Home > ROCK/PROGRE > 8/1(木)ROCK・PROGRE新入荷情報!ビートルズの2020年カレンダーほか

8/1(木)ROCK・PROGRE新入荷情報!ビートルズの2020年カレンダーほか

  • 2019-08-01
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★2020年カレンダー入荷!

●BEATLES / 2020 CALENDAR 輸入GOODS 1,080円(税込) (国(COUNTRY) / / 0616906766881)
16.5 INCH BY 11.5 INCH (297MM BY 420MM)
(A3 SIZE)





★マッスル・ショールズが産んだナイス・デュオBYRNE & BARNESの81年ウェストコースト/AOR超名盤がオフィシャルLPリイシュー!

●BYRNE AND BARNES / AN EYE FOR AN EYE (LP) 輸入LP 3,024円(税込) (FAVORITE RECORDINGS / FVR118LP / 3760179353600)
スウィートでメロウな79年名作『BLAME IT ON THE NIGHT (邦題:ワン・ナイト・ロマンス)』で知られるマッスル・ショールズNO.1のメロデイ・メイカーROBERT BYRNEが、最良のパートナーBRENDAN BARNESと共に創り上げた81年作が、メロウ/AOR系良質再発を連発するFAVORITE RECORDINGSよりCD/初LPリイシュー。

MICHAEL JOHNSON、ANNE MURRAY、JOHNNY RIVERS、LEBLANC & CARR、CAPTAIN & TENNILLE、HELEN REDDY、DR. HOOK等が彼の楽曲をレコーディングした事でも知られ、晩年はポップ・カントリー界のヒット・ソングライター&プロデューサーとして活躍したROBERT BYRNEと、R&Bチャートの常連ソングライター/プロデューサーとして現在もBRIAN MCKNIGHTやTAKE 6、PHILIP BAILEY、BOYZ II MEN、GUYのDAMION HALL、CE CE PENISTONを手掛けるBRENDAN BARNES。彼らがデュオとして唯一残したこの大傑作は、当時なぜか米国本土でのリリースが見送られ、徳間傘下CLIMAXからの日本盤のみのリリースとなったAOR/SSWマニア垂涎の幻のアルバムです。

切なく洗練されたメロディとコード、キャッチーでミディアム・テンポなムード、ロマンスあふれる叙情性にアーバンな香り、ソフトな哀愁ヴォーカルと絶妙なハーモニー。時折フュージョン・アプローチが顔を覗かせればモダンなソウル・グルーヴが溢れ出す、さわやかで温かみがありながらもクールな都会的サウンドと過不足無いアレンジ。これ以上のAORのアルバムはないとも評されるほど完璧で美しい一枚です。

"BE MY BABY"にはLENNY LE BLANCが参加。"ONE MORE TRY FOR LOVE"はRONNIE MILSAPが、"LOVE YOU OUT OF YOUR MIND"はANNE MURRAYが、"RIGHT THROUGH THE HEART (邦題:ハートでお願い)"はのちにMICHAEL JOHNSONがカヴァー。プロデュースはMOTOWN初の白人プロデューサーとしても知られるCLAYTIN IVEY & TERRY WOODFORD。





★Emma Brewin-Caddy(vo)、Lee Braddock(b)、Dan Zambas(g/key/vo)等により10年代初期に結成された英国産Avant/Post Rockバンド、'19年作が3面デジパック仕様CDで登場!

●WE ARE KIN / BRUISED SKY 輸入CD-R 1,836円(税込) (BAD ELEPHANT MUSIC / BEM072 / 0660042845320)
CD-R商品は、一部の機器(パソコンなど)で再生・読み込みの際に不具合が生じる場合がありますので、予めご了承ください。

Emma Brewin-Caddy(vo)、Lee Braddock(b)、Dan Zambas(g/key/vo)等により10年代初期に結成された英国産Avant/Post Rockバンド、'19年作が3面デジパック仕様CDで登場!
凛とした電子サウンドが生音らしいリアルなタッチのピアノやドラムと馴染む、クラシカルな作風。オルタナティヴな音空間を突く女性ヴォーカルEmma Brewin Caddyの透き通る声が儚く美しい作品です。





★英Rockシーンを代表すると共にProgressive/Psychedelic Rockの頂に君臨する名バンド、'74年ライヴ音源を収録した発掘ライヴ盤が3枚組アナログ盤で登場!

