Home > ROCK/PROGRE > 3/30(土)ROCK・PROGRE新入荷情報!KEITH RICHARDSの88年ソロ1ST『TALK IS CHEAP』がリマスター&ボーナス追加でリイシューなど

3/30(土)ROCK・PROGRE新入荷情報!KEITH RICHARDSの88年ソロ1ST『TALK IS CHEAP』がリマスター&ボーナス追加でリイシューなど

  • 2019-03-30
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★88年ソロ1STがリマスター&ボーナス追加でリイシュー!

輸入2CD!

●KEITH RICHARDS / TALK IS CHEAP (2CD DELUXE EDITION) 輸入CD 1,944円(税込) (BMG / 5053.846698 / 4050538466980)
88年ソロ1STがリマスター&ボーナス追加の2CDリイシュー!

ROLLING STONESが活動休止状態となっていた88年、STONESサウンドの要であり、純粋なブルーズの求道者、そしてまさしくロック・アイコンといえるKEITH RICHARDSが発表した初のソロ・アルバム。

86年、ドラマーのSTEVE JORDANと共にCHUCK BERRYの映画「HAIL HAIL ROCK N' ROLL」の仕事をしている際に、新たなる音楽的挑戦の道として彼が歩んだのがこのソロ・アルバムの制作だったといいます。プロデューサーにSTEVE JORDANを起用し、その後ギタリストWADDY WACHTEL、ベーシストCHARLEY DRAYTON、そしてキーボーディストIVAN NEVILLEが加わったことでTHE X-PENSIVE WINOS (メンバーが高いワインばかり飲むという理由で名付けられた)として知られるラインナップが固まり、そこに様々なゲストを迎え入れて完成させたのが本作です。

STONESらしさに溢れながらも、BOOTSY COLLINSやMACEO PARKER、BERNIE WORRELL、MEMPHIS HORNSといったファンク畑のアーティストや、元STONESのメンバーでもあるMICK TAYLOR、そしてSARAH DASH、PATTI SCIAFIAといった豪華ゲスト陣とともに、自身のロックンロールを体全体を使って表現したこの作品は、STONESファンを熱狂させ、STONESファン以外のロック・ファンをも虜にするほどの力に満ちたアルバムに仕上がっています。「このアルバムを聴けば誰がSTONESの真の音楽的主導者なのかは一聴瞭然だ」と評する評論家も多く、まさにロック・クラシックという名に相応しい充実のアルバム。チャート的には全英37位、全米24位とそれほど振るわなかったものの、チャート・アクション以上の賞賛と評価を受け、ロック史における名盤として語り継がれてきました。

コラボレーターSTEVE JORDANの手によるオリジナル・テープからのリマスタリングで30年の時を経て甦った最新リマスターを採用。

オリジナル・アルバムの最新リマスターに加え、EDDIE TAYLORの"BIG TOWN PLAYBOY"や"BLUES JAM"、"SLIM"、そしてJIMMY REEDの"MY BABE"カヴァーなど、ピアノにCHUCK BERRYのサイドマンことJOHNNIE JOHNSONをフィーチャーした6曲の未発表トラックを収録したセッション音源をボーナス・ディスクに追加した2CD。

今回のリマスター盤に関して、KEITH RICHARDSはこうコメントしています。

「このアルバムが完成した日と同じくらいに新鮮なものになっているぜ! このアルバムは長く聴かれる一枚さ。今でもずっと聴いてるけど、ノスタルジックな感じは全然しないよ、そんな風には全然聴こえないんだ。単純にパーツを組み上げていった以上のものがここにはある。本当にすごいと思うぜ、俺達は実際に楽しんでいたし、その感覚を君たちも聴き取ることができるのさ」

【CD ONE - TALK IS CHEAP】
【CD TWO - BONUS SESSIONS】



輸入1CD!

●KEITH RICHARDS / TALK IS CHEAP (1CD) 輸入CD 1,404円(税込) (BMG / 5053.842497 / 4050538424973)
88年ソロ1STがリマスターCDリイシュー!

