Home > ROCK/PROGRE > 6/28(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!オールデイズ新作やマグマの新作輸入盤など入荷!

6/28(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!オールデイズ新作やマグマの新作輸入盤など入荷!

  • 2019-06-28
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★オールデイズ新作!

●ソロウズ / ザ・ソロウズ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6798 / 4582239487983)
<60'S GARAGE ROCKIN' OLDAYS>

ジミー益子監修 オールデイズ・レコード PRESENTS『60'S ガレージ・ディスク・ガイド』連動リイシュー・シリーズ第24弾

UKコヴェントリー出身のソリッドなビート・グループ、ソロウズのピカデリー音源集!

コヴェントリー出身のソロウズは「TAKE A HEART」がわずかにヒットしたソリッドなビート・グループ。タイトでエッジの効いた凄みのあるサウンドはインパクト充分だが、サイケデリックへと移行してゆくスウィンギン・ロンドンのなかで人気を継続してゆくには陰鬱でハード過ぎたのだろう。凄みこそあったが華やかさはなかった。メンバーもどんどん辞めてゆき、最終的にザ・プリミティヴスのようにイタリアに活路を見出した。しかし、イギリス・ピカデリー時代とイタリア・ミューラ時代ではほぼ別のバンドといえるだろう。いずれも残された個性的なサウンドは1980年代以降、高い評価を得ることになる。

このアルバムではヴォーカリスト、ドン・ファードンとギタリスト、ピップ・ウィッチャーを中心とした1967年までのピカデリー音源を中心に聴いていこう。~解説より

解説:ジミー益子





●ホリーリッジ・ストリングス / ザ・ビートルズ・ソング・ブック+ザ・ビートルズ・ソング・ブックVOL.2 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6803 / 4582239488034)
夏の昼下がり、極上のビートルズ・メロディが貴方を夢の世界へと誘う......。

キャピトル・レコード企画のイージー・リスニング・プロジェクト、ホリーリッジ・ストリングスがビートルズ・ナンバーをオーケストラ・サウンドで料理した人気盤『ザ・ビートルズ・ソング・ブック』(64年)と『ザ・ビートルズ・ソング・ブックVOL.2』(65年)を2イン1収録! 

「抱きしめたい」や「オール・マイ・ラヴィング」が美麗なアレンジによりひと味ちがった魅力を放つ。真夏の昼下がり、極上のビートルズ・メロディに包まれながらまどろむのも、またオツなもの......。





●サーファリーズ、ベンチャーズ、チャレンジャーズ / ワイプ・アウト ・ボックス 国内CD 3,240円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6805-07 / 4582239488058)
サーフ・インストの古典「ワイプ・アウト」の聴き比べが楽しいユニークなコレクション!

"サーフ・インストの古典"といえるサーファリーズの名曲「ワイプ・アウト」にスポットライトをあて、サーファリーズによるオリジナル・ヴァージョンを収めたアルバム(63年)に、ベンチャーズ、チャレンジャーズそれぞれのカヴァー・ヴァージョンを収めたアルバム(63年、66年)を加えた、ユニークなコレクションが登場! 

さらに、「メンフィス」「テキーラ」「アパッチ」といった定番曲も3バンドによる演奏の聴き比べを楽しむことができる、インスト・ファンにとって"美味しい"ボックス・セットだ。





●クリス・モンテス / ゴー!ゴー!レディオ・デイズ・プレゼンツ・クリス・モンテス 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6808 / 4582239488089)
独自選曲でお届けするベスト・コレクション・シリーズ、クリス・モンテス編!

大好評を博した『ゴー!ゴー!レディオ・デイズ』から待望の新シリーズが登場! 

