Home > ROCK/PROGRE > 2/6(水)ROCK・PROGRE新入荷情報!イタリアン・ガール・ビート・コンピ第2弾など

2/6(水)ROCK・PROGRE新入荷情報!イタリアン・ガール・ビート・コンピ第2弾など

  • 2019-02-06
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★イタリアン・ガール・ビート・コンピ第2弾がCDリリース!

●V.A. (ACE BEAT GIRLS) / BELLISSIMA! MORE 1960S SHE-POP FROM ITALY (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (ACE / CDTOP1527 / 0029667089821)
フランスの『C'EST CHIC!』、日本の『NIPPON GIRLS』、イタリアの『CIAO BELLA!』、スウェーデンの『THE GIRLS WANT THE BOYS!』、スペインの『BEAT GIRLS ESPANOL!』、ハンガリーの『SHE CAME FROM HUNGARY!』に続くACEのガールズものに、イタリアが再び!

リヴィング・レジェンドMINAのダイナマイト・ポッパー"CARTOLINE"を筆頭に、ビートの女王ことCATERINA CASELLI、カンツォーネ界の妖精アイドルGIGLIOLA CINQUETTI、ENNIO MORRICONEが手掛けたLISA GASTONIといったイタリアン歌謡界の国民的ヒット・シンガー大集結に加え、MERI MARABINIによるHOLLIESの"YOU KNOW HE DID"カヴァー"E PROPRIO INUTILE"、LA RAGAZZA 77ことAMBRA BORELLIによるSONNY & CHERの"THE BEAT GOES ON"カヴァー"IL BEAT... COS'E"、ORNELLA VANONIのWANDA JACKSON "WHIRLPOOL"カヴァー"COCCODRILLO"などなど、意外に全世界的には知られてこなかった上質で華やかで骨太なガール・ポップ・ビートが詰まっています。

CDは24トラック収録。





★まるでここは歌心に溢れる“おとぎの国"。米国の女性SSW、ミンディ・グレッドヒルの通算6枚目のアルバム『ラビット・ホール』は、愛らしい歌声と心に残るメロディ、雰囲気抜群のアコースティックサウンドが描くファンタジー“ポップ"ワールド。まぎれもない傑作です。日本盤のみボーナス4曲を収録。

●ミンディ・グレッドヒル / ラビット・ホール 国内CD 2,484円(税込) (PRODUCTION DESSINEE / VSCD-9833 / 4540399098333)
■歌詞カード付き、ボーナストラック4曲収録
カリフォルニアに生まれ、現在はユタ州プロボで活動を続ける女性SSW、ミンディ・グレッドヒルの通算6枚目にあたる『ラビット・ホール』。前作『ポケットフル・オブ・ポエトリー』から5年の歳月をかけて作り上げた本作は、なんら変わることのない彼女の唯一無二の歌声とメロディ&ポップセンスはそのままに、まるで“おとぎの国"思わせる摩訶不思議でクセになる世界観で満たされたポップで感動的な傑作です。
幻想的なイントロで幕を開ける「ラビット・ホール」で聴ける彼女の歌声は5年のブランクを感じさせない、どころかより表現力により磨きがかかり、ぐいぐいと作品の世界に引き込まれます。そして、弾けたポップセンスが炸裂する「ブー・フー」を聴けば、この作品もまた彼女が残してきた素晴らしい作品達に勝るとも劣らない1枚だと納得できるでしょう。同じく弾けるポップチューン「ラインズ」、「ワイルド・カード」、ラテンポップの「アディオス・カリーニョ」など、圧倒的なキャッチーさでハートを鷲掴みにしてしまうナンバー達に加え、彼女の真骨頂とも言える「ワンダリング・ソウルズ」、「ブルーバード」、「ワン」、「ザ・ウィッシュ」、「イカロス」などのセンチメンタルでフォーキーなアコースティック・ポップも名曲ぞろい。それら全てが、『ラビット・ホール』というミンディ流のファンタジー・ワールドとして表現される本作は、まさに作品自体が何度も、何度でも繰り返して楽しみたくなるような夢見心地の物語なのです。
“ワンピ"に“スニーカー"に“傘ジャンプ"のジャケットでお馴染みの名作『アンカー』、愛らしいクリスマスソングを聴かせる『ウィンター・ムーン』、“ポケットいっぱいの歌心"に溢れた『ポケットフル・オブ・ポエトリー』などの名作達で、ここ日本でも多くのファンを持つ彼女の、期待を遥か彼方に上回る素晴らしい作品が本作『ラビット・ホール (Rabbit Hole)』です。自信を持ってグッドミュージック・ファンの皆様にお届けしたい1枚です。
● 雰囲気抜群の紙ジャケット仕様(特殊ダイカット仕様)
● 日本盤のみのボーナス曲収録



