Home > ROCK/PROGRE > 6/11(火)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!その①:オールマン・ブラザーズ前史なデュアン・アンド・グレッグ・オールマンの国内盤や立版古の新作など

6/11(火)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!その①:オールマン・ブラザーズ前史なデュアン・アンド・グレッグ・オールマンの国内盤や立版古の新作など

  • 2019-06-11
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★学生時代に結成したロック・トリオ、ザ・サーティーワンスト・オブ・フェブラリー (THE 31ST OF FEBRUARY)のセッションに、デュアンとグレッグのオールマン・ブラザーズが参加 !

●デュアン・アンド・グレッグ・オールマン / デュアン・アンド・グレッグ・オールマン 国内CD 2,592円(税込) (SOLID / CDSOL5678 / 4526180483564)
後にオールマン・ブラザーズ・バンドのドラマーとして活躍したブッチ・トラックス、クラプトンにもカヴァーされ、オールマンによるカプリコーン・レコードで活動した伝説の70’Sサザン・ロック・バンド、カウボーイ (COWBOY) に参加したギタリスト/シンガー・ソングライター、スコット・ボイヤー、そして、ボズ・スキャッグスのバンド、カウボーイ作品にも参加したベーシスト、デヴィッド・ブラウンの3人が学生時代に結成したロック・トリオ、ザ・サーティーワンスト・オブ・フェブラリー (THE 31ST OF FEBRUARY)のセッションに、デュアンとグレッグのオールマン・ブラザーズが参加 !

ザ・サーティーワンスト・オブ・フェブラリーのセカンド・アルバムとしてのリリースを予定していたとの説もありつつ、結果ほとんどの曲でグレッグ・オールマンがリード・ヴォーカルを取った為か、72年に“デュアン・アンド・グレッグ・オールマン”名義でT.K.傘下のボールド・レーベルからリリース。なんと言っても、デュアン亡き後のオールマン・ブラザーズ・バンドの名作アルバム『EAT A PEACH』(72年)に収録されている「メリッサ (MELISSA)」の初録音が! さらにデュアン・オールマンがゲスト参加したクラプトンの最高傑作との呼び声も高い『いとしのレイラ』での再録音があまりにも有名な「ノーバディ・ノウズ・ユー・ホエン・ユーアー・ダウン・アンド・アウト」、グレイトフル・デッドやジェフ・ベックのカヴァーでも知られる「モーニング・デュウ」など収録 ! (BOLD 1968年録音)

<ミュージシャン>
デュアン・オールマン(G)グレッグ・オールマン(ORG,VO)
スコット・ボイヤー(G,VO)デヴィッド・ブラウン(B)ブッチ・トラックス(DS,PER)

■最新リマスタリング/新規日本語解説付き/国内プレス盤





★ソフト・ポップ・ファン必聴シリーズとなったTEENSVILLEのオブスキュア・ソフロ・コンピレーション第4弾がCDリリース!

●V.A. (SUNSHINE, SOFT & STUDIO POP) / LET THE GOOD TIMES IN (SUNSHINE, SOFT & STUDIO POP 1966-1972) 輸入CD 1,944円(税込) (TEENSVILLE / TV1037CD / 0072632063036)
ソフト・ポップ・ファン必聴シリーズとなったTEENSVILLEのオブスキュア・ソフロ・コンピレーション第4弾がCDリリース!2017年の『TAKE A MIND EXCURSION』、2018年初頭の『MY WORLD OF MAKE BELIEVE』、2018年夏の『THE SUN SHINES ON MY STREET』に続くTEENSVILLEのソフト・ロック・コンピレーション第4弾が登場。

SAMMY DAVIS JR.に見出されたVIC DANAによるNEIL SEDAKAカヴァーなタイトル・トラック"LET THE GOOD TIMES IN"をはじめ、GARY PUCKETT & THE UNION GAPヴァージョンに先んじたGARY USHERのペンによるFINDERS KEEPERSの"DON'T GIVE IN TO HIM"、山下達郎「サンデーソングブック」でも取り上げられたSTEVE LEEDSの"MIDSUMMER'S NIGHT"、のち北欧ビートルズことTAGESにカヴァーされたことでも有名なPETER ANTELLの"WANTING"、BREADのJAMES GRIFFINとMARKETTSのMICHAEL Z. GORDONが共作し、レジェンドSNUFF GARRETTがプロデュースを手掛けたJESSE LOPEZの"LOOKIN' SO MUCH BETTER"、

