴ勢にも引けをとらない独特の音世界。この6週間後の7月18日、イビザでのヴァケーション中に不慮の死を遂げることになる ダークでサイケデリックなファム・ファタルのラスト・ステージです。

ラジオ・エディットやGRAHAM DOWDALL REMIX等のボーナス・トラックに加え、NICOのラスト・インタビューやドキュメンタリー・フッテージなどのエクストラ・ヴィジュアル・コンテンツも収録したファン必携盤です。





★79年ライヴがCD+DVDリリース!

●AMERICA / LIVE IN CENTRAL PARK 1979 (CD+DVD) 輸入CD+DVD 1,944円(税込) (AMERICA HOLDINGS / HST508CD/DVD / 5056083203710)
ロンドンで結成された在英駐留アメリカ軍人子息、GERRY BECKLEY、DEWEY BUNNELL、DAN PEEKによる故国望郷トリオ、AMERICA。"A HORSE WITH NO NAME (名前のない馬)"の全米ナンバー・ワン・ヒットを始め、アコースティック・ギターと3人それぞれのヴォーカル、爽やかでみずみずしいコーラスを活かした 素朴で洗練されたポップ、フォーク、ロックの豊潤なミックス・センスを武器に、英国産の西海岸というコンセプトでCNS&Yに続くバンドとして一世を風靡した名バンドです。

05年にDVDでリリースされたオーストラリアの映像作家PETER CLIFTONによるドキュメンタリー、79年夏の終わりのNYCはセントラル・パークでのステージがCD+DVD化。79年のワールド・ツアーのファイナル・コンサートで、12000人のファンを前に当時のベストを披露する圧巻のパフォーマンスを収録しています。

DVDには監督の湖面タリーやボーナス・フッテージ、さらには未発表ボーナス・トラックも収録しています。

※本DVDは一般的な国産DVDプレイヤーで視聴可能です。REGION ALL





★フォーク&アメリカーナの先駆デュオの70年代未発表音源集が発掘2CDリリース!

●IAN AND SYLVIA / THE LOST TAPES 輸入CD 2,916円(税込) (STONY PLAIN / SPCD1408 / 0772532140829)
59年にカナダはトロントで出会い結成。62年からNYに移り住みDYLANのマネージャーALBERT GROSSMANに認められ、BOB DYLANやJONI MITCHELL、GORDON LIGHTFOOTらとともに初期のグリニッチ・ヴィレッジ・シーンで活動。VANGUARDからのリリースやニューポート・フォーク・フェスティヴァルへの出演など活躍を続け、のち結婚・離婚もした男女フォーク・デュオ、IAN TYSONとSYLVIA FRICKERによるIAN & SYLVIA。初期のフォーク・サウンドのみならず、TODD RUNDGRENプロデュースによる69年の『GREAT SPECKLED BIRD』はウッドストックとナッシュビル・サウンドをミックスしたカントリー・ロックの名盤として愛されています。

2019年初頭にSYLVIAの屋根裏部屋で見つかったという1/4インチ・アナログ・テープには、70年代初頭の未発表スタジオ・ライヴ音源が詰まっていました。DISC 1には地元カナダで大ヒットした"FOUR STRONG WINDS"や"DARCY FARROW"など代表曲のラフなライヴ・ヴァージョンを『CLASSICS』としてまとめ、DISC 2にはROBERT JOHNSONのブルース・クラシック"COME ON IN MY KITCHEN"やMEL AND TIMのR&Bヒット"STARTING ALL OVER AGAIN"、LORETTA LYNNとCONWAY TWITTYの目が・ヒット・カントリー"AFTER THE FIRE IS GONE"やBUCK OWENSの"CRYING TIME"、TOM PAXTONの"THE LAST THING ON MY MIND"、GRAM PARSONSの"SILVER THREADS AND GOLDEN NEEDLES"といった貴重なカヴァーを『PREVIOUSLY UNRELEASED』としてコンパイルした完全未発表のファン垂涎の全26曲。





★2019年新作がCDリリース!

