Home > ROCK/PROGRE > 5/15(水)ROCK・PROGRE新入荷情報!初期タイトルから厳選したベスト・オブ・オールデイズまとめて入荷!

5/15(水)ROCK・PROGRE新入荷情報!初期タイトルから厳選したベスト・オブ・オールデイズまとめて入荷!

  • 2019-05-15
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★ベスト・オブ・オールデイズ!まずは初期タイトルから厳選した人気作品をまとめて仕入れました!



●ソニックス / ヒア・アー・ザ・ソニックス 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6409 / 4582239484098)
70年代後期パンク・ロック・ムーヴメントを皮切りに60’Sガレージ・バンドが再評価。米国においてその中心的存在だったと言える彼らの貴重なファースト・アルバム。ボーナス・トラックが加わったアグレッシヴな演奏を堪能できる。




●ナンシー・シナトラ / ブーツ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6419 / 4582239484197)
全米ナンバーワン・ヒット「にくい貴方」をフィーチャーしたファースト!

フランク・シナトラの愛娘としてリプリーズ・レコードからアイドル歌手としてデビューしたナンシー・シナトラが大胆なセクシー路線で大成功したのが、66年の全米ナンバーワン・ヒット「にくい貴方」だ。このファースト・アルバムには、同曲のほかにもビートルズやストーンズのイカしたカヴァーが満載。レザーのブーツにミニスカートで時代の最先端を駆け抜けたナンシー嬢のコケティッシュな魅力を存分に味わってほしい。





●リンダ・スコット / スターライト,スターブライト 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6001 / 4582239496015)
オールディーズ女性シンガーの中でも取り分け人気があるリンダ・スコットが、61年に発表したデビュー曲「星に語れば」。全米のアマチュア・コンテストで優勝したリンダにその実力を見出したカナディアン・アメリカンの社長がこの曲をプロデュースし全米チャートで3位まで上がる大ヒットを記録、スターの仲間入りを果たした。日本初CD化。デビュー曲にして代表曲となった「I’VE TOLD EVERY LITTLE STAR」(邦題:星に語れば)が、61年に全米チャートで3位まで上昇する大ヒットとなったことでスターの仲間入りを果たし、その後もヒットを出し続けオールディーズ女性歌手の中でもとりわけ人気を獲得していたリンダ・スコット。全米のアマチュア・コンテストで優勝したリンダにその実力を見出したカナディアン・アメリカン・レコードの社長は「タンタラ・・・」と歌いあげる日本でも有名なこの曲をプロデュース。

1945年6月ニューヨークに生まれ、8歳の時に全米のアマチュア・コンテストで優勝するほど歌の上手い子どもとして育つ。その後、ニュージャージー州のティーネック高校に通いながらステージで度々歌うようになる。そんな彼女のショーを、カナディアン・アメリカン社の社長が見たことがデビューへとつながった。

デビュー曲発表後、「DON’T BET MONEY HONEY(かけごとはおよし)」が、同年第9位、62年には「COUNT EVERY STAR(星を数えて)」が41位、CONGRESSレコードへ移籍後も、62年に「YESSIREE(イエスサリー)」が60位、「NEVER IN A MILLION YEARS(いついつまでも)」が56位とヒットを飛ばしていく。
本CD『スターライト、スターブライト』は、星に関する楽曲を集めた作品で、「アラバマに星落ちて」「スターダスト」「星に願いを」といったスタンダードが収録されているのもポイント。初期の溌剌とした歌いっぷりが堪能できる最高のアルバム。日本初CD化。

1960年代前半のアメリカン・ポップス黄金期に活躍した女性ポップ・シンガーのひとり、リンダ・スコットの代表曲といえば、やはり61年に全米3位をマークしたデビュー・ヒット「I’VE TOLD EVERY LITTLE STAR」だろう。「星に語れば」という邦題でもおなじみだったこの曲は、秋の夜長、満天の星空を眺めながら聴くと気分は最高で、オールディーズならではのロマンティックなムードにあふれた名曲といっていい。

そんな「I’VE TOLD EVERY LITTLE STAR」をフィーチャーした彼女のファースト・アルバムが、本盤『STARLIGHT, STARBRIGHT』である。収録曲をご覧いただければお分かりのように、12曲すべてのタイトルに“STAR”が入っており、いわば“星をテーマにしたコンセプト・アルバム”。60年代ガール・ポップ作品のなかでも名盤のひとつに数えられる一枚だ。
ライナーノーツより