さらに、オブスキュア・ビーチ・ボーイッシュなSPRING FEVER 、ED COBBが手掛けたヴォーカル・グループS.N & THE C.TS、AL KOOPERの盟友としてシンガー・ソングライター・ファンにも名高い名作を残したMICHAEL GATELY、名ジャズ・ドラマーBUDDY RICHの娘CATHY RICH、STEVE BARRIがプロデュースを手掛けたBARRY GORDON、60年代日本でもヒットを飛ばした姉妹デュオTHE SHERRY SISTERS、ヤマタツの英語作詞者として知られるALAN O'DAYの"SOMEWHERE SHE IS SLEEPING"などなどなど、耳に心に心地よいソフト・サウンディングなサンシャイン・ポップにソフト・ポップ、太陽の下でこそ聞きたいスタジオ・ポップ・サウンドがてんこ盛りの全33曲。24ページ・ブックレット。





★立版古に新作が登場!

●ボブ・ディラン / フリーホイーリン - 立版古ペーパージオラマ組み立てキット 国内GOODS 745円(税込) (イッツアビューティフルデイ / BDTB-1901 / 4562210550264)
立版古ペーパージオラマ組み立てキット一枚の絵を切り抜いて組み立てる「元祖日本のペーパージオラマ」シリーズに、ロックの歴史的一枚が登場!!

完成サイズ: W95 x D60 x H95 mm


ジオラマ外側(グリニッチヴィレッジ地図)
Outside Design ( Greenwich Village Map of Freewheelin’ Days )


ミニギフトカード
Mini Gift Card
Card サイズ: W56 x H56 mm



立版古とは
立 版古(たてばんこ)、「たてはんこ」ともいう。江戸時代に錦絵のなかの「おもちゃ絵」のひとつとして広く楽しまれたもの。「立てる版古(錦絵)」という名 の通り、錦絵を切って組立てて楽しむものだが、組み上げた時の想像以上の立体感、パノラマ感の驚き、楽しさはまさに立版古ならでは。多くは歌舞伎の芝居、 舞台をミニチュア化したものであったり、風景、名所、風物などを模写したものなどが多かったようで、かつては千種類以上のものがつくられていたのではない かとも言われている。そんな立版古も何故か20世紀初頭、大正時代あたりを最後にほぼ消えていってしまう。盛んに親しまれていた江戸時代からのものも、現 存するものは非常に少なく、まさに幻の存在となってしまった。

現在ペーパークラフトとして親しまれている優れた立体モデルに比べて、立版 古の面白さは、その「単純さに反しての視覚効果」や「誇張されたパース」といった不思議さ、面白さにあると思われ、基本は舞台の「書き割り」に近い視覚効 果で出来上がっている。また組立てられないままの原紙、原判として残されているもののもつ「パーツ配置、デザイン」などの独特の「グラフィック」を眺める のも立版古の大きな楽しみのひとつ。当時のものを見る機会は限られてしまうが、現在でもコレクター、研究者などの手元に残る貴重な物を、複製組立てして展 覧会、書籍などでわずかに見ることが出来る。




★立版古こちらは再入荷!

●ビートルズ / サージェントペパーズ - 立版古ペーパージオラマ組み立てキット 国内GOODS 1,080円(税込) (イッツアビューティフルデイ / BETB-1401 / 4562210550240)
ザ・ビートルズ / サージェントペパーズ
立版古ペーパージオラマ組み立てキットパッケージサイズ:260x260mm (10"レコードサイズ)
完成サイズ:120x120x76mm (CDプラケースのインナージャケットサイズ)

一枚の絵を切り抜いて組み立てる「元祖日本のペーパージオラマ」シリーズに、ロックの歴史的一枚が登場!! 実際のアルバムアートワークでは見えていない左右の背景まで再現したファン必携のクラフトです。