★世界のビートルズ特集~!ナイスビートルズカバーあります♪

●PETER ROAR/LUCKY GURI / WE ARE DIGGING THE BEATLES - REMASTER 輸入CD 2,160円(税込) (PICAP / 910941 / 8425845910024)
こちらは少し飛び道具的なセレクトになりましたが、内容お墨付きですのでご紹介。スペインのミュージシャンで後にBARCELONA TRACTIONで活躍する鍵盤奏者ラッキー・グリとMAQUINA!のメンバーとして知られるサックス奏者ピーター・ロア両名による1972年デシュオ・ユニット作。モンドかつラウンジ・テイストを醸すビートルズ曲カバー集で、"ストロベリー・フィールズ"はブリブリのベースが動きまくるファンキー・ナンバーに変身!後にBARCELONA TRACTION/MÚSICA URBANAで活躍するkey奏者Lucky Guri(p/key)とMÁQUINA!のメンバーとして活躍した独出身のsax奏者“Peter Roar”ことPeter Rohr(sax/clarinet)によるデュオ・ユニット、以前より評価の高いMondo/Loungeマニアに加え、近年Psycheマニアの間でも垂涎の一枚に挙げられている'72年作がSpain:Picapからリマスター/スリップ・ケース付で'10年初CD化!バックに同じくMÁQUINA!のCarles Benavent(b)、Salvador Font(dr)、TAPIMAN/ICEBERGのMax Sunyer(g)を迎え、タイトル/ジャケットの通りTHE BEATLESの楽曲をPsyche/Lounge Jazz風arr.に仕上げたインスト・カヴァー作品。'Let It Be'から'And I Love Her'までTHE BEATLESの代表曲の数々を洒脱かつ軽快なアンサンブルで小気味良くまとめた内容ながら、後のSpanish Jazz/Jazz Rockを支える面子揃いだけに、軽快なp捌きが映える'Strawberry-Fields Forever''Ticket To Ride'を筆頭に、メロウでマイルドなsaxとorganの絡みが心地良い'The Long And Winding Road'、Dexy風arr./Big Band風arr.がそれぞれ冴える'When I'm 64''A Hard Day's Night'、欧州ならではのリリカルなp調べが心地良い'Here,There And Everywhere'、スリリングなsax/gインプロが展開するRare Groove調の'Norwegian Wood'まで、演奏/arr.共に単なるEasy Listeningを超えたセンス/アンサンブルともに一級品。近年の鰻上りの評価も納得の、そのテのファンからTHE BEATLESマニアまで押さえておきたい一枚です!!
【Remaster(※CCCD表記が盤面に記載されていますが、CCCDではありません)】




★メジャー契約直前のHEPTONESが73年にJAYWAXからリリースした隠れた名盤!


●HEPTONES / BOOK OF RULES 輸入LP 3,024円(税込) (GET ON DOWN / GET57009LP / 0664425700916)
68年『ON TOP』でスタジオ・ワンからデビューした男性ボーカル・グループHEPTONESが73年にJAYWAXからリリースしたアルバム。ルーツからロックステディー調の甘いナンバーまで収録した様々なHEPTONESの魅力が味わえる一枚。待望の初再発です!





★TREASURE ISLEレーベルに残されたALTON ELLISのロックステディー・アルバム!

●ALTON ELLIS / MR.SOUL OF JAMAICA 輸入LP 3,024円(税込) (MUSIC ON VINYL / MOVLP2345 / 8719262008816)
いまやジャマイカ音楽の中でも熱烈なファンを持つジャンル、ロックステディー。そのロックステディーの父とも呼ばれるALTON ELLISがDUKE REID率いるTREASURE ISLEで残した音源を一枚にまとめた名盤。レゲエ、ソウル・・・全黒人音楽ファン必聴の一枚です。180G重量盤、限定プレス。





★オールデイズ再入荷!