コラボレーターSTEVE JORDANの手によるオリジナル・テープからのリマスタリングで30年の時を経て甦った最新リマスターを採用。

オリジナル・アルバムの最新リマスター1CD。

【CD - TALK IS CHEAP】



輸入アナログ、黒盤!

●KEITH RICHARDS / TALK IS CHEAP (180G LP) 輸入LP 3,024円(税込) (BMG / 5053.842502 / 4050538425024)
88年ソロ1STがリマスター180グラム重量盤LPリイシュー!

コラボレーターSTEVE JORDANの手によるオリジナル・テープからのリマスタリングで30年の時を経て甦った最新リマスターを採用。

オリジナル・アルバムの最新リマスター1LP。

【LP - TALK IS CHEAP】





★73年サントラ盤がMOBILE FIDELITYからナンバリング入り限定盤ハイブリッドSACD仕様で登場!!


●BOB DYLAN / PAT GARRETT & BILLY THE KID (SOUNDTRACK) (HYBRID SACD) 輸入SACD 4,536円(税込) (MOBILE FIDELITY SOUND LAB / MOFI2202SACD / 0821797220262)
73年サントラ盤がMOBILE FIDELITYからナンバリング入り限定盤ハイブリッドSACD仕様で登場!!DYLAN自身も出演した73年サム・ペキンパー監督による西部劇映画「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」のサウンドトラック盤にして、70年の『NEW MORNING』以来実に3年ぶりとなった自身12作目のスタジオ・アルバム。のちのERIC CLAPTONやGUNS N' ROSESのカヴァーでも有名な名曲中の名曲"KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR (天国への扉)"のオリジナル・ヴァージョンはこちらに収録されています。

DYLANにとって初めてのサントラ仕事となった本作は、ファンを含めて意外に地味な評価に落ち着きながらも、映画音楽として見てものちに続くRY COODERの仕事にも通じる出色の出来となっています。

死に直面した保安官ベイカーを描いた"KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR"はもちろんのこと、物思いにふける"CATALINA THEME (WORKING FOR THE LAW)"にまさしく七面鳥のようにフィドルが活発に動き回る"TURKEY CHASE"、シンプルに美しく響く"BUNKHOUSE THEME"といった作品の大半を構成するインストルメンタルに、シンプルな歌詞を添えDYLANのヴォーカルも映える3曲の"BILLY"シリーズなどなど、物語のディテールやキャラクターも浮かび上がる全10トラック。

レコーディングは映画の舞台ニューメキシコ州フォート・サムナーを意識してメキシコ・シティとバーバンクで行われ、DYLANとBRUCE LANGHORNEのロウなアコースティック・エッジにBOOKER T. JONESの緊張しつつもリラックスしたベース・ライン、JOLLY ROGERのダウン・ホームなバンジョーにRUSS KUNKELが重ねるボンゴと、カントリーにフォーク、ブルースといったアメリカン・ルーツをベースにメキシコ風味も織り交ぜたオールドタイム・ポップ・フレーヴァーが全編に充満する名作に仕上がっています。ほかドラマーJIM KELTNERにフィドラーBYRON BERLINE、BYRDレジェンドROGER MCGUINNらが参加。

2500枚限定盤。





★87-91年の伝説のステージが6CDボックス・セット・リリース!

●JERRY GARCIA / ELECTRIC ON THE EEL (6CD BOX) 輸入CD 8,640円(税込) (ATO RECORDS / JGFRR1021 / 0880882347529)
87-91年の伝説のステージが6CDボックス・セット・リリース!87年から91年までの計3回の伝説のエレクトリック・セット、
87年8月29日、89年6月10日、91年8月10日の、米カリフォルニア州ピアシーのFRENCH'S CAMP ON THE EEL RIVER公演3夜をコンパイルした6枚組CDセットが登場。

ギター/ヴォーカルJERRY GARCIA、キーボードMELVIN SEALS、ベースJOHN KAHN、ドラムスDAVID KEMPER、ヴォーカルGLORIA JONES/JACLYN LABRANCHという布陣のJERRY GARCIA (NOT ACOUSTIC) BAND。ERIC CLAPTONの"SEE WHAT LOVE CAN DO"カヴァー等を披露しています。

サイト・オーダー予約者特典の先着ボーナスCDには、87年8月29日に行われたJERRY GARCIA ACOUSTIC BANDによるアコースティック・セットをフィーチャーしています。
※先着ボーナスCDは初回入荷分にのみ付属します。ご了承ください。





★幻の名盤71年2NDが限定クリア・ブラック・スワール・ヴァイナル仕様でアナログ・リイシュー!