●ビートルズ / アビーロード - 立版古ペーパージオラマ組み立てキット 国内GOODS 1,080円(税込) (イッツアビューティフルデイ / BETB-1301 / 2299990015923)
ザ・ビートルズ / アビーロード
立版古ペーパージオラマ組み立てキットパッケージサイズ:260x260mm (10"レコードサイズ)
完成サイズ:120x120x76mm (CDプラケースのインナージャケットサイズ)

一枚の絵を切り抜いて組み立てる「元祖日本のペーパージオラマ」シリーズに、ロックの歴史的一枚が登場!! 実際のアルバムアートワークでは見えていない左右の背景まで再現したファン必携のクラフトです





★2019年25THがCDリリース!

●SANTANA / AFRICA SPEAKS (TARGET EXCLUSIVE BONUS 2 TRACKS CD) 輸入CD 3,240円(税込) (CONCORD / CRE00996 / 0888072100541)
≪輸入TARGET EXCLUSIVE CD + BONUS TRACKS≫
2019年25THがCDリリース!2016年『SANTANA IV』以来3年ぶりとなる新作は、タイトルどおりにアフリカのサウンドとリズムにインスピレーションを受けたという意欲作。妻CINDY BLACKMAN SANTANAのドラムを含む8人編成のバンドがプロデューサーRICK RUBIN所有のマリブにあるSHANGRI LAに終結し、わずか10日間のうちに49曲をほぼ一発録りで録音。その中から選りすぐりの11曲を収録しています。

ゲスト・ヴォーカリストとして、NPRに「THE VOICE OF FREEDOM」と評され「史上最強のヴォーカリスト50人」にも挙げられるマヨルカ島出身のスペイン人女性シンガーBUIKA、「BEACH BOYSを歌うNINA SIMONE」と評されるカリビアン・ルーツの英女性シンガーLAURA MVULAが全面ヴォーカル参加。

「NINA SIMONEに、ETTA JAMES、TINA TURNER、ARETHA FRANKLINなど素晴らしいアーティストを思い起こさせるよ、でも決して似ているということではなくて、彼女たちは彼女たち自身のサウンドを奏でてくれているんだ。」 --- SANTANA

ボーナス・トラック2曲を追加した限定盤。





★68年FMラジオ放送用ライヴ音源が2CD化!

●FRANK ZAPPA (& THE MOTHERS OF INVENTION) / LIVE IN LONDON & PARIS 1968 輸入CD 2,592円(税込) (KEYHOLE / KH2CD9090 / 5291012909022)
DISC 1には 68年10月23日、テレビ番組「LATE NIGHT LINE-UP」用のロンドンのBBCスタジオでのセッションを収録。

DISC 2には 68年10月26日、フランス・パリはTHEATRE DE L'OLYMPIA公演を収録。

FRANK ZAPPA、ROY ESTRADA、JIMMY CARL BLACK、ART TRIPP、IAN UNDERWOOD、DON PRESTON、BUNK GARDNER、IAN SHERWOODからなるほぼオリジナルMOTHERSの面々によるヨーロッパ・ツアー。インプロヴィゼーション冴えわたる20分に及ぶ"KING KONG"や、ROY ESTRADAのハイ・ピッチ・ヴォイスが聴けるジャズ・ロッキン・ドゥーワップ・パフォーマンス"IN THE SKY"などなど、ノリにノッたMOTHERSとの貴重な記録が詰まっています。





★65年WNBC-FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●BOB DYLAN / HOLLYWOOD '65 輸入CD 1,944円(税込) (ROXVOX / RVCD2133 / 5292317213326)
65年9月3日、カリフォルニアの名ヴェニューHOLLYWOOD BOWL公演を収録。

ほんの数日前にリリースされた『HIGHWAY 61 REVISITED』を引っさげた歴史的ステージ。衝撃のロック転向でブーイングの嵐となった伝説のニューポート・フォーク・フェスティヴァルから僅か1ヶ月、ロック・バンドとのツアーを敢行した「元プロテスト・フォークのプリンス」BOB DYLAN。反戦歌を取り上げない弾き語りによる第1部を経て、DYLANのヴォーカル&エレキ、ROBBIE ROBERTSONのギター、AL KOOPERのオルガン、HARVEY BROOKSのベース、LEVON HELMのドラムという最強にして最高な布陣によるロックなDYLANの名演が轟きます。この日を最後にROBBIE ROBERTSON以外のメンバーは脱退するためこの編成によるステージは非常に貴重。正しくロック史の転換点のひとつです。





★79-95年FMラジオ放送用ライヴ音源が3CD化!

