Home > ROCK・PROGRE情報 > 12/7(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報②!ゲロゲリゲゲゲ / センズリチャンピオン-改訂版- etc.入荷!!

12/7(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報②!ゲロゲリゲゲゲ / センズリチャンピオン-改訂版- etc.入荷!!

★ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRAコラボ・シリーズにCARPENTERSが登場!

●CARPENTERS / CARPENTERS WITH THE ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA (CD) 輸入CD 2,376円(税込) (A&M / 770-1425 / 0602577014253)

KARENによるタイムレスなオリジナル・ヴォーカルで紡がれる珠玉のバラッドがオーケストラ・ヴァージョンで甦る全18曲。アレンジ、プロデュース、指揮はRICHARD CARPENTER自身が行っています。ABBEY ROAD STUDIOSでのパフォーマンス。






★93年作がCDリイシュー!

●STEVE MILLER BAND / WIDE RIVER (CD) 輸入CD 2,376円(税込) (CAPITOL / 6787247 / 0602567872474)

ブルース/R&Bに根ざした渋さ光る側面とAOR的なメロウでポップな側面を自在に操りながら、米国伝統音楽とポピュラー・ミュージックを融合させたサイケデリック・サウンドで新たなアメリカン・ロックを生み出したウエスト・コーストの巨人、STEVE MILLER率いるSTEVE MILLER BAND。

ついにほぼシンセ無しとなった93年15枚目。テナー・サックスを導入した名曲揃いの隠れ名盤です。ちなみに2010年の『BINGO!』リリースまで本作がラスト・アルバムとなっていました。




★74年幻の2NDがボーナス・インタビュー追加で発掘CDリイシュー!

●CHRIS THOMPSON / DRUNKEN NIGHTS IN DUBLIN (CD) 輸入CD 2,484円(税込) (PINENUT RECORDS / PNR-007 / 9419569104806)

ニュージーランドはハミルトンで65年にキャリアをスタート、70年代初頭にイギリスへ渡り、71年には英国に移住したカリフォルニア出身の女性フォーク・シンガーJULIE FELIXのバンドのギタリストとして英国中を巡っていたシンガー・ソングライタートCHRIS THOMPSON。

ドリーミーなフォーク・ブルース/アシッド・フォークの隠れた名作として知られた73年THE VILLAGE THINGレーベルからのソロ・デビュー作『CHRIS THOMPSON』に続くはずだった2NDアルバム。元々あのAPPLE CORPSに一枚だけ残されたアセテート盤が現存するのみでお蔵入りとなったという幻の一枚です。PENTANGLEやBERT JANSCHのプロデュースで知られるBILL LEADERのスタジオや、ダブリンのホーム・スタジオでの録音。

ロンドンとダブリンでパーティ的な空気の中で収録されたという友人達とのスタジオ・ライヴ録音で、MAGIC CARPETのCLEM ALFORDがシタールやタンブラで参加。76年の『ECHOES FROM THE PIT』で再録された"FOX'S MINSTREL SHOW"や"YOUNG LUST"、"WILD ABOUT MY LOVIN'"に"BARCELONA"、"UPSTAIRS DOWNSTAIRS"のよりロウなヴァージョンや、カリプソ・スタイルのヴォーカルが乗るスカ/ロックステディ・ナンバー"DOWN ON THE OLD PLANTATION"、ブルース・ロッキンなSTONESカヴァー"DEAD FLOWERS"など全13曲を収録しています。当時はスポークンといわれたラップ・スタイル、ジャグ・バンドなアコースティックにサイケデリック・ラーガまで、ヴァラエテイに富んだロスト・サイケ・フォーク/フォーク・ブルースの隠れすぎた名品です。

2018年6月6日のCHRIS THOMPSONへのインタビューをボーナス追加。






★2018年新作がCDリリース!

