Home > ROCK/PROGRE > 3/19(火)ROCK新品新入荷情報②!英国のBEACH BOYSとも呼ばれたブリティッシュ・ポップ・サイケ裏最高峰バンド、CALIFORNIANSのアンソロジー その他、多数入荷!!

3/19(火)ROCK新品新入荷情報②!英国のBEACH BOYSとも呼ばれたブリティッシュ・ポップ・サイケ裏最高峰バンド、CALIFORNIANSのアンソロジー その他、多数入荷!!

  • 2019-03-19
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★英国のBEACH BOYSとも呼ばれたブリティッシュ・ポップ・サイケ裏最高峰バンドのアンソロジーが周辺バンドを網羅して初CDリリース!

●CALIFORNIANS & FRIENDS / EARLY MORNING SUN: 60S HARMONY POP PRODUCED BY IRVING MARTIN 輸入CD 1,728円(税込) (TEENSVILLE / TV1035CD / 0021893448076)

50年代後半に地元イングランド中部ウルヴァーハンプトンで活躍したスキッフル・バンドTHE BLACK DIAMONDSを母体に発展。やがて新ヴォーカリストJOHN O'HARAを迎えた66年頃にハーモニー・グループとして編成を整え、BEACH BOYSやFOUR SEASONS、THE ASSOCIATIONら米国産バンドに影響を受けたアメリカ西海岸サウンドを標榜し(ローカルに)活躍したソフト・ロック/サイケ・ポップ・バンドCALIFORNIANS。当時大きな成功を収めることは無く散った彼らですが、今やANGEL PAVEMENTやGRAPEFRUIT、HARMONY GRASSらと並んで英国ポップ・ファンに愛される名バンドです。

記念すべき67年の1STシングルとなったミドル・イースタン風味も香るジェントル・ハーモニー"GOLDEN APPLES"をはじめ、当時まだ無名のWARREN ZEVON楽曲"FOLLOW ME"カヴァー、全国ヒットを狙うも不発となったSPANKY AND OUR GANGのUSヒット・チューン"SUNDAY WILL NEVER BE THE SAME"、CLIFF RICHARDのナンバー1ヒット"CONGRATULATIONS"、IVY LEAGUESのJOHN CARTERの手によるオーケストラル・エコー・ファズ・サイケデリア"COOKS OF CAKES AND KINDNESS"、ギタリストADRIAN INGRAMによるオリジナル"EARLY MORNING SUN"などなど、稀代のプロデューサーIRVING MARTINによるハーモニー・ポップ・プロダクション全16曲に加え、

IRVING MARTINが手がけた同郷ウェスト・ミッドランドのローカル・アクトPAUL CRAIGやROYALTYにSIGHT & SOUND、SEARCHERSの初代ヴォーカリストの脱退後バンドTHE TONY JACKSON GROUP、のちDEEP PURPLEのGLENN HUGHESの処女バンドとしても知られるFINDERS KEEPERS等の同水準ハーモニー・ポップ/サンシャイン・ポップ・シングルもたっぷりとコンパイルした決定盤。

プロデューサーIRVING MARTINとバンドの後期のドラマー/ヴォーカリストROBBIE TREVISによる注釈とライナーノーツを掲載したフル・カラー20ページ・ブックレット。






★88年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●FRANK ZAPPA (& THE MOTHERS OF INVENTION) / THE REHEARSAL BROADCAST 輸入CD 1,944円(税込) (UNICORN / UNCD007 / 0823564030555)

88年2月14日、ペンシルベニア州アッパー・ダービーのTOWER THEATRE公演とそのリハーサルを収録。

88年のラスト・ツアーからの一夜。バンドはIKE WILLIS、MIKE KENEALLY、SCOTT THUNES、CHAD WACKERMAN、ED MANN、BOBBY MARTIN、BRUCE FOWLER、WALT FOWLER、PAUL CARMAN、ALBERT WING、KURT MCGETTRICKという布陣。放送にも乗ったリハーサルを含めた録音で、貴重なギター・ソロやオーディエンスへの指示も収録。後半戦の本番では観客からのリクエストに応える形でいくつかのナンバーをプレイし、LED ZEPPELINの"STAIRWAY TO HEAVEN"カヴァーも飛び出すファン必聴のステージです。





★FMラジオ放送用ライヴ音源で編まれたライヴ・カヴァー集がCDリリース!