人気アーティストの名曲・代表曲を独自選曲でコンパイルしたベスト・コレクションの第1弾は、ソフトなヴォーカルとラウンジ風のソフィスティケイトされたサウンドが心地よいクリス・モンテス。

「コール・ミー」をはじめA&M時代の主要曲を網羅しているのはもちろん、初期モノグラム時代のヒット「レッツ・ダンス」やキャシー・ヤングとのレアなデュエット「ユアー・ザ・ワン」も加えた決定版で、夏の昼下がり、木陰でまどろみながら聴きたい一枚だ。





★BOWIEの限定ピクチャー7"シリーズに79年シングル"D.J."が登場!

●DAVID BOWIE / D.J. (40TH ANNIVERSARY 7" PICTURE DISC) 輸入7" 2,160円(税込) (PARLOPHONE / DBDJ40A / 0190295471910)
BOWIEの限定ピクチャー7"シリーズに79年シングル"D.J."が登場!79年6月、ベルリン3部作の最終章となった13THアルバム『LODGER』からのセカンド・シングル"DJ"。本作も先行シングル"BOYS KEEP SWINGING"同様にBRIAN ENOによる戦略的カード・システム「OBLIQUE STRATEGIES」が採用され、"HEROES"でのROBERT FRIPPのインプロヴィゼーション・ワークを参考に、楽曲もコードも知らされていないギタリストADRIAN BELEWに初見のバックトラックを元にいきなり何度もギター・ソロを弾かせ、それを重ねるというやり方をとったことで、緊張感と即興性に満ちた演奏が展開されています。

A面には『A NEW CAREER IN A NEW TOWN』にも収録されたTONY VISCONTIによる2017ミックスの未発表シングル・エディット・ヴァージョンを、

AA面には同『LODGER』からの"BOYS KEEP SWINGING"の「KENNY EVERETT VIDEO SHOW」テレビ放送用ヴァージョンをコンパイル。キーボードにSEAN MAYES、ベースにTONY VISCONTI、ヴァイオリンにSIMON HOUSE、ドラムにANDY DUNCAN、そしてギターにはRICKY HITCHCOCKとTHIN LIZZYでの活動でも知られるBRIAN ROBERTSONをフィーチャーし、79年4月9日にソーホーのGOOD EARTH STUDIOでレコーディングされた未発表音源です。





★BOWIE初のヒットとなった69年"SPACE ODDITY"の50周年を記念して『SPACE ODDITY』期69年春のデモ音源第3弾が発掘1LPボックス・リリース!

●DAVID BOWIE / THE 'MERCURY' DEMO (WITH JOHN 'HUTCH' HUTCHINSON) (LP) 輸入LP 10,800円(税込) (PARLOPHONE / 190295519155 / 0190295519155)
BOWIE初のヒットとなった69年"SPACE ODDITY"の50周年を記念して『SPACE ODDITY』期69年春のデモ音源第3弾が発掘1LPボックス・リリース!2NDアルバム『DAVID BOWIE』からの先行カット・シングルとして69年7月11日にシングル・リリース、ほどなくチャート1位を獲得し、BOWIE初のUKヒットとなった初期の代表曲"SPACE ODDITY"。スタンリー・キューブリック監督「2001年宇宙の旅」に影響を受けて作られた本作ですが、発売から5日後7月16日のアポロ11号の打ち上げ(月面着陸はさらに8日後の7月24日)という歴史的出来事とも相まって世界的にも大ヒットを記録しています。

その50周年を記念し、未発表音源集4X7"シングル・ボックス『SPYING THROUGH A KEYHOLE』、未発表自宅レコーディング集3X7"シングル・ボックス『CLAREVILLE GROVE DEMOS』に続き、BOWIE & HUTCHのデュオによる 当時BOWIEが住んでいたロンドンのフラットにおけるMERCURY用宅録セッション音源が発掘アナログ音盤化。