●MICHEL POLNAREFF / ENFIN! (CD) 輸入CD 2,376円(税込) (BARCLAY / 7713733 / 0602577137334)

44年、仏ロット=エ=ガロンヌ県ネラック出身。66年の"LOVE ME, PLEASE LOVE ME"、71年の"TOUT, TOUT POUR MA CHERIE (シェリーに口づけ)"、72年の"HOLIDAYS (愛の休日)"などなど、日本を含む世界中で数多くの大ヒット・ソングを持つご存知フレンチ・ポップの大スター、MICHEL POLNAREFF。

活動52年目に満を辞して発表される、実に28年ぶりという2018年新作。8曲のヴォーカル・ソングと3曲のインストルメンタル・ピースで構成され、ビッグ・バンドにフォーク、ディスコ、ポップにサーファー・ポップ・ロックにシンフォニックまで、タイトルの「遂に!」も誇らしい全11曲を収録しています。

デジパック装。





★エレクトロニック・ミュージック、実験音楽シーンを更新する革新的音楽家、ONEOHTRIX POINT NEVERが早くも新作EP『LOVE IN THE TIME OF LEXAPRO』をリリース!

●ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー / ラブ・イン・ザ・タイム・オブ・レクサプロ 国内CD 1,944円(税込) (BEAT RECORDS、WARP RECORDS / BRE-58 / 4523132180588)

FRANK OCEANの諸作への参加も話題となったSSW、ALEX Gが参加、坂本龍一リワークも収録!CDは日本独自企画でボーナス・トラック収録です!

■日本独自企画盤/数量限定CD、ボーナス・トラック2曲収録

最新アルバム『Age Of』ではジェイムス・ブレイクやアノーニの参加、そして自身のヴォーカルをフィーチャーした楽曲やジム・ショウによる印象的なアートワークも大きな話題 を集めたワンオートリックス・ポイント・ネヴァーが最新EP「Love In The Time Of Lexapro」を数量限定リリース!ここ日本も含むこれまでの全公演がソールドアウトとなっている最新コンサート『M.Y.R.I.A.D.』の中で も、唯一の未発表曲として披露され、ファンの間では名盤『R Plus Seven』期を彷彿とさせる名曲として音源化が熱望されてきた表題曲に加え、坂本龍一がフェイバリットとして自身のラジオ番組でもオンエアしていた 「Last Known Image Of ASong」の教授らしい静謐なリワーク、さらにアルバムのハイライトのひとつであったヴォーカル曲をフランク・オーシャン諸作参加も話題となった人気イ ンディーSSWアレックス・Gとアコースティック・セルフ・カバーした「Babylon」を含む4曲を収録。
さらに、日本独自企画盤の数量限定CDにはこちらも即完した12インチ「We’ll Take It」にのみ収録されていた「Monody」と「Blow by Blow」の2曲が初CD化音源のボーナス・トラックとして追加収録。





★《コートニー・バーネット・ジャパン・ツアー2019来日記念!期間限定スペシャル・プライス!》世界的大ブレイクを果たしたデビュー・アルバム『SOMETIMES I SIT & THINK, & SOMETIMES I JUST SIT』(2015年)から3年、オーストラリアの女性オルタナティヴSSW、COURTNEY BARNETTがセカンド・アルバム『TELL ME HOW YOU REALLY FEEL』をリリース!

●コートニー・バーネット / テル・ミー・ハウ・ユー・リアリー・フィール 国内CD 1,944円(税込) (TRAFFIC、MILK! RECORDS / TRCP-230Z / 4571260588677)

■期間限定スペシャル・プライス、ボーナストラック2曲収録、歌詞対訳付き、解説:清水祐也

まずは新作から中毒性の高いパンク・ロック・アンセム「Nameless, Faceless」のミュージック・ビデオを公開した。このシングルは、ネット上の終わりなき匿名の人々によるハレーション現象を怒りや皮肉の感情とともに表現し、彼女にとって歌というベストな道具を使って、その現象に応戦した曲だ。

