Home > ROCK/PROGRE > 8/2(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!トム・ヨーク最新作『ANIMA』デラックス2LP&限定カラーヴァイナル その他 入荷!!

8/2(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!トム・ヨーク最新作『ANIMA』デラックス2LP&限定カラーヴァイナル その他 入荷!!

  • 2019-08-02
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★UKロック・バンド、RADIOHEADのTHOM YORKEの3rdアルバム『ANIMA』のオフィシャルサイト限定だったデラックス2LPが数量限定での入荷!!国内流通300枚限定‼

●トム・ヨーク / アニマ (デラックス・エディション) (2LP/180G/ORANGE VINYL/40Pハードカバーブック付き) 国内LP 9,180円(税込) (XL RECORDINGS / XL987LPXJP / 4580211853412)

■40Pハードカバーブック付き、180グラム重量盤オレンジ・ヴァイナル、LPのみボーナス・トラック追加収録




元々はトム・ヨークのオフィシャルサイト限定でプリオーダー中だったデラックス・エディションは、これまでレディオヘッドやトム・ヨーク作品のアートワークを手掛けてきたスタンリー・ドンウッドと“ドクター・チョック”による鉛筆で描かれたアートワークと歌詞が収録された豪華な40ページハードカバーブック付きとなり、180グラム重量盤オレンジヴァイナル仕様でのリリースとなる。(180グラム重量盤はこのデラックス・エディションのみの仕様!)

トム・ヨークは再びクリエイティヴなルネッサンスを迎えている ―― そう感じている人間は多いと思う。彼は常に新たな音世界を模索してきた。だが主要な音源作品に絞っても、10 年代のアウトプットは『The King of Limbs』(2011/レディオヘッドのスタジオ・アルバム通算8作目)から始まり2013年『AMOK』(アトムス・フォー・ピース)、2014年『Tomorrow’s Modern Boxes』、2016年『A Moon Shaped Pool』(レディオヘッド9 th)、2018 年『Suspiria』(初の映画サントラ全編担当)と実に精力的かつ広範にわたる。そんな風に運動し進化し続ける連続体アーティストの最新地点を、本作『ANIMA』は最良な形で提示している。 

「このレコードの制作過程はライヴ・ショウをやることから出て来た」と語るように、本作は今やステージでも良き相方となったナイジェル・ゴドリッチ、そして映像作家タリク・バーリと共に『Amok』以降展開・成長させてきたオーディオヴィジュアル型のエレクトロニック/DJセットから発している。サマーソニック2015 のHCA 出演時に披露された13を筆頭に、収録曲の多くは過去数年様々なクラブ・ショウやライヴで試運転済み。この間レディオヘッドの世界ツアーを含む複数プロジェクトが活発に同時進行していたことを思えば、こうして1枚にまとまるまでに4年以上の歳月が流れたのも不思議はない。 

だが待たされただけのことはある。過去のアーカイヴ音源も含む豊富なサンプリング/ループ素材やアイディアをナイジェル・ゴドリッチがコラージュし再構築したものを基盤に歌をつけていく――キャッチボール型の共同作業を通じ生まれた本作のめくるめくビート・メイクとモダン・エレクトロニカのダイナミズム&プロダクションはコンテンポラリーかつダンサブル、聴き手の耳を奪い魅了する。シーン最前線の鼓動とシンクロしながら、そこで得てきた発見が見事に咀嚼・吸収されている。 とはいえ身体を揺すらずにいられない、クラブ音楽のノンストップな快楽に満ちたトラックばかりではない。49といった瞑想型のアブストラクトな楽曲や随所にちりばめられたヴォーカル加工(トム・ヨーク本人および『A MoonShaped Pool』以来の付き合いとなるヒュー・ブラントとロンドン・コンテンポラリー・オーケストラのクワイア双方)の奇妙で多彩な美、アレンジの中に突如生じる覚醒/浄化の感覚等、独自なエッジを差し色することで「アルバム」としての総合的なバランスがとられている。

