Home > ROCK/PROGRE

ROCK/PROGRE Archive

7/18(木)ROCK・PROGRE新品新入荷情報! ANIMALSのライヴ盤、THOM YORKE新作のアナログ盤など

  • 2019-07-18 (Thu)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★64-66年放送用ライヴ音源が2CDリリース!

●ANIMALS / THE COMPLETE LIVE BROADCASTS 1: 1964 - 1966 (2CD) 輸入CD 1,944円(税込) (HISTORY OF RNB / RANDB057 / 5060331751755)
64-66年放送用ライヴ音源が2CDリリース!THE ALAN PRICE RHYTHM & BLUES COMBOことのちのTHE ANIMALSは62年にニューカッスル・アポン・タインのライヴ・サーキットで活動をはじめ、2年後にはロンドンを拠点にタフなヴォーカルとリッチなオルガン・サウンド、カリスマ性のあるステージングで一躍モッド・シーンのスターダムに躍り出ます。

ヴォーカルERIC BURDON、ギターHILTON VALENTINE、オルガン/ピアノALAN PRICE、ベースCHAS CHANDLER、ドラムスJOHN STEELEという布陣を軸に、年後半のオルガンにALAN PRICEに代わりDAVE ROWBERRYが加わった65年のANIMALS。

DISC 1には65年から66年にかけてのBBC SATURDAY CLUBでのセッション音源をコンパイルし、DISC 2には64年から66年にかけてのBBCやITV、RTIでの観客入りライヴの模様に加え7つのインタビューもコンパイル。

RAY CHARLESの初期クラシック"MESS AROUND"に、スウィンギンに仕上げたCHUCK BERRYでおなじみ"I GOT TO FIND MY BABY"など65年2月から11月にかけての全4回のBBC SATURDAY CLUB音源を中心に、JOHN LEE HOOKERの"BOOM BOOM"等々を披露する65年4月5日のBBC GADZOOKS音源、64年5月19日の英独立系テレビ局グラナダTVの番組「WHOLE LOTTA SHAKIN' GOIN' ON」で披露したハンドクラッピン・アカペラ・イントロ"TALKIN' 'BOUT YOU"、DAVE ROWBERRY新加入後の65年11月5日のBBC JOE LOSS SHOWでのBARRY MANN & CYNTHIA WEILによる新機軸ヒット・ソング"WE'VE GOTTA GET OUT OF THIS PLACE"などなど、ブリティッシュ・インヴェイジョンの波にも乗りノリに乗っていた初期ピーク時を捉えた名演オンパレードです。





★ドリーム・ポップの新たな名作の誕生!デビュー作が「Cocteau Twins x Julia Holter」とも称されたニューヨーク、ブルックリンを拠点に活動している女性ソングライター/プロデューサー、Johanne Swansonによるソロ・プロジェクト、Yohunaが待望の2ndアルバム『Mirroring』をリリース!日本のみCD化!

●ヨフナ / ミラーリング 国内CD 2,376円(税込) (PLANCHA / ARTPL-117 / 4582237845358)
■日本のみCD化、解説・歌詞・対訳付き、ボーナストラック3曲収録

オーウェン・パレットとの共同プロデュースによるデビュー作『Patientness』が「Cocteau Twins xJulia Holter 」とも称され話題となった、ブルックリンの女性ソングライター/プロデューサー、Johanne Swansonによるソロ・プロジェクト、Yohunaが幻想的な世界観はそのままによりポップに彩りを増した待望のセカンド・フル・アルバム『Mirroring』。

『Patientness』はシンセのレイヤーを主体に制作されていたが、本作『Mirroring』はギターを主体に制作されており、幻想的な質感を残しつつも、よりフィジカルなカタルシスに満ちている。Johanneが自身のベッドルームで作曲をしていたところ、ルームメイトのEric Littmann (Julie Byrne,Vagabon, Phantom Posse)は彼女にコラボレーションを勧め、Adelyn Strei(ギター、フルート)やOrchid TapesのオーナーでもあるFoxes in FictionことWarren Hildebrand(ギター)をはじめ、盟友であるEmily Yacina、LVL UPのMike Caridi、Greg Rutkin、Told SlantのFelix Walworthといった多数の友人であり実力者ミュージシャン達の協力を得て完成させた。

幽玄的なギターリフに寄り添うようなドラム、とベース・ライン、そしてフルート、チェロ、ハープなどが要所で巧みなアクセントとなり、ドリーミーながらリズミカルで一体感に満ちた音像を描き出していく。もちろん核となるのはJohanneのたおやかで表現力に満ちた夢幻的ヴォーカルであり、演奏と相まってぐいぐいと聴き手を引き込んでいく。Cocteau Twins x Julia Holterとも称されたそのサウンドだが、そういったムードは残しつつも、生音が増え、より生き生きとした心地よいエナジーに満ち溢れており、チェンバー・ミュージック的なテイストからシューゲイザー的な展開までをアトモスフェリックな空間で緩急自在に横断する極上のドリーム・ポップ。







★LPも入荷!UKロック・バンド、RADIOHEADのTHOM YORKEが3rdアルバム『ANIMA』をリリース!

●THOM YORKE / ANIMA (2LP) 輸入LP 4,158円(税込) (XL RECORDINGS / XL987LP / 0191404098714)
■ブラック・ヴァイナル、LPのみボーナス・トラック追加収録、ダウンロードコード付き

トム・ヨークは再びクリエイティヴなルネッサンスを迎えている ―― そう感じている人間は多いと思う。彼は常に新たな音世界を模索してきた。だが主要な音源作品に絞っても、10 年代のアウトプットは『The King of Limbs』(2011/レディオヘッドのスタジオ・アルバム通算8作目)から始まり2013年『AMOK』(アトムス・フォー・ピース)、2014年『Tomorrow’s Modern Boxes』、2016年『A Moon Shaped Pool』(レディオヘッド9 th)、2018 年『Suspiria』(初の映画サントラ全編担当)と実に精力的かつ広範にわたる。そんな風に運動し進化し続ける連続体アーティストの最新地点を、本作『ANIMA』は最良な形で提示している。

 「このレコードの制作過程はライヴ・ショウをやることから出て来た」と語るように、本作は今やステージでも良き相方となったナイジェル・ゴドリッチ、そして映像作家タリク・バーリと共に『Amok』以降展開・成長させてきたオーディオヴィジュアル型のエレクトロニック/DJセットから発している。サマーソニック2015 のHCA 出演時に披露された13を筆頭に、収録曲の多くは過去数年様々なクラブ・ショウやライヴで試運転済み。この間レディオヘッドの世界ツアーを含む複数プロジェクトが活発に同時進行していたことを思えば、こうして1枚にまとまるまでに4年以上の歳月が流れたのも不思議はない。 

だが待たされただけのことはある。過去のアーカイヴ音源も含む豊富なサンプリング/ループ素材やアイディアをナイジェル・ゴドリッチがコラージュし再構築したものを基盤に歌をつけていく――キャッチボール型の共同作業を通じ生まれた本作のめくるめくビート・メイクとモダン・エレクトロニカのダイナミズム&プロダクションはコンテンポラリーかつダンサブル、聴き手の耳を奪い魅了する。シーン最前線の鼓動とシンクロしながら、そこで得てきた発見が見事に咀嚼・吸収されている。 とはいえ身体を揺すらずにいられない、クラブ音楽のノンストップな快楽に満ちたトラックばかりではない。49といった瞑想型のアブストラクトな楽曲や随所にちりばめられたヴォーカル加工(トム・ヨーク本人および『A MoonShaped Pool』以来の付き合いとなるヒュー・ブラントとロンドン・コンテンポラリー・オーケストラのクワイア双方)の奇妙で多彩な美、アレンジの中に突如生じる覚醒/浄化の感覚等、独自なエッジを差し色することで「アルバム」としての総合的なバランスがとられている。

『Tomorrow’s Modern Boxes』の濃い内省を経て、本作は身体性と精神性との深い調和を果たしている。 『サスペリア』ヴェネチア映画祭プレミアでの記者会見席上、トム・ヨークはモチーフの反復とそれが生むヒプノティックな効果を例にあげ、スタジオでの作業を「呪文を作る」行為になぞらえていた。反復を基本とするループやビートは現代のまじないであり、それに合わせて歌い踊るのは一種の儀式と言える。青白く光るスクリーンと絶え間なく流れる騒音に囲まれ、常に「オン」であるがゆえに逆に様々なものが掻き消され見失われてもいる現代。いっときでもいい、その呪縛を断ち切り、本質に目を向ける瞬間を生むために、トム・ヨークはまじないを作り続ける。





★最新号入荷!

●ミュージックマガジン / ミュージックマガジン 2019年8月号 国内BOOK 823円(税込) (ミュージックマガジン / / 4910084790895)
【特集】コーネリアス

2017年、10年半ぶりのオリジナル・アルバム『MELLOW WAVES』を発表したコーネリアス。ほぼ一人で完成させたそのアルバムを、4人編成のバンドと、演奏と映像がシンクロする完成度の高いステージで再現するツアーは、海外を含む各地で2年にわたって行なわれた。その集大成となる映像作品が7月31日に発売される『MELLOW WAVES VISUALS』だ。さらに、8月にはアルバム『POINT』をテーマにしたライヴも行なわれる。彼はいかにして現在のライヴのスタイルにたどり着いたのか、本人やバンド・メンバーへのインタヴューで解き明かす。ロング・インタヴュー-『MELLOW WAVES VISUALS』にたどり着くまでの軌跡(小野島大)
ライヴ・メンバーが語るコーネリアス・グループ(村尾泰郎)
ギタリストとしての小山田圭吾(高橋健太郎)
『THE FIRST QUESTION AWARD』『POINT』リマスター解説(高橋健太郎)

【特集】創刊50周年記念ランキング-2020年代への視点(7)エレクトロニック・ミュージック・アルバム・ベスト100

創刊50周年記念ランキング企画の第7弾はエレクトロニック・ミュージックです。いまや音楽制作において電子楽器やコンピューターを用いることは当たり前ですが、今回はテクノやハウスなどのクラブ・ミュージックのみならず、黎明期の電子音楽や現代音楽、クラウトロックやヒップホップなどの“エレクトロニック”な作品も対象とし、スタイルの細分化や他ジャンルへの影響などを繰り返して道を拓いてきた“電子音楽”の歴史を振り返りました。ランキングは、36人の選者が1位から30位までオールタイムで順位づけしたものを編集部で集計し、ベスト100を選出。どうぞお楽しみください。36人の投票で選ばれた100枚!(安藤優、石川真一、石川真男、石田昌隆、今村健一、宇川直宏、大石始、大鷹俊一、小野島大、門井隆盛、川崎弘二、河村祐介、木津毅、近藤真弥、坂本哲哉、佐久間英夫、佐々木渉、四方宏明、高岡謙太郎、高橋健太郎、田山三樹、寺下光彦、デンシノオト、土佐有明、原雅明、廣川裕、松村正人、松山晋也、ムードマン、宗像明将、湯浅学、吉本秀純、渡辺健吾、渡辺亨、久保太郎、新田晋平)
対談:この100枚も日本っぽいといえば日本っぽいのかな(原雅明×ムードマン)
筆者紹介-編集部員以外でランキングに参加した34名の総評
ランキングに参加した筆者の個人別ベスト30

などなど





【再入荷】
'72年秘蔵ライヴ音源収録『コレクターズ・クラブ 1972年12月8日 オデオン・ニューカッスル・イングランド』発売決定! 

●キング・クリムゾン / コレクターズ・クラブ 1972年12月8日 オデオン・ニューカッスル・イングランド - HQCD 国内HQCD 2,700円(税込) (WOWOWエンタテインメント / IECP10366 / 4582213919608)
キング・クリムゾン2000年代最強の発掘アイテム!1972年ジェミー・ミューア入りサウンドボード音源ロング・ヴァージョン遂に発見!
『太陽と戦慄』制作メンバーによる高音質最長ライヴ音源遂に発売決定!このアイテムが凄いわけ・その1:72年UKツアー既発サウンドボード音源を大幅に上回る収録時間。リアル『太陽と戦慄』ライヴの全貌が遂に公開!

R.フリップ、J.ウエットン、B.ブルフォード、D.クロスそしてジェイミー・ミューア。プログレッシヴ・ロック史にその名を残す名盤『太陽と戦慄』制作メンバーによるライヴは1972年10月のZOOMクラブ・ウォームアップ、11月10日から12月15日までのUKツアーの計31公演+TV『ビートクラブ』収録のみ。この内、サウンドボード音源が公開されているのは11月13日ギルフォード・シヴィック・ホール公演のみ。そのギルフォード公演もオープニングから42分間しか収録されておらず当時のショウ全体像が見えない不完全音源であった。今回のニューカッスル音源はショウのほぼ全編を収録! 5人編成による「イージー・マネー」、「トーキング・ドラム」~「太陽と戦慄 パート2」のステレオ・サウンドボード音源は初登場! このこと自体、1972年UKツアー最強音源の証明!このアイテムが凄いわけ・その2:72年UKツアー後半ならではの完成度と緊張感の高さを真空パック! コレクターズ・クラブ音源の最高位に位置する貴重音源!