●サーティーンス・フロア・エレヴェーターズ / ザ・サイケデリック・サウンズ・オブ・ザ・13THフロア・エレヴェイターズ 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6447 / 4582239484470)
<60'S GARAGE ROCKIN' OLDAYS>

ジミー益子監修 オールデイズ・レコード PRESENTS
『60'S ガレージ・ディスク・ガイド』連動リイシュー・シリーズ第3弾

サイケデリックという概念を意図的に表現しようとした世界最初のアルバム!

ザ・サーティーンス・フロアー・エレヴェーターズのこのファースト・アルバムはサイケデリックという概念=意識拡張を意図的に表現しようとした世界最初のアルバムであり、ロックンロールが意識拡張と結びつき1960年代のサブカルチャーを形成してゆく過程で生まれた重要な遺産である。残念ながら当時はテキサス以外に拡がりをもたなかったが、そのアルバム・ジャケットとともにサイケデリックなヴィジョンのスタンダードとして今なお古びることはない。

ロッキー・エリクソンのジャニス・ジョップリンに多大な影響を与えたワイルドなシャウト、リバーブがたっぷりかかった浮遊感溢れるステイシー・サザーランドのギター、そして極めて奇妙なトミー・ホールのエレクトリック・ジャグの過剰な響きは単なるロックンロールバンドからはみ出し、狂気と混乱とともに今まで存在しなかった13階への扉を開けた瞬間を捉えた記録なのだ。サイケデリックの音像化という点ではセカンド・アルバムの「EASTER EVERYWHERE」が優れているが、扉を開けようとする瞬発力とガレージ・パンク的インパクトでは断然このアルバムだ。

解説:ジミー益子





★シューゲイザーやドリームポップを軸に60'sサイケ、クラウト・ロックからオルタナ、テクノ、さらにはブルースといった幅広いジャンルの要素を含みつつ、内省的なグルーヴに昇華していく美しい比類なきサウンドで、今やレーベル"4AD"を代表するバンドでもあり、USインディー・シーンの最重要バンドでもあるDEERHUNTERが約3年ぶり8作目となるアルバム『WHY HASN'T EVERYTHING ALREADY DISAPPEARED?』をリリース !

●ディアハンター / ホワイ・ハズント・エヴリシング・オールレデイ・ディサピアード? 国内CD 2,592円(税込) (BEAT RECORDS、4AD / 4AD-89CDJP / 4580211853016)
■ボーナストラック3曲収録、解説:天井潤之介、歌詞対訳封入

ディアハンターが新たに完成させたのは現在についてのSFアルバムだ。今それは必要とされているのか?それは現実の問題に直結するのか?ダダイズムは戦争の恐ろしさに対する反応だった。パンクはスローで空っぽな70年代に対する反応だった。ヒップホップは、主にアフリカ系アメリカ人がする経験について提示されていたイメージに挑んだ、解放された音楽カルチャーだった。今日のポピュラー音楽は、何に対する反応なのだろう?

07年の『Cryptograms』で高い評価を受けた後、〈4AD〉からリリースされた08年の3rdアルバム『Microcastle』と10年の4thアルバム『Halcyon Digest』が、国内外の年間ベストアルバムを総なめにする大ヒットを記録、今やレーベルの顔となった米アトランタ出身の4人組ロックバンド、ディアハンターが、3年振り8枚目となる待望の最新アルバム『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』を来年1月18日 (金) にリリース決定!直後には、アルバムをひっさげての初パフォーマンスがここ日本で実現!ギャング・ギャング・ダンスと共に、東名阪を巡る来日ツアーが決定している。

アルバムの発表に合わせて、早速アルバムのオープニング曲「Death In Midsummer」が解禁された。「Death in Midsummer」の冒頭で聴こえるハープシコードとピアノの音からは、このアルバムがどこで誕生したのかを特定するのは不可能だろう。続く2曲目の「No One’s Sleeping」は、イーノがベルリンでプロデュースしたキンクスの1977年の録音セッションからのアウトテイクのようにも聴こえる。だがノスタルジアという有毒なアイデアにむしろ辟易している彼らは、マイクやドラム、ハープシコード、電気機械的で人工的なキーボードの音作りにあえて革命的なアプローチを試みた。残されたギターも、アンプやヴィンテージ機材の温かみを一切加えず、全て純粋にむき出しのまま、ミキシングデスクに直刺しさせられたのだ。結果として誕生した『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』は、彼らの15年間のキャリアの中でも類を見ないほどスリル満点で予測不可能、彼らが更なる高みに達したことを示す最高傑作と言えるだろう。
本作のプロデュースは、ディアハンターに加えて、ウェールズ出身のシンガーソングライター、ケイト・ル・ボン、ナールズ・バークレイやアニマル・コレクティヴを手がけたベン・H・アレンIII、前作にも携わったベン・エッターが手がけている。