『Tomorrow’s Modern Boxes』の濃い内省を経て、本作は身体性と精神性との深い調和を果たしている。 『サスペリア』ヴェネチア映画祭プレミアでの記者会見席上、トム・ヨークはモチーフの反復とそれが生むヒプノティックな効果を例にあげ、スタジオでの作業を「呪文を作る」行為になぞらえていた。反復を基本とするループやビートは現代のまじないであり、それに合わせて歌い踊るのは一種の儀式と言える。青白く光るスクリーンと絶え間なく流れる騒音に囲まれ、常に「オン」であるがゆえに逆に様々なものが掻き消され見失われてもいる現代。いっときでもいい、その呪縛を断ち切り、本質に目を向ける瞬間を生むために、トム・ヨークはまじないを作り続ける。







★UKロック・バンド、RADIOHEADのTHOM YORKEが3rdアルバム『ANIMA』をリリース!

●THOM YORKE / ANIMA (2LP/ORANGE VINYL) 輸入LP 4,158円(税込) (XL RECORDINGS / XL987LPE / 0191404098783)

こちらは限定商品の為、お渡しはご予約先着順とさせて頂きます。予めご了承の程宜しくお願い致します。

■数量限定オレンジ・ヴァイナル、LPのみボーナス・トラック追加収録、ダウンロードコード付き

トム・ヨークは再びクリエイティヴなルネッサンスを迎えている ―― そう感じている人間は多いと思う。彼は常に新たな音世界を模索してきた。だが主要な音源作品に絞っても、10 年代のアウトプットは『The King of Limbs』(2011/レディオヘッドのスタジオ・アルバム通算8作目)から始まり2013年『AMOK』(アトムス・フォー・ピース)、2014年『Tomorrow’s Modern Boxes』、2016年『A Moon Shaped Pool』(レディオヘッド9 th)、2018 年『Suspiria』(初の映画サントラ全編担当)と実に精力的かつ広範にわたる。そんな風に運動し進化し続ける連続体アーティストの最新地点を、本作『ANIMA』は最良な形で提示している。 

「このレコードの制作過程はライヴ・ショウをやることから出て来た」と語るように、本作は今やステージでも良き相方となったナイジェル・ゴドリッチ、そして映像作家タリク・バーリと共に『Amok』以降展開・成長させてきたオーディオヴィジュアル型のエレクトロニック/DJセットから発している。サマーソニック2015 のHCA 出演時に披露された13を筆頭に、収録曲の多くは過去数年様々なクラブ・ショウやライヴで試運転済み。この間レディオヘッドの世界ツアーを含む複数プロジェクトが活発に同時進行していたことを思えば、こうして1枚にまとまるまでに4年以上の歳月が流れたのも不思議はない。 

だが待たされただけのことはある。過去のアーカイヴ音源も含む豊富なサンプリング/ループ素材やアイディアをナイジェル・ゴドリッチがコラージュし再構築したものを基盤に歌をつけていく――キャッチボール型の共同作業を通じ生まれた本作のめくるめくビート・メイクとモダン・エレクトロニカのダイナミズム&プロダクションはコンテンポラリーかつダンサブル、聴き手の耳を奪い魅了する。シーン最前線の鼓動とシンクロしながら、そこで得てきた発見が見事に咀嚼・吸収されている。 とはいえ身体を揺すらずにいられない、クラブ音楽のノンストップな快楽に満ちたトラックばかりではない。49といった瞑想型のアブストラクトな楽曲や随所にちりばめられたヴォーカル加工(トム・ヨーク本人および『A MoonShaped Pool』以来の付き合いとなるヒュー・ブラントとロンドン・コンテンポラリー・オーケストラのクワイア双方)の奇妙で多彩な美、アレンジの中に突如生じる覚醒/浄化の感覚等、独自なエッジを差し色することで「アルバム」としての総合的なバランスがとられている。