●DAVID BOWIE / UNDER THE COVERS 輸入CD 1,944円(税込) (LEFTFIELD MEDIA / LFMCD592 / 0823564030197)

タイトルどおりに「彼が書いていない楽曲」を集めたFMラジオ放送用ライヴ音源集。KURT WEILからPETE TOWNSHEND、JACQUES BRELにMARC BOLAN、LOU REED、SONNY & CHER、PINK FLOYD、ROXY MUSIC、BLACK FRANCISにトラッドなどなど、唯一無二のコンポーザーBOWIEのリスナーとしての音楽的嗜好も顕になる全19トラックを収録しています。






★78年FMラジオ放送用ライヴ音源が2CD化!

●JACKSON BROWNE & DAVID LINDLEY / PALM MEADOWS BENEFIT 1978 (2CD) 輸入CD 1,944円(税込) (LEFTFIELD MEDIA / LFM2CD600 / 0823564030500)

78年4月21日、サウスカロライナ州コロンビアのTOWNSHIP AUDITORIUMでのベネフィット公演を収録。

60年代LAのサイケ・バンドKALEIDOSCOPEのメンバーとしても知られ、70年代を通してJACKSON BROWNEの相棒・盟友として活躍したDAVID LINDLEYを従えた共演盤。LINDLEYはサイケ時代から中近東音楽からの影響で知られ、バンジョーやフィドル、マンドリンなどを操るマルチ・インストルメンタリストとしてBROWNEの黄金期のサウンド形成に貢献しています。

77年末にリリースされた5TH『RUNNING ON EMPTY』を引っさげたツアーからの一夜で、新作からは"COCAINE"、"ROSIE"、"RUNNING ON EMPTY"、"THE LOAD-OUT"、"STAY"を披露。ほか、72年1ST『JACKSON BROWNE』の"JAMAICA SAY YOU WILL"、"LOOKING INTO YOU"、73年2ND『FOR EVERYMAN』の"TAKE IT EASY"、"FOR EVERYMAN"、74年3RD『LATE FOR THE SKY』の"FOUNTAIN OF SORROW"、"FOR A DANCER"、"BEFORE THE DELUGE"、76年4TH『THE PRETENDER』の"LINDA PALOMA"、"THE PRETENDER"などなどキャリアから満遍なく丁寧に紡いでいく名演のステージ。数曲でJOHN SEBASTIANがハーモニカで参加しています。






★1665-2011年フランスのTV/FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●MARIANNE FAITHFULL / VIVE LA FRANCE 輸入CD 1,944円(税込) (UNICORN / UNCD002 / 0823564030494)

64年のデビュー以来、フラワー少女なイメージで時代を彩ったポップ・アイドル期に、MICK JAGGERとの浮名、ドラッグに侵され半ばリタイア状態だった70年代に、発掘されたもの悲しげなフォーク/ロック期を経てしわがれハスキー・ヴォイスへと変遷、以降フォーク、ブルース、エレポップ、レゲエ、ニュー・ウェーヴと幅広く包み込む天性のセンスで活躍し、まさに激動と言える人生を歩んできた歌手/女優MARIANNE FAITHFULL。

2011年1月31日のテレビ・トークショウ「CE SOIR OU JAMAIS」、02年10月21日のパリはL'OLYMPIA BRUNO COQUATRIX公演、99年のパリでのテレビ放送、95年7月4日リヨンはTHEATRE ANTIQUE DE FOURVIERE公演、79年12月31日のTVトークショー「PASSEZ DONC ME VOIR」、66年2月18日パリはMUSIC HALL DE FRANCE公演、65年のテレビ放送、2015年のパリはAMERICAN LIBRARY公演を収録。インタビューをボーナス追加。





