Home > ROCK/PROGRE > ROCK・PROGRE新入荷情報!NEW ORDER、全18曲を収録したライヴ盤をリリース!

ROCK・PROGRE新入荷情報!NEW ORDER、全18曲を収録したライヴ盤をリリース!

  • 2019-07-12
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★ポストパンクの代表的なバンドの一つであるJOY DIVISIONを前身として、UKマンチェスターにて結成されたエレクトロニック・ロック・バンド、NEW ORDER。2017年7月、地元マンチェスターの伝説の会場に再降臨!お馴染みの楽曲から超レアな音源~初期作品から最新作までを一旦解体し構想を練り直し再構築して演奏した新ライヴ・セット全18曲を収録したライヴ盤をリリース!


●(NO,12K,LG,17MIF) NEW ORDER + LIAM GILLICK: SO IT GOES.. (3LP BOX/COLORED VINYL) / NEW ORDER ニュー・オーダー 輸入LP 6,426円(税込) (MUTE / STUMM450)

●ニュー・オーダー / Σ(NO,12K,LG,17MIF) NEW ORDER + LIAM GILLICK: SO IT GOES.. (2CD) 国内CD 2,808円(税込) (MUTE、TRAFFIC / TRCP-243/4 / 4571260589032)

■ダウンロードコード付き、カラーヴァイナル(LP1: レッド LP2: ライトグリーン LP3: ブルー)、12” サイズ24P 豪華ブックレット封入

2017年7月、地元マンチェスターの伝説の会場に再降臨!新たなアレンジを加えた新ライヴ・セット全18 曲!2017 年7 月、ニュー・オーダーはマンチェスターのオールド・グラナダ・スタジオのステージに再び降り立った。そこはジョイ・ディヴィジョンが、1978 年にトニー・ウィルソン(ファクトリー・レコード創始者)のTV 番組「So It Goes」に初出演を果たした場所であった。

その記念すべきライヴ『Σ(No,12k,Lg,17Mif)New Order + Liam Gillick: So it goes ..』は、ニュー・オーダーのお馴染みの楽曲から超レアな音源~初期作品から最新作までを一旦解体し構想を練り直し再構築され演奏されている。この作品にはジョイ・ディヴィジョンのアルバム『アンノウン・プレジャーズ』に収録され、ライヴでは30 年以上も演奏されることがなかった「Disorder」や、全英TOP5に入るなど素晴らしい評価を得た2015 年の最新アルバム『ミュージック・コンプリート』収録の「Plastic」まで、まさに夢に包まれたような完璧なドキュメントとなっている。

このアルバムがライヴ録音されたのは2017 年の7 月13 日、アンコールを含むパフォーマンス全18 曲をフルで収録している。今回のスペシャルなライヴは、マンチェスターを象徴するオールド・グラナダ・スタジオで2017 年7 月に5 夜にわたって行われた。また近年テート・ブリテンやNY のMoMA などで個展を開催し活躍中のヴィジュアル・アーティスト、リアム・ギリックが映像演出でコラボレート、それにバンドの作品にもしばしば名前を見せるマンチェスター出身の作曲・編曲家、ジョー・ダデルが楽曲アレンジに参加し、ライヴにはバンドメンバーのほか、王立ノーザン音楽大学の学生による12台ものシンセサイザー・アンサンブルが加わっている。この夏、ニュー・オーダーはヨーロッパ各地のフェスティバルに出演を予定。併せて10 月開催のツアーが発表され、現在そのラインナップは、プラハ、ミュンヘン、ベルリン、パリ、ブリュッセルそしてアムステルダムとなっている。

特典詳細情報

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
『NEW ORDER
 / Σ(NO,12K,LG,17MIF) NEW ORDER + LIAM GILLICK: SO IT GOES..』 輸入LP BOX SET、輸入CD、国内仕様CDをお買上げのお客様に先着で、缶バッジ(直系40mm×40mm)を差し上げます。







★2018年ライヴがCDリリース!


●SUPERSONIC BLUES MACHINE / ROAD CHRONICLES: LIVE! (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (PROVOGUE / PRD75922 / 0819873019435)
僅か14歳でプロ・ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ、LUCKY PETERSONバンドやBUDDY MILES EXPRESSの一員としても活動するテキサスのメガトン級ブルース・ロック・ギタリストLANCE LOPEZを中心に、STEVE LUKATHERとの仕事やメロディック・メタル・バンドの活動でも知られるイタリア生まれNY在住ベーシスト/プロデューサーFABRIZIO GROSSI、JOHN MELLENCAMPを長年支えた強力ドラマーKENNY ARONOFFの3名によるブルース・ロック・トリオ、SUPERSONIC BLUES MACHINE。

2018年7月20日、イタリアはブルニェーラ公演を収録。

2017年の2ND『CALIFORNISOUL』を引っ提げたバンド初となるヨーロッパ・ツアーからの一夜。"I AM DONE MISSING YOU"、"ELEVATE"、"BAD BOYS"といった新作楽曲はもちろんのこと、2016年1ST『WEST OF FLUSHING』からの楽曲を中心に、スペシャル・ゲストとしてZZ TOPのBILLY F. GIBBONSを迎えた"LA GRANGE"、"DUST MY BROOM"といったZZ TOPナンバー、MUDDY WATERSの"GOT MY MOJO WORKING"や"GOING DOWN"といったブルーズ・カヴァーまでを披露する熱い名演を繰り広げています。現代UKを代表するブルース・ロック・ギタリストKRIS BARRASも参加しています。





★78年ライヴ音源がリマスターCDリリース!