●STEPHEN STILLS / THE BROADCAST ARCHIVES 輸入CD 2,160円(税込) (BROADCAST ARCHIVE / BSCD6101 / 0823564030708)
DISC 1には 79年7月2日NYCはセントラル・パークのWOLLMAN SKATING RINK THEATERで開催されたDR PEPPER MUSIC FESTIVAL公演を収録。

バックを務めるのは78年のアルバム『THOROUGHFARE GAP』にも参加したMIKE FINNIGANやPETE ESCOVEDOをフィーチャーしたCALIFORNIA BLUES BANDという強力な布陣。一発目から"PRECIOUS LOVE"のかなり気合いの入りまくりな演奏にノックアウト間違い無し。突き進むギター、攻めまくるオルガン、煽るヴォーカル、コーラスと最高にライヴの興奮が伝わるオープニングです。お次はクールなブルース・ナンバー"RED HOUSE"。男らしく、クールに、ダンディにキメています。70年ソロ『STEPHEN STILLS』からは"LOVE THE ONE YOU'RE WITH"を、78年作『THOROUGHFARE GAP』からはタイトル曲"THOROUGHFARE GAP"も披露、さらに"CUBA AL FIN"などキューバ修行で培った最高に極上気持ちいいナンバーもプレイ。ブルース感ありカントリー感ありラテン感ありなとても良い時期のライヴ音源となっております。

DISC 2には 95年7月21日ラスヴェガスのHARD ROCK CASINO内THE JOINT公演を収録。

近年のCSNYでも披露しているALLMAN BROTHERS BANDカヴァー"MIDNIGHT RIDER"から始まり、MANASSASの"SO BEGINS THE TASK"から"JOHNNY'S GARDEN"メドレー、近作91年作『STILLS ALONE』にも収録したDYLANカヴァー"THE BALLAD OF HOLLIS BROWN"、CSNYの71年ライヴ盤『4 WAY STREET』でも披露している"FIND THE COST OF FREEDOM"、70年ソロ・デビュー作『STEPHEN STILLS』からの"LOVE THE ONE YOU'RE WITH"、71年2ND『STEPHEN STILLS 2』の"CHANGE PARTNERS"、ALBERT KINGカヴァー"BORN UNDER A BAD SIGN"、69年CSNファースト『CROSBY, STILLS & NASH』の"LONG TIME GONE"、BUFFALO SPRINGFIELDNO67年シングル"FOR WHAT IT'S WORTH"、CSNの77年5TH『CSN』から8分に及ぶ"DARK STAR"、CSNYでカヴァーしたJONI MITCHELLソング"WOODSTOCK"などなどなど、ドラムにJOE VITALE、ベースにGERALD JOHNSON、キーボードにMIKE FINNEGANという編成で行われたクラシックてんこ盛りのファン必携盤です。

 DISC 3には 80年5月25日ハリウッドの野外音楽堂THE HOLLYWOOD BOWL公演を収録。

反戦/核兵器廃絶を訴え1978年に第一回が開催、翌79年6月にはJACKSON BROWNE、JOAN BAEZ、俳優ROBIN WILLIAMS、コメディ女優LILY TOMLIN、JOHN SEBASTIAN、PETER PAUL & MARY、社会運動家RALPH NADERほか錚々たるメンバーが参加し大々的に第二回が開催された、弁論、演奏などラリー形式のイベント「SURVIVAL SUNDAY」。本作に収録されているのはその第三回にあたる80年の「SURVIVAL SUNDAY」で披露されたパフォーマンスです。NASHのソロにCROSBY & NASHデュオ、CROSBY, STILLS & NASHトリオにJOE WALSHのソロ、JOE WALSHとSTEPHEN STILLSによるデュオと、編成を次々と変えながら最高のセット・リストで贈る白熱のライヴ。JOE WALSHの参加がアツいCSN&Wによる"BLOWIN' IN THE WIND"がハイライト。





★90年FMラジオ放送用ライヴ音源が2CD化!