●KAREN DALTON / IN MY OWN TIME (NEWBURY COMICS EXCLUSIVE COLORED LP) 輸入LP 6,804円(税込) (LIGHT IN THE ATTIC / LITA022LP-CB / 2299990223301)
NYでともに歩んだFRED NEILやBOB DYLAN、のちには時代を超えてNICK CAVEにも愛され、DYLANをして 「NYグリニッチ・ヴィレッジ・シーン創世期の僕のフェイヴァリット・シンガー」「BILLIE HOLIDAYのような歌声とJIMMY REEDのようなギター・プレイ」 と言わしめた孤高の女性シンガーKAREN DALTON。

フォークというよりジャズやブルースのルーズさを感じるギター・プレイと仄かに漂うアシッド感覚、そしてアーシーでしわがれたその独特の声の力強さで 多くのシンガー・ソングライター・ファンを魅了したアシッド・フォーク/フリーク・フォーク/カントリー&ソウル・マスターピース。70年から71年にかけての6ヶ月をかけてBEARSVILLEで録音。DYLANの『HIGHWAY 61 REVISITED』やMILESの『BITCHES BREW』を裏で支えたプロデューサー/ミュージシャンHARVEY BROOKSによって注意深くセレクトされ構成された全10曲を収録しています。

1ST同様オリジナル楽曲は無いものの、DINO VALENTE作の"SOMETHING ON YOUR MIND"、MARVIN GAYEでお馴染みHOLLAND-DOZIER-HOLLANDの"HOW SWEET IT IS"、JOE TATESの"ONE NIGHT OF LOVE"、GEORGE JONESの"TAKE ME"、ダークなトラッド"KATIE CRUEL"、THE BANDの"IN A STATION"などなどがアーシーでしわがれた声で独自に唄われていく、まさにブラックホーク的逸品です。オリジナル盤はウッドストック・フェスティヴァルのプロモーターであるMICHAEL LANGによるJUST SUNSHINE RECORDSよりの一枚。

300枚限定盤。





★ヤー・ヤー・ヤーズのカレン0とデンジャー・マウスが新たにデュオを結成!