DAVID BOWIEのヴォーカル、ギター、スタイロフォンと、トリオTHE FEATHERSでもともに活動した盟友JOHN 'HUTCH' HUTCHINSONのギター/ヴォーカルという当時デュオで活動していたBOWIE & HUTCHによるセッション・レコーディングは、元々MERCURY RECORDSのA&RマンCALVIN MARK LEEの要請で彼のボスBOB RENOに聞かせるために執り行われ、のちの米MERCURY/英PHILIPSとの契約に繋がった41分の貴重な録音。REVOXのオープン・リール・テープ・レコーダーにライヴ一発録りされた全10曲のアーリー・デモ音源です。

このデモ音源からの"SPACE ODDITY"のヴァージョンは、89年/03年のボックス・セット『SOUND & VISION』にもエディット収録されていましたが、オリジナル・ヴァージョンでのお目見えは今回が初となります。

ほか、のち70年のシングルB面となる"CONVERSATION PIECE"、アルバム・トラック"JANINE"のBEATLESの"HEY JUDE"のメロディを19秒差し挟んだヴァージョンといったBOWIEのオリジナル楽曲に加え、最初期ROXY MUSICにも参加し同年69年のソロ唯一作『PIECE OF MIND』でも知られる英国アングラ・ギタリストROGER BUNNのペンによるヴォーカル/インストゥルメンタル・カルテットDJINN楽曲"LIFE IS A CIRCUS"カヴァー(『CLAREVILLE GROVE DEMOS』とは別音源)、のちELTON JOHNの持ち歌として名を馳せるLESLEY DUNCAN楽曲"LOVE SONG"など全10曲。もちろんすべて完全未発表のファン垂涎の一枚となっています。

LPのラベルは 『SPYING THROUGH A KEYHOLE』や『CLAREVILLE GROVE DEMOS』同様のEMIDISCのアセテートを模した仕様。デュオのツー・ショットを収めた一枚のプリント、2枚のフォト・コンタクト・シート、MARK ADAMSによるスリーヴ・ノーツを収納したオリジナル・テープ・ボックスのレプリカ装。ボックスにはBOWIE自身の手書きソング・タイトルがあしらわれています。





★2018年ライヴが2CDリリース!

●GOV'T MULE / BRING ON THE MUSIC - LIVE AT THE CAPITOL THEATRE (2CD) 輸入CD 2,160円(税込) (PROVOGUE / PRD75932 / 0819873019510)
2018年ライヴが2CDリリース!2018年4月27日・28日、ニューヨーク州ポート・チェスターのCAPITOL THEATREで開催された2公演を収録。

DEREK TRUCKSと共に2000年代初頭のALLMAN BROTHERS BANDを支えてきたギタリスト、WARREN HAYNES率いるサザン・ロック・ジャズ・バンドGOV'T MULE。ヴォーカル/ギターWARREN HAYNES、ドラムスMATT ABTS、キーボード/ギター/バッキング・ヴォーカルDANNY LOUIS、ベースJORGEN CARLSSONという鉄壁の布陣で迎えたバンドのフェイヴァリット・ヴェニューでのステージ。記念すべきバンドの25周年を祝った、2時間を越える圧巻のパフォーマンスが詰まったファン必携盤です。







★遂に結成50年を迎えた仏を代表するプログレッシブ・ロックバンド、MAGMAの長らく"未完の大作"として語り継がれてきた「Zess」がついにスタジオ作として登場!

●MAGMA (FRA) / ZESS 輸入CD 2,916円(税込) (SEVENTH / A40 / 3760150890469)
遂に結成50年を迎えた仏を代表するプログレッシブ・ロックバンド、MAGMAの長らく"未完の大作"として語り継がれてきた「Zess」がついにスタジオ作として登場!仏産の代表的且つ異端的存在であるプログレッシブ・ロックバンド、MAGMAの「Zess」のスタジオ録音を収録した'19年作が登場!