●FLEETWOOD MAC / AT THE OTHER END 輸入CD 2,160円(税込) (ZIP CITY / ZCCD093 / 0823564030807)
90年8月25日、マンチェスターはMAINE ROAD STADIUM公演を収録。

90年4月リリースのスタジオ15作目『BEHIND THE MASK』を引っさげたツアーよりの一夜。

LINDSEY BUCKINGHAMがバンドを去り、新メンバーにRICK VITOとBILLY BURNETTEを加えた新生MAC。"SAVE ME"、"STAND ON A ROCK"といった新作楽曲に加え、"RHIANNON"といったバンドのクラシック、さらには"OH WELL"などPETER GREENのヴィンテージ・チューン等々も披露。前半を締めくくった22分近くに及ぶSTEVIE NICKSの"WORLD TURNING"がハイライト。





★71年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●PROCOL HARUM / A&R STUDIOS 1971 輸入CD 1,944円(税込) (UNICORN / UNCD013 / 0823564030876)
71年4月12日、NYのA & R STUDIOSでのセッションを収録。

ROBIN TROWER在籍期最後の一夜。71年6月の新作5TH『BROKEN BARRICADES』からは"MEMORIAL DRIVE"、"LUSKUS DELPH"、"BROKEN BARRICADES"、"POWER FAILURE"、"SIMPLE SISTER"を披露、70年4TH『HOME』からの"STILL THERE'LL BE MORE"、"NOTHING THAT I DIDN'T KNOW"、"WHISKY TRAIN"、"WHALING STORIES"、69年3RD『A SALTY DOG』の"JUICY JOHN PINK"、"A SALTY DOG"、"PILGRIM'S PROGRESS"、68年2ND『SHINE ON BRIGHTLY』の"SHINE ON BRIGHTLY"、"MAGDALENE (MY REGAL ZONOPHONE)"、"QUITE RIGHTLY SO"と初期キャリアを振り返るファン必聴のステージです。

同年12月のドイツはBEAT CLUBでの放送用音源をボーナス追加。





★70年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●THE WHO / OLD ENGLAND, NEW ENGLAND 輸入CD 1,944円(税込) (UNICORN / UNCD011 / 0823564030678)
70年7月7日、マサチューセッツ州レノックスのTANGLEWOOD MUSIC CENTER公演を収録。

前年69年8月のウッドストック・フェスティヴァルの勢いそのままに、69年のロック・オペラ『TOMMY』と5月にリリースしたばかりのライヴ盤『LIVE AT LEEDS』を引っさげて回った70年の全米ツアー。"OVERTURE"から"WE'RE NOT GONNA TAKE IT"までの『TOMMY』セットを軸に、"I CAN'T EXPLAIN"といったクラシックに、リリース直前のシングルB面"HEAVEN AND HELL"、さらには10分に及び展開するフィナーレの"MY GENERATION"まで、ノリに乗ったバンドが新たなロックの可能性を提示したファン必聴のステージとなっています。





輸入盤も到着!
★デビュー40周年記念となった2019年新作カヴァー集がCDリリース!

●RICKIE LEE JONES / KICKS 輸入CD 2,484円(税込) (OTHER SIDE OF DESIRE / OSOD2.2 / 0644216808519)
そのジャジーで洒脱なセンスで世界中にセンセーションを巻き起こしデビュー、米国を代表するカリスマ女性シンガー・ソングライターとなったRICKIE LEE JONES。79年の大ヒット・チューン"CHUCK E.'S IN LOVE"でのポップ史的事件から40周年を刻んだ記念すべき年の一枚は、彼女のライフワークともいうべき珠玉のカヴァー・アルバム・シリーズ第5弾。