●KAREN O & DANGER MOUSE / LUX PRIMA (LP) 輸入LP 3,564円(税込) (BMG / 5053844629 / 4050538446296)
話題のニュー・プロジェクトからの待望の第1弾アルバムは、9分にも亘る壮大な長編作をフィーチャーした『LUX PRIMA』。無限大のスケール感を持つコラボレーションが今、その幕を上げる! 
■ ヤー・ヤー・ヤーズのフロントウーマン、カレン0とデンジャー・マウスが新たにデュオを結成!昨年から大きな話題を呼んでいるこのニュー・プロジェクトから待望の第1弾アルバムが登場した!昨年末、第1弾となるシングル「LUX PRIMA」を発表した二人だが、そのコラボレーションによるフル・アルバムがいよいよその全貌を現す! 
■ 「『Lux Prima』はアルバムの為に最初に作った曲だったの」カレンOはシングルについてそう語り、さらに続ける。「この20年間音楽を作り続けて、今度新たにデンジャー・マウスとこのアルバムを作ろうとしたとき、分かっていたことが2つあったの。1つは、私たちのコラボレーションが純粋なものになるだろうってこと。二つ目は、長くやればやるほど、はっきりしないものが増えていくということ。不明瞭な所から作り始めたら、今までよりもずっと広く、遠いところへ辿り着けるようになった。私たち二人とも、今まで辿り着けなかったところに行けるのを、すごくエキサイティングだと思ったの」 
■ 一方のデンジャー・マウスはこう語っている。「『Lux Prima』で俺たちが探し求めていたのは、サウンドよりも場所だった。俺たち二人にとって、初めての共通した目的地だったら、時間をかけて目指そうと思ったんだ。曲もまた、ある種の旅みたいなものだけど、全てのパーツが互いを必要としていると感じたんだ。自分たちにとってのある意味、青写真みたいなものになった。アルバムの曲は、敢えて別々に作った。その過程でたくさん自分に問いかけながらね。答えはあまり見つからなかったけど、質問についてより深く理解することができたよ」 
■ 浮遊感のあるメランコリックなタイトル・トラック「LUX PRIMA」は9分もある壮大な長編作。曲の展開はプログレッシヴ的でもあり、アンビエント的でもある。カレンOとデンジャー・マウスによるコラボレーションの無限大なスケールを感じさせる。続けてリリースされた「Woman」は、躍動感のあるポップ・ナンバー。「『Woman』は、スタジオにいた時、突然閃いた曲。一緒にやり始めた頃、私はあまり頭の良くない言葉をぶつぶつ並べていて、デンジャー・マウスと私は”ああ!さっきのはすごかった。ところで私、さっきまで何を繰り返してたっけ?”という感じだったの。選挙の後で、落ち着かない雰囲気が漂っていた。大丈夫、上手くいくっていう自信を持てないおびえた子供のように感じていた人がたくさんいた。共感してもらえる曲を作りたいと思っているけど、特にこれは、自分の中にいる子供に向けて書いているような気がしたの、周りのいじめっ子たちに、ふざけんなって言うためにね。大人の女になったは私は、どんなことがあってもこの内なる女の子を守るわ」 
■ ヤー・ヤー・ヤーズのフロントウーマン、カレン0と売れっ子プロデューサーのデンジャー・マウス。無限大のスケール感を持つコラボレーションが今、その幕を上げる! 
<メーカーインフォより> 





●TAMARYN / DREAMING THE DARK (LP/TRANSPARENT PALE BLUE VINYL) 輸入LP 3,240円(税込) (DERO ARCADE / DOA013 / 2299990223215)





★リヴァース・クオモを中心としたオルタナティヴ・ロック・バンド、WEEZERが胸躍る期待感と神秘の黒覆面に包まれたアルバム『WEEZER (BLACK ALBUM)』をリリース!2019年を黒塗りにする痛快作!

●WEEZER / WEEZER (THE BLACK ALBUM) (CASSETTE TAPE) 輸入CASSETTE TAPE 1,620円(税込) (ATLANTIC / 7567865378 / 0075678653780)
■ブラック・シェル・カセット

カリフォルニアが誇る、泣く子も歌うオルタナティヴ・ロック・バンド、ウィーザー。昨年TOTOの「Rosanna」と「Africa」をカバーし、さらに「Africa」のミュージック・ビデオでは、あのパロディ音楽の第一人者、アル・ヤンコビックをフィーチャーし大きな話題を集めた彼らが、2017年の『PACIFIC DAYDREAM』以来約2年振りとなるニュー・アルバムを完成させた! 

アルバムのタイトルはまたまたまた『WEEZER』。デビュー作の”ザ・ブルー・アルバム”(1994年)、3作目の“ザ・グリーン・アルバム(2001年)”、6作目の“ザ・レッド・アルバム”(2008年)、10作目の”ホワイト・アルバム”(2010年)に続く“ザ・ブラック・アルバム”の登場だ!タイトルを表すように、ジャケットは「黒塗り」。真っ黒な背景にこれまた黒のラバーコスチュームに全身を包んだ、おそらくメンバーと思われる4人が立っているイメージもインパクト十分である。 