●PINK FLOYD / LIVE AT EMPIRE POOL, WEMBLEY, LONDON, NOV 16, 1974: 350 COPIES LIMITED VINYL - LIMITED VINYL 輸入LP 6,804円(税込) (WEMBLEY / WEMBLEY01 / 2999999073356)
名盤'73年作『DARK SIDE OF THE MOON』リリース後に行われたツアーからロンドン,ウェンブリー,Empire Poolでの公演を収録。冒頭から前記'73年作を通しで披露し、さらに'Shine On You Crazy Diamond' 'Echoes'などを披露。音源で聴いているだけでも圧倒されるほどの絶頂期の圧巻のパフォーマンス、言わずもがな素晴らしい内容です。3面変形ジャケット仕様。
【限定アナログ盤/2枚組】





★2009年に世界的にCDを発売し,イタリアのProgAwardではBest Debut Record部門に日本で唯一ノミネートされたプログレ・ユニットである「Being & Time」の谷フユヒコが,1987~1990年にかけて,数々のコンテストやオーディションで認められた曲を収録したアルバム!

●谷フユヒコ / FUYUHIKO EARLY WORKS '1987-1990' 国内CD 1,620円(税込) (JPRG RECORDS / JPRG6 / 4582500630179)
現在では,心理学者ではあるものの,学問の道を目指す前に,プロ・ミュージシャンを志して作成した過去の曲をリマスタリングして,リリースしたアルバムである。プログレッシヴ・ロックの要素が強いものの,フュージョン的なものも含めたインストゥルメンタル曲を収録している。特に,1988年の「ローランド・ニューエイジ・ミュージック・コンテスト」で関東甲信越地区代表曲として選ばれ,1989年には,難波弘之氏の「センス・オブ・ワンダー」のベーシストのオーディションで最終選考に残ったデモ曲である「Strange Notes」。1990年には,「ヤマハ・ワンマン・バンド・カーニバル」において全国大会出場を果たし,B'zなどの多くの有名アーティストが所属するプロダクションである「ビーイング」の「BADオーディション」で優秀者に選ばれた「Freddy」などの曲が収録されている。

1曲目の「Strange Notes」と2曲目の「Freddy」は,コンテストやオーディションで特に認められた複雑かつテクニカルなナンバーである。中でも,ギターは非常にテクニカルなので,是非,聴いて欲しい。上記2曲に加え,3曲目の「Mind Control」を含めて,横関敦から学んだ早弾きや,アラン・ホールズワースやビル・コナーズに影響を受けたレガート奏法が聴ける。また,「Freddy」は,センス・オブ・ワンダーの曲に影響を受けて,1小節ごとに拍子が変わるなどの複雑なプログレッシヴ・ロック作品となっている。コンボーザーは,作曲・編曲を含めて,すべて谷フユヒコである。演奏は,「Still」を除き,谷フユヒコが多重録音によって,すべて一人で演奏している。





★SCIENTISTの漫画ジャケ名DUBシリーズが再入荷!

●SCIENTIST / ENCOUNTERS PAC-MAN AT CHANNEL ONE 輸入LP 2,484円(税込) (DUB MIR / MIR100740 / 0889397104092)
パックマンをテーマにした82年作。 『MEETS THE SPACE INVADERS』と同様LINVAL THOMPSONプロデュース、バックバンドにROOTS RADICSを従えた名作ダブ!あのベーシック・チャンネルにも影響を与えたというクラブ・ミュージック好きにもオススメしたい作品。





★ハマタイ! マグマ祭り2019対象品!