★70年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●SANTANA / TANGLEWOOD 1970 輸入CD 1,728円(税込) (HOBO / HB032 / 0823564030593)

70年8月18日、マサチューセッツ州バークシャー郡レノックスはTANGLEWOOD MUSIC CENTER公演を収録。

69年8月のウッドストック・フェスティヴァルでの素晴らしいパフォーマンスでメインストリームに躍り出たSANTANA。9月にリリースを控えた70年2ND『ABRAXAS』期の一夜。新作からは"SE A CABO"、"BLACK MAGIC WOMAN/GYPSY QUEEN"、"OYE COMO VA"、"INCIDENT AT NESHABUR"、"HOPE YOU'RE FEELING BETTER"を披露。さらに69年1ST『SANTANA』の"EVIL WAYS"、"TREAT"、"SAVOR"、"JINGO"、"SOUL SACRIFICE"に加え、来る71年3RD『SANTANA III』の"BATUKA"、"TOUSSAINT L'OVERTURE"も披露、当時未発表の"GUMBO"も熱演するファン必聴のステージです。





★87年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●STEPHEN STILLS & DAVID CROSBY / COWBOYS FOR INDIANS (2CD) 輸入CD 1,944円(税込) (LEFTFIELD MEDIA / LFM2CD599 / 0823564030487)


87年2月5日、テキサス州オースティンはMANOR DOWNSでのCOWBOYS FOR INDIANSベネフィット公演を収録。

ともにソロも含めて休業期間中だった87年初頭、JERRY JEFF WALKERやRAMBIN' JACK ELLIOT、DAVID LINDLEYらも参加したベネフィット・ショウからの一夜で、78年ソロ『THOROUGHFARE GAP』からの"MIDNIGHT RIDER"、72年MANASSAS時代の"SO BEGINS THE TASK"、のち91年作『STILLS ALONE』に収録される"TREETOP FLYER"、CSN楽曲"SOUTHERN CROSS"等を披露するSTEPHEN STILLSに、BYRDS時代のレパートリー"FOR FREE"やCROSBY & NASHの"CARRY ME"、CSNクラシック"GUINNEVERE"を披露するDAVID CROSBYと、それぞれがダイナミックなソロ・セットを展開し、さらに後半ではDAVID LINDLEYも一部参加したCSLコラボレーションによる"TEACH YOUR CHILDREN"などなど、ファン必聴の名演ステージを展開しています。





★70年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●CHICAGO / A POEM FOR THE PEOPLE 輸入CD 1,728円(税込) (HOBO / HB031 / 0823564030579)

70年7月21日、マサチューセッツ州バークシャー郡レノックスはTANGLEWOOD MUSIC CENTER公演を収録。

初期メンバーで前身バンドのTHE BIG THINGからのメイン編成であるTERRY KATH (VO,G)、WALTER PARAZAIDER (WOODWINDS)、DANNY SERAPHINE (DRUMS)を中心に、ROBERT LAMM (VO, KEY)、JAMES PANKOW (TB)、LEE LOUGHNANE (TP)、PETER CETERA (VO, BASS)の7人編成の一夜。69年1ST『CHICAGO TRANSIT AUTHORITY』からの"DOES ANYBODY REALLY KNOW WHAT TIME IT IS"、"BEGINNINGS"、"I'M A MAN"、70年2ND『CHICAGO』の"IN THE COUNTRY"、"25 OR 6 TO 4"、"POEM FOR THE PEOPLE"、"IT BETTER END SOON"、"BALLET FOR A GIRL IN BUCHANNON"、さらに来る71年3RD『CHICAGO III』の"I DON'T WANT YOUR MONEY"、"MOTHER"と、キャリアから満遍なく披露しています。ブルースを基調にソウルやジャズを織り交ぜながら展開、TERRY KATHの神がかった超絶ギターを存分に味わえるステージで、ブラス・ロックというジャンルの先駆けともなった彼らの熱の篭った初期衝動が見事に収録されたファン必携盤です。





★74年FMラジオ放送用ライヴ音源がCD化!