●BRUCE COCKBURN / CROWING IGNITES 輸入CD 2,484円(税込) (TRUE NORTH RECORDS / TN737.2 / 0620638073728)
70年のセルフ・タイトル作『BRUCE COCKBURN』でのデビューから50年近くの長きに渡り詩情あふれる歌とギターを届け続け、2018年9月には25年ぶりの来日コンサートも成功。名実共にカナディアン・シンガー・ソングライターの頂点にひっそりと君臨するフォーキー・レジェンドBRUCE COCKBURN。

通算34枚目はギター・インストルメンタル・アルバム。ほとんどが既発トラックだった05年の『SPEECHLESS』とは異なり、全11曲のブランニュー・コンポジションを収録した意欲作。プロデュースには盟友COLIN LINDENを迎え、そのアコースティック・ギターの腕前はもちろんのこと、カリンバ、サンスーラ、チャランゴ、ダルシマーなども使用。フォーク、ブルースにジャズ、ワールドなどなど、COCKBURNの表現力の豊かさを存分に楽しめる一枚に仕上がっています。





★2018年ROCKPALASTライヴ音源がCDリリース!

●MILLER ANDERSON BAND / LIVE AT HERZBERG FESTIVAL 2018 (CD) 輸入CD 2,376円(税込) (HERZBERG RECORDS / HZB54.2 / 4260175030271)
KEEF HARTLEY BAND~DOG SOLDIERのほか、SAVOY BROWNやT. REXでもその辣腕ぶりを発揮した英国ブルース・ロックシーンを代表するギタリストMILLER ANDERSON。

2018年7月27日、HERZBERG FESTIVAL公演を収録。

69年8月16日の午後5時、ウッドストック・フェスティバルに出演したKEEF HARTLEY BANDのパフォーマンスを再現したというステージで、キーボード/ヴォーカルFRANK TISCHER、ドラムスTOMMY FISCHER、ベースJANNI SCHMIDTというバンドに加え、ホーンにJOHN MAYALを叔父に持つサックス・マシーンことLEE MAYAL、ブルース・ヴァイオリンにドイツが誇るKLAUS MARQUARDTもフィーチャーし、熱くエネルギッシュに展開する名演です。





★スーパースター楽曲大集合のホリデイ・コンピレーションが2CDリリース!

●V.A. (ROCK GIANTS) / AN ALL-STAR SALUTE TO CHRISTMAS (2CD) 輸入CD 2,160円(税込) (CLEOPATRA / CLO1482 / 0889466148224)
ポップにロック、メタルにカントリー・ミュージックまで、オールスター大集合のホリデイ・クラシック満載クリスマス・アルバムが登場。IGGY POPにTHE DOORSのROBBY KRIEGER、DOUG KERSHAW、THE MOTELS、BAY CITY ROLLERS、GEORGE LYNCH、AIR SUPPLY、ASIAのJOHN WETTON、DEEP PURPLEのGLENN HUGHESにSTEVE MORSE、TOTOのBOBBY KIMBALL、JAMES BROWN、T.REXTASY、SPANKY & OUR GANG、JUDY COLLINSなどなど全30曲2枚組。





★80年4THが200グラム重量盤アナログ・リイシュー!

●XTC / BLACK SEA (200G LP) 輸入LP 3,024円(税込) (APE HOUSE LTD / APELP104 / 0633367790514)
ANDY PARTRIDGE、COLIN MOULDING、DAVE GREGORY、TERRY CHAMBERSという黄金期のXTCが「ロック・バンド」として残したまさしく時代の傑作。

前作『DRUMS AND WIRES』に引き続きプロデューサーSTEVE LILLYWHITE、エンジニアHUGH PADGHAMのコンビが仕掛けた本作は、PETER GABRIELの3RD、PHIL COLLINSの1STに続き、当時最新のゲート・リヴァーブ処理されたドラム・エコー・サウンドを大胆にフィーチャー。そこから生み出される80年代的残響はもちろん、ANDYとCOLINという2人の個性的ソングライターの競い合いによりアルバムを追う毎に進化した楽曲そのものと、カルテットとしてタイトに構築されたさらに骨太で重厚なバンド・サウンドが詰まった 80年代の幕開けを飾るにふさわしい名盤中の名盤です。

アタック感の強いドラムとベースに宣言のようなものを感じるエッジの効いたダイナミックなギター・チューン"RESPECTABLE STREET"からはじまり、キャッチーでメロディアスなネオ・サイケ風味ポップ・ソング王道"GENERALS AND MAJORS"、ニュー・ウェーヴ時代らしい無機質なアナザー・サード・ワールド"LIVING THROUGH ANOTHER CUBA"、BEATLESから連なる英国の伝統を80年代の空気感が包みこむビート・ポップ"TOWERS OF LONDON"、若くタイトなエナジーの中にのちの変態性も十分に醸す"SGT. ROCK (IS GOING TO HELP ME)"などなど、まだ職人的とまでは行かずとも、中毒性の高いメロディと凝り過ぎない素直なサウンド、ライヴ・バンドとしての充実も感じられるリズム志向、COLINの練りこんだポップなベース・ラインに、ANDYのギタリストとしての自信、もちろん時折覗く変態性。初期XTCの最高傑作と称えられることも多いポップ・フリークのマスト・アイテムに仕上がっています。アルバムはバンド初のUKトップ20入り、シングル"GENERALS AND MAJORS"、"TOWERS OF LONDON"もUKトップ40ヒットを記録。