●マグマ / ライヴ リマスター・エディション(2CD) 国内CD 4,104円(税込) (セヴンス・ジャパン / DREX10V2 / 4988044909120)
【2017年リマスター/デジパック仕様/帯・解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏:SEVENTH RECORDS)/(解説:宮本 重敏)】

仏を代表するプログレッシヴ・ロックバンドであるMAGMAの'75年公演を収録した同年作『Live』が' 17年リマスター/デジパック仕様で再発! '75年にChristian Vander(dr/vo)とKlaus Blasquiz(vo)以外のメンバーを総入れ替えしたMAGMAはJannick Top在籍時の緻密な音とは異なる、バンド全体における柔軟性・軽やかさを方向性として打ち出し、リアレンジされた旧曲への新たなアプローチを試みた。その成果は「Kohntark」、「Mekanik Zain」で聴くことが出来、圧倒的な手数で迫るドラムとヴァイオリン、凄烈な音色で圧倒するベース、執拗なリフで土台を支えるキーボードが一体となった演奏は、スタジオ盤とはまた異なるMAGMAのジャズロック的側面を大きく打ち出した熱狂的なサウンドを形成している。

その他にも完成に30年以上を費やした「Emehntehtt-Re」の萌芽やChristianのパーソナルな趣向が出た「Lihns」等の当時の新曲はバンドの多面性をよく表しており、これからMAGMAをよく知ろうというファンのみならず、正に全プログレファン必聴の一枚!ブックレットには'12年再発盤と同様にコバイア語歌詞とChristianによるテキストを掲載。





●マグマ / コバイア~マグマ誕生 - ニュー・リマスター・エディション 国内CD 4,104円(税込) (セヴンス・ジャパン / DREX4/5N / 4988044891401)
【2017年リマスター/デジパック仕様/帯・解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏:Seventh Records)/(解説:宮本 重敏)】

仏を代表するプログレッシヴ・ロックバンド、マグマの原点であり、熱狂的なサウンドが奏でられる「Kobaia/Magma」がリマスター/デジパック仕様で再発!仏を代表するプログレッシヴ・ロックバンド、マグマのデビュー作となる'70年作「Kobaia/Magma」が'17年リマスター/デジパック仕様で再発!'69年にマグマの母体が結成された後、そこから入念なリハーサルを重ねた上で'70年にほぼ一発録りの形で本作が録音・発表された。

基本的には正統派ジャズロック・サウンドをベースとしつつも、コミカルさも漂うメロディラインと畳みかけるような展開、さらに他のマグマの作品ではあまり聞かれない東洋的なエッセンスとアコースティックな響きが時折加わる事で、他のジャズロック・バンドとは趣の異なるサウンドが形成されている。その様なサウンドと、Klaus Blasquiz(vo,perc)によって綴られた地球と惑星コバイアにまつわるSF的なストーリーも併せて、マグマとしては異色作ながらも、バンドが一体となり奏でられる熱狂的かつ暴力的ともいえるサウンドは正にリスナーの高揚感を掻き立てられる一枚です!





●マグマ / ボビノ1981: 2CD+DVDデラックス・エディション 国内CD+DVD 4,968円(税込) (ディスクユニオン / DAKT5N / 4988044908413)
【2017年リマスター/デジパック仕様/帯・解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用【原盤:仏:SEVENTH RECORDS)/(解説:宮本 重敏)】