●BAD COMPANY / THE NORTHERN LIGHTS 輸入CD 1,944円(税込) (UNICORN / UNCD004 / 0823564030524)

74年3月9日、ニューカッスルはNEWCASTLE CITY HALL公演を収録。

FREEのPAUL RODGERSとSIMON KIRKE、MOTT THE HOOPLEのギタリストMICK RALPHSとKING CRIMSONのベーシストBOZ BURRELLが集ったスーパー・バンドの先駆けとして73年結成、ブルージーなブリティッシュ・ハード・ロックをベースに一時代を築き上げた英国ブルース・バンドの雄、BAD CAMPANY。バンドのデビュー作『BAD COMPANY』録音後、リリース前のタイミングでのUKショート・ツアーからの一夜。"ROCK STEADY"、"READY FOR LOVE"、"DON'T LET ME DOWN"、"BAD COMPANY"、"MOVIN' ON"、"CAN'T GET ENOUGH"といった1STからの楽曲に加え、シングルB面トラック"LITTLE MISS FORTUNE"、FREEクラシック"EASY ON MY SOUL"や"STEALER"、さらには75年2ND『STRAIGHT SHOOTER』に収録される"DEAL WITH THE PREACHER"等も披露するファン必携の最初期ステージです。





★アメリカン・ドリームが詰まった2018年ギター・レジェンド共演盤がCDRリリース!

●WAYNE MOSS / GUITAR HEROES (CDR) 輸入CD-R 2,052円(税込) (PUMPKIN RECORD PRODUCTIONS / PRP1180 / 0833028008167)

※CD-R商品は、一部の機器(パソコンなど)で再生・読み込みの際に不具合が生じる場合がありますので、予めご了承ください。

共にテネシー州ナッシュヴィルを拠点にしていたセッション・ミュージシャン同士が組んだ伝説のバンドAREA CODE 615、さらにそこから発展した名サザン/カントリー・ロック・バンドBAREFOOT JERRYの中心メンバーとして活躍した名スタジオ・ギタリストWAYNE MOSS。その活動当初からWAYNEが共演を夢見ていたという彼のギター・ヒーロー達とのコラボレーション作品が登場です。

1953年、15歳で母MATTIEに連れられ、ウェスト・ヴァージニア州チャールストンからテネシー州ナッシュヴィルへと上京、CHET ATKINSのオーディションを受けたWAYNE少年。結果は失敗に終わったものの、引き下がった母に対してCHETは「その大きい手なら配管工が向いている」と告げたそう。そのときCHETの前でプレイした3曲のうちの1つは、それ以来"BASIN WRENCH BLUES (配管用工具=ベースン・レンチのブルース)"と名付けられ、巡り巡って本作の1曲目を飾っています。

失意のうちに故郷に舞い戻りそこから一念発起、ひたすらにテープの前でギター練習に明け暮れたWAYNE少年は、1961年にはついにナッシュヴィルに帰還しCINDERELLA SOUND STUDIOを設立。CHETにも腕を認められるまでになりました。学校を中退するほどに打ち込んだ練習曲のひとつ、LES PAULの"THE WORLD IS WAITING FOR THE SUNRISE"も本作に収録されています。

次のLES PAULカヴァー"BYE BYE BLUES"ではMARY FORDのヴォーカル・パートをシミュレートするためにエコー・プレックスとワウワウ・ペダルを組み込んでいます。ベースにはCHARLIE MCCOY、ドラムにはKENNY BUTTREY、そしてリズム・ギターには同郷ウェスト・ヴァージニアのDEAN PORTERをフィーチャー。DEANはウェスト・ヴァージニアで初めてFENDERを買った男だといい、2番目はWAYNEだったとのこと。