1972年UKツアーの演奏曲目は『太陽と戦慄』収録曲全曲+インプロヴィゼーション+アンコールの「21世紀のスキッツォイド・マン」(演奏されない公演もあった模様)。『太陽と戦慄』レコーディングに向け収録曲をライヴを重ね仕上げていた最中。よって、ツアー前半のサウンドボード音源である11月13日ギルフォード公演では「太陽と戦慄 パート1」の終盤に当たるコーダ部分が未完成のうえ、ブルフォード&ミューアのコンビネーションも発展途上にあった。しかし、この12月8日ニューカッスル音源では「太陽と戦慄 パート1」は完成版となりアルバム『太陽と戦慄』全収録曲のレコーディング直前ライヴ・アレンジが完成した重要な時期の録音。これこそ事件だ!結論! これこそ唯一無二の『太陽と戦慄』ライヴ!ステレオ・サウンドボード音源のマスターテープはカセットながら、この歴史的発見を発表するにあたりDGMチーム:デヴィッド・シングルトン、アレックス・マンディが徹底的なレストア作業を行い、1972年音源の最高峰にふさわしい緻密なデジタル変換作業、マスタリングを経て完成したDGMプライドに満ちたファイナル・マスター!クリムゾン・マニアのみならず全プログレッシヴ・ロック・ファンが興味を示す幻の5人編成クリムゾン、無敵の初出し音源。47年の歳月を超えミステリアスな謎をはらんだプログレッシヴ・ロック神話が白日のもとに! 

【HQCD/紙ジャケット仕様】




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

7/17(水)商品追加しました! 7/13(土)ロック・プログレ中古廃盤レコードセール開催!

  • 2019-07-17 (Wed)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share

7/17(水)近年盤中心に商品追加いたしました!
総合合計300枚オーバーで開催中です!

7/13(土)ロック・プログレ中古廃盤レコードセール開催!
輸入/国内合わせて一挙放出いたします!


詳細リストはコチラか画像をクリック!




■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Continue reading

7/17(水)ROCK・PROGRE新品新入荷情報! オールディーズ・コンピCD~プログレも良質入荷!!

  • 2019-07-17 (Wed)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★未発表ライヴ・アーカイヴ・シリーズ『GARCIALIVE』の第11弾! 93年ライヴ音源が発掘2CDリリース! 

●JERRY GARCIA / GARCIALIVE VOLUME ELEVEN: NOVEMBER 11TH, 1993 PROVIDENCE CIVIC CENTER (2CD) 輸入CD 2,592円(税込) (ROUND / JGFRR1027 / 0880882365325)

93年11月11日、ロード・アイランド州プロヴィデンスのPROVIDENCE CIVIC CENTER公演を収録。

JERRY GARCIA BAND最後の東海岸ツアーからの一夜。ギター/ヴォーカルJERRY GARCIA、キーボードMELVIN SEALS、ベースJOHN KAHN、ドラムスDAVID KEMPER、バッキング・ヴォーカルJACLYN LABRANCHにGLORIA JONESという布陣で、

JGB名義の78年1ST『CATS UNDER THE STARS』からの"CATS UNDER THE STARS"、JESSE STONEのR&Bクラシック"DON'T LET GO"、バンドの直近作91年2ND『JERRY GARCIA BAND』の"DEAL"、ゴスペル・カルテットSENSATIONAL NIGHTINGALESカヴァー"MY SISTERS AND BROTHERS"に、BEATLESカヴァー"DEAR PRUDENCE"、MIRACLESのSMOKEY ROBINSONによるTEMPTATIONSヒット"THE WAY YOU DO THE THINGS YOU DO"、74年ソロ2ND『GARCIA (COMPLIMENTS)』でも披露したこちらもSMOKEY ROBINSONのMARVELETTESヒット"WHEN THE HUNTER GETS CAPTURED BY THE GAME"、3RDソロ『REFLECTIONS』からの"MISSION IN THE RAIN"、ブルース/R&BデュオNORTON BUFFALO & ROY ROGERSの91年チューン"AIN'T NO BREAD IN THE BREADBOX"にLITTLE MILTONの"THAT'S WHAT LOVE WILL MAKE YOU DO"、VAN MORRISONクラシック"HE AIN'T GIVE YOU NONE"に盟友BOB DYLANの"SIMPLE TWIST OF FATE"、ブルーグラス・プロジェクトOLD & IN THE WAYでのメイトPETER ROWANチューン"MIDNIGHT MOONLIGHT"を豊かに展開するファン必聴の名演ステージです。







★50周年アンソロジーが3CDリリース!

●AMERICA / 50TH ANNIVERSARY: THE COLLECTION (3CD) 輸入CD 3,456円(税込) (RHINO / 349.78522 / 0603497852208)

ロンドンで結成された在英駐留アメリカ軍人子息、GERRY BECKLEY、DEWEY BUNNELL、DAN PEEKによる故国望郷トリオ、AMERICA。「名前のない馬(A HORSE WITH NO NAME)」の全米ナンバー・ワン・ヒットを始め、アコースティック・ギターと3人それぞれのヴォーカル、素朴で洗練されたサウンドとみずみずしいコーラスを活かした英国産の西海岸というコンセプトでCNS&Yに続くバンドとして一世を風靡した名バンドでした。

全米NO. 1シングルとなった"A HORSE WITH NO NAME"を筆頭に、"VENTURA HIGHWAY"や"SISTER GOLDEN HAIR"といったヒット曲はもちろんのこと、70年代WARNER BROS.黄金期に、続くCAPITOL期の重要楽曲、また"VENTURA HIGHWAY"の初期スタジオ・レコーディング音源や、"RIVERSIDE"のBBCライヴ音源、"SISTER GOLDEN HAIR"の未発表デモ音源などレア音源も収録された然50トラック枚組。

「私達がしてきたことには、何のもくろみや計略もなかったよ」 ─ DEWEY BUNNELL
「壮大な計画のもとにキャリアをスタートさせたわけではない。ただ、私達の曲が、多くの人にとってのサウンドトラックになっていった...、その事実を、私は大いなるリスペクトを持って受け止めているんだ」 ─ GERRY BECKLEY 





★60年代4作品がデジタル・リマスター&ボーナス追加の4ON4CDリイシュー!

●NEIL SEDAKA / FOUR CLASSIC ALBUMS + SINGLES (4CD) 輸入CD 1,296円(税込) (REEL TO REEL / RTRCD27 / 5036408202222)

CONNIE FRANCISやCARPENTERSからMONKEESや5TH DIMENSION、CAPTAIN & TENNILLEまで、ブリル・ビルディングで多くのヒットを放ったアメリカ最上のロックンロール・ソングライター/ピアニスト/シンガーNEIL SEDAKA。

60年から62年までの4作品をコンパイルし、同時期シングルをボーナス追加しています。

CIRCULATE (1960)
ROCK WITH SEDAKA (1959)
SINGS LITTLE DEVIL AND HIS OTHER HITS (1961)
NEIL SEDAKA SINGS HIS GREATEST HITS (1962)





★60S英国ポップ/オールディーズの宝庫レーベルの61-62年アンソロジーが4CDリリース!

●V.A. (OLDIES/50'S-60'S POP) / ORIOLE RECORDS 1961-1962 (4CD) 輸入CD 1,296円(税込) (REEL TO REEL / RTRCD73 / 5036408209627)

イースト・ロンドンはホワイト・チャペルで自転車とミシンを売っていたLEVY COMPANYによって1925年に設立された英国の独立系レーベルORIOLE RECORDS。1935年にオリジナルのレーベル活動は一旦中止となるものの50年代スキッフル・ブームで復活を遂げ、60年代初頭にはヒットを連発、以降60年代半ばからは英国におけるMOTOWNのライセンス流通も手掛けた隠れた名レーベルです。

MAUREEN EVANSやSPOTNICKSなど、UKチャートを席巻した名シングルの数々が詰まりに詰まった全100曲コンピレーションの登場です。




★62年アンソロジーが4CDリリース!

●V.A. (OLDIES/50'S-60'S POP) / FONTANA RECORDS 1962 (4CD) 輸入CD 1,296円(税込) (REEL TO REEL / RTRCD74 / 5036408209726)

オランダのPHILIPS社の音楽部門PHILIPS PHONOGRAFISCHE INDUSTRIEの傘下サブ・レーベルとして1950年代にパリでスタートしたFONTANA RECORDS。UK支社は1958年に設立され、最初期のNANA MOUSKOURIなどなど数々のポップ・チャート・ヒットを生み出していきました。

UKチャートを席巻した名シングルの数々が詰まりに詰まった全93曲コンピレーションの登場です。





★決定盤コレクションが3CDリリース!


●HANK MARVIN / GOLD (3CD) 輸入CD 1,512円(税込) (DEMON / CRIMCD634 / 0654378063428)

UKではじめてフェンダー・ストラトを手にした男にして、ロックンロール・ギターそのものを決定付けた男の一人、元SHADOWSのリード・ギタリストHANK MARVIN。

69年のデビュー・アルバム『HANK MARVIN』から80年代90年代、2017年のトップ10アルバム『WITHOUT A WORD』まで、60年以上に亘って英国ロック甲斐を牽引し続けたレジェンドのソロ・キャリアを包括する全59曲の決定盤コレクションの登場です。輝かしいキャリアを彩るゲストにはCLIFF RICHARD、BRIAN MAY、DUANE EDDY、MARK KNOPFLERらの名前も。





★バレアリック/ライト・メロウ/アーバン・グルーヴ・ファンも歓喜! 84年のAORイタロ・ディスコ名盤1STが35周年記念盤としてブルー・ヴァイナル仕様180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

●MIKE FRANCIS / LET'S NOT TALK ABOUT IT (COLORED 180G LP) 輸入LP 3,024円(税込) (MUSIC ON VINYL / MOVLP2440 / 8719262010154)

イタリアン・ブギー傑作"MISS MANHATTAN"のヒットを飛ばしたディスコ・グループMETROPOLEの一員としてデビュー、今やバレアリック・クラシックとして高く評価されるディスコ・シンガーAMII STEWARTとのデュエット・ソング"FRIENDS"でも知られ、なによりソロとして"SURVIVOR"の大ヒットで80年代のダンス・フロアを沸かせた イタリアはフィレンツェ生まれのシンガー・ソングライター、アレンジャー、ギタリストMIKE FRANCISことMICHELE FRANCESCO PUCCIONI。

英語で歌われるスムースでジャジーで繊細なヴォーカルとメロウなギター、ファンキーなベース・ラインにクールなパーカッション、柔らかに漂うシンセに伸びやかなストリングスで イタロ・ディスコ/R&B/ファンク方面だけでなくAORファンをも虜にした「TOO SLOW TO DISCO」アルバムの最高峰が、ファン待望の高音質盤アナログ・リイシュー。

最新のシンセ・サウンドを極上メロウなアーバン・ミディアム・ダンサーに昇華させた奇跡のブルーアイド・ソウル"SURVIVOR"、LAモダン・ファンクの伝道師ことDAM-FUNKのBOILERROOMセッションでも取り上げられたファンキー・メロウ・ダンサブル"THIS LOVE"などなどなど、今なお欧州/世界で不動の人気を誇るイタロ・ディスコ・クラシックス満載盤。"SURVIVOR"にはGOBLINのドラマーAGOSTINO MARANGOLOがシンバルで参加しています。

インサート付属。1000枚限定盤。





★最新号入荷
クイーンLPレコードコレクション 19号 (ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム) [分冊百科] (LPレコード付) (クイーン・LPレコード・コレクション)
●クイーン / LIVE AT WEMBLEY STADIUM クイーンLPレコードコレクション 全国 19号 国内BOOK 4,990円(税込) (デアゴスティーニ・ジャパン / 4813522638 / 9784813522638)

■オリジナル・アルバム、ライヴ盤、オフィシャル作品をすべて180Gの重量盤LPにプレス

『クイーン・LPレコード・コレクション』は、1973年から今日までに発表されたクイーンのすべてのオリジナル・アルバムに、ベスト・アルバムや、『ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』『オデオン座の夜~ハマースミス1975』など伝説のライヴ盤を加えたシリーズである。これら全25枚のアルバムは、全世界で3億枚以上を売り上げ、「伝説のチャンピオン」「リヴ・フォーエヴァー」「ブレイク・フリー(自由への旅立ち)」「RADIO GA GA」など、いまもなお愛される名曲の数々を生み出した。このシリーズには、最も影響力のあるロックバンドのひとつで、“史上最高のイギリスのバンド”と呼び声の高いクイーンの音楽がすべて詰まっている。レコードプレーヤーにクイーンの作品を1枚のせれば、特別な時間が訪れるはずだ。180G重量盤のLPレコード・コレクションを、ぜひ楽しんでほしい。

■ファン必読のマガジンも毎号付いてくる

『クイーン・LPレコード・コレクション』に毎号付いてくるマガジンは、クイーンのファンはもちろん、ロック好きも満足できる内容だ。バンドのアーカイヴから選びぬかれた貴重な写真で彩られる誌面は、各アルバムの逸話にあふれ、クイーンの音楽が生まれた背景やメンバーの思いが伝わってくる。ロック史上最も愛され、成功したクイーンの楽曲がいかにして誕生したか、その背後で彼らを支えた人々や当時のできごとについて、フレディやブライアン、ロジャー、ジョンが思い思いに語る。
見逃してはならない、希少なコレクションだ。

※180グラム重量盤LP
すべてのLPは、“ハーフ・スピード・マスタリング”という特殊技術を駆使し、かのアビイ・ロード・スタジオで録音されたマスターから復刻したものである。





★77年2NDがターコイズ・ブルー・ヴァイナル仕様で180グラム重量盤アナログ・リイシュー!