仏を代表するプログレッシヴ・ロックバンド「マグマ」の3週間に渡る'81年パリBobino連続公演の模様を収録したライブ盤がAKTレーベルより2CD+DVDの新仕様で'17年再発!今作は'95年に発表された2CDの音源とVHSの映像('04年にDVD化)を一つに纏めた作品であり、同じセットリストではあるが採用された日付が異なるため、演奏の差異を探し出せる楽しみもあり。81年のマグマはソウルに最も傾倒していた時期であり、「Zain」、「Urgon Gorgo」、「Who's My Love」といったスタジオテイク未発表の曲群が演奏されているのも特徴。そして何といっても一番の目玉は未だ未完の大曲「Zess」でのボーカル陣の衣装。他の時期のステージからは考えられないほど派手なものだ。聴覚でも視覚でも楽しめるZeuhlファン必携の作品です!
●DVD//NTSC方式:Region All






●マグマ / ウルゴンとゴルゴ~アターク:デジパック仕様新装盤 - 2017リマスター 国内CD 2,808円(税込) (セヴンス・ジャパン / DREX13N / 4988044908420)
【2017年リマスター/デジパック仕様/帯・解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏:SEVENTH RECORDS)/(解説:宮本 重敏)】

仏を代表するプログレッシヴ・ロックバンドマグマの'77年作『アターク』がリマスター/デジパック仕様で'17年再発!今までにも第三者によるリマスターは幾つか発表されてきたが、Seventh自身によるリマスターはこれが初となる。今までの作品とは異なる作曲概念によって製作されたため、いわゆる表面上の暗黒感は薄れ、初期から現在に至るまでマグマの根底に流れ続けるモータウン/ファンク色が最も表に現れた一枚である。制作期間の制限故、クラウス・ブラスキス(vo)に代わり初めてリードボーカルを取ることとなったクリスチャン・ヴァンデ(dr/vo)の凄まじいヴォーカリゼーションと何処かしら強迫観念にかられたような速急なドラミングはこのアルバムに独自のカラーを与えている。聞き馴染みやすいメロディも多く、マグマ入門としても最適な一枚です!






●マグマ / メルシー:ニュー・エディション 国内CD 3,024円(税込) (セヴンス・ジャパン / DREX3N / 4988044890428)
仏プログレッシブ・ロックバンドのマグマの『MERCI』がボーナス・トラック収録デジパック仕様新装盤で再発!
【デジパック仕様/ボーナス・トラック1曲収録/国内帯・日本語解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏:Seventh Records)/解説:宮本 重敏】

'82年から、バンドとしての実態が無くなっていた'84年まで断続的に録音が行われ、制作過程での困難を伴いながら難産の末に完成された本作は参加したミュージシャン達の想定とは程遠い結果に終わったものの、「Call From The Dark」「Do The Music」での極度なまでのリズムの細分化の実験とソウル・ミュージックの融合で生まれた独特の緊張感、「Eliphas Levi」「The Night We Died」等で聞かれる美麗なメロディの数々は壮大な一ストーリーを想起させられます。
更にボーナストラックとして、80年代のライブのアンコールで度々演奏されていた「You」のスタジオ録音を収録。当時シングル用として録音されたものの、結局シングルの配給先が見つからなかった為宙に浮いてしまい、後に'87年に発表されたZeuhl界隈のアーティストのコンピレーション「Enneade」(現在入手困難)で日の目を見た代物。'15年に本作がJazz VillageよりLPで再発された時にもダウンロード音源のボーナストラックとして収録されましたが、CD化は前述のコンピレーションのCD以来となるレア音源です!他のアルバムと比べると表面的なサウンドには多少の乖離があるものの、Zeuhlの本質は何も変わっていない。このアルバムは他者、特に黒人音楽への賛辞を呈する作品であると同時に、マグマひいてはChtistian Vanderの何事にも動じない不退転の意思を明確に表したマグマ史の中でも重要な一作となっています!