それ以前に知人から借りたギターで初めてプレイした曲はMOTHER MAYBELLE CARTERの"WILDWOOD FLOWER"で、彼女の親指ピッキングに敬意が払われた演奏を収録。ストリング・アレンジにはBERGEN WHITEを起用しています。

CHETの導きでRCAのセッションに借り出されるようになったWAYNEでしたが、CHETはWAYNEが25歳のときに書いた"EL VAQURO"を録音するまでに至りました。本作ではTOMMY EMMANUELのヴァージョンで収録されています。

また、永遠のヒーローCHET ATKINSはGEORGE BENSONを引き連れBAREFOOT JERRY楽曲"FISH & TITS"の改題"A MOUSE IN THE HOUSE"を披露と、少年時代の夢がこんな形で叶うとは思いもよらなかったことでしょう。

ほか、COMMANDER CODY AND HIS LOST PLANET AIRMENのBILL KIRCHEN、WAYNEが生きている中でもっともファンキーな親指ピッカーと評価するJERRY REED、ELVISの"BURNING LOVE"を書いたことでも知られるDENNIS LINDE、CINDERELLAでのレコーディング経験もあるALEX HARVEYらをフィーチャーした、WAYNEの55年に渡る音楽的ジャーニーを集大成した大充実の全16トラックとなっています。






★マイナー・レーベルに残されたオブスキュア盤で綴るカントリー的労働者讃歌集がCDリリース!

●V.A. (COUNTRY) / BIRTH/WORK/DEATH: WORK, MONEY AND STATUS IN COUNTRY MUSIC (1950-1970) (CD) 輸入CD 2,484円(税込) (OMNI RECORDING / IMNI-197 / 0934334407610)

生まれて、働いて、死ぬ。カントリー・ミュージックの中に残された、ハンマーとシャベルを叩きつける労働者たちの労働と対価、金や地位、競争、怒り、喜び、苦悩、生存と執着の物語。地下の溺死者への荒れ狂う嘆き、マモン・不正な財への熱烈な賛美歌、縛られる借金、家族と繁栄。祝い。

炭鉱夫の悲劇を唄うHOWARD VOKES"THE MINER"、黒いダイヤを追い続けるCHARLIE GORE "BLACK DIAMOND"、全能の金を崇拝するTEX WILLIAMS "MONEY"などなど、泥だらけの鉱山から工場のフロア、深夜の酒場のジュークボックスまでで鳴り響いた呪われたアンセムと血まみれのバラードが全32曲。





★圧倒的歌唱力で数々のヒット曲を飛ばしたAOR~バラードの帝王=マイケル・ボルトン、自身の代表曲を網羅したコレクション・アルバム!

●マイケル・ボルトン / ア・シンフォニー・オブ・ヒッツ 国内CD 2,700円(税込) (ビクターエンタテインメント / VICP-65518 / 4988002783236)

■15歳でエピック・レコードと契約してから50周年を記念し、自身の持つヒット曲をパース・シンフォニー・オーケストラと新録した本作。
これまでもジャンルを越えた共作を発表してきたマイケルらしい作品。代表曲「男が女を愛する時」や「ウィズアウト・ユー」等の名曲をクラシカル・アレンジとして蘇らせた記念盤。

■「誰も寝てはならぬ」のカヴァーも収録。日本盤ボーナストラックとして1曲収録。

エピック・レコード契約50周年記念/解説歌詞対訳付/デジパック/ボーナストラック収録







★気持ちよすぎる!〈シティポップ×郷愁SSW〉なレイドバック系インディポップ大大大傑作!!ホイットニーやヨ・ラ・テンゴのドリーミー&ハートウォームな心地よさ+70年代ヨットロックやソフトロックの洒脱さ+ジェイムス・テイラーやニール・ヤングの郷愁の完璧なる融合!UKロンドンの4人組、BLUEPRINT BLUEがデビュー・アルバムをリリース!