●MODERN LOVERS / ROCK 'N ROLL WITH THE MODERN LOVERS (COLORED 180G LP) 輸入LP 3,024円(税込) (MUSIC ON VINYL / MOVLP2461 / 8719262010581)

VELVET UNDERGROUNDの追っかけとして激しくも脱力した青春を過ごし、NYでVUのマネージャーの元に居候までした19歳のJONATHAN RICHMANによって70年に地元ボストンで結成。ヴォーカル/楽曲ともに永遠の猫撫でミャーミャー・ハナ唄ナヨ声を発し続け、その後の全てのUSのみならず世界のロック・バンドに影響を与えまくった希代のプロト・パンクスMODERN LOVERS。

JOHN CALE録音のデモ音源集にしてバンド単独名義の事実上の1STアルバム『THE MODERN LOVERS』から数えての3作目にして心機一転新生バンド編成での2作目は、急進的なパンク全盛の時代にあってユルッユルのアコースティック・ロックンロールをカマした意欲作もしくは無欲作。

現在のソロまで続く異国情緒趣味、というか辺境ガレージの原初かもしれない 遠くで銅鑼も響く中華トラッド"THE SWEEPING WIND (KWA TI FENG)"、みんな大好きチャーミング&ピュア路線の究極子供返りソング"ICE CREAM MAN"、ンダララッラララーでロックンロール回帰を歌う"ROCKIN' ROCKIN' LEPRECHAUNS"、力の抜けたコーラスまで含めDIYロックンロールの象徴のような名曲疾走チューン"ROLLER COASTER BY THE SEA"、初期LOU REED直系かもしれない一本気ドライヴィン・ガレージ"DODGE VEG-O-MATIC"、実はEARL ZEROのレゲエ拝借インスト・カヴァーだった大ヒット"EGYPTIAN REGGAE"、クマクマ・イェイイェイなほのぼのDESMOND DEKKERカヴァー"COOMYAH"、冒頭の牛の真似?から何から習作デモのままなんじゃないかという疑いが拭えない"THE WHEELS ON THE BUS"、ラストを締めくくるアカペラ"ANGELS WATCHING OVER ME"などなど、50年代のロックンロール/ポップのダイナミズムを70年代の空気としれっとふわっと繋げることに成功したフォーキー・ルーツのまさしくローファイ・サウンドが満載の腰砕け大傑作です。

ナンバリング入り1500枚限定盤。





★MARSの唯一のシングル『3E / 11,000 VOLTS』の7インチ・アナログ盤がリイシュー!

●MARS / 3E / 11,000 VOLTS (7") 輸入7" 1,296円(税込) (MUNSTER / MR7317 / 8435008873172)

Brian Enoがプロデュースした伝説のコンピレーション・アルバム『NO NEW YORK』(1978年作品)にも楽曲が収録され、1975年から1978年とわずか3年ほどしか活動しなかったにも関わらず強烈な印象を残し、SONIC YOUTHなどのオルタナティヴ・ロック・バンドにも強い影響を与えたNO WAVE(アート、フリージャズ、実験音楽、ノイズ、パンク、1970年代後半から1980年代前半にNYで生まれた様々な先鋭音楽を総称する言葉)を代表するバンドの一つ、MARSの唯一のシングル『3E / 11,000 VOLTS』の7インチ・アナログ盤がリイシュー!







★Bas Jan、Sacred Paws、Shopping、Bambooなどのバンドメンバーらによるスリーピース編成ポストパンク・バンド、Trash Kitが3rdアルバム『HORIZON』をリリース!

●TRASH KIT / HORIZON (LP/180G) 輸入LP 2,484円(税込) (UPSET THE RHYTHM / UTR110LP / 0828887111011)
●TRASH KIT / HORIZON (LP/180G/YELLOW VINYL) 輸入LP 2,754円(税込) (UPSET THE RHYTHM / UTR110LPY / 0828887111035)■限定イエロー・ヴァイナル

ストリング、サックス、ハープ、ピアノ、ムビラなどを用いてジンバブエのギター・ミュージックの影響を取り入れたミニマルなポストパンク的サウンド。Sleater Kinney、The Ex、The Raincoatsなどのファンにオススメです!







★ロイヤル・アルバート・ホールにて行われたコンサートの音源を2枚に渡って追加収録した決定版的再発!

●ルネッサンス / お伽噺:3CDイクスパンディド・エディション - 2019リマスター 国内CD 4,860円(税込) (マーキー・インコーポレイティド / MAR193143 / 2299990682328)

アニー・ハズラムの美声をバンド・サウンドとオーケストラに華麗に融合させて、英国クラシカル・ロックを代表するバンド、ルネッサンス。そのキャリアの中でも、最も壮大で甘美なオーケストレイションを用いた美の結晶的なサウンドを展開して、数々の代表曲を生み出した大名盤「ノヴェラ」をオリジナル・マスターからの最新リマスターの上、アルバム発表と同じく1977年にオーケストラを迎えてロイヤル・アルバート・ホールにて行われたコンサートの音源を2枚に渡って追加収録した決定版的再発!
【3枚組】




★現在も世界中で精力的にLive活動を展開、German Rockを超えてTechno/House/Electroシーンにも多大な影響力を誇る名アーティスト、'77年にRadio局放送用に録音された'91年作が独MG.ARTより'19年CD再発。

●MANUEL GOTTSCHING / DREAM & DESIRE: RE EDITION 2019 輸入CD 2,592円(税込) (MG.ART / MG.ART405 / 4260017594053)

淡々としたsequenceと、緩やかなsynthの上を煌くようなGottsching氏のギターが走るChill Outサウンドの一枚。Ambientな音響感触も含め、これが本当に'70年代の作品か!と思われるほど古さを全く感じさせない、時代の先をいっていた先鋭性を感じられる一枚です。





★British Folk/Tradを代表する名バンド、'79年ライヴ音源を収録した'79年作がリリース40年を記念してボーナス・トラック収録デジパック仕様CDで'19年再発!

●FAIRPORT CONVENTION / FAREWELL, FAREWELL: 40TH ANNIVERSARY EDITION 輸入CD 1,836円(税込) (EDSEL / EDSL0048 / 0740155724832)

Simon Nicol(g/vo)、 Dave Pegg(b/vo)、Dave Swarbrick(Fiddle/vo)に、元GRAESE BANDのBruce Rowland(dr)を加え行われた'79年ツアーからバーミンガム大学、サウサンプトン大学、Derby Assembly Rooms公演の音源から編纂された'Matty Groves' 'Journeyman's Grace' 'Meet On The Ledge'等の代表曲を含む楽曲群を収録。フェアウェル・コンサートながらも、それを感じさせないこの人達らしい大らかで朗らかな演奏/Liveが味わえる作品です。 
Bonus Trackとして同内容/別タイトルの'97年作『ENCORE ENCORE』にも収録されていた'Rubber Band [studio single]' 'The Hen’s March Through The Midden / The Four Poster Bed' 'Flatback Caper' 'Dirty Linen'を収録。
マスターは英Alchemy MasteringのPhil Kinradeによるマスター音源を使用。Alan Robinsonによる新規解説を掲載したブックレットを封入。
【Digipack仕様/Bonus Track4曲収録】





★KHANからGONGへ移籍、脱退後はソロ/SYSTEM 7として大活躍を続けるCantarbury系名ギタリスト、初出音源含む'73年セッション音源収録発掘盤が英Madfishよりデジパック仕様CDで'19年登場!

●STEVE HILLAGE / THE GOLDEN VIBE 輸入CD 2,052円(税込) (MADFISH / SMACD1155 / 0636551815529)

GONG『ANGEL'S EGG』制作頃である'73年にフランス,サンスにあるゴングの共有スペースGong Houseにて録音された、奥方Miquette Giraudyも参加している非常にプライヴェートな空間で残された貴重な音源を収録。'Wata Trip! 1973'とのラベルがついていたというテープに長らく眠っていた、この時期のモノとしては攻めに攻める特異のエコーギターが炸裂して強烈な音を響かせつつもアンビエントな感覚に陥るようなトリップ・ムードの作品。黄金期RADIO GNOME INVISIBLE期の貴重音源ともありマニアには堪らない内容です。
収録14曲中、5曲は'16年にリリースされた22枚組CDボックス『SEARCHING FOR THE SPARK』Disc19'1973 At The Gong House, Sens, France A Cappella Echo Guitar Recordings'に収録されていた音源、2曲は前記ボックス,ディスクに収録されていた音源のロング・テイク、7曲は前記音源と同時期の今回初出となる発掘音源を収録。
マスターはオリジナル・マスターを元にしたPete Reynoldsによるデジタル化音源を使用。
ブックレットにはGONGのファン・クラブGong Appreciation Society及びGAS Recordsの運営者であるJonny Greeneによる新規ライナーを掲載。
【Digipack仕様】





★Finland:RCAから発表された'72年デビュー作が蘭Music On CDから'19年再発CD化!

●HAIKARA / HAIKARA - REMASTER 輸入CD 1,728円(税込) (MUSIC ON CD / MOCCD13695 / 8718627228586)
Vesa Lattunen(vo/g/b/key)、幻のアングラPsyche/Experimental RockバンドTHE SPERMのMarkus Heikkerö(dr/per)等により'71年結成、独特のダークで妖しいサウンドから人気の高い70年代Finnish Progressive Rockを代表するバンドの1つ、Finland:RCAから発表された'72年デビュー作が蘭Music On CDから'19年再発CD化!不気味なジャケットが示す通りg/organを軸にwoodwindを生かした、Jazzの要素も含むダークかつへヴィなサウンドを展開。次作に比べるとやや軽快なアンサンブル/演奏ですが、北欧的旋律は本作の方が色濃く、こちらも北欧ファンには外せない秀作です!!
マスターはFinland:Warnerよりリリースされた'11年再発盤と同じ'98年リマスタリング音源を使用。
【Remaster】





★輸入盤も入荷!

●NORTH SEA RADIO ORCHESTRA WITH JOHN GREAVES AND ANNIE BARBAZZA  / FOLLY BOLOLEY: PLAY ROCK BOTTOM 輸入CD 2,484円(税込) (DARK COMPANION / DC012 / 8019991884065)

HENRY COWやNATIONAL HEALTHでの活動で知られ今だ精力的に活動を続けるJohn Greavasと、そのGreaves作品への参加や故Greg Lakeのトリビュート作のリリースなどの活動をしているイタリア人女性ヴォーカリストAnnie Barbazzaを招き、演奏はCraig Fortnam率いるNORTH SEA RADIO ORCHESTRAが務めるコラヴォレーションによる、SOFT MACHINEやMATCHING MOLEでの活動で知られるカンタベリー・シーンの重鎮Robert Wyattのカヴァー・アルバムがゴールド・ディスク/変形四面デジスリーヴ仕様/通しNo.入り初回999枚限定仕様CDで登場。 
Robert Wyatt'72年作『ROCK BOTTOM』フル・カヴァーをメインに、加えて他ソロ楽曲やWyattが中心となり結成したMATCHING MOLE時代の楽曲のカヴァーをボーナス・トラックとして収録。
メインでヴォーカルを務めるのはAnnie Barbazza、一部で彼女はオルガンも演奏しており、楽曲によってはJohn Greaves、Craig Fortnam、Wiliam D.Drakeもヴォーカルを務めるフレキシブルなメンバー構成。原曲が名曲として知られる本作締めの'O Caroline'ではGreavesがヴォーカルを執り秀逸なアレンジ/カヴァーを披露。アレンジは前記NORTH SEA~の中心人物Craig Fortnam、原曲のイメージを残しつつ更にクラシカルに仕上げたアレンジを施している。 各人の丁寧な演奏と高い品質の録音環境によって楽曲の儚さ/美しさが増している重みある内容。Robert Wyatt本人も賛辞を呈している素晴らしいカヴァー・アルバムです。

【初回通しNo.入り999枚限定盤/変形四面Digisleeve仕様/Gold Disc】

※通しNo.の指定はできません。予め御了承下さい。





【再入荷】

●ミズキ・ダ・ファンタジーア / オフィシャル・ブートレグ・10ネイキッド・アンミックスド・ソングス 国内CD 1,620円(税込) (TOEI/NOUVERNE RECORDS / SDSL1007ML / 2299990393592)

ファースト・アルバム『幻想の一夜〜In memory of Fantasy』のために制作されながら、アルバムに収録されることのなかった楽曲の中から比較的完成形に近い楽曲を選び出し、コンパイルしたオフィシャル・ブートレグ。
ヴォーカル、ドラムスまで録音したものから、プリプロダクション途中でレコーディングが中止となったものまでの10曲を収録。収録曲中5曲はショップの特典として付けられた数量限定のCD-Rに収録されたもので、残る5曲はこのオフィシャル・ブートレグでしか聴くことのできない完全未発表曲。
特に本編『幻想の一夜〜In memory of fantasy』に収録されてもおかしくない、MIZUKIの情念性溢れるヴォーカルが和テイストの楽曲とマッチした「水と火の唄〜兎と月の世界」、MIZUKI da Fantasiaの前身として知られるFantasy Rock Orchestraのレパートリー「Theme 1:彷徨」、メロトロンが洪水のように流れ出る「かりそめ」、MIZUKI da Fantasiaを彩るピアニスト、アンナ・アルディの一発録りのソロ「離別」、さらに次回作収録予定の楽曲のプリプロダクション・テイク「Old Castle〜古城」は、デビュー・アルバム『幻想の一夜〜In memory of fantasy』に魅了されたファンならば必聴のドラマティックな楽曲です。2017年に彗星の如く現れたMIZUKI da Fantasiaの本当のプログレッシヴな姿を知るためのマスト・アイテム!! 枚数限定発売!!
【数量限定盤】



■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

7/16(火)ROCK・PROGRE新品新入荷情報!バッドフィンガー / ジ・アイヴィーズ・アンソロジー国内仕様、トム・ヨーク最新作など

  • 2019-07-16 (Tue)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★BADFINGERファンもブリティッシュ・ビート・ファンもR&Bファンも必聴! プレBADFINGERなIVEYS時代のデビュー前66年最初期ライヴ音源がメンバー自身の手によって発掘CDリリース!

●バッドフィンガー / ジ・アイヴィーズ・アンソロジーVOL.1 国内CD 3,132円(税込) (ATOZ (エイ・トゥ・ズィー) / ATOZ116 / 4988044885813)

国内ヴァージョンはプレスCD/新装アートワーク/プラケース仕様で登場!!