●FOREIGNER / LIVE AT THE RAINBOW '78 (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (RHINO / R2591282 / 0603497851898)
78年4月27日、ロンドンはRAINBOW THEATER公演を収録。

元SPOOKY TOOTHのMICK JONESと元KING CRIMSONのIAN MCDONALDを中心に英米混合のメンバーで構成、ハード・ロック~AOR的サウンドを鳴らし人気を博した名うての実力者揃いのスタジアム・ロック・バンドFOREIGNER。全米チャート最高位4位を記録し、その後約1年にわたり全米チャートのトップ20をキープした77年3月のデビュー盤『FOREIGNER (邦題:栄光の旅立ち)』を引っさげたロンドンでの一夜。2019年3月には映像作品とデジタル配信のみでリリースされていた彼らの初期のライヴ音源がファン待望の音盤化です。

"LONG, LONG WAY FROM HOME"で幕を開けたこの夜は、"FEELS LIKE THE FIRST TIME"や"COLD AS ICE"といったヒット・シングルに加え、78年6月に発売を控えた2ND『DOUBLE VISION』からの新曲2曲"HOT BLOODED"、"DOUBLE VISION"も披露。その確固たるミュージシャンシップに裏打ちされた素晴らしいパフォーマンスで観客に目くるめく時間を提供、まさしく栄光の旅立ちといった初期の名演を捉えています。

「1978年はバンドにとって間違いなくマジカルな年だったよ。イギリスに戻って、あの伝説的なRAINBOWでヘッドラインのコンサートをするなんて、本当に夢が叶った瞬間さ。観客も素晴らしかったしあれ以上に最高なものなんて望めなかったよ。」
--- MICK JONES


★77年5THがリマスターCDリイシュー!
Running On Empty
●JACKSON BROWNE / RUNNING ON EMPTY (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (ASYLUM / 603497863327 / 0603497863327)
SSWというスタイルを確立させた最重要アーティストにして、70年代のウエストコースト・ロックを代表する至上のシンガー・ソングライターJACKSON BROWNE。「70年代最高の詩人」「真のアメリカを語る真のロック・アーティスト」「アメリカを代表する偉大なるシンガー・ソングライター」など世界中から惜しみない賞賛を受け、2004年にはロックの殿堂入り、2007年にはソングライターの殿堂入りも果たした偉人です。

プロフェッショナルなミュージシャンと共にサウンドを強化した76年前作『THE PRETENDER』の発表後、ロック・アーティストとしての存在感をシーンに見せつけていったBROWNE。ツアー中の生活をそのままドキュメント的に捉えた異色の作品にして、彼のキャリアにおいて大きな成功を収めることとなった名作です。

77年8月17日から9月18日にかけて、バック・ミュージシャン達とともに敢行したツアーの模様を生々しく捉えるべく制作された本作は、ステージ上でのライヴ・パフォーマンスに加え、ホテルの部屋やバック・ステージのリハーサル・ルーム、ツアー・バスでの演奏までを収録。通常のライヴ作品とは全く違う、当時としては(現在でも)非常に革新的な手法でレコーディングされたまさしく金字塔的作品に仕上がっています。

ギターのDANY KORTCHMAR、フィドルとラップ・スティールのDAVID LINDLEY、キーボードのCRAIG DOERGE、ベースのLELAND SKLAR、ドラムのRUSS KUNKEL、そしてバック・グラウンド・ヴォーカルのDOUG HAYWOODとROSEMARY BUTLERという西海岸最高の布陣が顔を揃えた名演のオンパレード。

キャメロン・クロウがかつて「ライヴ・アルバムというより、もはやライフ(人生の)レコーディング・アルバムだ」と称したこの作品は、全米チャート3位を記録、その後65週にわたりチャート・インし続け、全米のみで700万枚を超えるセールスを記録、7Xプラチナム・ディスクを獲得する彼のキャリアに置いても最も大きな商業的成功を収めた傑作です。