●ブループリント・ブルー / ツーリスト 国内CD 2,592円(税込) (ピーヴァインレコード / PCD-24817 / 4995879248171)

■日本盤ボーナストラック2曲収録、解説:清水裕也(Monchicon!)

ポール・サイモンのハイドパーク・コンサート(18年)の前座にも抜擢されたロンドン発の超逸材!スティーリー・ダンの名曲「Peg」の歌詞からバンド名を採ったというだけで好感度5割増しなロンドン発の4人組、ブループリント・ブルー。メンバーのヒュー・ウェッブとエリオット・ヘイワードは、それぞれザ・ホラーズのリース、ジョシュアの実弟であり、紅一点ドラマーのメリッサ・リグビーはヒューと共にかつてS.C.U.Mの一員として活動。さらに、EP収録曲をマジー・スターのデヴィッド・ロバックがプロデュースするなど、ただならぬ経歴を誇ってきた彼ら。極め付けは、2018年7月にロンドンのハイドパークで行われたポール・サイモンのフェアウェル・コンサートへの出演! アルバムデビュー前にして、ジェイムス・テイラーやボニー・レイットといった大御所ゲストも参加した同イベントの前座に抜擢されるという快挙を成し遂げました! そんな彼らが満を持して放つファースト・アルバムがもう素晴らしいのなんの…。70年代のヨット・ロック(AOR~ウェストコースト・ロック)とシンガー・ソングライターからの多大なる影響をイマドキの若者らしいセンスでポップに、ドリーミーに、リラクシンに仕立て上げたレイドバック・サウンドは最高に気持ちよく、まるでヨ・ラ・テンゴとニール・ヤングでネッド・ドヒニーをサンドしたかのよう! とてもUKとは思えないサウンドながら、本場USにだってこれほどのセンスを持ったバンドはいませんって! 2019年インディポップ・シーンの大必聴盤!







★1980年代にJOY DIVISIONやNEW ORDER、A CERTAIN RATIOなどを輩出したトニー・ウィルソン主宰レーベル=FACTORYからリリースを重ね、ポスト・パンク~ニュー・ウェイヴ期の孤高のギタリストとして人気を博すヴィニ・ライリーことDURUTTI COLUMN。彼が1990年に発表した通算8作目のアルバムが全曲リマスターの3枚組でリイシュー!

●ドゥルッティ・コラム / オベイ・ザ・タイム (3CD) 国内CD 3,456円(税込) (ALTERNATIVE WAVERS / AW-45 / 4988044885738)

■日本先行販売、解説:大鷹俊一

DISC1にはオリジナル・アルバム収録曲にミックス曲など5曲を加えた全15曲を収録。ギターやプログラミング、プロデュースにいたるまでほぼヴィニ本人が手掛けていますが、M-5「Art And Freight」には盟友であるドラマー、ブルース・ミッチェルが、M-9「Contra-Indications」にはNEW ORDERのプログラマーとして知られるアンディ・ロビンソンが参加しています。
DISC2はシングル曲やミックス曲、コンピ作品へ提供していたレア曲など全17曲をコンパイル。中には同時期くらいに制作された未発表アルバム『GUITAR ONE : HOUSE』と『GUITAR TWO : ACOUSTIC』からの楽曲も収録!
DISC3は1990年6月23日にマンチェスター大学ホイットワース・ホールで行われたライヴ音源を収録。
ちょうどマッドチェスター・ムーヴメントの時期にあり、アシッド・ハウスなミックスなどからは当時の空気感も伝わってくる嬉しい再発です!







★伝説のレコードショップ、パイドパイパーハウス2019年最初のオリジナル企画はヴァレリー・カーターとイナラ・ジョージのスプリット7インチ・シングル!東洋化成プレスの日本盤!