帯ライナー付国内盤仕様
解説: 若月眞人

ウェールズ南部スウォンジーにて61年にPETE HAMとTOM EVANSを中心にPANTHERSとして結成、その後IVEYSと名前を変え68年にAPPLEからデビューするも、レーベルの体制も整わぬまま不発に終わり、バンドは再出発へ。"WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS"の当初のタイトルから再度BADFINGERと名付けられた彼らは、BEATLESの弟分的存在として期待され翌69年に再デビュー。その音楽性の素晴らしさとは裏腹にキャリアを通じて悲しみに暮れ続けた悲運の歴史はファンには広く知られるところです。

そんな彼らの最初期音源集が、バンドのオリジナル・ベーシストRON GRIFFITHSことRONALD LLEWELLYN GRIFFITHSが立ち上げた自主レーベルからファン垂涎の発掘音盤化。ちなみにこの試みは長いスパンでシリーズ化される見込みとのこと。

19歳のベーシストRON GRIFFITHS、19歳のリード・ギタリストPETE HAM、20歳のリズム・ギタリストDAVE JENKINSに17歳のドラマーMIKE GIBBINSという布陣で、66年7月7日、南ウェールズはニースの労働者向けヴェニューEMPIRE BALLROOMにて披露された若き情熱が迸る熱演の一夜。バンドの「発見」者でのちのマネージャー、当時マージー・ビート・バンドMOJOSのマネージャーだったBILL COLLINSによって、バンドをロンドンへ連れて行くか判断するための資料として録音されていたという音源です。

大西洋を越えてきたソウルやR&Bに強く影響を受けたリズム&ブルース・バンドだった当時の彼らは、米国産ビートをベースにしながら同様の先達だった自国のR&Bアクト達の楽曲も積極的にレパートリーに取り入れたステージを展開。

JAMES BROWN AND HIS FAMOUS FLAMESの"TELL ME WHAT YOU'RE GONNA DO"、DON COVAY AND THE GOODTIMERSの"SEE-SAW"、THE IMPRESSIONS/CURTIS MAYFIELDの"IT'S ALL RIGHT"、SOLOMON BURKEの"STUPIDITY"、WILLIE MITCHELLの"EVERYTHING IS GONNA BE ALRIGHTといったアメリカからの影響を直接に脳髄に注入し、

SPENCER DAVIS GROUPの"SOMEBODY HELP ME"や"KEEP ON RUNNING"に、THE WHOヴァージョンの"DADDY ROLLIN' STONE"、CHRIS FARLOWE AND THE THUNDERBIRDSの"BUZZ WITH THE FUZZ"、MOODY BLUESヴァージョンの"I'LL GO CRAZY"、HOLLIESの"WHAT KIND OF BOY"、JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERSの"CROCODILE WALK"に"CRAWLING UP A HILL"、SMALL FACESの"HEY GIRL"、GRAHAM BOND ORGANISATIONの"KEEP A-DRIVIN'"などなど、当時の英国シーンが湛える豊潤さもダイレクトに彼らの血肉となっていたことを物語る全21曲を収録。

THE WHOの大ファンだったRON GRIFFITHSは、「もしもTHE WHOがこのJAMES BROWNを演ったらどうなるか」という解釈でスタイルを構築していたと回顧。実際そのほかにも、RIGHTEOUS BROTHERSの62年ブルーアイド・ソウル・ヒット"MY BABE"を65年のSPENCER DAVIS GROUPヴァージョンで、COASTERSの57年R&Bクラシック"YOUNG BLOOD"を64年のWAYNE FONTANA AND THE MINDBENDERSヴァージョン(PETE HAMはイントロダクションでWAYNE BENDER AND THE MINDFONTANASと紹介!)で、DUSTY SPRINGFIELDで知られたBACHARACH=DAVIDチューン"I JUST DON'T KNOW WHAT TO DO WITH MYSELF"を66年のCHRIS FARLOWEヴァージョンで演奏と、単なる米国憧憬カヴァー・バンドに留まらない、より最新の現代的アレンジを意識したブリティッシュ・ビートの実験の記録としても重要なセットとなっています。

またDAVEの聞き間違いから誤解釈されたというKINKSの"SITTIN' ON MY SOFA"カヴァー、"SITTIN' ON MY SAD SIDE"も聴きモノ。

「WITHOUT YOU: THE TRAGIC STORY OF BADFINGER」を著したBADFINGERバイオグラファーDAN MATOVINAによるリストア、エディット、マスタリング。







★UKロック・バンド、RADIOHEADのTHOM YORKEが3rdアルバム『ANIMA』をリリース!

●トム・ヨーク / アニマ 国内CD 2,700円(税込) (BEAT RECORDS / XL987CDJP / 4580211853290)

■日本先行発売 / 国内盤限定アートカード3枚封入 / 高音質UHQCD仕様 / 解説:小野島大 / 歌詞対訳付き

トム・ヨークは再びクリエイティヴなルネッサンスを迎えている ―― そう感じている人間は多いと思う。彼は常に新たな音世界を模索してきた。だが主要な音源作品に絞っても、10 年代のアウトプットは『The King of Limbs』(2011/レディオヘッドのスタジオ・アルバム通算8作目)から始まり2013年『AMOK』(アトムス・フォー・ピース)、2014年『Tomorrow’s Modern Boxes』、2016年『A Moon Shaped Pool』(レディオヘッド9 th)、2018 年『Suspiria』(初の映画サントラ全編担当)と実に精力的かつ広範にわたる。そんな風に運動し進化し続ける連続体アーティストの最新地点を、本作『ANIMA』は最良な形で提示している。 

「このレコードの制作過程はライヴ・ショウをやることから出て来た」と語るように、本作は今やステージでも良き相方となったナイジェル・ゴドリッチ、そして映像作家タリク・バーリと共に『Amok』以降展開・成長させてきたオーディオヴィジュアル型のエレクトロニック/DJセットから発している。サマーソニック2015 のHCA 出演時に披露された13を筆頭に、収録曲の多くは過去数年様々なクラブ・ショウやライヴで試運転済み。この間レディオヘッドの世界ツアーを含む複数プロジェクトが活発に同時進行していたことを思えば、こうして1枚にまとまるまでに4年以上の歳月が流れたのも不思議はない。 

だが待たされただけのことはある。過去のアーカイヴ音源も含む豊富なサンプリング/ループ素材やアイディアをナイジェル・ゴドリッチがコラージュし再構築したものを基盤に歌をつけていく――キャッチボール型の共同作業を通じ生まれた本作のめくるめくビート・メイクとモダン・エレクトロニカのダイナミズム&プロダクションはコンテンポラリーかつダンサブル、聴き手の耳を奪い魅了する。シーン最前線の鼓動とシンクロしながら、そこで得てきた発見が見事に咀嚼・吸収されている。 とはいえ身体を揺すらずにいられない、クラブ音楽のノンストップな快楽に満ちたトラックばかりではない。49といった瞑想型のアブストラクトな楽曲や随所にちりばめられたヴォーカル加工(トム・ヨーク本人および『A MoonShaped Pool』以来の付き合いとなるヒュー・ブラントとロンドン・コンテンポラリー・オーケストラのクワイア双方)の奇妙で多彩な美、アレンジの中に突如生じる覚醒/浄化の感覚等、独自なエッジを差し色することで「アルバム」としての総合的なバランスがとられている。

『Tomorrow’s Modern Boxes』の濃い内省を経て、本作は身体性と精神性との深い調和を果たしている。 『サスペリア』ヴェネチア映画祭プレミアでの記者会見席上、トム・ヨークはモチーフの反復とそれが生むヒプノティックな効果を例にあげ、スタジオでの作業を「呪文を作る」行為になぞらえていた。反復を基本とするループやビートは現代のまじないであり、それに合わせて歌い踊るのは一種の儀式と言える。青白く光るスクリーンと絶え間なく流れる騒音に囲まれ、常に「オン」であるがゆえに逆に様々なものが掻き消され見失われてもいる現代。いっときでもいい、その呪縛を断ち切り、本質に目を向ける瞬間を生むために、トム・ヨークはまじないを作り続ける。



【特典】
『トム・ヨーク / アニマ』 国内盤CD、国内盤CD(Tシャツ付き)をお買上げのお客様に先着で、ステッカー(8cm×5cm)を差し上げます。







★John Greavesと伊女性ヴォーカリストAnnie Barbazzaを迎えたコンテンポラリー・ミュージック・グループ。Robert Wyattカヴァー作品が国内仕様盤で登場!

●ヴス&アニー・バルバッザ WITH ノース・シー・レディオ・オーケストラ / ソングス・フロム・ロック・ボトム 国内CD 2,808円(税込) (ディスクユニオン / DUPG243 / 4988044889217)

【初回通しNo.入り999枚限定盤/変形四面デジスリーヴ仕様/ゴールド・ディスク/帯・対訳ライナー付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:伊Dark Companion)/対訳:奈良本 光音】

HENRY COWやNATIONAL HEALTHでの活動で知られ今だ精力的に活動を続けるJohn Greavasと、そのGreaves作品への参加や故Greg Lakeのトリビュート作のリリースなどの活動をしているイタリア人女性ヴォーカリストAnnie Barbazzaを招き、演奏はCraig Fortnam率いるNORTH SEA RADIO ORCHESTRAが務めるコラヴォレーションによる、SOFT MACHINEやMATCHING MOLEでの活動で知られるカンタベリー・シーンの重鎮Robert Wyattのカヴァー・アルバムが変形デジスリーヴ仕様国内仕様CDで登場。

Robert Wyatt'72年『ROCK BOTTOM』フル・カヴァーをメインに、加えて他ソロ楽曲やWyattが中心となり結成したMATCHING MOLE時代の楽曲のカヴァーをボーナス・トラックとして収録。メインでヴォーカルを務めるのはAnnie Barbazza、一部で彼女はオルガンも演奏しており、楽曲によってはJohn Greaves、Craig Fortnam、Wiliam D.Drakeもヴォーカルを務めるフレキシブルなメンバー構成。原曲が名曲として知られる本作締めの'O Caroline'ではGreavesがヴォーカルを執り秀逸なアレンジ/カヴァーを披露。アレンジは前記NORTH SEA~の中心人物Craig Fortnam、原曲のイメージを残しつつ更にクラシカルに仕上げたアレンジを施している。
各人の丁寧な演奏と高い品質の録音環境によって楽曲の儚さ/美しさが増している重みある内容。Robert Wyatt本人も賛辞を呈している素晴らしいカヴァー・アルバムです。
初回のみ通しNo.入り999枚限定盤。CDはゴールド・ディスク、ジャケットは変形四面デジスリーヴ仕様。





※通しNo.の指定はできません。予め御了承下さい。





★結成60周年記念アルバム! 

●ベンチャーズ / 60周年ヒストリック・オリジナル・コレクション 国内CD 3,000円(税込) (ポニーキャニオン / MYCV-30665 / 4524135306654)

メンバーや関係者によるコメントとベンチャーズの貴重な写真を掲載したブックレット付! 
Disc 1:歴代主要メンバーによるベスト・ヒット・ライブ音源。
リード・ギターで括ったこれまでにない選曲。
Disc 2:ベンチャーズ・オリジナル。ヒット曲からマニアックな名曲まで。
<収録曲参加メンバー>
Don Wilson ドン・ウィルソン(Guitar) 
Bob Bogle ボブ・ボーグル(Bass)
Gerry McGee ジェリー・マギー(Guitar)
Leon Taylor リオン・テイラー(Drums)
Bob Spalding ボブ・スポルディング(Bass,Guitar)
Nokie Edwards ノーキー・エドワーズ(Guitar) 
Ian Spalding イアン・スポルディング(Guitar)
Luke Griffin ルーク・グリフィン(Bass)






★黎明期のハード・ロック/ヘヴィ・メタル・シーンで活動していた3人組によるセカンド・アルバム!
ハード・アタック(期間生産限定盤)
●ダスト / ハード・アタック 国内CD 1,080円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / SICP-6162 / 4547366409246)

リアル・タイムでは商業的に恵まれなかったものの、その後長きに亘って裏名盤として語り継がれてきた幻の1枚。豪快にドライブする躍動感あふれるナンバーから、アコースティック・ギターやピアノ、ストリングスを導入した壮大なバラードなど多彩なサウンドを聴かせる。ファンタジックなジャケット・アートはフランク・フラゼッタによるもの。日本初CD化
【期間生産限定盤】
■2020年12月31日までの期間生産限定
■新規ライナーノーツ(※歌詞・対訳は無し)



★リック・ニールセンとトム・ピーターソンのふたりがチープ・トリックを結成する以前に組んでいた5人編成のバンドによる唯一の作品!
ヒューズ登場(期間生産限定盤)
●ヒューズ / ヒューズ登場 国内CD 1,080円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / SICP-6160 / 4547366409352)

1960年代後半のブリティッシュ・ロックに大きな影響を受けながら、ガレージ・バンドならではのカオスティックなテイストも見え隠れするなど独特の個性を感じさせるアート・ロック・アルバム。アメリカン・ハード・ロックの奥深さとチープ・トリックのルーツを知るうえでは外せない貴重な1枚。
【期間生産限定盤】
■2020年12月31日までの期間生産限定
■新規ライナーノーツ(※歌詞・対訳は無し)




★オフィシャルサイトでは既に完売!UKレーベル"Optic Nerve"がリリースするネオアコの7インチ再発シリーズ"Optic Sevens"!

●WALLFLOWERS / BLUSHING GIRL NERVOUS SMILE (7"/COLORED VINYL) 輸入7" 1,620円(税込) (OPTIC NERVE / ON12 / 2299990222424)

■限定500枚カラー・ヴァイナル、解説:Hitoshi Oka(Sloppy Joe / Ivory Past)

1986年リリース。ネオアコ・フリークの間でもひときわ人気の高いWALLFLOWERSが1986年に発表したデビュー・シングル。PALE FOUNTAINS直系な瑞々しいメロディに胸キュン。今回のリイシューはオリジナルよりも1曲少ない3曲を収録。オリジナルは超レア盤。







★オフィシャルサイトでは既に完売!UKレーベル"Optic Nerve"がリリースするネオアコの7インチ再発シリーズ"Optic Sevens"!