●マグマ / マーキークラブ: ロンドン1974 国内CD 3,888円(税込) (ディスクユニオン / DAKT18 / 4988044899797)
まもなく結成50周年を迎える仏の大御所プログレッシヴ・ロックバンド、マグマのほぼ完全初公開となる'74年ロンドン公演を収めた発掘音源が登場!
【デジスリーヴ仕様/国内帯・日本語解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏:Seventh Records)/解説:宮本 重敏】

仏の大御所プログレッシヴ・ロックバンド、マグマのほぼ完全初公開となる'74年ロンドン公演を収めた発掘音源がデジスリーヴ仕様にて登場!
本CDには'74年3月17日ロンドン、マーキークラブでの公演を録音したライブ音源を収録。この音源からは、クリスチャン・ヴァンデ(ドラム)による通称「Korusz」若しくは「Ptah」と呼ばれるドラムソロのパートのみ、'00年にクリスチャン・ヴァンデ名義で発表された『Korusz』に収録されていますが、他の曲は非公式においても出回っていない本邦初公開となる音源。 
この時期のライブ音源としては、今までにも『Inedits』や同年2月6日のRadio Bremenにおける録音(『Zuhn Wohl Unsai』として'14年Made in Germnayより発売)や3月14日録音のBBCラジオ放送用の音源('99年にAKT8として発売)が公式で発表されてはいますが、いずれもラジオ放送用の演奏若しくは断片のみの収録の為、'74年当時の観客を前にしての公演をフルに捉えた音源としてはこの作品が初となります。
前述の「Korusz」の他にも、「コンターコス・アンテリア」の1パートである"Om Zanka"を含んだままの「コンターコス」・コーダが未完成のままの「憎悪の時」といった発展途上にある曲や、ジャニック・トップ(ベース)の暴虐ともいえるベースソロが轟く「KMX」・前年にスタジオ盤を発売したばかりで正に脂が乗った演奏を聴かせる「呪われし地球人達へ」等全曲が聴き所。 
一音一音を重視したとされる演奏は他の時期と比較しても非常に重々しく響き渡り、正に"神話"か"伝説"と化したジャニック・トップ在籍時のライブを追体験出来る、強力な作品となっております!





●マグマ / メカニック・コマンドー:ニュー・エディション 国内CD 2,808円(税込) (ディスクユニオン / DAKT10N / 4988044890411)
【デジパック仕様/帯・解説付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:仏:Seventh Records)/(解説:宮本 重敏)】

仏プログレッシブ・ロックバンドのマグマより、『Mekanik Destruktiw Kommandoh』のデモ録音であり、現在は入手困難となっている『Mekanik Kommandoh』がデジパック仕様でSeventh Recordsより再発!本作は『Mekanik Destruktiw Kommandoh』の録音より三か月前の'73年1月に行われた同作のデモ録音を収録。
録音にはChristian Vander(dr,vo)、Klaus Blasquiz(vo,perc)をはじめとした当時のバンドメンバーに加えStella Vander(vo)とLa Storchhausのコーラス隊が参加。『MDK』のスタジオ録音と比較するとJannick Top加入前の録音である為に割とストレートに楽曲が進む印象が受けられますが、曲の構成自体は今作の時点でほぼ完成を見ており、管楽器の装飾が無い分こちらの方がより本来の作曲概念を感じ取られます。
コアなマグマファン向けの作品ではあるものの、「Mekanik Destruktiw Kommandoh」愛好家にとっては避けて通れない発掘音源となっております!






★以下再入荷品!

●ポール・マッカートニー / アメーバ・ギグ 国内SHM-CD 2,880円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICY-78982 / 4988031339787)
【限定盤】
【紙ジャケット】
【SHM-CD】
【初完全盤】
【初紙ジャケ化】
【最新リマスター】

2007年6月27日にハリウッドにあるレコード・ショップのアメーバ・ミュージックで行なわれた『追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル』の発売記念シークレット・ギグの模様を収めたライヴ盤。『追憶の彼方に』からの2曲や「C・ムーン」、「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」という既発曲に、17曲もの未発表テイク(初の一般リリース化を含む)を加えた拡張版。たった900人のファンの目の前で披露された貴重なパフォーマンスがここに。
(2019年発表)

★初の完全版/初の紙ジャケット化
★2019年最新リマスター
★2019年EU盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様
★インナースリーヴ付
★英文ライナー翻訳付/歌詞・対訳付
★SHM-CD仕様/完全生産限定盤






●ROLLING STONES / ROCK AND ROLL CIRCUS (180G 3LP) 輸入LP 9,180円(税込) (ABKCO / 7185551 / 0018771855514)
ロック史に残る伝説的ステージ。68年のお蔵入りBBC TVスペシャルで残された幻のライヴ音源が初の180グラム重量盤3LPリイシュー!