●ァレリー・カーター/イナラ・ジョージ / SOMETHIN' STUPID / べイビー・イッツ・ユー / 恋のひとこと (7") 国内7" 1,620円(税込) (ハヤブサ・ランディング / PPH19304 / 4571167364824)

Baby It's You - Valerie Carter w/ Nicolette Larson, Lauren Wood 
バート・バカラック、ルーサー・ディクソン、マック・デイヴィッドの共作。
オリジナルはシレルズ1961年(全米8位)。初期ビートルズ、スミス(1969年、全米5位)、カーペンターズほか数多くのカヴァーがある。『The Lost Tapes』収録ヴァージョンとは別ヴァージョンで、ヴァレリー、ニコレット、ローレンの仲良しトリオが交互に歌うトライアングルMix! 

Something Stupid - Inara George & Charlie Wadhams
邦題「恋のひとこと」で知られるフランク・シナトラとナンシーの父娘デュエットで1966年に大ヒット(4週連続全米1位。全英1位)。
オリジナルは、ヴァン・ダイク・パークスの実兄カーソン・パークスとゲイル・フォートによるカーソン&ゲイル。竹内まりやと大瀧詠一、ロビー・ウィリアムズ&二コール・キッドマンのカヴァーもある。
チャーリー・ワダムス(元レックス・アクエリウム)は、ロスアンジェルス出身のシンガーソングライター。イナラの最新作『Dearest Everybody』収録のボーナス・トラック曲。







★様々な楽器演奏やコンポーザーもこなす音響系SSW、DANIEL O'SULLIVANの2作目となるソロ・アルバム!

●DANIEL O'SULLIVAN / FOLLY (LP/YELLOW VINYL) 輸入LP 3,024円(税込) (O GENESIS / OGEN84 / 5053760046233)

前作に比べてより唄ものへシフトした印象で、HIGH LLAMASやJULIA HOLTER、NICHOLAS KRGOVICH、またはPETER BRODERICKなどポスト・クラシカル方面にもアピールできる逸品!
今作にはポスト・クラシカル界の重要人物PETER BRODERICKやレーベル・メイトのRICHARD YOUNGSやSILVER FIELDらが参加。録音とミックスにはSPIRITUALIZEDやCOILなどの参加で知られるTIM LEWISことTHIGHPAULSANDRAが担当!







★ロック史が語らない、あの時代。メロウで、スムースで、ソフトな音楽をミレニアム世代が再評価!それが、ヨット・ロック!

●グレッグ・プラト / ヨット・ロック 国内BOOK 2,700円(税込) (DU BOOKS / DUBK210 / 9784866470931)

70年代、80年代の名曲をつくったミュージシャン総勢53名が語った永久保存版。




・「月刊ミュージシャン」(2019年4月号)にて紹介されました!

日本版解説:高橋芳朗
ヨット・ロック・ドラマ解説:長谷川町蔵

豪華メンツ(&一発屋)がAOR、ウェスト・コースト・ロック黄金時代を語る!
ボズ・スキャッグス、スティーリー・ダン(ウォルター・ベッカー)、イーグルス(ドン・フェルダー)、ホール&オーツ(ジョン・オーツ)、TOTO(デイヴィッド・ペイチ)、ロギンズ&メッシーナ、ルパート・ホルムズ、ロビー・デュプリー、アメリカ(デューイ・バネル)、オーリアンズ(ジョン・ホール)、ファイアーフォール(リック・ロバーツ)、キャプテン&テニール、リック・ロバーツ、アンブロージア(バーリー・ドラモンド)、プレイヤー(ピーター・ベケット)、シュギー・オーティス…など総勢53名!