●PULP / EVERYBODY'S PROBLEM (7") 輸入7" 1,620円(税込) (OPTIC NERVE / ON11 / 2299990222420)

■限定500枚カラー・ヴァイナル、解説:森川直樹

1983年リリース。ブリットポップ期に人気を博した遅咲きバンド、PULPが1983年に発表した2ndシングル。タイトル曲は軽快なアコギとメロディ、軽やかなホーンなど清涼感に満ちたネオアコ名曲。収録曲、ジャケットともにうれしいストレート・リイシュー。オリジナル盤は超レア盤。





■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

7/14(日)ROCK・PROGRE新品新入荷!オールデイズ新作入荷!

  • 2019-07-14 (Sun)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★オールデイズ・レコード新作入荷!

●ホリーリッジ・ストリングス / ザ・ビーチ・ボーイズ・ソング・ブックVOL.1+VOL.2 国内CD 1,620円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6804 / 4582239488041)
夏の昼下がり、ビーチ・ボーイズ・メロディを聴きながら木陰でまどろみたい......。

キャピトル・レコード企画のイージー・リスニング・プロジェクト、ホリーリッジ・ストリングスがビーチ・ボーイズの名曲をオーケストラ・サウンドで料理した人気盤『ザ・ビーチ・ボーイズ・ソング・ブック』(64年)と続編『ザ・ビーチ・ボーイズ・ソング・ブックVOL.2』(67年)を2イン1収録! 

なかでも『ザ・ビーチ・ボーイズ・ソング・ブック』は、大滝詠一のストリングス・アルバム『NIAGARA SONG BOOK』の元ネタとしてもおなじみの名盤だ。夏の昼下がり、ビーチ・ボーイズ・メロディを聴きながら、アイスティー片手に木陰でまどろみたい......。




●サント&ジョニー / サント・アンド・ジョニー・コレクション 国内CD 3,240円(税込) (オールデイズ・レコード / ODR6810-12 / 4582239488072)
暑い季節にピッタリの涼やかなインスト・サウンドをたっぷりと!

全米ナンバーワン・ヒット「スリープ・ウォーク」で知られるスティール・ギターとリズム・ギターの兄弟デュオ、サント・アンド・ジョニー。

彼らの魅力である、暑い季節に聴くとピッタリの涼やかなインスト・サウンドを存分に味わうことができる3枚組のコレクションが登場した。

黄金期を代表するアルバム『アンコール』(60年)、『ハワイ』(61年)、『アラウンド・ザ・ワールド・ウィズ・サント・アンド・ジョニー』(62年)を収録しており、国際色豊かなサウンドは、まさに“耳で楽しむ世界旅行”といった感じだ。


■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

7/13(土)ROCK・PROGRE新品新入荷!NAZZの3ON3CDボックスなど

  • 2019-07-13 (Sat)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★全3作品がボーナス追加で3ON3CDボックス・リイシュー!

●NAZZ / THE COMPLETE NAZZ (3CD BOX) 輸入CD 6,804円(税込) (PURPLE PYRAMID / 1348 / 0889466134821)
のちにソロで花開くTODD RUNDGRENがベーシストCARSON VAN OSTENとともに67年フィラデルフィアで結成、YARDBIRDSの"THE NAZZ ARE BLUE"からバンド名を拝借したご存知ブリティッシュ・インベイジョン影響下パワー・ポップ・バンドNAZZ。

68年1ST『NAZZ』
第2のMONKEESとして売り出しが図られた彼らの記念すべきデビュー作。レコード会社の目論みは外れ商業的には成功しなかったものの、72年ソロ『SOMETHING/ANYTHING?』で再録されスマッシュ・ヒットとなった"HELLO IT'S ME"のオリジナル・レコーディングや『NUGGETS』にも収録された"OPEN MY EYES"、ブルース・ロックな"BACK OF YOUR MIND"、ソフト・ロックな"SEE WHAT YOU CAN BE"にキャッチーなメロディック・ポップ"WHEN I GET MY PLANE"、ハードでビートな"LEMMING SONG"などなど、ヴァラエティに富みながら時代のサイケデリック・ガレージ・ロックを展開した名盤です。

69年2ND『NAZZ NAZZ』
当初のTODDの狙いでは『FUNGO BAT』というタイトルの2枚組アルバムとなる予定だった69年2NDアルバム。68年11月から始まったレコーディング・セッションは69年の3月に終了したものの、TODDのワンマンぶりとバンド内の意見の違い、そしてそれによるTODDのソロ・キャリアへのシフトの為に一旦頓挫、結果としてTODDのヴォーカルを差し替えたシングル・アルバムとして世に出ることになり、やはりその直後にTODDはバンドを脱退しています。モッドでサイケなメロディーメイカーとしての資質が爆発したドライヴィン・パワー・ポップ"FORGET ALL ABOUT IT"、キャッチーでクールでドリーミーな"NOT WRONG LONG"、ハモンドも跳ねる"RAIN RIDER"、シンガー・ソングライター・ライクにジェントルでセンチメンタルな"GONNA CRY TODAY"、50Sロックンロールな"KIDDIE BOY"、ストリングス・オーケストレーションも麗しい大作"A BEAUTIFUL SONG"などなど、独創的なサウンドの中で光るTODD節はすでに全開の全11曲。 

71年3RD『NAZZ III』
TODDがバンドから去ったのちにレコード会社によってリリースされたファイナル・アルバム。TODDは70年6月に1STソロ・アルバム『RUNT』をリリースし、シングル"WE GOTTA GET YOU A WOMAN"はチャート・ヒット。そんな中で残されたバンド側とレコード会社が『FUNGO BAT』レコーディング時の残りのセッション音源を流用してリリースしたのが本作です。とはいえ寄せ集めアルバムであるにも関わらずそこはTODD RUNDGREN。こちらでもほとんどのヴォーカルが差し替えられたものの、フォーキー・ロックな"SOME PEOPLE"、そのままTODDのソロとして通用するマジカル・ポップ"ONLY ONE WINNER"、キャッチー・ハード・ポップ"HOW CAN YOU CALL THAT BEAUTIFUL"、美メロ・バラッド"YOU ARE MY WINDOW"などなど、シンガー・ソングライターLAURA NYROに強く影響を受けた若きTODDがピアノをベースに紡ぎ上げたTODD節全開の名盤に仕上がっています。

ラジオ・コマーシャルやアルバム・アウトテイク、デモやオーディション・テープ音源にシングルのモノ・ミックス等、貴重音源を大量ボーナス追加。クラム・シェル・ボックス装。





★マッスルショールズ・ファン垂涎の豪華参加! 2015年のEDDIE HINTONトリビュート・コンサートがCDリリース!

●V.A. / MUSCLE SHOALS SALUTES EDDIE HINTON: LIVE AT THE NUTTHOUSE 輸入CD 2,160円(税込) (CRAZY CHESTER RECORDS / CCR011 / 0732068304690)
ナッシュヴィルとマッスルショールズを拠点に2012年に設立されたソウル/ブルース/ロックンロール・レーベルCRAZY CHESTER RECORDSからの一枚。

2015年7月28日、アラバマ州シェフィールドのNUTTHOUSE RECORDING STUDIOで録音されたセッション・ライヴ音源を収録。

67年から71年にかけてマッスル・ショールズのセッション・ギタリストとしてARETHA FRANKLINやWILSON PICKETT、STAPLE SINGERSにELVIS、PERCY SLEDGE、SOLOMON BURKEYほか数々の名盤に参加し、ソングライターとしてもBOBBY WOMACK、ARETHA FRANKLIN、DUSTY SPRINGFIELD、MINK DEVILLE、CHER、LULU等々に楽曲を提供、自身のソロでも活躍し、「白いOTIS REDDING」と称賛されたホワイト・ソウル・シンガーの代表格、EDDIE HINTON。

そんなかの地のレジェンドの没後20周年を記念して開催された豪華トリビュート・ライヴの模様。MUSCLE SHOALS RHYTHM SECTIONメイトのDAVID HOODにJIMMY JOHNSONをはじめ、レジェンドDONNIE FRITTS、WET WILLIEのJIMMY HALL、COWBOYのSCOTT BOYERに、BOX TOPSのGARY TALLEY、 FAME GANGのプロデューサーMICKEY BUCKINS、SPOONER OLDHAMの従兄弟シンガー・ソングライターことMARK NARMORE、同地の現代サザン・ロックスFIDDLEWORMS、DONNIE FRITTSのバックでも活躍した町の実力派MITCH MANNと、新旧マッスルショールズ人脈勢ぞろいの豪華でマジカルなステージを収めています。

現地では2019年6月15日のEDDIEの75歳のバースデイにリリースされたとのこと。
デジパック装。





★70年伝説のWOODY GUTHRIEトリビュート・コンサートがDVDリリース!

●V.A. (FOLK) / WOODY GUTHRIE ALL-STAR TRIBUTE CONCERT 1970 (DVD) 輸入DVD 2,700円(税込) (MVD / MVD2331DVD / 0760137233190)
70年9月12日、ロサンゼルスの名ヴェニューHOLLYWOOD BOWL公演を収録。

BOB DYLANの師匠的な存在としても知られるフォーク・ソングの父、「THE OKLAHOMA COWBOY」ことWOODY GUTHRIE。67年に亡くなったその巨人を偲んで開催された伝説のオール・スター・トリビュート・コンサートは、がホストを務めた一夜。息子ARLO GUTHRIEのほか、JOAN BAEZ、PETE SEEGER、ODETTA、COUNTRY JOE MCDONALD、RICHIE HAVENS、RAMBLIN' JACK ELLIOTT、EARL ROBINSONらGUTHRIEの子供たちといえるフォーク・リヴァイヴァル・ブームの旗手たち勢ぞろいの奇跡の歴史的ステージです。

69年のアメリカン・ニューシネマ傑作「EASY RIDER」のヒットで一躍名を馳せたPETER FONDAと、新進気鋭の歌手だった若きWOODY GUTHRIEを助けた俳優WILL GEERがナレーションを務めています。

レア・コンサート本編に加え、DVDには70年のリハーサル・フッテージなど10分に及ぶ貴重映像をボーナス追加。

※本DVDは一般的な国産DVDプレイヤーで視聴可能です。NTSC REGION 0





★03年異色の企画盤がCDリイシュー!

●GEOFF MULDAUR'S FUTURISTIC ENSEMBLE / PRIVATE ASTRONOMY: A VISION OF THE MUSIC OF BIX BEIDERBECKE 輸入CD 2,160円(税込) (SHEFA RECORDS / HORN-3003 / 0716851300328)
60年代初期のNYフォーク・シーンで活躍しアーリー・アメリカン・ミュージックの魅力を若い世代に伝えたJIM KWESKIN AND THE JUG BANDやPAUL BUTTERFIELD BAND等でも活躍、アメリカン・グッド・タイム・ミュージック・シーンを代表するシンガー・ソングライターGEOFF MULDAUR。

ロック・ファンにはRY COODERの78年作『JAZZ』に取り上げられたことでも知られる才人、28歳という若さで夭逝しながらMILES DAVISにも多大な影響を残したジャズ界の巨人、BIX BEIDERBECKE作品のカヴァー集が登場です。ホーンとヴァイオリンを中心としたドラムレスなノスタルジックな演奏を披露、現代に表出した1920年代といった趣でまさしくフューチャリスティックなアンサンブルに仕上がっています。

LOUDON & MARTHA WAINWRIGHTがゲスト・ヴォーカル参加。





★09年ドイツ・オンリー作がCDリイシュー!

●GEOFF MULDAUR & THE TEXAS SHEIKS / GEOFF MULDAUR AND THE TEXAS SHEIKS 輸入CD 1,944円(税込) (SHEFA RECORDS / HORN-3007 / 0716851300724)
60年代初期のNYフォーク・シーンで活躍しアーリー・アメリカン・ミュージックの魅力を若い世代に伝えたJIM KWESKIN AND THE JUG BANDやPAUL BUTTERFIELD BAND等でも活躍、アメリカン・グッド・タイム・ミュージック・シーンを代表するシンガー・ソングライターGEOFF MULDAUR。

KRIS KRISTOFFERSONやBONNIE RAITT、T BONE BURNETT等々との仕事で知られるテキサスの偉大なギタリスト/ソングライターSTEPHEN BRUTONの遺作としても知られる録音で、元々は癌と診断された彼の気晴らしも兼ねたスタジオ・セッションだったといいます。しかしながら彼の友人たちはただのミュージシャンではなく、御大GEOFF MULDAURのヴォーカル、ギター、6弦バンジョーをはじめ、グラミー受賞のドブロ・プレイヤーCINDY CASHDOLLARのアコースティック・スライドとスティール・ギター、天才フィドラーSUZY THOMPSONのフィドル、アコーディオン、BIG WALTER HORTONやJOHNNY SHINESとの仕事で知られるギタリストJOHNNY NICHOLASのギター、ハーモニカ、マンドリン、6弦バンジョー、キック・ドラム、POI DOG PONDERINGやJASON MRAZのベーシストBRUCE HUGHESアップライト・ベースとギターといった最高の面々。アメリカン・ルーツ・ミュージックの最高のシェフたちによって結果として調理されたのは、フォーク、ブルース、ジャグ・バンドにラグタイムと、南部のスパイスも効いた濃厚なシチューのような名演ばかり。

6人編成のTEXAS SHEIKSのほか、盟友JIM KWESKIN、FLOYD DOMINO、DAMIEN LLANESがゲスト参加。T BONE BURNETTによるライナーノーツ。





★2018年ライヴが限定CDリリース!