2015年に発売されたデビュー・アルバムは、その年の「アルバム・オヴ・ザ・イヤー」の上位を席巻し、グラミー賞「最優秀新人アーティスト」へのノミネート、ブリット・アウォード「インターナショナル女性ソロ・アーティスト賞」の受賞、その傑出した歌声やウィットに富んだ感性、時折見せる無邪気でユニークな観察眼は高い評価を獲得し、新世代を代表するアーティストとなった。また昨年は、盟友カート・ヴァイルとコラボしたアルバム『ロッタ・シー・ライス』をリリースし、こちらも高い評価を受けている。そして、前作の大ブレイクを経て新作はどんな作品になっているのだろうか?

新作では、意外ともいえる変化を軽やかに見せている。問いかけ?、それとも命令調なのか独特なアルバム・タイトル、いつもと違った表情を見せるクローズアップで撮られたセルフポートレイトのジャケット写真、そしてこの作品には、今までになかった素直さ、骨太な演奏、優しさに溢れる歌声、そして力強い歌詞が響く。言うなれば、自身の音楽的進化において注目すべき新たなフェーズに入ったのである。

今の彼女からは言葉数を減らしながらも逆に多くのことが伝わってくる。かつて彼女は自身のフィルターを通した視点から世界を眺め歌っていたが、新作は、善人たち、悪人たち、愛する人々など、彼女に関わる色々なものに視点を移して歌っている。それらは親しい人から全く知らない人まで、実に様々な範囲まで及ぶ。

ファースト・シングル「Nameless, Faceless」は、その歌詞一つ一つが印象的だ。「アルファベットが入ったスープを飲み込んで、君よりもっと上手な言葉を吐き出せたらいいのに」。このネット上の醜い現象が現実世界において、誰もあずかり知らないところでひっきりなしに人々の安全を脅かすようなことになっていなければ、ただの喜劇で終わるのだが、現実には頻繁に起こっていることである。カナダの女流作家マーガレット・アトウッドの言葉から借りた一節がコーラスとなってまさにそのことを描き出している。

「僕は誰もいない暗闇の公園を歩いて行きたい/女性に笑われるのを怖がる男性がいる/私は誰もいない暗闇の公園を歩いて行きたい/男性に殺されるのを怖がる女性がいる/私は手にしっかりと鍵束を握っている」

今現在においてもクレヴァーで捻りの効いた言葉使いやストーリー性溢れるその着眼点は全くもって変わるところがない。
彼女はよりシリアスで外界へ向けたトーンで現在の社会情勢を切り取っていながらも、彼女の持つメロディアスで中毒性高い旋律は今もって健在である。

■バイオグラフィー
1988年、豪生まれ。2012年、自身のレーベルMilK! Recordsを設立し、デビューEP『I’ve got a friend called Emily Ferris』(2012)をリリース。続くセカンドEP『How To Carve A Carrot Into A Rose』(2013)は、ピッチフォークでベスト・ニュー・トラックを獲得するなど彼女の音楽が一躍世界中に広まった。デビュー・アルバム『サムタイムス・アイ・シット・アンド・シンク、サムタイムス・アイ・ジャスト・シット』(Sometimes I Sit and Think, Sometimes I Just Sit)を2015年3月にリリース。グラミー賞「最優秀新人賞」にノミネート、ブリット・アウォードにて「最優秀インターナショナル女性ソロ・アーティスト賞」を受賞する等、世界的大ブレイクを果たし、名実元にその年を代表する作品となった。2018年5月、全世界待望のセカンド・アルバム『テル・ミー・ハウ・ユー・リアリー・フィール』をリリース。






★HATCHIEやYUMI ZOUMA、TOPS、JAY SOM、NOW NOW、JAPANESE BREAKFASTらとシンクロするメロウ・ドリーミー・ポップ3人組、MEN I TRUST!注目のきっかけとなった「Tailwhip EP」のデラックス・ヴァージョンが登場!