ヨット・ロック(Yacht Rock)とは?
日本でいうAOR的な音楽のこと。2005年に配信されたインターネットのコメディ・シリーズが口コミで広まり、「ヨットに乗るヤッピーが聴きそうな音楽」という、揶揄的なフレーズだったこの言葉が、アメリカの若い音楽リスナーやDJたちが、あらためてこのジャンルにスポットを当てるきっかけとなった! そして、Numeroのようなレーベルまでもが、ヨット・ロック系アーティスト(ネッド・ドヒニーなど)の再発を積極的に進めるといった事態が起きてしまったのだ!! ちなみにドラマの内容は、真のヨット・ロックを創作しようとするマイケル・マクドナルドと、ホール&オーツなど商業ロックに取り込まれる仲間たちとの確執や、すったもんだを描く偽ドキュメンタリー風コメディである(長谷川町蔵氏による巻末解説参照)。

書籍連動企画第一弾! 
ワーナーミュージックから4/24に日本初のヨット・ロックのコンピレーションCD『ディス・イズ・ヨット・ロック』も発売決定! 

さらに、ヨット・ロック・ファン待望!
クリストファー・クロス来日公演決定 
2019/5/5(日)~5/7(火) ビルボードライブ東京
2019/5/8(水) ビルボードライブ大阪

●「ヨット・ロック」は、ちょっとからかいの意味もあるかもしれないど、基本的にはぼくらが(ヒットに恵まれて)いい暮らしをしていて、スタジオの予算にも事欠かなかったことをほのめかす言葉だ。女、車、ドラッグに、ヨット。――ロビー・デュプリー

●ヨット・ロックという言葉は、いいなと思ってるよ。でも、ダリルは嫌っているし、マイケル・マクドナルドは無視している。――ケニー・ロギンス

●俺たちはハーモニック・ファンクだ。――ジョン・ホール(オーリアンズ)

●曲づくりの質はまちがいなく高かった。曲が生き残っているのは、メロディや強力なフックのおかげなんだ。――クリストファー・クロス

●MTV以前のラジオの時代は、ルックスは関係なかった。たとえばホール&オーツの場合、ダリルはとてもフォトジェニックな男だった。でもクリストファー・クロスはそうじゃないだろ。――マシュー・ワイルダー

〈目次〉
出航の前に

ヨット・ロックはパンクより攻撃的だ! 
イントロ ロック史が語らなかったあの時代の音楽
本書に登場するクルーたち
1章 ヨット・ロック 夜明け前
2章 ビーチ・ボーイズの名誉”船長”――ダリル・ドラゴンの回想
3章 AMラジオの主役たち―ミュージシャンが語るヨットの乗員とは?
4章 ヨット・ロック界のファンタスティック・フォー
5章 ヨット・ロックのMVPはマイケル・マクドナルド?
6章 プロデューサーとしてのリンジー&スティーヴィー(フリートウッド・マック)
7章 曲づくりの技法
8章 セッション・ミュージシャンはヨットの救命士だ!
9章 俺たちのファッション
10章 パーティー!
11章 ブームの絶頂期はいつ?
12章 70年代のプレイリスト
13章 80年代のプレイリスト
14章 ヨット・ロックの“アンセム”誕生――ルパート・ホームズ〈エスケイプ〉制作秘話
15章 ニャット・ロックとは?
16章 ヨットに乗り損なった男たち
17章 アルバムはジャケットだ!
18章 ブームはなぜ去ったのか?
19章 21世紀の復活――「ヨット・ロック」誕生
20章 ビリー・ジョエルのレッキング・クルー
21章 クリストファー・クロスVSディープ・パープル――ソフト・ロックVSハード・ロック
22章 時の試練
23章 ヨット・ロック、ブルー・アイド・ソウル、それともメロウ・ロック……
翻訳:奥田祐士(おくだ・ゆうじ)
1958 年、広島生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。雑誌編集をへて翻訳業。主な訳書に『ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実』『ポール・マッカートニー 告白』『スティーリー・ダン・ストーリー』『ロビー・ロバートソン自伝』などがある。


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 3/19(火)ROCK新品新入荷情報②!英国のBEACH BOYSとも呼ばれたブリティッシュ・ポップ・サイケ裏最高峰バンド、CALIFORNIANSのアンソロジー その他、多数入荷!!

Page Top