『Tomorrow’s Modern Boxes』の濃い内省を経て、本作は身体性と精神性との深い調和を果たしている。 『サスペリア』ヴェネチア映画祭プレミアでの記者会見席上、トム・ヨークはモチーフの反復とそれが生むヒプノティックな効果を例にあげ、スタジオでの作業を「呪文を作る」行為になぞらえていた。反復を基本とするループやビートは現代のまじないであり、それに合わせて歌い踊るのは一種の儀式と言える。青白く光るスクリーンと絶え間なく流れる騒音に囲まれ、常に「オン」であるがゆえに逆に様々なものが掻き消され見失われてもいる現代。いっときでもいい、その呪縛を断ち切り、本質に目を向ける瞬間を生むために、トム・ヨークはまじないを作り続ける。





★ジャケも内容もお見逃し無く! 日本では2019年10月11日に公開が予定される BEATLESファンタジー映画のカヴァー・サントラが2LPアナログ・リリース!

●HIMESH PATEL / YESTERDAY (ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK) (2LP) 輸入LP 3,888円(税込) (POLYDOR / 778-5019 / 0602577850196)

「自分以外は誰もBEATLESを知らない世界になってしまったら・・・」

「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督による英ファンタジー・ロックンロール・コメディ映画「YESTERDAY」。誰もBEATLESのことを知らない世界の中で交通事故から目覚めた売れないシンガー・ソングライターの主人公JACK。夢を諦めかけていた彼を中心に、音楽や夢、友情、そして人生に対する愛情を導く「長く続く曲がりくねった道(THE LONG AND WINDING ROAD)」をBEATLESの名曲と共に描いていく期待作です。ちなみに映画にはED SHEERANが本人役で参加。

主演のヒメーシュ・パテルHIMESH PATELが柔らかく澄んだ声で歌うクラシック・チューンの数々がひしめくサウンドトラック盤。アルバム・プロデューサーはゴールデン・グローブ賞に2回ノミネートされたコンポーザーDANIEL PEMBERTONが務めています。

ゲートフォールド・スリーヴ装。



■映画「YESTERDAY(原題)」配給会社の公式ニュース: http://tohotowa.co.jp/news/2019/05/yesterday より 

「トレインスポッティング」では世界を圧倒し、「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞を8部門受賞、ロンドン・オリンピック開幕式で芸術監督を務めたダニー・ボイル監督と、「フォー・ウェディング」、「ラブ・アクチュアリー」、「ノッティングヒルの恋人」などイギリスを代表するロマンティック・コメディで知られるアカデミー賞ノミネート脚本家リチャード・カーティスが贈る最新作「YESTERDAY(原題)」。この度、アメリカ・NYのトライベッカ映画祭で初めて本作が上映されました!

「YESTERDAY(原題)」は、現地時間5月4日(土)、トライベッカ映画祭のクロージングナイト作品としてワールドプレミア上映され、ゲストに本作のダニー・ボイル監督、脚本リチャード・カーティス、主演ヒメーシュ・パテルほか、シアーシャ・ローナン、ザカリー・クイント、ジョシュ・ルーカス、レジーナ・ホール、パイパー・ペラーボなどが来場。本作の上映前にはパテル自身による、ザ・ビートルズの曲が披露され、さらにトライベッカ映画祭の創始者の一人であるロバート・デ・ニーロが登壇し、本作の「もしも自分以外にザ・ビートルズを知らない世界になってしまっていたとしたら!?」というユニークな設定とトランプ大統領を交え、「本作はザ・ビートルズが存在しない世界の話だと聞いた時、そうなったらどんなに悲しいだろうと思った。そして、新たなアイデアも浮かんだんだ。誰もドナルド・トランプを知らない世界について。そんな映画があったとしたら、皆が喜ぶだろう。」とコメントし、会場を大いに沸かせました。 

本作は、そのユニークな設定と音楽、夢、友情がザ・ビートルズの名曲に彩られ展開していく壮大なドラマで、これまで数多の名作を贈り出してきたイギリスの製作会社ワーキング・タイトルの真骨頂と言える作品。また、ヒメーシュ・パテル、エリー役のリリー・ジェームズらフレッシュで個性的なキャストに加え、世界的ミュージシャン、エド・シーランの出演も大きな話題を呼んでおり、日本では10月に公開が決定しています。ぜひ今後の情報にもご期待ください。 