2015年の前作『THE OTHER SIDE OF DESIRE』から4年ぶり、カヴァー・アルバムとしては2012年の『THE DEVIL YOU KNOW』以来7年ぶりとなる本作は、ELTON JOHNの"MY FATHER'S GUN"やSTEVE MILLER BANDの"QUICKSILVER GIRL"といったポップ/ロック・ヒッツ、SKEETER DAVISクラシック"THE END OF THE WORLD"、CAB CALLOWAYが歌った"NAGASAKI"、ELLA FITZGERALDやBOBBY DARINでもおなじみのジャズ・スタンダード"MACK THE KNIFE"などなど、今回も絶妙にツボを突いた選曲となっています。ルーツ・ミュージックやジャズをブレンドした滋味深いサウンド、そして愛らしさと渋みの入り混じる唯一無ニの歌声により、原曲を見事に彼女の色へと染め上げたまたしてもの傑作です。





★2019年新作がCDリリース!

●PETER FRAMPTON / ALL BLUES 輸入CD 2,376円(税込) (UNIVERSAL / 7764424 / 0602577644245)
THE HERD、HUMBLE PIEでの活動を経てソロに転じた、英国を代表する「ライヴな人」なギタリスト/シンガー・ソングライターPETER FRAMPTON。

タイトルどおりの全曲ブルース・クラシックのカヴァー・アルバム。FRAMPTONとCHUCK AINLAYの共同プロデュースのもと、長年のツアー・メンバーであるギター/ヴォーカルADAM LESTER、キーボード/ギター/ヴォーカルROB ARTHUR、ドラムスDAN WOJCIECHOWSKIとともに、ナッシュヴィルにあるFRAMPTON所有のSTUDIO PHENIXで録音されています。さらに当代きってのギタリスト/シンガーであるLARRY CARLTON、SONNY LANDRETH、STEVE MORSEらがゲスト参加。

「俺はいつでもブルースを演るのが好きだった。HUMBLE PIEを組んだ時に初めて作った音源もブルースだった。この2年間も、夏になるとSTEVE MILLER BANDと一緒に毎晩ステージでブルースを演っていたんだ。それが本当に楽しくってさ、俺のバンドと‘全部ブルース'なアルバムをスタジオ・ライヴで作ろう、と思いついたのさ。」と語るFRAMPTONですが、今年2月に封入体筋炎(炎症により徐々に筋力が低下する病気)を患っていることを公表し、今年のツアーが最後の本格的なツアーとなることを宣言しています。







★66年3RDがMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入り180グラム重量盤LPで登場!!

●SIMON AND GARFUNKEL サ / PARSLEY, SAGE, ROSEMARY & THYME (180G LP) 輸入LP 7,344円(税込) (MOBILE FIDELITY SOUND LAB / MFSL1484 / 0821797148412)
全米チャート4位を記録した大ヒット・アルバム。デュオにとって初の8トラック録音で、BOB JOHNSTONの細心の注意を払ったプロダクションも映える全12曲。映画『卒業』の挿入歌"SCARBOROUGH FAIR"をはじめとした全曲がオリジナルで、タイトル通りにアナウンサーCHARLIE O'DONNELLのニュース・リポートに2人の歌唱を被せた"7 O'CLOCK NEWS/SILENT NIGHT"など当時の混沌とした社会へのメッセージを繊細なメロディーと美しいハーモニーに乗せて展開する音世界は彼らならではのもの。ほか、2人が育ったNYの情景を歌った"THE 59TH STREET BRIDGE SONG (FEELIN' GROOVY)"、PAULがロンドンで活動していた頃に書いた"HOMEWARD BOUND"等、今も代表曲として愛される名曲・名演が並びます。アルバムのタイトルはイギリス民謡でもある「スカボロー・フェア」の一節から取られています。

オリジナル・マスター・テープからのリマスター。





73年未発表ライヴ音源が恒例アーカイヴ・シリーズで発掘2LPリリース!