●DAVE MATTHEWS BAND / RHINO'S CHOICE (TARGET EXCLUSIVE CD) 輸入CD 4,104円(税込) (BAMA RAGS RECORDINGS / 19075-94796-2 / 0190759479629)
現代アメリカを代表するオルタナ/ジャム・バンドDAVE MATTHEWS BAND。2018年サマー・ツアーのハイライトを収録したTARGET限定盤CDが登場。

DAVE MATTHEWSとワイン・メーカーSEAN MCKENZIEのコラボレーションで生まれたDREAMING TREE WINESの新たなロゼ・ワインに合うという全10曲を収録しています。





★元GENESISの名も不要、今や全世界的に不動の地位を確立した名アーティスト、'94年北米“WOODSTOCK FESTIVAL”出演公演音源を収録した'19年発掘Live盤が登場!

●PETER GABRIEL / WOODSTOCK 1994: THE CLASSIC FESTIVAL BROADCAST 輸入CD 1,836円(税込) (ZIP CITY / ZCCD095 / 0823564030968)
'92年作『US』発表後、'94年北米New York:Woodstockで開催された名Festival“WOODSTOCK FESTIVAL”の開催25周年記念公演に出演した際の音源を収録。本公演で演奏された15曲の楽曲から選曲/編纂された11曲を収録。未収録となった曲は'Steam' 'Across The River' 'Blood Of Eden' ''Lovetown'。

元々はFMラジオ/テレビ放映用音源として録音されただけに音質は良好。曲間では大観衆による歓声も入っていてライヴ感も残しながら、曲中はしっかりと楽曲を聴ける録音で聴くことができる一枚、ファン必携と言える名演です。





★Robert Wyattのカヴァー・アルバムがゴールド・ディスク/変形四面デジスリーヴ仕様/通しNo.入り初回999枚限定仕様CDで登場!

●NORTH SEA RADIO ORCHESTRA WITH JOHN GREAVES AND ANNIE BARBAZZA ジョン・グリー / FOLLY BOLOLEY: PLAY ROCK BOTTOM 輸入CD 2,484円(税込) (DARK COMPANION / DC012 / 8019991884065)
HENRY COWやNATIONAL HEALTHでの活動で知られ今だ精力的に活動を続けるJohn Greavasと、そのGreaves作品への参加や故Greg Lakeのトリビュート作のリリースなどの活動をしているイタリア人女性ヴォーカリストAnnie Barbazzaを招き、演奏はCraig Fortnam率いるNORTH SEA RADIO ORCHESTRAが務めるコラヴォレーションによる、SOFT MACHINEやMATCHING MOLEでの活動で知られるカンタベリー・シーンの重鎮Robert Wyattのカヴァー・アルバムがゴールド・ディスク/変形四面デジスリーヴ仕様/通しNo.入り初回999枚限定仕様CDで登場。

 
Robert Wyatt'72年作『ROCK BOTTOM』フル・カヴァーをメインに、加えて他ソロ楽曲やWyattが中心となり結成したMATCHING MOLE時代の楽曲のカヴァーをボーナス・トラックとして収録。

メインでヴォーカルを務めるのはAnnie Barbazza、一部で彼女はオルガンも演奏しており、楽曲によってはJohn Greaves、Craig Fortnam、Wiliam D.Drakeもヴォーカルを務めるフレキシブルなメンバー構成。原曲が名曲として知られる本作締めの'O Caroline'ではGreavesがヴォーカルを執り秀逸なアレンジ/カヴァーを披露。アレンジは前記NORTH SEA~の中心人物Craig Fortnam、原曲のイメージを残しつつ更にクラシカルに仕上げたアレンジを施している。 各人の丁寧な演奏と高い品質の録音環境によって楽曲の儚さ/美しさが増している重みある内容。Robert Wyatt本人も賛辞を呈している素晴らしいカヴァー・アルバムです。

【初回通しNo.入り999枚限定盤/変形四面Digisleeve仕様/Gold Disc】※通しNo.の指定はできません。予め御了承下さい。







再入荷】
★07年リリースの69年ライヴ音源がCDリイシュー!

●JEFFERSON AIRPLANE / SWEEPING UP THE SPOTLIGHT - LIVE AT THE FILLMORE EAST 輸入CD 1,620円(税込) (FLOATING WORLD / FLOATM6394 / 0805772639423)
69年11月28/29日、NYのFILLMORE EAST公演を収録。

ギター/ヴォーカルMARTY BALIN、ヴォーカル/ピアノGRACE SLICK、リード・ギターJORMA KAUKONEN、リズム・ギターPAUL KANTNER、ベースJACK CASADY、ドラムスSPENCER DRYDENという鉄壁の布陣で、リリースされたばかりの最新作『VOLUNTEERS』からの"VOLUNTEERS"、"GOOD SHEPHERD"をはじめ、67年2ND『SURREALISTIC PILLOW』の"3/5 OF A MILE IN 10 SECONDS"、"WHITE RABBIT"、"PLASTIC FANTASTIC LOVER"、67年3RD『AFTER BATHING AT BAXTER'S』の"THE BALLAD OF YOU & ME & POONEIL"、"WON'T YOU TRY / SATURDAY AFTERNOON"、68年4TH『CROWN OF CREATION』の"CROWN OF CREATION"に、トラッド・アレンジ"UNCLE SAM BLUES"に"COME BACK BABY"、ソウルフルなSYL JOHNSONカヴァー"YOU WEAR YOUR DRESSES TOO SHORT"、 FRED NEILカヴァー"THE OTHER SIDE OF THIS LIFE"を披露、JORMA KAUKONENのフィードバック・ギター・ソロも炸裂するパンクなJAが楽しめるファン必携の名演ステージが詰まっています。

デジパック装。





再入荷】
★2019年新作19THがCDリリース!

●JESSE COLIN YOUNG / DREAMERS 輸入CD 1,944円(税込) (BMG RIGHTS MANAGEMENT / CD81754 / 4050538481754)
時代のアンセム"GET TOGETHER"でおなじみYOUNGBLOODSのリード・シンガーとして、もちろんソロ・シンガー・ソングライターとしても渋く輝かしいキャリアを歩んだヴェテラン・フォーク・ロッカーJESSE COLIN YOUNG。

感染症ライム病の治療のために音楽制作を中止していた期間を経ていたYOUNGですが、愛息TRISTANがボストンのバークリー音楽大学で学友たちと上演したリサイタルを観たことで再びインスピレーションを得てカムバックに至ったとのこと。

「その若者たちが私をふっ飛ばしたんだ。」「彼らはフュージョンをプレイしていた。ヴォーカルは無かったんだけれど、私はすぐに私自身がそれに乗せて歌うことを想像してしまったよ。」「あとで息子に言ったんだ。あのバークリーのキッズたちが私の周りにいてくれたらなって。そしてら彼は一緒にバンドを組んでくれたよ。」

潜在的な強制送還に直面している不法移民の子供たちについての"THEY WERE DREAMERS"、妻CONNIEのリクエストで書き上げたという#METOO運動をテーマとした" FOR MY SISTERS"等をはじめ、現在の政治的・社会的問題を取り上げた全14トラック。燃えるようなブルースに仕上がった"WALK THE TALK"、スモーキーな"TAKE ME TO THE RIVER"などなど音楽的にも充実の一枚となっています。

「働きたい若者、夢を見たい若者、人生を切り開こうとしている若者が80万人いるんだ。我々の祖先だってそうだった。それこそが、この国を動かし、力を与えてくれたものなのさ。」





再入荷】
レコメン・シーンきっての先鋭なセンス携えるアーティスト
Jakko Jakszysk(KING CRIMSON)他ゲストを迎え制作した驚くほど美麗なExperimental/Avantgarde Music作品
!

●ジョン・グリーヴス / ライフ・サイズ 国内CD 2,808円(税込) (ディスクユニオン / DUPG241 / 4988044885561)
【紙ジャケット仕様/帯・対訳ライナー付輸入盤(盤は輸入盤を使用/原盤:伊Manticore Records)/(対訳:奈良本 光音)】

HENRY COW/NATIONAL HEALTHでの活躍、近年はTHE ARTAUD BEATSに参加する一方で精力的にソロ/コラボ活動も展開し続けるvo/b奏者による'19年作が登場!
R.I.O.の流れを汲んだAvantgarde性、爽やかでしとやかな室内楽、Ambient調の静観さを携えるExperimental Music。3人の女性ヴォーカルほか楽曲ごとに多様なミュージシャンを招き制作。
ヴォーカルにはMAGMAにも参加していたHimiko Paganotti、オペラ・ソプラノ歌手のValerie Gabail、'18年にGreg Lakeのトリビュート作もリリースしているAnnie Barbazzaの女性シンガー3名、他パートも楽曲ごとにメンバーを変え、KING CRIMSONのJakko Jakszyk(g)、Elton DeanやHugh Hopperとも活動するSophia Domancich(p)、Chris Cutlerと連名作も出しているZeena Parkins(harp)ほか弦楽器/木管楽器奏者を楽曲ごとに招いた作品。
レコメンの流れを汲んだ一筋縄にいかない凄烈なムードと壮観な伸びの良い女性ヴォーカルを取り入れたクラシカル然としたメロディ、包み込むような各人の丁寧な演奏が心地よい傑作です。
プロデュースは故Greg Lake(E,L&P)から伊Manticore Recordsを継いだMax MarchiniとJohn Greaves自身によるもの。
国内仕様盤にはMax MarchiniとJohn Greavesによるライナーの対訳付。ライナーには故Greg Lakeから残された言葉を含むManticore Reocrdsのレーベルとしての姿勢やアルバムに関するコメントを記載。






再入荷】
★オーストラリア最注目の若手女性SSW、STELLA DONNELLYが"Secretly Canadian"から世界デビュー! 2017年に自主盤として発表したデビューEPにボーナストラックを追加収録したLPがブラック・ヴァイナルで登場!

●STELLA DONNELLY / THRUSH METAL (LP) 輸入LP 2,484円(税込) (SECRETLY CANADIAN / SC371LP / 0656605037110)
■ブラック・ヴァイナル、ダウンロードコード付き

容赦なきまでの実直さ、機知に富んだ観察眼から紡がれる至高の詩と叙情的なパンチ・ラインがデリケートな楽曲を別次元へと引きあげる!
トランプ政権、ティンダー、サード・ウェーヴ・フェミニズムに揺れる時代を生きる、ミレニアル世代の女性の眼を通じて描き出される世界の現状がここに! 
キュートなルックス、アコースティック・ギターをつま弾いて生まれる柔らかであたたかなメロディーとは裏腹に、その歌詞の内容は衝撃的なもので、自分の友人がレイプされた際に、彼女が周りの人間に「レイプされる側に責任があった」と責められたことについて告白し、激しく弾糾している。国際的に#MeToo運動が衆目を集める昨今、悲劇を繰り返させない見直すための強烈なリマインダーとして、そのあまりにまっすぐな詩が心を打つ。 
ステラはこの楽曲で、オーストラリア注目の新人アーティストに贈られ、世界的に波及するきっかけとなったBigsound 2017のリーバイス・ミュージック・アワードを受賞。USツアーとSXSWでのライブを行い、とサインした。彼女の容赦なきまでの実直さと、人間関係における機知に富んだ観察眼と社会的な視点が、そのデリケートな楽曲たちを一段上の次元へと引き上げている。 
未公開楽曲の「Talking」をボーナストラックとして収録した12インチ・カラー・ヴァイナル! 

■バイオグラフィー 
オーストラリア・パース出身の女性シンガー・ソング・ライター。ソロ活動の傍ら、Bells RapidsやBOAT SHOWのギタリストとしても活躍。2017年にリリースしたシングル「Boys Will Be Boys」でBigsound 2017でリーバイス・ミュージック・アワードを受賞したことで世界的な注目を集め、と契約。2018年、ボーナストラックを収録した『スラッシュ・メタル』EPを発売。






■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

ROCK・PROGRE新入荷情報!NEW ORDER、全18曲を収録したライヴ盤をリリース!

  • 2019-07-12 (Fri)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★ポストパンクの代表的なバンドの一つであるJOY DIVISIONを前身として、UKマンチェスターにて結成されたエレクトロニック・ロック・バンド、NEW ORDER。2017年7月、地元マンチェスターの伝説の会場に再降臨!お馴染みの楽曲から超レアな音源~初期作品から最新作までを一旦解体し構想を練り直し再構築して演奏した新ライヴ・セット全18曲を収録したライヴ盤をリリース!