●シェリー・ファイバース / ティーネイジ・トライアングル 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6006 / 4582239496060)
アイドル3人によるジョイント・アルバム。3人が一緒に歌うことはないが当時ヒットしていた曲を網羅したコルピックス・レコードのベスト盤。日本でも人気がある「うちのママは世界一」で子供役を演じて人気を集めた美貌の持主シェリー・フェブレーの「ジョニー・エンジェル」。61年100万枚以上を売ってビルボードHot 100では最高位3位を記録したジェームス・ダーレンの「グッバイ・クルエル・ワールド」そしてポール・ピーターセンの「シー・キャント・ファインド・ハー・キーズ」とたまらない選曲。大滝詠一氏愛聴盤としても有名。日本初CD化





●レスリー・ゴア / アイル・クライ・イフ・アイ・ウォント・トゥ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6011 / 4582239496114)
63年全米1位最大のヒット曲「IT’S MY PARTY」(涙のバースディ・パーティ)を含むアイドルスター記念すべくデビュー・アルバム。プロデューサーはクインシー・ジョーンズ。両者にとって活躍の基盤となる役割を果たした重要作。

60年初期から70年中期まで活躍した日本でも特に人気があるニュー・ヨーク出身アイドル歌手。日本ではアナログ時代から何度か彼女のベスト盤は発売されてきたがどういう訳か10枚以上ある単独アルバムのCD化は実現しなかった。ティーン・エイジャーのアイドル歌手が活躍する時代の到来に加えモータウン等のビートを前面に出した音作りなど当時16歳の新人歌手レスリー・ゴーアにとって全てがうまく運んだ秘密がここにはある。 ファン待望の記念すべくデビュー・アルバムの日本初CD化である。初の全米1位となった彼女にとって最重要作「IT’S MY PARTY」(涙のバースディ・パーティ)は同時にプロデュースを担当したクインシー・ジョーンズにとっても同じ、活躍の基盤の役割を果たした最初の曲。さらに同年5位「JUDY’S TURN TO CRY」を含む本アルバムが60年初頭、音楽業界にとってもっとも影響を与えたアルバムの1枚だったことがわかる。アルバムはヒット曲のみならず他にカヴァー曲を歌っていて、もともとジャズ・シンガー志望の彼女のイチリンが見えるところもある。ボーナス・トラックとして最初のシングル「IT’S MY PARTY」のB面、未LP化「DANNY](ポール・アンカ作)が加わった世界的スターを決定づけた本アルバムに注目して欲しい。




●ミリー / モア・ミリー、マイ・ボーイ・ロリポップ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6059 / 4582239496596)
64年英米チャート2位を記録した「マイ・ボーイ・ロリポップ」。その勢いは世界に飛び火。ジャマイカ産スカ・ビートに乗ったキュートな歌声。遂に日本初のCD化。

64年英米ヒット・チャート2位を記録した「マイ・ボーイ・ロリポップ」。その勢いは世界に飛び火。日本でもシングル盤が発売され昭和の洋楽を代表する1曲となる。。

本名ミリセント・ドリー・メイ・スモール(MILLICENT DOLLY MAY SMALL)、ミリー・スモールはプロデューサー、コクソン・ドッドのスタジオ・ワン(STUDIO ONE)でロイ・パントンと共にレコーディング・キャリアを10代で始め、数枚のシングルを地元で出すことになる。1963年の暮れスモールは4作目で、アメリカ人シンガーのバービー・ゲイの持ち歌「マイ・ボーイ・ロリポップ」をカヴァーすることに。アーネスト・ラングリンがアレンジしたこの曲に可能性を感じた男がいた。クリス・ブラックウェル(アイランド・レコード創業者)だ。この曲の権利を得た彼はフィリップス傘下のフォンタナ (FONTANA) とライセンス契約。世界中で大ヒットし、彼はミリーの面倒を見ることに。名声と共に大金を手にした彼はアイランド・レコードの基盤をこの1曲で作ることになる。その後の成功物語は皆さんの知っている通り。