【ストーリー】 
“イエスタデイ<昨日>”まで、地球上の誰もがザ・ビートルズを知っていた。しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界で一人、ジャックだけ・・・ジャックは突然、信じられない不思議な世界に身を置くこととなってしまった! ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ザ・ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが・・・。 

【作品情報】 
「YESTERDAY」(原題) 10月日本公開 
監督:ダニー・ボイル(「トレインスポッティング」(96)、「スラムドッグ$ミリオネア」(08)、「127時間」(10)、ほか) 
脚本:リチャード・カーティス(「フォー・ウェディング」(94)、「ラブ・アクチュアリー」(03)、「ノッティングヒルの恋人」(99)、ほか 
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル/製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイザー 
出演:ヒメーシュ・パテル(「イーストエンダーズ」)、リリー・ジェームズ(「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」)、ケイト・マッキノン(「ゴーストバスターズ」)、エド・シーラン(本人役)





★78年サントラ盤が半透明ブルー・ヴァイナル仕様でアナログ・リイシュー!

●DAVID BOWIE / MARLENE DIETRICH / JUST A GIGOLO (COLORED 180G LP) 輸入LP 3,240円(税込) (MUSIC ON VINYL / MOVATM248 / 8719262010994)

76年の「THE MAN WHO FELL TO EARTH」で映画俳優としてのキャリアを歩みだしたDAVID BOWIE。第一次大戦敗北後の荒廃したベルリンを舞台に、プロイセンの将校からジゴロに身を落とし散っていった一人の青年の姿を描いた西ドイツ製作の78年映画「JUST A GIGOLO」でも大女優/歌手マレーネ・ディートリッヒと共演した彼は、もちろん映画のサウンドトラックに楽曲を提供。ちなみにBOWIEとの共演を熱望し17年ぶりにスクリーンに舞い戻ったというMARLENE DIETRICHですが、本作が彼女の最後の映画作品であるとともに、タイトル・トラックは彼女のディスコグラフィーの最後の楽曲ともなりました。

この為だけのワンショット・バンドREBELSを率い、日本でも「デビッド・ボウイーの革命の歌」としてシングル・カットされたコレクターズ・アイテム"DAVID BOWIE'S REVOLUTIONARY SONG"、MARLENE DIETRICHが歌う オリジナルは1928年のタンゴにして映画全編に漂うタイトル・トラック"JUST A GIGOLO"のほか、共演のSYDNE ROMEの声による"DON'T LET IT BE TOO LONG"、人気ジャズ・コーラス・グループTHE MANHATTAN TRANSFERの3曲等、映画を印象的に彩った名曲群を収録しています。

オリジナル盤のTHE RAGTIMERS、THE BARNABAS ORCHESTRA、VILLAGE PEOPLEなど数曲がオミットされた代わりに、"JUST A GIGOLO"のピアノ・ヴァージョンやアウトテイク、"DAVID BOWIE'S REVOLUTIONARY SONG"の別ヴァージョン2種等をボーナス追加。

3000枚限定盤。





★泣く子も黙る名盤73年に発売された名盤WAILERS『CATCH A FIRE』を最後にWAILERSを脱退したBUNNY WAILERが76年にISLANDからリリースした1STアルバム。

●BUNNY WAILER / BLACKHEART MAN 輸入LP 3,024円(税込) (MUSIC ON VINYL / MOVLP2333 / 0600753852248)

ゆったりとしたレゲエ特有のリズムにBUNNY WAILERの甘い声が絡む素晴らしい内容。ホーンやハーモニカなど細かい音作りで牧歌的なイメージを作り出し、まるで上質な60'Sロックやソウルを聴いているかのような感覚は見事。レゲエという枠を超えて評価されるべきBUNNY WAILERのアーティストとしての才能が凝縮された名作です。180G重量盤。





★全世界500枚限定盤!