バンドリーダーであるChristian Vander(vo)が本曲の着想を得たのは'77年の『Attahk』セッション時の事。'79年4月仏Bourgesでのフェスティバル出演時に初演、その後もMAGMA/OFFERING/LES VOIX DE MAGMA等様々なフォーマットにおいて断続的にライブで演奏され、その模様は「Bobino 1981」や「Mythes et Legends Vo.4」等といった公式の作品において発表されている。

楽曲の未完成を理由に約40年間スタジオ録音の機会を得ないままであったが、この度遂に、今まで公式では未発表となっていたパートを含む完成版の制作及び録音がなされた。
本作を彩るゲストとして、初期OFFERINGやWELCOME等でChristianの右腕として貢献してきたSimon Goubert(p)、そしてMATS/MORGANやKAIPA等で活躍、現在のスウェーデン・北欧プログレシーンをリードするMorgan Agren(dr)が参加。

更にはThe City of Prague Philharmonic Orchestraの協力の下、生音によるオーケストラ・パートを導入。今までのライブ演奏とはまた異なったアプローチから、本曲への新たな、或いは元来の解釈に基づくアレンジメントによる録音が実現した。

ドラムとピアノのバッキングが生み出すシンコペーションが奏者/聴者双方に集中力と緊張感を与えるのと同時に、Christianにしか成しえないボーカリゼーション及び幾重にも交じり合ったコーラスは感動的ですらあり、スピリチュアル・ジャズ/ゴスペル/ファンク/ミニマル・ミュージック等、多種多様な音楽性を多少なりとも内包させつつも、正に”Zeuhl”としか形容出来ない、MAGMA史においても唯一無二の傑作です!

付属の40pカラー・ブックレットには仏語とその英訳、そしてコバイア語の歌詞、及びBruno Heuzeによるライナーノーツ(仏語/英語)を記載。

【Digibook仕様】





当店推薦盤!
俚謡山脈監修「おしゃらく」のアナログ盤到着!特典DVD-R!

●葛西おしゃらく保存会、他 / おしゃらく (LP) 国内LP 2,700円(税込) (エム・レコード (EM RECORDS) / EM1181LP / 4560283217817)
もう言わずにいられない「ジジイババアの芸は最高だな!」

俚謡山脈監修シリーズ第四弾は、東京の芸能「おしゃらく」伝説の録音の初蔵出し。明治生まれの芸達者達による最強のパス・ザ・マイク・セッションまでも収録した全28曲、これぞ良い声、良い唄の大洪水!

東京にも民謡ってあるの?と問われたら答えたい「東京こそ唄の宝庫だ!」と。東京オリンピックによって急速に失われた「古き良き東京」をはっぴいえんど(松本隆)は「風街」という架空の街に見立てたが、「風街」とは別の東京、農民漁民や船頭が生きていた東京がつい数十年前まで存在していたことを、一体どれほどの人が現実に知っているだろうか?毎月念仏講(※1)が催され、農作業や土木作業で唄う作業唄があり、晴れの場では祝い唄を全員で唄い、夏が来れば盆踊りで死者の霊を慰めた。

今回我々が紹介するのは、東京の江戸川区および隣接する千葉の浦安に残されていた「おしゃらく」という芸能だ。おしゃらくは念仏講で歌い踊られていた念仏踊りを起源とし、そこに遊芸人である瞽女や飴屋の唄、江戸のはやり唄などを取り込みつつ高度に発展を遂げた「民謡と民俗芸能のハイブリッド」とでも言うべきものだ。この芸能は茨城から千葉、埼玉、神奈川まで分布しており、「万作踊り」「小念仏」の名称でも知られているが、おしゃらくはその中で最も複雑かつ洗練された芸能と言える。達者な三味線、モーラム(※2)にも引けを取らない節回しを聴かせる唄、踊り手を鼓舞するように快調なビートを刻む鉦と太鼓。民謡には「素人の良さ」があるのは確かだが、ここに登場する人々は「芸達者中の芸達者」だ。CD版のディスク2には、そのおしゃらくオールスターズが唄う葛西と浦安の民謡を収録しており、これがまた凄い内容。作業唄から盆踊り唄まで一流の芸達者たちによる土着民謡大会! ファンキーとかドープとかいう言葉ではとても表しきれない、目くるめく「良い声」「良い唄」の大洪水に酔いしれて欲しい。