ジャマイカ生まれのジャマイカ育ち、ミリーも音楽で成功を望むアーティストの一人。星の数ほどいるジャマイカ音楽シーンでボブ・マーレー前に欧米でこれほど成功したアーティストはいなかった。空前のヒットがクリスを変えていく。スカ・ビートに乗ったキュートな歌声。さぁ聴いてみよう。魔力を持ったこの歌を。日本初のCD化。




●デビー・レイノルズ / タミー・アンド・フィフティーン・アザー・グレイト・ポップ・ヒッツ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6091 / 4582239496916)
映画『雨に唄えば』でのジーン・ケリーの相手役などで人気女優となったデビー・レイノルズが57年に放った全米ナンバーワン・ヒット「タミー」は、オールディーズの定番ソングとしておなじみの名曲。本CDは、同曲を軸に、ヒット曲「アバ・ダバ・ハニームーン」「ア・ヴェリー・スペシャル・ラヴ」など、全16曲で構成された日本独自編集によるスペシャルなベスト盤!

CD解説より抜粋-----
・・・そんな名曲「TAMMY」をフィーチャーした、日本独自選曲によるデビー・レイノルズのベスト・コレクションCDとなるのが本盤。ポピュラー・ソング・ファンはもちろん、オールディーズ・ファンにとっても、納得の内容を誇る一枚だろう。・・・(木村ユタカ)




●ダイアン・リネイ / ネイビー・ブルー 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6111 / 4582239497111)
二大ヒット「ネイビー・ブルー」「キス・ミー・セイラー」をフィーチャー! 

64年初頭に唯一のヒット「DUMBHEAD」を含むアルバムのポップス・ファン待望のCD化。1963年の発表の「グリーン・グリーン」(全米ポップス・チャートで第13位)が大ヒット。一夜にしてモダン・フォークの王者としてスター街道を歩み始めた彼らの代表作がCD化。ボーナス・トラックにファースト・アルバムよりトラッド・フォークをカヴァーした名曲「THISLANDISYOURLAND」「OH! SHENANDO」など5曲が加わった嬉しいCD化。

CD解説より抜粋-----
ちなみに「GREENGREEN」は、我が国を襲ったフォーク・ブームの中で持て囃され、翻訳された歌詞で歌われるようになる。小学生の音楽の教科書にも紹介されている。その後マクガイアはグループを離れ、「明日なき世界/EVEOFDESTRUCTION」を大ヒットさせ、ソロ歌手として活躍。このデビュー盤は、スパークスの作曲した楽曲が多いのも大きな特徴だ。つまり60年代の初頭、ニュー・クリスティ・ミンストレルズは、オリジナルで勝負したということだ。こうした点は、ほかのモダン・フォーク・グループにはあまり見れなかった。ザ・ウィーヴァーズもキングストン・トリオ、PP&Mなどは、独自の視点で古くから歌われてきたフォークのカヴァーを試みたものだった。ボーナス・トラックには、トラッド・フォークのカヴァーを聴きことができる。こちらもオリジナル・ソングとなんら遜色のない素晴らしいアレンジ。大型モダン・フォークの際立つ存在感があふれている。・・・(鈴木カツ)




●ロビン・ワード / ワンダフル・サマー 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6147 / 4582239497470)
過ぎ去りし夏の日の恋をメランコリックに綴った名曲「ワンダフル・サマー」
「ワンダフル・サマー」の一発ヒットでポップ史に名を刻んだ美人シンガー、ロビン・ワードが63年に残したアルバム。名アレンジャーのペリー・ボトキン・ジュニアが制作した、はかなくも美しい世界観は唯一無二、まさにアメリカン・ポップスの隠れた名盤だ。ビーチ・ボーイズ「イン・マイ・ルーム」のアンサー・ソング「イン・ヒズ・カー」ほか、ファンに人気のシングル3曲をボーナス収録。




●デイヴ・クラーク・ファイヴ / グラッド・オール・オーバー 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6171 / 4582239497715)
デイヴ・クラーク・ファイヴのアメリカ・デビュー盤が遂に登場!
トッテナム・サウンドで大人気を博したブリティッシュ・ビート・バンド、デイヴ・クラーク・ファイヴのアメリカ・デビュー盤(64年)が遂に登場! 初期の三大ヒット「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」「グラッド・オール・オーバー」「ビッツ&ピーセス」がまとめて楽しめるマストの一枚に、レアな初期シングル4曲をボーナス収録した決定版だ。