●SKINTS / LEARNING TO SWIM 輸入7" 1,728円(税込) (MR.BONGO / MRB7149 / 7119691257877)









★ロック界にその名を永遠に刻む究極のプログレッシヴ・ブランド、イエス。彼らのバンド結成50周年を記念したワールド・ツアーの中から、2018年7月20日と21日に米フィラデルフィアにある会場、ザ・フィルモアルモアで開催されたライヴの模様を収録した、最新ライヴ・アルバムがここに登場!

●イエス / 50周年記念ライヴ - SHM-CD 国内SHM-CD 3,456円(税込) (ワーナーミュージック / WPCR18219 / 4943674297917)

豊饒の歴史を総括するこのライヴには、現メンバーであるスティーヴ・ハウ(g)、ジェフ・ダウンズ(key)、アラン・ホワイト(dr)、ビリー・シャーウッド(b)、ジョン・デイヴィソン(vo)に加え、2019年2月の来日公演にも同行したジェイ・シェレン(dr)やトニー・ケイ(key)、さらにはパトリック・モラーツ(key)やトム・ブリスリン(key)、そしてトレヴァー・ホーン(vo)といった、イエスの歴史を彩って来たメンバーも参加する、記念すべき瞬間がアルバム2枚にたっぷりと収録されている。
【2枚組/SHM-CD】

◇メーカー特典◇
本作をご予約/ご購入の方に先着で、『ジャケット・デザイン・ステッカー』を差し上げます!





★こちらは輸入盤

●YES / YES 50 LIVE 輸入CD 2,592円(税込) (RHINO / 349785215 / 0603497852154)

ロック界にその名を永遠に刻む究極のプログレッシヴ・ブランド、イエス。 
結成50周年を記念して開催された50周年記念ツアーの模様を収録した最新ライヴ・アルバム、その名も『YES 50 LIVE(邦題: イエス~50周年記念ライヴ~)』が登場! 昨年7月の米フィラデルフィア公演の模様を収録したこの最新ライヴ・アルバムは、50年にも及ぶ彼らの豊饒の歴史=プログレッシヴ・ロックの道のりを総括する、必聴の作品だ! 

◆2017年にロックの殿堂入りを果たし、2018年に結成50周年、2019年にはデビュー50周年という記念すべきアニバーサリー・イヤーを迎える、究極のプログレッシヴ・ブランド、イエス。その50年にも及ぶ彼らの活動を記念して、昨年より北米、ヨーロッパ、そして日本と、世界中で50周年記念ツアーを行なってきた彼らが、そのアニヴァーサリー・ツアーの模様を収録した最新ライヴ・アルバム『YES 50 LIVE(邦題: イエス~50周年記念ライヴ~)』を発表する! 
◆2枚組CDに加え、同音源を収録した4枚組アナログ盤での2形態でのリリースとなるこの『YES 50 LIVE』。ジャケット・デザインには、バンドのサウンドとともに彼らの象徴としても知られる、イエスのロゴや各作品の鮮烈なジャケットを手掛けてきた名手、ロジャー・ディーンによる作品が使用されており、ブックレットにはゴットリーブ・ブラザーズ撮影のライヴ写真が多数掲載されている。 
◆このライヴ・アルバムに収録されている13曲のライヴ・パフォーマンスは、ロック史においてイエスというバンドがいかに永続的で、意欲に満ち溢れ、熟練の技に満ちたプログレッシヴ・バンドであるか、という事実を強く感じさせてくれるものとなっている。さらに、このライヴ・アルバムで特筆すべき点は、参加しているメンバーの人数だ。主にフィラデルフィアでのコンサートの模様を収録した今作には、現イエスのメンバー(スティーヴ・ハウ、ジェフ・ダウンズ、アラン・ホワイト、ビリー・シャーウッド、ジョン・デイヴィソン、そしてジェイ・シェレン)に加え、2019年2月の来日公演にも同行したトニー・ケイの他、パトリック・モラーツやトム・ブリスリン、トレヴァー・ホーンらも参加し、総勢10名にも及ぶイエス・ファミリーが集っているのだ。 
◆『YES 50 LIVE』に収録されているパフォーマンスは、彼らが1970年から2011年までにレコーディングしてきた作品の中から、様々な時代を代表する10枚のスタジオ・アルバムからの楽曲たちを見事に織り込んだ、充実の内容となっている。もちろん、1971年の『サード・アルバム(原題: THE YES ALBUM)』収録の「スターシップ・トゥルーパー」や同じく1971年の『こわれもの(原題: FRAGILE)』収録の「ラウンドアバウト」、1972年の『危機(原題: CLOSE TO THE EDGE』のタイトル曲といった、バンドにとっても非常に重要な楽曲群は、今作におけるハイライトの一つだ。 
◆さらにこのライヴ・アルバムには、1973年の『海洋地形学の物語(原題: TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEAN)』収録の「古代文明(原題: The Ancient)」からの抜粋や、1974年の『リレイヤー(原題: RELAYER)』収録の「錯乱の扉(原題: The Gates of Delirium)」の最終章となる「スーン」といった、イエスというバンドにとって冒険的とも言える楽曲も収録されている。 
◆2019年2月の来日公演でも圧巻のパフォーマンスで満員の会場を魅了したイエス。この夏には、「The Royal Affair Tour」と題された北米ツアーが決定しており、引き続きバンド50周年アニヴァーサリー・ツアーを開催する予定となっている。 
◆3面デジパック仕様
【2枚組/3面デジパック仕様】