●NEIL YOUNG & THE STRAY GATORS / TUSCALOOSA (2LP) 輸入LP 3,888円(税込) (REPRISE / 587621-1 / 0093624901129)
NEIL YOUNGが自身のアーカイヴから過去の貴重なステージ音源をリリースするライヴ・アーカイヴ・シリーズ(NEIL YOUNG ARCHIVES PERFORMANCE SERIES、略してNYAPS)の2019年最新作が登場。

 膨大な数のアーカイヴ音源をリリースし続ける本シリーズの最新作として選ばれたのは、1973年2月、アラバマ州タスカルーサのアラバマ大学での公演。

のちに73年名作『TIME FADES AWAY』に結実する「TIME FADES AWAY」ツアーからの一夜で、72年名作『HARVEST』のバックも務めた、ピアノJACK NITZSCHE、スティール・ギターBEN KEITH、ベースTIM DRUMMOND、ドラムスKENNY BUTTREYというSTRAY GATORSの面々を従えた伝説のステージを収録しています。

冒頭にソロ・パフォーマンスで披露する68年1ST『NEIL YOUNG』からの"HERE WE ARE IN THE YEARS"に70年傑作『AFTER THE GOLD RUSH』の"AFTER THE GOLD RUSH"を皮切りに、"TIME FADES AWAY"、"DON'T BE DENIED"といった『TIME FADES AWAY』ナンバー、さらに『HARVEST』からの"OUT ON THE WEEKEND"、"HARVEST"、"HEART OF GOLD"、"OLD MAN"、"ALABAMA"の名演クラシック、そしてのち75年作『TONIGHT'S THE NIGHT』に収録される"LOOKOUT JOE"や"NEW MAMA"もすでに披露と、YOUNG自身は人生で最も不幸な時を過ごし「キャリア最悪のツアー」と呼んでいる時期ですが、その言に反して素晴らしい内容のステージとなっています。 

プロデュースはNEIL YOUNG自身と彼の音源を数多く手がけるELLIOT MAZERが担当。オリジナル・アナログ・テープからのリマスター。ゲートフォールド・スリーヴ装。





【再入荷】
★国内盤2タイトル再入荷!

●マンフレッド・マン / ラジオ・デイズVOL.1 ポール・ジョーンズ・エラ・ライヴ・アット・ザBBC 64-66 国内CD 3,780円(税込) (ATOZ (エイ・トゥ・ズィー) / ATOZ117 / 4988044886315)
帯ライナー付国内盤仕様輸入盤
解説:若月眞人

60年代BBCのラジオ音源コンピレーション第1弾が2019年新規リマスターで2CDリリース!

ジャズ、ブルーズ、R&B等々の要素をブレンドしたスマートでモッドなビート・サウンドでポップ・ヒットを連発、60年代英国のヒット・シーンを代表したMANFRED MANN。

タイトルの通り、ヴォーカリストPAUL JONES在籍期であるバンド初期-中期、64年から66年にかけてのBBCのラジオ放送用音源が発掘音盤化。BBCのラジオ番組「SATURDAY SWINGS」、「SATURDAY CLUB」、「TOP GEAR」、「SWING INTO SUMMER」、「POP INN」のために録音されたセッション音源/インタビュー音源を収録しています。一躍60年代を代表するバンドと成っていく姿を、当時の主要メディアであるラジオ音源で追っていくことのできるファン必携盤です。

MANFRED MANNによる跳ねるキーボード・プレイ、いなたくて不良っぽいPAUL JONESのヴォーカル等、R&B/モッズ色の濃いオリジナル・メンバー期はもちろんのこと、GRAHAM BOND ORGANISATIONやJOHN MAYALLのBLUESBREAKERSを経て一時MANNに参加しのちにCREAM結成へと動くJACK BRUCE在籍期も含む まさしくビート・バンドな時期の音源集に仕上がっています。BEN E. KINGの"GROOVIN'"やHERBIE HANCOCKの"WATERMELON MAN"などの名カヴァーや、メンバーのTOM MCGUINNESSによる"L.S.D."などのオリジナル楽曲に時代を彩ったシングル・ヒット"SHA LA LA"や"PRETTY FLAMINGO"のほか、JACK BRUCE期の未発表ハイライト"LONG HAIR, UNSQUARE DUDE CALLED JACK"や、BBCのホストBRIAN MATTHEWによる貴重なグループ/個々へのインタビューも含む当時のラジオ音源を一気に入手することのできる全41トラック決定盤。

MANFRED MANN (KEYBOARDS)
PAUL JONES (VOCALS/HARMONICA)
MIKE HUGG (DRUMS/VIBES)
TOM MCGUINNESS (GUITAR/BASS)
MIKE VICKERS (BASS/SAX)