●メン・アイ・トラスト / テイルウィップ・デラックス 国内CD 2,376円(税込) (ALTERNATIVE WAVERS / AW-34 / 4988044882324)

■解説:新谷洋子、初CD化曲収録、ボーナストラック「Seven」ダウンロード・コード

コーネリアスも称賛を送るカナダはモントリオール/ケベック出身のメロウ・ドリーミー・ポップ・トリオ、メン・アイ・トラスト。女の子ヴォーカルのEmma、高校からの友達である男子2人DragosとJessyからなる3人組。

本作は、地元のRETURN TO ANALOGから2017年に発表されたカセット作品「Tailwhip EP」をさらに拡張させ、大量の追加楽曲を収録し2018年に同レーベルからCD化となったデラックス・ヴァージョン!

目玉は初CD化となる「Show Me How」が収録され、彼らの代表曲でもある80'S風ディスコティックな「Tailwhip」、チル・ウェイヴ+ネオアコな「I Hope To Be Around」や「You Deserve This」はもちろんのこと、初期の名曲「Break For Lovers」や「Lauren」なども含む6曲のライヴ音源、さらにシンプルで味わい深い「Lauren」のデュオ・ヴァージョンやアコースティック・ギターで叙情的に紡ぐ「I Hope To Be Around」のソロ弾き語りヴァージョンと、ヴァラエティに富んだ内容。

また、帯ライナー仕様盤のみ、彼らの最新曲のひとつであるメロウ・シティ・ポップ・ナンバー「Seven」ダウンロードできます!




★ファースト・アルバムが全未発表ヴァージョンの再編集による改訂版としてリリース!!

●ゲロゲリゲゲゲ / センズリチャンピオン-改訂版- 国内CD 2,700円(税込) (VIS A VIS AUDIO ARTS / VAVAA90 / 4571285924351)

1985年、秋田昌美主宰のZSF PRODUKTからデビュー後の1987年にリリースされ長らくコレクターズアイテムになっているファーストアルバムが全未発表ヴァージョンの再編集による改訂版としてリリース。

2曲目はファーストアルバムリリース前にセカンドデモとして用意していたテイクからの再構築、4曲目は新たに発見された1987年11月30日豊島公会堂のライブをノーカットで収録、6曲目はデスDubインダストリアルに再構築。現存するテイクの中からのベストテイクで埋め尽くし、2曲目の冒頭には当時、謎で終わった「LIVE AT TOKYO GAY CENTER」を収録というマニアでも聴けなかった音源に加え、スペインのゲロ24才、フランスのゲロ27才も初参加。

【ディスクユニオン・オリジナル特典】


今回発売のゲロゲリゲゲゲ『センズリチャンピオン-改訂版-』をお買い上げの方に、先着で特製CD-Rを差し上げます!!

【特典内容】
1988年12月3日新宿2丁目、OZの未発表音源!!タイトル曲、"SENZURI CHAMPION"のライブバージョンはこれが最初で最後の演奏!!

※特典はなくなり次第終了いたします。





★人気ライヴ音源シリーズからプログレ各種が一挙入荷!

●ジェネシス / ネブワース・パーク・フェスティヴァル1978 国内CD 2,991円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10084 / 4997184991933)

プログレッシヴ・ロックを代表するバンドの一つであるジェネシス。1969年にデビューして以来、彼等のテクニカル&シンフォニックなサウンドは全世界のプログレッシヴ・ロック・ファンを魅了する。そんなジェネシスがスティーヴ・ハケットの脱退という危機の中、残された3人は活動を継続することを決意、そして1978年3月にリリースする『そして3人が残った・・・』のリリースに伴い行った初のワールド・ツアーの中で、1978年6月24日にイギリスのロンドン郊外で行われた<ネブワース・パーク・フェスティヴァル>出演時の模様を収録したライヴ・アルバムが登場!イギリスのBBCラジオでの放送用として収録されたオリジナル音源にリマスターが施されCDとしてリリースされるのは今回が初めてであり、この後ツアーのサポート・メンバーとして活動を共にするダリル・スチュマー(g&b)とチェスター・トンプソン(ds)を迎えてのライヴなだけにこれまでとは一味異なるジェネシスのプログレッシヴ・ロック・サウンドを披露している。ボーナス・トラックとしてアメリカの人気ラジオ番組用に録音されたアメリカのテキサスで行われたコンサートの中からピーター・ガブリエル在籍時の人気ナンバーを2曲追加収録。