●デイヴ・クラーク・ファイヴ / デイヴ・クラーク・ファイヴ・リターン! 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6172 / 4582239497722)
「カッコいい二人」を含むDC5のアメリカ第2弾アルバム!
トッテナム・サウンドで大人気を博したブリティッシュ・ビート・バンド、デイヴ・クラーク・ファイヴのアメリカ第2弾アルバム(64年)が遂に登場! 本国デビュー盤からのナンバーを中心に構成された本作には、大ヒット「カッコいい二人」が収録されている。英コロンビア第1弾シングル「マルベリー・ブッシュ」を含む初期の貴重なシングル追加も嬉しい。




●デイヴ・クラーク・ファイヴ / アメリカン・ツアー 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6173 / 4582239497739)
大人気バラード「ビコーズ」を含むDC5のアメリカ第3弾アルバム!
トッテナム・サウンドで大人気を博したブリティッシュ・ビート・バンド、デイヴ・クラーク・ファイヴのアメリカ第3弾アルバム(64年)が遂に登場! 全曲がバンドのオリジナルで固められた本作には、アメリカと日本で大ヒットした「ビコーズ」が収録されている。全英でヒットした「シンキング・オブ・ユー・ベイビー」をボーナス追加。




●ソンディ・ソッサイ / ソンディ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6215 / 4582239498156)
本盤は1959年、米レコード・レーベルの名門「リバティ」からリリースされた、タイ・バンコク出身の女優/タレント、ソンディ・ソッサイが残した只唯一のアルバムである。世に数多あるエキゾティック・サウンドの中でも、本盤はその内容の素晴らしさ、ヤン富田や細野晴臣といった音楽家達の再評価もあり、長きに渡ってエキゾ・ファン垂涎の的となっていたエキゾティカ・ヴォーカル屈指の大名盤である。

CD解説より抜粋-----
本盤の大きな魅力のひとつとして、『慕情』『南太平洋』等、当時の映画音楽主題歌やポピュラー音楽のヒット曲におけるオリエンタル・ブームを象徴するようなナンバーばかりがずらり並んだ選曲が挙げられるだろう。何よりも楽曲の素晴らしさがこのアルバムを“単なるゲテモノ”として風化して行くことを拒んでいる。アルバムで取り上げられた楽曲が描き出すのは、西洋人から見た神秘の国、東洋のイメージ...中国・インド・ビルマ・タイ・日本などが全て地続きに広がっているような、書き割りの中の“幻想の東洋”の風景である。
奇異を衒っただけのストレンジなエキゾではなく、ハリウッド仕立てのロマンティックなムードを纏っているのもポイント。このアルバムに針を落とせば、誰もが遠い異国の地で巡り逢ったソンディという名の美しい東洋人女性とひとときの恋の逢瀬に浸れるというわけである。彼女はチャーミングな笑顔を湛え、華奢でしなやかな身体で愛のダンスを踊る。純真で従順、献身的なアジアの娘である。そんなステレオタイプなイメージを要求する製作サイドの意を汲んでか、ソンディ自身も時に妖しくコケティッシュに、時に少女のように愛らしく、多彩なヴォーカル・スタイルを“演じて”いる。カタコトの英語とタイ語がチャンポンになったユニークなソンディの歌の魅力は、いつまでも聴く者の耳を捕えて離さない。・・・(解説 鍋谷政貴)




●ナンシー・シナトラ / レモンのキッス 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6221 / 4582239498217)
なつかしのドーナツ盤コレクション1
「にくい貴方」「シュガー・タウンは恋の町」「恋のひとこと」などを大ヒットさせる以前、アイドル・シンガーだった時代(61~65年)のナンシー・シナトラの初期シングル・コレクションが遂に登場! 日本のオールディーズ・ファンに大人気の「レモンのキッス」「イチゴの片想い」「フルーツ・カラーのお月さま」といったキュートな名曲がまとめて楽しめる決定版だ。