「ロックンロールとサーカスの融合」をコンセプトにROLLING STONESの企画・製作によって実現したテレビ放映用の伝説のライヴ・オン・ステージ。実際には様々な要因によりその後30年近くに亘り封印され続け、96年になってようやくVHS/LD/CDとして日の目を見た曰く付きの作品です。

仮装させたファン・クラブの会員をオーディエンスに迎え、収録は何度もリハーサルや撮り直しをしながら68年12月10日の昼頃から12日の午前6時過ぎにかけてウェンブリーにあるスタジオにて行われています。製作に当たってはSTONESが自ら50000ポンドを出資。映像監督はこの後すぐBEATLESのドキュメンタリー名作「LET IT BE」も手掛けるMICHAEL LINDSAY-HOGGが担当しています。

68年12月6日にリリースされたばかりの『BEGGARS BANQUET』を引っさげた オリジナル・ラインナップにNICKY HOPKINSとROCKY DIJONを加えたROLLING STONESを中心に、ゲストにはTHE WHOや当時MICKの恋人だったMARIANNE FAITHFULL、当時デビューしたばかりのJETHRO TULL、収録当時英国への入国許可が得られていなかった筈のTAJ MAHAL、YOKO ONOらを招待した豪華なステージ。

自分たちの出来に満足いかなかったことがお蔵入りの一端とも言われた当のSTONESは全く十分にロウでパワフルな演奏を披露。結果的にBRIAN JONESの最後のステージを捉えたロック史的にも貴重な記録となりました。

また伝説化の大きな要因の一つ、ここでしか聴く事のできないロック・ファン垂涎の一ステージ限りの超豪華スペシャル・タッグ・バンド、ギター/ヴォーカルにJOHN LENNON、リード・ギターにERIC CLAPTON、ベースにKEITH RICHARDS、そしてJIMI HENDRIX EXPERIENCEのドラマーMITCH MITCHELLが参加したTHE DIRTY MACも、この11月にリリースされた『WHITE ALBUM』からラウドで贅沢すぎる長尺の"YER BLUES"を炸裂させています。

そんな大充実の本編に加え、まさかの"REVOLUTION"のリハーサル演奏などこれまでまったく世に出ることのなかったTHE DIRTY MACによる未発表の2トラック、TAJ MAHALによるさらなる3曲に、本場ヨーロッパで高い評価を得たアメリカの正統派ピアニストJULIUS KATCHENの演奏等、未発表のエクストラ・トラックをボーナス追加したファン必携の驚愕アーカイヴとなっています。

サウンドトラック音源は最新ミックス&192K 24 BIT HDリストア。





●TRAVIS / LIVE AT GLASTONBURY, '99 (LP/180G/BLUE VINYL) 輸入LP 5,562(税込) (CONCORD / 720-9677 / 0888072096776)
■限定ブルー・ヴァイナル

(インディー・エクスクルーシヴ)ブレイクのきっかけとなった『The Man Who』をリリースし、イギリスではこれまでプラチナム・アルバム×6枚を獲得、350万枚のセールスを記録している国民的バンド、Travis。 大ヒット曲 “Why Does It Always Rain On Me?” や “Writing To Reach You.” ももちろん収録。




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 8/1(木)ROCK・PROGRE新入荷情報!ビートルズの2020年カレンダーほか

Page Top