●ジェネシス / ライヴ・イン・ロンドン1976 国内CD 2,500円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10081 / 4997184991919)

プログレッシヴ・ロックを代表するバンドの一つであるジェネシス。1969年にデビューして以来、彼等のテクニカル&シンフォニックなサウンドは全世界のプログレッシヴ・ロック・ファンを魅了する。そんなジェネシスがフロント・マンであるピーター・ガブリエルの脱退に伴い、ドラマーのフィル・コリンズがヴォーカルを兼任し、1976年2月に新たなスタートを切るアルバム『トリック・オブ・ザ・テイル』をリリースする。そしてセカンド・ドラマーとしてイエス~キング・クリムゾンのビル・ブラフォードを迎えて行ったヨーロッパ&北米ツアーのアメリカの人気ラジオ番組用に録音されたものでこれまで一部はビデオ作品に使用されていたがオリジナル音源にリマスターが施されたCDとしてリリースされるのは初めて。ビル・ブルーフォードというスーパー・ドラマーをバックに配しただけあって、ここで聴ける、ジェネシス・サウンドはこれまでとは一味違ったもの。ボーナス・トラックとしてアンコールで披露された「イット~ウォッチャー・オブ・スカイズ」を追加収録。







●ジェスロ・タル / ライヴ・イン・フィラデルフィア1987 国内CD 2,991円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10091 / 4997184991971)

”狂気のフラミンゴ”こと鬼才イアン・アンダーソン率いるジェスロ・タル。1968年にデビューして以来ブリティシュ・ロックを代表するバンドとして活動を続けながらも2011年に残念ながら活動停止を発表し現在に至る・・・ そんな・ジェスロ・タルがグラミー賞を受賞し大きく注目を集めるきっかけとなる1987年9月にリリースした16thアルバム『クレスト・オブ・ア・ネイヴ』のツアーとしてヨーロッパ~北米を廻るの中で11月25日のフィラデルフィアでのコンサートを収録したライヴ・アルバムが登場!
アメリカの人気ラジオ番組用に録音されたオリジナル音源にリマスターが施されたものでニュー・アルバムがアメリカで久々にヒットを記録したツアーだけにバンドのパフォーマンスは秀逸! またアルバム・レコーディングに参加した名キーボード・プレイヤー、ドン・エイリー(元コラシアムII~レインボー、現ディープ・パープル)が正式メンバーとして参加し、パフォーマンスの完成度を高めている。そしてセット・リストもニュー・アルバムをメインにこれまでの代表曲を散りばめており、この時点でのベスト・オブ~といった趣である。








●ジェントル・ジャイアント / アット・ザ・アカデミー・オブ・ミュージック1975 国内CD 2,500円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10088 / 4997184991957)

ブリティッシュ・プログレッシヴ・ロック・シーンに於いて卓越したオリジナリティ&テクニックをもって独自のポジションを確立していたジェントル・ジャイアント。そんな彼らが1974年9月にリリースした6thアルバム『ザ・パワー・アンド・ザ・グロリー』は本国に先駆けてアメリカで成功を収める。それを受けて行われた北米ツアーの中で1975年1月18日のニューヨーク公演を収録したライヴ・アルバムが登場!
アメリカの人気ラジオ番組用に録音されたオリジナル音源にリマスターが施されたものであり、アルバムのヒットを受けてのコンサートだっただけにバンドは彼らのライヴ・パフォーマンスは圧巻! ニュー・アルバムの楽曲をメインにこれまでの代表曲を配したセット・リストは改めてジェントル・ジャイアントのプログレッシヴ・ロック・サウンドの凄さを知らしめる。