★マーキー新作がまとめて入荷!


●トニー・バンクス / バンクス・ボールツ~ザ・コンプリート・アルバムズ 1979-1995 - 7CD+DVD 国内CD+DVD 11,880円(税込) (マーキー・インコーポレイティド / MAR193157 / 4524505342350)
初期のプログレッシヴ時代から大ヒットを連発して世界を制した後期に至るまで、一貫してジェネシスの音楽性の核を担っていたキーボーディスト、トニー・バンクスのソロ及びバンクステイトメント名義の作品を新規リマスターにてCD7枚に収録し、更にプロモ・ヴィデオ映像をまとめたDVDを加えた総決算的8枚組ボックスセット。ジェネシスのシンフォニックな部分を抽出したような名盤ファーストから、独特のスタイルで、多彩な音楽性を展開した後期作品まで、多くが長年入手困難になっていた作品を収録してバンクスの個人名義でのキャリアを一望できる本ボックスはジェネシス・ファン待望にして必携のもの!
【7CD+DVD(計8枚組)】






●ナッド・シルヴァン / リーガル・バスタード 国内CD 3,024円(税込) (マーキー・インコーポレイティド / MAR193153 / 4524505342312)
スティーヴ・ハケットのジェネシス・リヴィジテッド・プロジェクトやロイネ・ストルトとのエージェンツ・オヴ・マーシー等でフロントマンを務め現代シンフォニック界におけるピーター・ガブリエル的な重責を担うヴォーカリスト、ナッド・シルヴァンのソロ3部作の最終作が登場。スティーヴ・ハケット、トニー・レヴィン、ガスリー・ゴーヴァン等の豪華なメンバーを従え、耽美なロマンティシズムに彩られた吸血鬼譚を劇的なアプローチで描いた、シリーズ最高作!CDのみのボーナス2曲を加えた初回限定デジパック盤!
【ボーナス・トラック2曲収録】






●ル・フェルヴルーゼム / モルガン・オーギュレン / アーティスツ・インターナショナル 国内CD 2,916円(税込) (マーキー・インコーポレイティド / MAR193154 / 4524505342329)
X-レッグド・サリーで名を馳せ、その後もソロやフラット・アース・ソサイエティとの活躍で、その奇天烈なまでの天才的なセンスを持つ鬼才ピエール・フェルヴルーゼムの最新作は、以前から共演を重ねてきたスウェーデンの怪物ドラマー、モルガン・オーギュレンとの連名作!ひねりつつもキャッチーで印象的なモチーフと、異質な要素もシームレスに同居された作曲センス、そしてそれらを成り立たせる超絶的な演奏力。フランク・ザッパから多くを学んだ欧州の天才ミュージシャン2人による奇跡の傑作!