LOUD MASTERINGのJASON MITCHELLによる新規カッティング。





★オールデイズ・レコード発、DJフレンドリーかつコレクタブルな7INCHを日本盤ジャケット付きでお届けするアナログ盤シリーズ最新作!

●バンカー・ヒル / ザ・ガール・キャント・ダンス 国内7" 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODREP45020 / 4582239490358)
第18弾

オールデイズ・レコード発、DJフレンドリーかつコレクタブルな7INCHを日本盤ジャケット付きでお届けするアナログ盤シリーズ最新作!史上最強のワイルド・ブラック・ロッカー!バンカー・ヒルのクレイジーな4曲を集めた45回転盤が登場!!

ワシントン出身のゴスペル~ソウル・シンガー/ソングライター、バンカー・ヒルの決定盤!リンク・レイがバックを務めたことでも知られる歴史上最も極悪なロックンロールとして名高い「THE GIRL CANT DANCE」を筆頭に4トラックをコンパイルした全ロック・ファンも必携の1枚がここに誕生!!

●45回転アナログ7INCHドーナツ盤
●国内プレス
●初回限定生産





★Greta Klineによるインディ・ポップ・ユニット、FrankieCosmosが4作目となるアルバム『Close It Quietly』をSub Popからリリース!

●FRANKIE COSMOS / CLOSE IT QUIETLY (LP/COLORED VINYL/LOSER EDITION) 輸入LP 3,240円(税込) (SUB POP / SPLPX / 0098787132007)
■限定カラー・ヴァイナル(LOSER EDITION)、ダウンロードコード付き
※LOSER EDITIONはSUB POP独自の限定カラー盤となります。

『Close It Quietly』はGreta Klineと長年のバンドメイトLauren Martin(synth)、Luke Pyenson(drums)、Alex Bailey(bass)によって制作された。レコーディングは自宅近くのブルックリンのFigure 8スタジオでおこなわれ、共同プロデュースとエンジニアリングはGabe Wax(The War OnDrugs、Soccer Mommy、Fleet Foxes、Beirut、Adrianne Lenker)が手掛け、以前のアルバムが持つ親しみやすさを失うことなく『Close ItQuietly』はより外へと向かった作品となった。

このアルバムは過去の作品の中に自分の影を見るというある種の良性のドッペルゲンガー的な機能を持っている。他のFrankie Cosmosの作品は内を向きながら輝いていたが、『Close it Quietly』は自分自身を世界の中で屈折させたさせたような作品だ(その逆で、世界を自分自身のなかで屈折させるのも同様)。これは奇跡的にヘンリー・デイヴィッド・ソローの「振り返ると、自分以外の人がいることがわかる」という名言と一致する。







★クイーン公式録音全191曲+ライヴカヴァー9曲を解説!

●クイーン / クイーン全曲ガイド 国内BOOK 1,620円(税込) (シンコーミュージック / 4401648283 / 9784401648283)
クイーン全史も把握出来る渾身のコンプリート・ガイドブック!

★映画「ボヘミアン・ラプソディー」の大ヒットに続いて、待望の来春の来日公演チケットが入手困難となり、まだまだブームが続くクイーン。ロングセラーの「クイーン詩集完全版」で各曲のミニ解説を書いたクイーン研究家の石角隆行が、クイーンの公式録音全191曲+ライヴでのカヴァー9曲について書き綴った渾身のコンプリート・ガイドブック。

★各アルバムの解説がそのままクイーンのヒストリーにもなっており、これを読めばクイーン全史も把握出来る。長年のファンから、映画でクイーンを知った新しいファンまで、誰もが楽しめてクイーンのことがよりわかる、必携の一冊となっている。石角隆行 著/四六判/224頁





■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 9/12(木)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!その①ROCK編:ALLMAN BROTHERS BAND、伝説の『AT FILLMORE EAST』の2ヶ月前! WEST公演を収めた未発表ライヴ音源が4CDリリースなど

Page Top