●V.A. / ブルース・アンド・ロンサム・ロード - ザ・ルーツ・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6326-27 / 4582239499269)
ストーンズ11年振りの新作が12月2日に発売されることに合わせてこの原点回帰のブルース・アルバム、オールデイズレコードのスタッフが分析、元ネタを探った意欲の「ルーツ・オブ・シリーズ」第1弾です。

内容は2枚組、1,500円据え置き。

ディスク1が新作「ブルー&ロンサム」について分析、編集した内容。現時点で下記の曲目になる予定です。(一部内容が変わるかもしれませんので予め、ご理解、ご了承下さい。)
ディスク2がストーンズが過去に発表したアルバム(英)ファースト、セカンド、(米国)ファースト、セカンド、サードを時間軸に分析、編集。




★ギリシャ産ジャズ・ファンクの衝撃再び! ギリシャ人作曲家KYRIAKOS SFETSASが産み落とした76年「GREEK FUSION ORCHESTRA」音源発掘第2弾がCD/LPリリース!

●KYRIAKOS SFETSAS / GREEK FUSION ORCHESTRA VOL.2 (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (TERANGA BEAT / TBCD023 / 5213000760187)
ギリシャの伝統音楽とジャズ/フュージョンの折衷を試みたプログレッシヴ・ジャズ再び。ギリシャの伝統音楽の音階をボトムが太いジャズ・ロックに昇華させ、OKAY TEMIZなどとも通じる非西洋MEETS西洋グルーヴを実現しています。疾走感あふれる"ON A FOLK MODE"、一転ダーク&トライバルなフリー・ジャズを聴かせつつ後半は高速フュージョンになだれ込む"THE WIDOW"、タイトなドラムが全編を支配する民俗プログレッシヴ・ジャズ・ロック・チューン"FROM A FOREIGN LAND"など、VOL.1に比べてフリーキー&ダークな疾走感が増した鬼気迫る内容。アラビック・ジャズなどを探している生音系のDJ、辺境レア・グルーヴの隠し玉としてもかなりのポテンシャルを持った1枚です!

全編未発表レコーディング。オリジナル・ステレオ・リール・テープからの最新リマスター。バンド・メンバーにも触れたライナーノーツ掲載ブックレット付属。

CDはデジパック・スリップケース装。

交響曲、合唱曲、バレエ、演劇音楽、室内楽、電子音楽、フィルム・スコア、ジャズ/フュージョンなどなど多様なジャンルを横断し活動するギリシャのコンポーザーKYRIAKOS SFETSAS。若き日には地元でクラシックの素養と共にギリシャの民俗音楽に接しジプシー・オーケストラとも共演、63年から66年までアテネの国立音楽院でKRINO KALOMIRIにピアノを、MICHALIS VOURTSISに音楽理論を師事、64年にはMARIA CALLASのギリシャでのラスト・パフォーマンスにピアノで帯同、67年にパリで奨学金を得るとMAX DEUTSCHに作曲やオーケストラ指揮を師事、さらにはご存知ギリシャ系フランス人の数学的建築的音楽家IANNIS XENAKISやイタリアの電子音楽/ミュージック・セリエル主導者LUIGI NONO、自由な無調性を模索したフランスのHENRI DUTILLEUXといったヨーロッパを代表する作曲家たちとも親交を深めていきました。

60年代後半から70年代前半をフランスで過ごし、世界初の4チャンネル・テープ作品のひとつとなった自身初のレコードにして激レア盤『FOUR-CHANNEL ELECTRO-ACOUSTIC MUSIC FOR THE "BALLET SMOG"』等を手がけたのち、75年秋にはギリシャへ帰国。国立ラジオ局等で働きながら76年に自身のオーケストラGREEK FUSION ORCHESTRAを結成し、幼き日の地元での記憶とパリでのアヴァンギャルド時代に共に立ち戻るかのようにギリシャの伝統音楽の拡張を模索していきました。

そして産み落とされたプログレッシヴ・ジャズ・フュージョン・ファンクな作品群は一部が80年に『GREEK FUSION ORCHESTRA』として結実します。本シリーズはその膨大な録音の氷山の一角から編まれています。









■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 5/15(水)ROCK・PROGRE新入荷情報!初期タイトルから厳選したベスト・オブ・オールデイズまとめて入荷!

■他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★ジャズ取扱店舗ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ館
大阪店

Page Top