本作最大の注目ポイントは、ウィーザー史上初めて、同アルバムの全ての収録曲が、リーダーのリヴァース・クオモによりピアノのみで書かれたこと。そしてプロデュースを手掛けているのが、TVオン・ザ・レディオのデイヴ・シーテックであること。ちなみに彼とタッグを組むのは今回が初めてとなる。アルバムからの第一弾先行シングルはフォール・アウト・ボーイのピート・ウェンツをフィーチャーした「Can't Knock The Hussle」。、オルタナティブ・ラジオのチャートでトップ10入りもはたしている。ディスコ風味のファンキーなポップ・ロック・ナンバーは、WEEZERがこれまで使うことが無かった“口汚い言葉”が登場する曲でもあるそう。また、ピート・ウェンツが“リヴァース・ウェンツ”の名でシェアライドのドライバー役で登場する、ミュージック・ビデオも話題となっている。続けてリリースされた「ゾンビー・バスターズ」はヒット曲で満たされているウィーザーのディスコグラフィーの中でも、最もリスナーに満足感を与えてくれる曲となるだろう。 

スタジオで色々な楽器を使用しながら作り上げたメロディーに、ゴリラズからCAN、果てはピンク・フロイドまでも彷彿とさせるデイヴ・シーテックの幅広い音楽性とコーラスが加わった今回のアルバムは、ウィーザーの歴史に新たなる1ページを刻むに違いない。







★話題のプログレ・アイドル'キスエク'と金属恵比須が手を組んだMAGMAに続いてのカヴァーはなんとANEKDOTEN'Nucleus'!!両者の色が散りばめられた これぞ新世紀プログレ!

●xoxo(Kiss&Hug) EXTREME / ニュークリアス 国内CD 1,080円(税込) (TWELVE-NOTES / TNR0020 / 4580552720022)

■xoxo(Kiss&Hug) EXTREME
xoxo(Kiss&Hug) EXTREME(キス・アンド・ハグ・エクストリーム)は、楠 芽瑠、一色 萌、小日向 まお、小嶋 りんの4人による、プログレッシヴ・ロックを基調とした楽曲を歌い踊る、唯一無二のプログレアイドル・ユニット。2016年12月より活動開始。フランスの大御所プログレバンドMAGMAの公認カヴァーや、世界的ギタリストTim Donahue参加の「キグルミ惑星」等国内外より高い評価を受ける。

■金属恵比須
1996年、髙木大地によって結成されたプログレッシヴ・ロック・バンド。
メキシコで行なわれている世界最大のプログレ・フェス”Baja Prog 2006″に日本代表として出演。最年少出場。
「”プログレ”というジャンルにとらわれた幅狭い音楽」をモットーに、70’s British Prog rock / Hard rockに根差しながら、横溝正史などの世界観を加味し、和洋折衷の世界観を目指す。

【紙ジャケット仕様】

★☆★ディスクユニオン・オリジナル特典★☆★ 
「xoxo(Kiss&Hug) EXTREME feat.金属恵比須/ニュークリアス」をご予約/お買い上げの方に先着で特製缶バッヂを差し上げます。





【再入荷】
★70sフレンチ・プログレARTCANEの77年唯一作がリイシュー!

●ARTCANE / ODYSSEE 輸入CD 2,376円(税込) (MUSEA / FGBG4999 / 3426300049995)
Jack Mlynski(g/vo)、Stanislas Belloc(b)、Alain Coupel(synth)、Daniel Locci(dr/per)により'73年結成されたFrench Progressive Rockバンド、仏Philipsから発表された'77年唯一作が仏Museaからデジパック仕様で'18年再発CD化!公式初CD化、オリジナルは激レア盤の一つにして、同時期に登場したARACHNOÏDに通じる、タイトなリズムをバックにスペイシーなsynthとハードなgが交錯するテクニカル/Hard Progressive Rockが味わえる1作。サウンドのやや厚みに欠けるものの、テクニカルなアンサンブルと攻撃的なg/synthフレーズの妙や、シンプルなkeyワーク/クラシカルな構築性、acoustic-g等をによる“静”と“動”の対比を生かしたドラマ性の満ちた楽曲/展開が光る隠れた快作です!!ボーナスとして'76年仏本国公演から'Medley: Le Chant D'Orphée–Nostalgie–Élégie–Odyssée'未発表Live音源を追加。
【Bonus Track1曲収録】





■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 3/30(土)ROCK・PROGRE新入荷情報!KEITH RICHARDSの88年ソロ1ST『TALK IS CHEAP』がリマスター&ボーナス追加でリイシューなど

Page Top