本作収録音源は、現在も葛西おしゃらく保存会の会長を務める藤本秀康氏が昭和40~50年代に自ら録音した膨大な量の所蔵テープから、俚謡山脈が藤本氏と共にセレクトした。アレマイユ・エシェテ(※)のような歌手が日本にもいたらな~と夢想したことがある人に教えたい。小川金蔵、長谷川米吉、高橋八五郎、藤代伝八、等々、全員素人だがプロ以上の声を持った達人たちが東京と千葉にいたのです!と。

※注釈

1) 念仏講:主に浄土宗系の信者が、集まって念仏を唱える儀式のこと。同時にその集団自体を指す。念仏が済むと、持ち寄った食事を食べたり、唄や踊りで楽しんだ。宗教儀式というよりは、今で言うところの老人クラブに近い。

2) モーラム:ラーオ系の芸能でラオスやタイ東北地方イサーンが本場。モーは達人、ラムは声調に抑揚をつけながら語る芸能。つまり“語りの達人” で、その歌手と芸能の両方をさす。モーラムは“歌” ではない。

3) アレマイユ・エシェテ (ALEMAYEHU ESHETE):エチオピアのジャズ/歌謡歌手。1941年生まれ。エチオピア独自のフィーリングを色濃く残したその節回しでジャズやロックを堂々と乗りこなし、エチオピアのエルヴィスという異名を取った。

※LP版はCDディスク1から抜粋し、LP版のみのトラックを追加。
+ LP 版:8P 中綴じライナー封入
+ LP オンリートラック2 曲収録
+ 解説/歌詞/貴重写真掲載/CD 版未掲載の貴重写真も複数あります。
+ 日本語・英語表記

監修・解説:俚謡山脈

ADテープ変換:菅井健 (SUGAI KEN)
マスタリング:倉谷拓人 (Ruv Bytes)
装丁:高木紳介(Soi48)


写真提供:藤本秀康氏


写真提供:藤本秀康氏

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

『葛西おしゃらく保存会、他 / おしゃらく』 をお買上げのお客様に先着で、ディスクユニオン・オリジナル特典 『おしゃらく秘蔵映像DVDR』 を差し上げます。

内容:
16mmフィルムよりデジタル化
昭和46年7月16日 / 葛西第一小学校講堂にて撮影
新川地曳・木更津・浦島・白枡粉屋・つけた・坊さま 収録

 





P.I.L.のオリジナル・メンバーであり、数多くの名義でもジャズやワールド、ダブ、ニュー・エイジなど様々なジャンルを横断し作品を創出し続ける多才なミュージシャン、Jah Wobble。今回は盟友とも呼べる鬼才=Bill Laswellとのコラボ・アルバム!

●ジャー・ウォーブル&ビル・ラズウェル / レルム・オブ・スペルス 国内CD 2,376円(税込) (ALTERNATIVE WAVERS / AW-57 / 4988044889149)
■解説:大鷹 俊一

極太ベースで定評のあるジャー・ウォブルですが、ビル・ラズウェルもベーシストとして名を知られ、また、彼もジャズやアンビエント、テクノ、ファンク、ダブ、アヴァンギャルド、ワールド・ミュージックなど多彩な音楽性を表現した作品を世に残す、稀代のミュージシャン。

ビル・ラズウェルは、70年代はNO WAVEシーンとも密接にかかわりマテリアルやゴールデン・パロミノスとして活動。80年代はヒップホップ、90年代はデトロイト・テクノや電子音楽、フリー・ジャズ、ダブなどにも傾倒。

そんな二人のコラボレーション作品をサポートするのは、ジャーのバンド、ザ・インヴェイダーズ・オブ・ザ・ハートらで、他には日本を代表するドラマーの山木秀夫、実力派ジャズ・ミュージシャンのピーター・アプフェルバウムが参加。