●マンフレッド・マン / ラジオ・デイズVOL.2 マイク・ダボ・エラ・ライヴ・アット・ザBBC 66-69 国内CD 3,780円(税込) (ATOZ (エイ・トゥ・ズィー) / ATOZ118 / 4988044886322)
帯ライナー付国内盤仕様輸入盤
解説:若月眞人

60年代BBCのラジオ音源コンピレーション第2弾が2019年新規リマスターで2CDリリース!ジャズ、ブルーズ、R&B等々の要素をブレンドしたスマートでモッドなビート・サウンドでポップ・ヒットを連発、60年代英国のヒット・シーンを代表したMANFRED MANN。

タイトルの通り、ヴォーカリストMIKE D'ABO在籍期であるバンド中期-後期、66年から69年にかけてのBBCのラジオ放送用音源が発掘音盤化。BBCのラジオ番組「SATURDAY CLUB」、「EASY BEAT」、「TOP GEAR」のために録音されたセッション音源/インタビュー音源/コマーシャル用音源を収録しています。60年代のロック・シーンを語るうえで外すことのできない名バンドの姿を、当時の主要メディアであるラジオ音源で追っていくことのできるファン必携盤です。

バンド脱退後もROD STEWARTやCHRIS FARLOWEのプロデュース等を手掛け活躍したMIKE D'ABOの手腕によりバンドの形が変動していった時期の音源集。FONTANAからの"JUST LIKE A WOMAN"や"RAGAMUFFIN MAN"といったヒット・チューンはもちろんのこと、BOB DYLANの"MIGHTY QUINN"、"JUST LIKE A WOMAN"といった名カヴァーや、メンバーのMIKE HUGGによる"MORNING AFFTER THE PARTY"などのオリジナル楽曲のほか、BBCのホストBRIAN MATTHEWによる貴重インタビューも含む当時のラジオ音源、さらに未放送の音源までを一気に入手することのできる全45トラック決定盤。過去にコンパイルされた"MIGHTY QUINN"の1曲を除き完全未音盤化の貴重音源集です。

MANFRED MANN (KEYBOARDS)
MIKE D’ABO (VOCALS/PIANO)
MIKE HUGG (DRUMS/VIBES/PIANO)
TOM MCGUINNESS (GUITAR)
KLAUS VOORMANN (BASS)





【再入荷】
★ニューヨークの奇才、そしてアウトサイダー・ポップの象徴的存在GARY WILSONの2019年最新スタジオ・アルバムがCDリリース!

●GARY WILSON / THE KING OF ENDICOTT 輸入CD 1,728円(税込) (CLEOPATRA / CLO1165 / 0889466116520)
いまや新作から発掘作までが広く知れ渡り、NYアウトサイダー界の重鎮となったGARY WILSON。70年代NYの地下、NO WAVEやLOFTシーンへと繋がる異才中の異才として、ニューウェーヴからノイズ、サイケ、フリー・ジャズにディスコ、ファンク、メロウAORまでをARTHUR RUSSELLミーツPETER IVERSな感性でメルティング・ポットにぶち込んだ上にフリフリ撹拌して仕上がったドロドロ音塊を気が向いたときに気が向いたままにズレたグラサンとともにベッドルームで垂れ流したカルト・ロック・レジェンドです。

IBM社の創業地(GARY自身も高校卒業後働いていたらしい)としても知られる彼のホームタウン、ニューヨーク州ブルーム郡エンディコットのキングを遂に名乗った最新作は、軽やかなノイズを纏った小品"LUGENE LIVED IN JOHNSON CITY"、異界をうろつく"ANOTHER DIMENSION"といったほんのりエクスペリメンタルな数曲を除いて、相変わらずのファンキー・アーバン・サイケデリアがまろやかにドリーム・ポップな意匠をまとって響き渡る これまで以上に聴きやすい一枚に仕上がっています。未だメロディ・メイクの才能は尽きない。。




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 6/11(火)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!その①:オールマン・ブラザーズ前史なデュアン・アンド・グレッグ・オールマンの国内盤や立版古の新作など

Page Top