●(NO,12K,LG,17MIF) NEW ORDER + LIAM GILLICK: SO IT GOES.. (3LP BOX/COLORED VINYL) / NEW ORDER ニュー・オーダー 輸入LP 6,426円(税込) (MUTE / STUMM450)

●ニュー・オーダー / Σ(NO,12K,LG,17MIF) NEW ORDER + LIAM GILLICK: SO IT GOES.. (2CD) 国内CD 2,808円(税込) (MUTE、TRAFFIC / TRCP-243/4 / 4571260589032)

■ダウンロードコード付き、カラーヴァイナル(LP1: レッド LP2: ライトグリーン LP3: ブルー)、12” サイズ24P 豪華ブックレット封入

2017年7月、地元マンチェスターの伝説の会場に再降臨!新たなアレンジを加えた新ライヴ・セット全18 曲!2017 年7 月、ニュー・オーダーはマンチェスターのオールド・グラナダ・スタジオのステージに再び降り立った。そこはジョイ・ディヴィジョンが、1978 年にトニー・ウィルソン(ファクトリー・レコード創始者)のTV 番組「So It Goes」に初出演を果たした場所であった。

その記念すべきライヴ『Σ(No,12k,Lg,17Mif)New Order + Liam Gillick: So it goes ..』は、ニュー・オーダーのお馴染みの楽曲から超レアな音源~初期作品から最新作までを一旦解体し構想を練り直し再構築され演奏されている。この作品にはジョイ・ディヴィジョンのアルバム『アンノウン・プレジャーズ』に収録され、ライヴでは30 年以上も演奏されることがなかった「Disorder」や、全英TOP5に入るなど素晴らしい評価を得た2015 年の最新アルバム『ミュージック・コンプリート』収録の「Plastic」まで、まさに夢に包まれたような完璧なドキュメントとなっている。

このアルバムがライヴ録音されたのは2017 年の7 月13 日、アンコールを含むパフォーマンス全18 曲をフルで収録している。今回のスペシャルなライヴは、マンチェスターを象徴するオールド・グラナダ・スタジオで2017 年7 月に5 夜にわたって行われた。また近年テート・ブリテンやNY のMoMA などで個展を開催し活躍中のヴィジュアル・アーティスト、リアム・ギリックが映像演出でコラボレート、それにバンドの作品にもしばしば名前を見せるマンチェスター出身の作曲・編曲家、ジョー・ダデルが楽曲アレンジに参加し、ライヴにはバンドメンバーのほか、王立ノーザン音楽大学の学生による12台ものシンセサイザー・アンサンブルが加わっている。この夏、ニュー・オーダーはヨーロッパ各地のフェスティバルに出演を予定。併せて10 月開催のツアーが発表され、現在そのラインナップは、プラハ、ミュンヘン、ベルリン、パリ、ブリュッセルそしてアムステルダムとなっている。

特典詳細情報

【ディスクユニオン・オリジナル特典】
『NEW ORDER
 / Σ(NO,12K,LG,17MIF) NEW ORDER + LIAM GILLICK: SO IT GOES..』 輸入LP BOX SET、輸入CD、国内仕様CDをお買上げのお客様に先着で、缶バッジ(直系40mm×40mm)を差し上げます。







★2018年ライヴがCDリリース!


●SUPERSONIC BLUES MACHINE / ROAD CHRONICLES: LIVE! (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (PROVOGUE / PRD75922 / 0819873019435)
僅か14歳でプロ・ミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ、LUCKY PETERSONバンドやBUDDY MILES EXPRESSの一員としても活動するテキサスのメガトン級ブルース・ロック・ギタリストLANCE LOPEZを中心に、STEVE LUKATHERとの仕事やメロディック・メタル・バンドの活動でも知られるイタリア生まれNY在住ベーシスト/プロデューサーFABRIZIO GROSSI、JOHN MELLENCAMPを長年支えた強力ドラマーKENNY ARONOFFの3名によるブルース・ロック・トリオ、SUPERSONIC BLUES MACHINE。

2018年7月20日、イタリアはブルニェーラ公演を収録。

2017年の2ND『CALIFORNISOUL』を引っ提げたバンド初となるヨーロッパ・ツアーからの一夜。"I AM DONE MISSING YOU"、"ELEVATE"、"BAD BOYS"といった新作楽曲はもちろんのこと、2016年1ST『WEST OF FLUSHING』からの楽曲を中心に、スペシャル・ゲストとしてZZ TOPのBILLY F. GIBBONSを迎えた"LA GRANGE"、"DUST MY BROOM"といったZZ TOPナンバー、MUDDY WATERSの"GOT MY MOJO WORKING"や"GOING DOWN"といったブルーズ・カヴァーまでを披露する熱い名演を繰り広げています。現代UKを代表するブルース・ロック・ギタリストKRIS BARRASも参加しています。





★78年ライヴ音源がリマスターCDリリース!

●FOREIGNER / LIVE AT THE RAINBOW '78 (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (RHINO / R2591282 / 0603497851898)
78年4月27日、ロンドンはRAINBOW THEATER公演を収録。

元SPOOKY TOOTHのMICK JONESと元KING CRIMSONのIAN MCDONALDを中心に英米混合のメンバーで構成、ハード・ロック~AOR的サウンドを鳴らし人気を博した名うての実力者揃いのスタジアム・ロック・バンドFOREIGNER。全米チャート最高位4位を記録し、その後約1年にわたり全米チャートのトップ20をキープした77年3月のデビュー盤『FOREIGNER (邦題:栄光の旅立ち)』を引っさげたロンドンでの一夜。2019年3月には映像作品とデジタル配信のみでリリースされていた彼らの初期のライヴ音源がファン待望の音盤化です。

"LONG, LONG WAY FROM HOME"で幕を開けたこの夜は、"FEELS LIKE THE FIRST TIME"や"COLD AS ICE"といったヒット・シングルに加え、78年6月に発売を控えた2ND『DOUBLE VISION』からの新曲2曲"HOT BLOODED"、"DOUBLE VISION"も披露。その確固たるミュージシャンシップに裏打ちされた素晴らしいパフォーマンスで観客に目くるめく時間を提供、まさしく栄光の旅立ちといった初期の名演を捉えています。

「1978年はバンドにとって間違いなくマジカルな年だったよ。イギリスに戻って、あの伝説的なRAINBOWでヘッドラインのコンサートをするなんて、本当に夢が叶った瞬間さ。観客も素晴らしかったしあれ以上に最高なものなんて望めなかったよ。」
--- MICK JONES


★77年5THがリマスターCDリイシュー!
Running On Empty
●JACKSON BROWNE / RUNNING ON EMPTY (CD) 輸入CD 1,944円(税込) (ASYLUM / 603497863327 / 0603497863327)
SSWというスタイルを確立させた最重要アーティストにして、70年代のウエストコースト・ロックを代表する至上のシンガー・ソングライターJACKSON BROWNE。「70年代最高の詩人」「真のアメリカを語る真のロック・アーティスト」「アメリカを代表する偉大なるシンガー・ソングライター」など世界中から惜しみない賞賛を受け、2004年にはロックの殿堂入り、2007年にはソングライターの殿堂入りも果たした偉人です。

プロフェッショナルなミュージシャンと共にサウンドを強化した76年前作『THE PRETENDER』の発表後、ロック・アーティストとしての存在感をシーンに見せつけていったBROWNE。ツアー中の生活をそのままドキュメント的に捉えた異色の作品にして、彼のキャリアにおいて大きな成功を収めることとなった名作です。

77年8月17日から9月18日にかけて、バック・ミュージシャン達とともに敢行したツアーの模様を生々しく捉えるべく制作された本作は、ステージ上でのライヴ・パフォーマンスに加え、ホテルの部屋やバック・ステージのリハーサル・ルーム、ツアー・バスでの演奏までを収録。通常のライヴ作品とは全く違う、当時としては(現在でも)非常に革新的な手法でレコーディングされたまさしく金字塔的作品に仕上がっています。

ギターのDANY KORTCHMAR、フィドルとラップ・スティールのDAVID LINDLEY、キーボードのCRAIG DOERGE、ベースのLELAND SKLAR、ドラムのRUSS KUNKEL、そしてバック・グラウンド・ヴォーカルのDOUG HAYWOODとROSEMARY BUTLERという西海岸最高の布陣が顔を揃えた名演のオンパレード。

キャメロン・クロウがかつて「ライヴ・アルバムというより、もはやライフ(人生の)レコーディング・アルバムだ」と称したこの作品は、全米チャート3位を記録、その後65週にわたりチャート・インし続け、全米のみで700万枚を超えるセールスを記録、7Xプラチナム・ディスクを獲得する彼のキャリアに置いても最も大きな商業的成功を収めた傑作です。

本人監修による最新リマスター。







●SUFJAN STEVENS / LOVE YOURSELF / WITH MY WHOLE HEART (7"/TIE-DYE VINYL) 輸入7" 1,836円(税込) (ASTHMATIC KITTY / AKR376LP-C2 / 0656605366296)
映画『君の名前で僕を呼んで(CALL ME BY YOUR NAME)』のテーマ曲を手がけたり、THE NATIONALのメンバーとバンドを組むなど多岐に渡る活動を行い、今や00年代USインディフォークを代表する存在となったSufjan Stevensが新曲を限定7インチで緊急リリース!こちらはUK/EU限定カラー・ヴァイナル!オフィシャルサイトではすでに完売表記!US限定カラー・ヴァイナルと同様即完必至です!■ダウンロードコード付き、限定2500枚タイダイ・カラー・ヴァイナルアルバムとしては2015年の『Carrie & Lowell』以来リリースはないが、昨年リリースしたシングル「Lonely Man of Winter」や映画『君の名前で僕を呼んで』の主題歌「Mystery of Love」を始めマイペースなれどコンスタントに新曲を発表している。
今回リリースされる7インチシングルは6月の”Pride Month”を記念し、愛をテーマにした「Love Yourself」と「With My Whole Heart」を収録したもので「Love Yourself」はSufjanが20年前に書いたスケッチに基づき、1996年に録音されたオリジナルの4トラックデモバージョンも収録。 一方「With My Whole Heart」は「対立、不安、または自己批判を伴わずに、明るく誠実なラブソングを書く」という個人的な挑戦として書いたまったく新しい曲になる。なお、このシングルの収益の一部は、ニューヨークのハーレムにあるAli Forney Centerとミシガン州デトロイトにあるRuth Ellis Centerという組織を通じ、LGBTQ とアメリカのホームレスの子供たちに寄付される。






●ED SHEERAN / NO.6 COLLABORATIONS PROJECT (2LP/180G) 輸入LP 3,132円(税込) (WM UK / 9029542789 / 0190295427894)


●エド・シーラン / NO.6 コラボレーションズ・プロジェクト 国内CD 2,138円(税込) (ワーナーミュージック・ジャパン / WPCR-18252 / 4943674298815)

4月に日本では自身初となるドーム公演を東京・大阪で開催し、両日ともチケットは即完売!2日間で合計9万人もの観客を動員した、スター・シンガーソングライター、エド・シーラン。ここ日本でも圧倒的人気を誇る彼が、世界的な大ヒットとなった『÷(ディバイド)』以来となる待望の新作アルバム『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』をリリース! エド・シーランだからこそ出来た、スペシャルなコラボレーション。 素敵な友達がほんの少し助けてくれるだけで、特別な何かが生まれる。ジャスティン・ビーバーや、チャンス・ザ・ラッパー、PnBロックなど、豪華アーティストとのコラボ・アルバム!5月10日にジャスティン・ビーバーとのコラボ・シングル「アイ・ドント・ケア」を発表したエド。配信1日目の再生数がストリーミング・サービスのSpotifyでは1000万回を超え、1日の最多ストリーミング数の新記録を樹立したほか、iTunesでも63の地域で総合チャート1位を獲得。勿論、ここ日本でもiTunes、Apple Music、LINE MUSIC、レコチョク洋楽総合で1位を記録するなど、既に世界各国で大ヒットに。またエドとジャスティンが着ぐるみやスーツ、短パンなど、色々な格好をしながら、CG合成をフルに駆使し、世界各地の風景など様々なバックを背に、シュールでユーモラスな画面を作り出している楽しいミュージック・ビデオも話題となっている。ちなみにエドは自身のインスタグラムで「日本(大阪)とLAでこのビデオを撮影したんだ。ぼくはパンダの着ぐるみを着たよ」と、4月のドーム・ツアーで来日していた時に撮影したことを明らかにしている。 また続けて発表された、レーベルと契約しない事でも知られるヒップホップ・アーティスト、チャンス・ザ・ラッパー、そしてアトランティック所属のラッパー/シンガーであるPnBロックとコラボした新曲「クロス・ミー (feat. チャンス・ザ・ラッパー&PnBロック)」も公開中だ! エドは今回リリースされる『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』についてこのように語っている: 
「2011年、契約をする前に僕は『No.5 コラボレーションズ・プロジェクト』というEPを作ったんだ。それ以来、ずっとこれに続く作品を作りたくて。だから去年、ツアーを回っている時に何度もノートパソコンを出して曲作りをしてきた。一緒にコラボしたアーティストたちの大ファンだから、今回もとても楽しかったよ。」 その『No.5 コラボレーションズ・プロジェクト』は2011年1月に自主レーベルよりリリース。全曲をグライム/ヒップホップのミュージシャンとコラボレーションした画期的な作品として高く評価されている。そしてその続編とも呼べるのが、『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』なのだ。参加アーティストは現在発表になっているジャスティン・ビーバー、チャンス・ザ・ラッパー、PnBロックの3人以外はまだ隠されており、今後のアナウンスに期待が集まっている。 テイラー・スウィフトのツアーでオープニング・アクトを務めたり、エリック・クラプトンからエルトン・ジョン、ザ・ウィークエンド、N.E.R.D.からタイ・ダラー・サインまで、様々なーアティストの楽曲にゲスト参加したり、またワン・ディレクションやジャスティン・ビーバー、ショーン・メンデス、アン・マリー、ジェス・グリン、BTSなどなど数えきれないアーティストに楽曲を提供したりと、幅広い交友関係を持つ、エド・シーラン。そんな彼だからこそ、実現したスペシャルなコラボレーション・アルバム、それが本作『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』なのだ! 








■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

ROCK・PROGRE新入荷情報!ストーンズ / ロックン・ロール・サーカス国内盤CD、レコード!クリムゾン / ヘヴン&アース日本アセンブル仕様盤入荷!

  • 2019-07-12 (Fri)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
国内盤も到着!
★JOHN LENNONミーツERIC CLAPTONなアレも! ロック史に残る伝説的ステージ幻ライヴ音源、ROLLING STONES『ROCK AND ROLL CIRCUS』が豪華4K EDITION DVD+BLU-RAY+2CDデラックス・エディション・ボックスでリイシュー! 180G 3LP/2CDも!


★2CDリイシュー!


●ローリング・ストーンズ / ロックン・ロール・サーカス(2SHM-CD) 国内SHM-CD 3,888円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICY-78953/4 / 4988031338889)

★初の180グラム重量盤3LPリイシュー!