●ハイ・タイド / シー・シャンティーズ 国内CD 2,916円(税込) (マーキー・インコーポレイティド / MAR193155 / 4524505342336)
来るべき70年代に向けて英国のロックが様々に開花した69年に発表された数々の作品にあっても、異形の傑作として、今なお名高いハイ・タイドのデビュー・アルバム。この年代の英国ロックにしかありえないような、沈み込むようなヘヴィネスを持ったサウンドの中、トニー・ヒルのギターが暴れまわり、後にホークウィンドやデイヴィッド・ボウイの下でも活躍した鬼才、サイモン・ハウスのヴァイオリンと掛け合う様は正にスリリングにして唯一無比!ボーナス5曲追加。
【ボーナス・トラック5曲収録】






●ティアー・ガス / ピジー・ゴー・ゲッター: リマスタード 国内CD 2,916円(税込) (マーキー・インコーポレイティド / MAR193156 / 4524505342343)
ザル・クレミンソン(g)とクリス・グレン(b)を擁し、セカンドから参加したテッド・マッケンナと共にセンセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドの中核となったことでも知られるティアー・ガスのデビュー作。セカンドでは正統派ハード・ロック・サウンドに転じた彼らだが、本作ではアコースティック楽器やオルガンも交えて、より英国さしい情感も交えた懐の深いサウンドを展開。70年代初頭のロックがスタイルとして確立されていない時代ならではの瑞々しさに満ちた傑作。待望の正規CD化!







●シャドウファクス / ウォーターコース・ウェイ: ダブルCDエディション - SHM-CD/リマスター 国内SHM-CD 4,536円(税込) (マーキー・インコーポレイティド / BELLE193146 / 4527516604523)
トールキンの指輪物語に登場する魔術師ガンダルフの愛馬からその名をとったシャドウファクス。アメリカはシカゴで72年に結成され、76年にこのデビュー作を発表。マハヴィシュヌ・オーケストラやブランドXに匹敵するテクニカル・ジャズ・ロックの歴史的名盤で、このデビュー作はシンフォニック色も加わり多彩でスリリングなアルバム。今回、85年にWindham Hillからリリースしたリミックス盤(かなり印象が違う)をディスク2として加え、更に新たに2曲のボーナス曲を加えた決定版的リリース。紙ジャケット、SHM-CD。最新リマスター。オリジナル盤は初CD化!
【紙ジャケット仕様/SHM-CD/2019リマスター/ボーナス・トラック2曲収録】





★再入荷!SOFT MACHINEと共にCanterburyシーンを代表する名バンド、90年代英国公演の模様を収録した'14年CD+DVD2枚組Live盤がスリップ・ケース付で登場!

●CARAVAN (PROG) / ACCESS ALL AREAS: CD+DVD 輸入CD+DVD 2,160円(税込) (EDSEL / AAACDVD001 / 5014797891555)

'88年作『MOMENTUM』発表後、これまでも度々Video/DVDで再発されている英Central TV音楽番組放送用に録画された'90年英Nottingham公演の模様を収録。Jimmy Hastings(sax/flu)をゲストに迎え'Head Loss'を筆頭に'Winter Wine''For Richard'等々、この後袂を分かつRichrard Sinclaire(b/vo)が在籍した70/80年代期楽曲から選曲。Richrard & Dave Sinclaire(key)在籍編成による動く姿を捉えた貴重さに加え、'Nine Feet Underground'をはじめ折々にインプロを織り交ぜてのブランクを感じさせない演奏が味わえるCD/多彩なカメラ・ワークによる曲間のMC、細やかな演奏の様子や観客の反応が伺えるDVD、共に素晴らしい好Live盤です!!CD/DVD共に新規マスタリング音源/映像を使用、CDブックレットにはMichael Heatleyによる新規解説を掲載。



【2ch Stereo/CD+DVD2枚組/Slip Case付(DVDはPAL方式のため、視聴には専用機材が必要です。)】



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 8/2(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!トム・ヨーク最新作『ANIMA』デラックス2LP&限定カラーヴァイナル その他 入荷!!

Page Top