Jah Wobble bass、Bill Laswell bass、Hideo Yamaki drums on tracks 1, 4 & 8、Peter Apfelbaum saxes and Flutes tracks I & 4





US人気レーベルCAPTURED TRACKSのボスが惚れ込んだ逸材!昨今の新鋭UKポスト・パンク・シーンに新たな仲間入りを果たすであろうトリオ、DRAHLAが待望のデビューアルバムをリリース!日本盤のみで聴ける楽曲を2曲収録!


●ドラーラ / ユースレス・コーディネイツ 国内CD 2,484円(税込) (CAPTURED TRACKS / CT-296JP / 4988044888265)
■解説:天井潤之介

2017年にデビューしたUKバンド、DRAHLA。2018年にUS重要レーベルと契約しシングルを発表、同年にはCUREのロバート・スミスがキュレーターを務める『Meltdown festival』へ出演。
そして昨年末には日本限定でシングル曲とそのB面曲をまとめた初CD化となる編集盤『A COMPACT DISC』をリリースし、ここ日本でも早耳インディ・ロック・ファンの心を掴んだポスト・パンク3人組、待望となるデビュー・アルバム!

サウス・ロンドン・シーンや周辺など新世代のUKバンドが台頭している昨今、このDRAHLAもその新しい潮流に位置するバンド。
とりわけ、BLACK MIDIやFAT WHITE FAMILY、FONTAINES D.C.、IDLESやCROWS、SHAME、SQUIDなど<ポスト・パンク>をキーにしたバンド勢との親和性が高いですが、DRAHLAはそれら以上にからの影響を色濃く反映した鋭利でストイックなサウンドが特徴。
SONIC YOUTHらを彷彿とさせる歪んだギター、そして何よりXAM Duoのクリストファー・ダフィンがブロウする渾身のサックスが白眉。衝動と狂気がせめぎ合うかのような演奏振りは、やはりあの時代のJAMES CHANCEを想い起こしてしまいます!

また、この日本盤のみで聞ける楽曲が2曲あり、M-5「React/Revolt」はサックスがフィーチャーされたを、そしてボーナス・トラックとして「Unwound」のインスト・ヴァージョンを収録!







【再入荷】
新たな時代の到来を予感させる大型新人!ロンドンを拠点に活動する今最も刺激的かつ謎多きバンド、black midiが〈ROUGH TRADE〉からデビュー・アルバムをリリース!

●BLACK MIDI / SCHLAGENHEIM (CASSETTE TAPE) 輸入CASSETTE TAPE 1,296円(税込) (ROUGH TRADE / RT0073MC / 0191402007343)
■数量限定カセット・テープ

ジョーディ・グリープ(vo/g)、キャメロン・ピクトン(b/vo)、マット・ケルヴィン(g)、モーガン・シンプソン(ds)の4人で構成される彼らは、メディア露出も殆どなくその多くが謎に包まれるなか、常に変化するセットリストや圧倒的な演奏技術とオリジナリティー溢れる楽曲でゲリラライブを精力的に行い、ロンドンでは噂が噂を呼んで一連のライブが即完売するなど、結成から僅か1年というスピードで、『UKアンダーグラウンド・ミュージック・シーンで今最もアツいバンド』という評判を早々に確立している。
最近では、米SXSWや北米各地でライブを行い、SXSWでは最も目立ったアクトとしてその名が挙がったほか、初のNYでの2公演も完売させた。米音楽メディアPitchforkは“不気味なほど正確でストイック”と評し絶賛している。
ブラック・ミディの楽曲は、ポストパンクでありながら、時にサイケデリック、ノイズ、プログレ、インディー、ブルースとジャンルの垣根を問わず縦横無尽に繰り広げられ、どのカテゴリーでも言い表せない全く新しいものであり、ロックの未来を提示する衝撃作がここに完成した。







【再入荷】
62年3RDがCDリイシュー!