国内盤には3曲のボーナストラックが追加収録(「武満徹の記憶」!)され、歌詞対訳と解説書が封入、輸入盤LPは初回プレスのみグレー・ヴァイナル仕様!
また、12月にはヴェルヴェット・アンダーグラウンドとマイブラッディ・ヴァレンタインの交差点にして、ゼロ年代インディロック最重要作のひとつ、『Microcastle / Weird Era Cont.』の発売10周年記念盤もリリースされます!







【再入荷】
英Warnerから発表された'72年作が英Esoteric Recordingsから新規リマスター/CD+DVD2枚組3面デジパック仕様拡大盤として'18年再発CD化!

●CURVED AIR / PHANTASMAGORIA: DELUXE 2 DISC EDITION - 2018 REMASTER 輸入CD+DVD 2,592円(税込) (ESOTERIC RECORDINGS / PECLEC22638 / 5013929473843)
Sonja Kristina(vo)、Daryl Way(vln)、Francis Monkman(key/g)等を擁し70年代期に活躍/00年代復活以降精力的に活動を続ける英国産名Progressive Rockバンドの1つ、英Warnerから発表された'72年作が英Esoteric Recordingsから新規リマスター/CD+DVD2枚組3面デジパック仕様拡大盤として'18年再発CD化!CDには'72年作本編を、DVDには英Classic Rock Productionsから発表された'02年Live DVDに収録されていた同年4月Belgium:RTBF TV音楽番組“POP SHOW”放送用映像から'Marie Antoinette''Propositions''Melinda (More Or Less)''Vivaldi'各Studio Live映像及び今回公式初出となる同年10月Austria:ORF TV音楽番組“SPOTLIGHT”放送用映像から'Melinda (More Or Less)''Phantasmagoria''Ultra-Vivaldi'各Studio Live映像をそれぞれ収録。bがIan Eyreから元THE OVERLANDERS/後にCARAVANで活躍するMike Wedgwoodに再度交代、前作の路線をベースにしつつ'Melinda(More or Less)'に象徴されるアコースティック色を導入。過去2作同様Pop/Classical/Avantgardeが渾然一体とする中に、'Marie Antoinette''Over And Above'に象徴される英国的な叙情性を加味した個性的な音楽性が発揮された1枚。前作と並ぶバンドの代表作に挙げられる本編を収録したCD、従来の発掘映像とはまた異なる、メンバーの衣装/パフォーマンスや映像加工等々に70年代初期Rockカルチャーのヒップな部分を反映した貴重なAustria TV番組映像が貴重なDVD、共にファンには堪らない内容です!!ボーナスとしてCDにCD初音源化となる'72年Album未収Single曲'Sarah's Concern'と本作制作時のOuttake'Marie Antoinette(French Lyrics version)''Melinda (More Or Less)(Italian Lyrics version)'を追加、マスターはメンバーのFraincis Monkmanによるオリジナル・マスター・テープからの新規リマスタリング音源を使用、ブックレットには本作のSingle盤ジャケットや音楽雑誌掲載発売告知広告/Live告知、レーベル制作プロモ資料等の貴重写真及びMalcolm Domeによる新規バイオグラフィー/歌詞を掲載。
【2ch LPCM Stereo対応(DVDのみ)/Bonus Track3曲収録/Bonus Live映像7曲収録/2018 Remaster/CD+DVD2枚組/3面Digipack仕様(DVDはNTSC対応のため、国内機種で視聴可能)】


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE > 2/6(水)ROCK・PROGRE新入荷情報!イタリアン・ガール・ビート・コンピ第2弾など

■他店舗ブログ
■近隣店舗

横浜西口店
町田店

■ジャズ取扱店舗ブログ

新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ館
大阪店

Page Top