●ピーター・ガブリエル / ライヴ・イン・ニューヨーク1978 国内CD 2,991円(税込) (ALIVE THE LIVE / IACD10086 / 4997184991940)

ジェネシスのフロント・マンとしてジェネシスがプログレッシヴ・ロックのトップ・バンドとして君臨することに大きく貢献したピーター・ガブリエル。1975年にジェネシスを脱退し、1977年からソロ・アーティストとして活動を再開し、アルバムリリース毎にジェネシス色を払拭し、トップ・ロック・アーティストして地位を確立する。そんなピーター・ガブリエルが1978年6月にセカンド・アルバム『II』をリリースし、ヨーロッパ~北米を廻るを行った中で10月4日のニューヨーク公演のファースト・ショーのライヴ・アルバムが登場!
アメリカの人気ラジオ番組用に録音されたオリジナル音源にリマスターが施されたものであり、この時期のライヴ・アルバムはこれまでリリースされていない。かつ当時ニューヨーク在住で『II』のプロデュースも行ったキング・クリムゾンのロバート・フリップがゲストで2曲参加、さらにジェネシスの「ザ・ラムズ・ライズ・ダウン・オン・ブロードウェイ」をアンコールで演奏しているという貴重なアーカイヴだ。





★WEEZERの"AFRICA"カヴァー・プロジェクトへの返答! TOTOによるWEEZERカヴァーがグリーン・ヴァイナル仕様で7"リリース!

●TOTO / HASH PIPE (COLORED 7") 輸入7" 1,998円(税込) (VERTIGO / 770-9 / 0602577000096)

発端は2017年12月のWEEZERファンの少女のTWITTER上での呟きからはじまり、TOTOのDAVID PAICHもFACEBOOK上でコメントするなどSNS上で大きな盛り上がりを見せた一連のWEEZERによるTOTOの"AFRICA"カヴァー・プロジェクト騒動は、2018年11月のBLACK FRIDAY/RECORD STORE DAY限定のピクチャー・ディスク仕様12"として結実しましたが、本盤はそのTOTO側からの回答といえる限定盤。

2018年5月、WEEZERが"AFRICA"と"ROSANNA"のカヴァー・ヴァージョンをデジタル公開したことを受け、TOTO側も7月にはすでにステージ上で"HASH PIPE"カヴァーを披露していました。01年3RDアルバム『WEEZER (GREEN ALBUM)』に収録されている"HASH PIPE"ですが、本作はその通称「グリーン・アルバム」にちなんだグリーン・ヴァイナル仕様となっています。ちなみに"HASH PIPE"は土俵で演奏の相撲PVでもおなじみです。

「僕の30代の息子はWEEZERのファンだから、彼らが僕たちの曲を2曲カヴァーして、僕たちが彼らの"HASH PIPE"を選んだ事を知って舞い上がっていたよ。彼らが生まれる前に僕たちはもうパイプを吸ってたっていう皮肉めいた意味合いもあるし、最高のメロディーといいグルーヴ感の曲だったからね。とにかくロックな曲がやりたかったんだ。彼らが僕たちの曲をそうしたように、ちょっとだけ僕らの独自のエッセンスを加えたのがこのカヴァー・ヴァージョンさ」
--- STEVE LUKATHER



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK・PROGRE情報 > 12/7(金)ROCK・PROGRE新品新入荷情報②!ゲロゲリゲゲゲ / センズリチャンピオン-改訂版- etc.入荷!!

diskunion各店最新情報
他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★主なジャズ取扱店ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ&クラシック館
神保町ジャズ館
ACCESS TOOL

Page Top