●CAROLYN HESTER / CAROLYN HESTER (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (TROUBADOUR / TRBCD029 / 5060174957963)
今ではUSフィメール・サイケ/アシッド・フォークCAROLYN HESTER COALITIONの中核として認知されるCAROLYN HESTER。サイケ・ブームの以前からグリニッジ・ヴィレッジで活動した最初期の一人であり、ロック史的にはDYLANがデビューするきっかけを作った女性シンガーとして、またMARY TRAVERS以前の一時期にPETER, PAUL & CAROLYNになりかけたことでも知られます。

ベースには映画監督SPIKE LEEの父でもあるジャズ・ベーシストBILL LEE、ギター&ヴァイオリンには「MR. TAMBOURINE MAN」ことBRUCE LANGHORNE、ハーモニカにはデビュー直前のBOB DYLANを引き連れた3RDフル。本作はDYLANにとってはCOLUMBIAでの初仕事でもあり、本作のプロデューサーJOHN H. HAMMONDによってソロ・ミュージシャンとしてレーベル契約へと至ります。

ちなみにこの時期はCAROLYNの夫RICHARD FARINAがJOANの妹で17歳のMIMI BAEZことのちのMIMI FARINAと出会い一目惚れ&浮気、すぐに彼との離婚を決める激動期でもありました。





【再入荷】
★イタリアン・ロック名バンドの幻の未発表音源&映像をコンパイルしたCD+DVD!

●ロカンダ・デッレ・ファーテ / 永遠のルシオール: CD+DVD リミテッド・エディション 国内CD+DVD 7,500円(税込) (ディスクユニオン / DUPG232 / 4988044882782)
【対訳ライナー・ブックレット付輸入盤(原盤:伊AMS)/対訳:高野 正和/2枚組/CD+DVD/英文ライナー対訳・国内ブックレット付/DVD:NTSC方式(国内機種視聴可)】

高度な技巧と煌びやかでリリシズムに富む旋律で70年代後期抒情派イタリアン・ロックの筆頭に挙げられる名バンド
70年代活動期に録音/撮影されていた幻の未発表音源&映像から編纂されたCD+DVD2枚組発掘盤が登場!!

CDには公式デビュー前の'74年に録音されていた同郷の先輩P.F.M./フォルムラ3及び当時多くのイタリアン・ロックバンドに多大な影響を与えていたジェントル・ジャイアント楽曲のカヴァー音源、'77年デビュー作と同年に制作された伊国営放送RAI TV音楽番組放送用スタジオ・ライヴ音源5曲と現バンドによる完全新録曲2曲を、さらにDVDには前述の伊RAI TV番組の本編映像完全版及び新録曲2曲のヴィデオ・クリップをぞれぞれ収録。
収録マテリアルすべてが今回本邦初登場となるだけでなく、デビュー時点で既にテクニック/オリジナリティ共に完成されていたこのバンドのルーツが垣間見える'74年音源、現在もファンから高い人気を誇る楽曲の数々をさらにレヴェル・アップした演奏/サウンドで披露する'77年スタジオ・ライヴ音源/映像共にハイ・クオリティーで細部までその魅力が味わえる上、往年の音楽性をそのまま現在のメンバーで継承した新曲2曲も素晴らしく、これまでに発表された発掘音源を凌ぐ充実度。
CD、DVDは内側にデビュー作のジャケット・イラストをあしらった3面変形豪華仕様ジャケットに封入の上、デビュー以前を含むプライヴェート/ライヴ等初出貴重写真と英/伊語新規バイオグラフィーを掲載した64P美麗カラー・ブックレットを添付。国内仕様盤には対訳ライナー付。
バンドのみならず全イタリアン・ロックファン必携必至となる発掘盤です!!



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 6/28(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!オールデイズ新作やマグマの新作輸入盤など入荷!

Page Top