本人監修による最新リマスター。







●SUFJAN STEVENS / LOVE YOURSELF / WITH MY WHOLE HEART (7"/TIE-DYE VINYL) 輸入7" 1,836円(税込) (ASTHMATIC KITTY / AKR376LP-C2 / 0656605366296)
映画『君の名前で僕を呼んで(CALL ME BY YOUR NAME)』のテーマ曲を手がけたり、THE NATIONALのメンバーとバンドを組むなど多岐に渡る活動を行い、今や00年代USインディフォークを代表する存在となったSufjan Stevensが新曲を限定7インチで緊急リリース!こちらはUK/EU限定カラー・ヴァイナル!オフィシャルサイトではすでに完売表記!US限定カラー・ヴァイナルと同様即完必至です!■ダウンロードコード付き、限定2500枚タイダイ・カラー・ヴァイナルアルバムとしては2015年の『Carrie & Lowell』以来リリースはないが、昨年リリースしたシングル「Lonely Man of Winter」や映画『君の名前で僕を呼んで』の主題歌「Mystery of Love」を始めマイペースなれどコンスタントに新曲を発表している。
今回リリースされる7インチシングルは6月の”Pride Month”を記念し、愛をテーマにした「Love Yourself」と「With My Whole Heart」を収録したもので「Love Yourself」はSufjanが20年前に書いたスケッチに基づき、1996年に録音されたオリジナルの4トラックデモバージョンも収録。 一方「With My Whole Heart」は「対立、不安、または自己批判を伴わずに、明るく誠実なラブソングを書く」という個人的な挑戦として書いたまったく新しい曲になる。なお、このシングルの収益の一部は、ニューヨークのハーレムにあるAli Forney Centerとミシガン州デトロイトにあるRuth Ellis Centerという組織を通じ、LGBTQ とアメリカのホームレスの子供たちに寄付される。






●ED SHEERAN / NO.6 COLLABORATIONS PROJECT (2LP/180G) 輸入LP 3,132円(税込) (WM UK / 9029542789 / 0190295427894)


●エド・シーラン / NO.6 コラボレーションズ・プロジェクト 国内CD 2,138円(税込) (ワーナーミュージック・ジャパン / WPCR-18252 / 4943674298815)

4月に日本では自身初となるドーム公演を東京・大阪で開催し、両日ともチケットは即完売!2日間で合計9万人もの観客を動員した、スター・シンガーソングライター、エド・シーラン。ここ日本でも圧倒的人気を誇る彼が、世界的な大ヒットとなった『÷(ディバイド)』以来となる待望の新作アルバム『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』をリリース! エド・シーランだからこそ出来た、スペシャルなコラボレーション。 素敵な友達がほんの少し助けてくれるだけで、特別な何かが生まれる。ジャスティン・ビーバーや、チャンス・ザ・ラッパー、PnBロックなど、豪華アーティストとのコラボ・アルバム!5月10日にジャスティン・ビーバーとのコラボ・シングル「アイ・ドント・ケア」を発表したエド。配信1日目の再生数がストリーミング・サービスのSpotifyでは1000万回を超え、1日の最多ストリーミング数の新記録を樹立したほか、iTunesでも63の地域で総合チャート1位を獲得。勿論、ここ日本でもiTunes、Apple Music、LINE MUSIC、レコチョク洋楽総合で1位を記録するなど、既に世界各国で大ヒットに。またエドとジャスティンが着ぐるみやスーツ、短パンなど、色々な格好をしながら、CG合成をフルに駆使し、世界各地の風景など様々なバックを背に、シュールでユーモラスな画面を作り出している楽しいミュージック・ビデオも話題となっている。ちなみにエドは自身のインスタグラムで「日本(大阪)とLAでこのビデオを撮影したんだ。ぼくはパンダの着ぐるみを着たよ」と、4月のドーム・ツアーで来日していた時に撮影したことを明らかにしている。 また続けて発表された、レーベルと契約しない事でも知られるヒップホップ・アーティスト、チャンス・ザ・ラッパー、そしてアトランティック所属のラッパー/シンガーであるPnBロックとコラボした新曲「クロス・ミー (feat. チャンス・ザ・ラッパー&PnBロック)」も公開中だ! エドは今回リリースされる『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』についてこのように語っている: 
「2011年、契約をする前に僕は『No.5 コラボレーションズ・プロジェクト』というEPを作ったんだ。それ以来、ずっとこれに続く作品を作りたくて。だから去年、ツアーを回っている時に何度もノートパソコンを出して曲作りをしてきた。一緒にコラボしたアーティストたちの大ファンだから、今回もとても楽しかったよ。」 その『No.5 コラボレーションズ・プロジェクト』は2011年1月に自主レーベルよりリリース。全曲をグライム/ヒップホップのミュージシャンとコラボレーションした画期的な作品として高く評価されている。そしてその続編とも呼べるのが、『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』なのだ。参加アーティストは現在発表になっているジャスティン・ビーバー、チャンス・ザ・ラッパー、PnBロックの3人以外はまだ隠されており、今後のアナウンスに期待が集まっている。 テイラー・スウィフトのツアーでオープニング・アクトを務めたり、エリック・クラプトンからエルトン・ジョン、ザ・ウィークエンド、N.E.R.D.からタイ・ダラー・サインまで、様々なーアティストの楽曲にゲスト参加したり、またワン・ディレクションやジャスティン・ビーバー、ショーン・メンデス、アン・マリー、ジェス・グリン、BTSなどなど数えきれないアーティストに楽曲を提供したりと、幅広い交友関係を持つ、エド・シーラン。そんな彼だからこそ、実現したスペシャルなコラボレーション・アルバム、それが本作『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』なのだ! 








■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > ROCK・PROGRE新入荷情報!NEW ORDER、全18曲を収録したライヴ盤をリリース!

Page Top