●ローリング・ストーンズ / ロックン・ロール・サーカス(3LP) 国内LP 9,720円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UIJY-75118/20 / 4988031338865)

ロックンロールとサーカスの融合」をコンセプトにROLLING STONESの企画・製作によって実現したテレビ放映用の伝説のライヴ・オン・ステージ。実際には様々な要因によりその後30年近くに亘り封印され続け、96年になってようやくVHS/LD/CDとして日の目を見た曰く付きの作品です。

仮装させたファン・クラブの会員をオーディエンスに迎え、収録は何度もリハーサルや撮り直しをしながら68年12月10日の昼頃から12日の午前6時過ぎにかけてウェンブリーにあるスタジオにて行われています。製作に当たってはSTONESが自ら50000ポンドを出資。映像監督はこの後すぐBEATLESのドキュメンタリー名作「LET IT BE」も手掛けるMICHAEL LINDSAY-HOGGが担当しています。

68年12月6日にリリースされたばかりの『BEGGARS BANQUET』を引っさげた オリジナル・ラインナップにNICKY HOPKINSとROCKY DIJONを加えたROLLING STONESを中心に、ゲストにはTHE WHOや当時MICKの恋人だったMARIANNE FAITHFULL、当時デビューしたばかりのJETHRO TULL、収録当時英国への入国許可が得られていなかった筈のTAJ MAHAL、YOKO ONOらを招待した豪華なステージ。

自分たちの出来に満足いかなかったことがお蔵入りの一端とも言われた当のSTONESは全く十分にロウでパワフルな演奏を披露。結果的にBRIAN JONESの最後のステージを捉えたロック史的にも貴重な記録となりました。

また伝説化の大きな要因の一つ、ここでしか聴く事のできないロック・ファン垂涎の一ステージ限りの超豪華スペシャル・タッグ・バンド、ギター/ヴォーカルにJOHN LENNON、リード・ギターにERIC CLAPTON、ベースにKEITH RICHARDS、そしてJIMI HENDRIX EXPERIENCEのドラマーMITCH MITCHELLが参加したTHE DIRTY MACも、この11月にリリースされた『WHITE ALBUM』からラウドで贅沢すぎる長尺の"YER BLUES"を炸裂させています。

そんな大充実の本編に加え、まさかの"REVOLUTION"のリハーサル演奏などこれまでまったく世に出ることのなかったTHE DIRTY MACによる未発表の2トラック、TAJ MAHALによるさらなる3曲に、本場ヨーロッパで高い評価を得たアメリカの正統派ピアニストJULIUS KATCHENの演奏等、未発表のエクストラ・トラックをボーナス追加したファン必携の驚愕アーカイヴとなっています。

サウンドトラック音源は最新ミックス&192K 24 BIT HDリストア。





★40thアニヴァーサリー・ボックス・シリーズ最終章!17CD+2DVDオーディオ+4ブルーレイ。制作サイドが40thアニヴァーサリー・ボックス・シリーズ中最長・最大の収録時間に挑戦すると豪語する巨大ボックス!

●キング・クリムゾン / ヘヴン&アース 1997-2008:日本アセンブル仕様盤 国内CD 40,000円(税込) (DGM/WOWOW ENTERTAINMENT / KCCBX14JPN / 2299990675772)
※価格は予定価格です。変更になる場合も御座いますので、予めご了承くださいませ。

●ライセンス・カンパニー正規輸入盤:23枚組輸入ボックス日本アセンブル仕様
(ボックス、ディスクは輸入盤:英国DISCIPLINE/PANEGYRIC: 17CD+2DVD+4Blu-Ray)

●日本アセンブル盤のみ別途特製BOXキットを添付
(詳細は決定次第、追ってご連絡致します。)

40thアニヴァーサリー・ボックス・シリーズ最終章!
17CD+2DVDオーディオ+4ブルーレイ。制作サイドが40thアニヴァーサリー・ボックス・シリーズ中最長・最大の収録時間に挑戦すると豪語する巨大ボックス!

恒例・日本アセンブル特典ボックス収録の紙ジャケットは今回、既発紙ジャケット・タイトルとのダブりが一切ない日本アセンブル特典ボックス・オリジナル全種初出紙ジャケット20枚+『ヘヴン&アース 1997-2008』オリジナル紙ジャケット収納ボックスとこれがなくては始まらない上西園 誠・訳のブックレット付き!

■現在では製造中止となっているProjecKctシリーズの諸作品とダブル・デュオ期作品『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』の新規ステレオ・ミックス+5.1chサラウンド・ミックスを収録!

■CDは17枚。『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』に加え、ProjecKct 1から4までを各1枚ずつ+大量の初CD化クリムゾン・ライヴ音源で構成される。

■2枚のDVDオーディオ(企画段階ではDVDオーディオ・フォーマット採用を予定していますがオーディオ収録DVDに変更される可能性もあります)には『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』の新規ステレオ・ミックス+5.1chサラウンド・ミックス+エクストラ・コンテンツを収録!

■4枚のブルーレイは今回のボックスの目玉となる。テーマは容量の限界への挑戦!2枚のオーディオ収録ブルーレイに存在するProjecKct 1-6の全ライヴ音源とProjecKct Xを含む過去にリリースされた全ProjecKct作品を網羅。この部分だけで実現すれば70時間を超える巨大アーカイヴとなる。
これに加え、『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』の新規ステレオ・ミックス+5.1chサラウンド・ミックス+エクストラで1枚。

最後の1枚はスタンダードレゾリューションながら2000年に企画されたが、当時のネット配信技術の限界から不発に終わったBootleg-TVマテリアル(映像)をありったけ収録。総収録時間10時間にも及ぶ映像アーカイヴBDディスクとなる。

CD 17枚 : 『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』の新規ステレオ・ミックスに加え、ProjecKct 1—4までを各1枚で振り返る他、ダブル・デュオ期、ミレニアム・クリムゾン期のライヴ音源で構成される。ライヴ音源部分には初CD化音源多数!
DVDオーディオ1: 『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』40thアニヴァーサリー・ステレオ&5.1chサラウンド・ミックス+モア

2000年に発表された『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』新規ステレオ・ミックス&5.1chサラウンド・ミックスにエクストラ・マテリアルを追加したもの。

DVDオーディオ2: 『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』40thアニヴァーサリー・ステレオ&5.1chサラウンド・ミックス+モア

2003年に発表された『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』新規ステレオ・ミックス&5.1chサラウンド・ミックスにエクストラ・マテリアルを追加したもの。

Blu-ray 1: ProjecKct 1、3、4、6ライヴ!+ProjecKct作品集
ProjecKct 1、3、4、6までの現存するすべてのライヴ音源と過去に発売されたProjecKct作品を網羅!

Blu-ray 2: ProjecKct 2 ライヴ!
ブルーレイ・ディスクの大容量をフルに活用し、30公演以上のProjecKct 2ライヴを収録! ProjecKct シリーズの中でも最も公演数の多かったProjecKct 2 - 1988年ツアーを網羅! 勿論、東・名・阪でおこなわれたジャパン・ツアーもコンプリート収録!(現状では何公演収録かは発表されていませんが’98年ツアー音源全35公演をコンプリート収録となるとこのディスクのみで約46時間超えとなります)

Blu-ray 3: ハイレゾ版『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』&『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』
40thアニヴァーサリー・シリーズ用ニュー・ミックスの最終章! 新規ステレオ・ミックス&5.1cbサラウンド・ミックス+エクストラ&ボーナス・マテリアルを追加収録!

Blu-ray 4: Bottleg TVアーカイヴ
2000年当時企画された映像版コレクターズ・クラブ構想。2000年ツアーのほとんどのコンサートから4曲ずつ残されたBottleg TV用映像素材を集めたもの。スタンダード・レゾリューションながら総収録時間は10時間にも及ぶ空前のスケールの映像ブルーレイ・ディスクだ!

【17CD+2DVD-AUDIO+4Blu-ray(計23枚組)】







■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

7/12(金)ROCK新入荷情報!ポール4タイトルの180gカラーLP、国内SHM-CDでリイシュー!

  • 2019-07-12 (Fri)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
カラーLPも入荷しました!
★輸入カラーLPも!  PAUL MCCARTNEY、07年『AMOEBA GIG』、93年『PAUL IS LIVE』、88年『CHOBA B CCCP』、76年『WINGS OVER AMERICA』が一挙国内SHM-CD/180G LPでリイシュー!




●PAUL MCCARTNEY & WINGS / WINGS OVER AMERICA (COLORED 3LP) 輸入LP 9,072円(税込) (UNIVERSAL / 772-8879 / 0602577288791)
《輸入半透明レッド/グリーン/ブルー・ヴァイナル仕様3LP》



●ポール・マッカートニー&ウィングス / ウイングス・オーヴァー・アメリカ 国内SHM-CD 4,320円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICY-78978/9 / 4988031339695)
《国内紙ジャケット2SHM-CD》
1999年以来20年ぶりとなる紙ジャケ再発(初のE式仕様) / 英国初回盤LPをミニチュア再現した見開きジャケット仕様 / オリジナル特典ポスター(六つ折り両面カラー)をミニチュア再現 / インナースリーヴ(×3)付 / 2019年版ブックレット付 / 2013年リマスター / 英文ライナー翻訳/歌詞・対訳付 / SHM-CD仕様/完全生産限定盤

76年ライヴ盤が各種リイシュー!

オリジナル・アルバムは、PAULにとって初のライヴ・アルバム。『VENUS AND MARS』のヒットを受け、75年9月から76年10月まで繰り広げられた世界ツアー「WINGS OVER THE WORLD TOUR」の中から、76年5月および6月に行なわれたWINGS初の北アメリカ・ツアーにおけるベスト・テイクを纏めたライヴ・アルバム。

合計で約60万人を動員した26都市・31公演からのベスト・テイクを編集したもので、BEATLESナンバー5曲を含めた全28トラックを収録してます。"VENUS AND MARS / ROCK SHOW / JET"のメドレーでスタートする熱狂と感動のレパートリーは、編集盤というよりもまるで単一パフォーマンスかのような仕上がり。当時バンドとして乗りに乗っていたWINGSの最高の瞬間を捉えた傑作です。全米1位、全英8位を記録。 

PERFORMED BY:
PAUL MCCARTNEY: VOCALS, BASS GUITAR, PIANO, ACOUSTIC GUITAR
LINDA MCCARTNEY: VOCALS, KEYBOARDS
DENNY LAINE: VOCALS, ELECTRIC GUITAR, ACOUSTIC GUITAR, PIANO GASS, GOB IRON
JIMMY MCCULLOCH: VOCALS, ELECTRIC GUITAR, ACOUSTIC GUITAR, BASS
JOE ENGLISH: DRUMS, VOCALS
TONY DORSEY: TROMBONE
HOWIE CASEY: SAXOPHONE
STEVE HOWARD: TRUMPET, FLUGELHORN
THADEUS RICHARD: SAXOPHONE, CLARINET, FLUTE
PRODUCED BY: PAUL MCCARTNEY





●PAUL MCCARTNEY / CHOBA B CCCP (COLORED LP) 輸入LP 5,184円(税込) (UNIVERSAL / 772-8940 / 0602577289408)
《輸入オペーク・イエロー・ヴァイナル》


●ポール・マッカートニー / バック・イン・ザ・U.S.S.R. 国内SHM-CD 2,880円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICY-78980 / 4988031339725)
《国内紙ジャケットSHM-CD》
初の紙ジャケット化 / 2019年最新リマスター / ソ連初回盤LPをニチュア再現した紙ジャケット仕様 / 2019年版特典ポスター付 / 英文ライナー翻訳/歌詞・対訳付 / SHM-CD仕様/生産限定盤

88年セッション・ライヴ盤が各種リイシュー! 紙ジャケ化は初! 

タイトルは『BACK IN THE USSR』のロシア語訳で、当時ソビエト連邦のみで限定リリースされたカヴァー・アルバム。86年の『PRESS TO PLAY』に続き自らのルーツへの回帰を模索していたPAULが、3人のセッション・マンと共に2日間をかけて録音。BEATLES時代も取り上げた"KANSAS CITY"、EDDIE COCHRANの"TWENTY FLIGHT ROCK"、SAM COOKEの"BRING IT ON HOME TO ME"、LITTLE RICHARDの"LUCILLE"、ELVIS PRESLEYの"THAT'S ALL RIGHT (MAMA)"などなど、彼が愛してやまないロックンロール・クラッシックをスタジオでライヴ収録。トータル22曲となった50年代フェイヴァリットの中から13曲を厳選し、非常にパーソナルな作品に仕上げられています。

「小さいときに父に尋ねたんだ、みんな平和がいいんでしょって」「そうさ、みんな平和を求めてる。問題を引き起こすのはもっぱら政治家だけなんだ。って父は言った」 「だからソ連ではBEATLESの音楽が求められたんだ。東も西も人はみんな一緒なんだよ」「このレコードをリリースすることで、ロシアの人々へ平和と友情の手を伸ばしたのさ」





●PAUL MCCARTNEY / PAUL IS LIVE (COLORED 2LP) 輸入LP 6,696円(税込) (UNIVERSAL / 772-8567 / 0602577285677)
《輸入オペーク・ベイビー・ブルー/ピーチ・ホワイト・オペーク・ヴァイナル仕様2LP》


●ポール・マッカートニー / ポール・イズ・ライヴ~ニュー・ワールド・ツアー・ライヴ!! 国内SHM-CD 2,880円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICY-78981 / 4988031339756)
《国内紙ジャケットSHM-CD》
初の紙ジャケット化 / 2019年最新リマスター / 英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様 / オリジナル特典ポスターをミニチュア再現 / インナースリーヴ(×2)付 / 英文ライナー翻訳付/歌詞・対訳付  /SHM-CD仕様/完全生産限定盤

93年ライヴ盤が各種リイシュー! 紙ジャケ化は初!

『OFF THE GROUND』を引っさげ、93年2月から12月にかけて世界を駆け抜けた「THE NEW WORLD TOUR」での音源をコンパイルしたライヴ・アルバム。ソロはもちろんWINGS時代の代表曲も散りばめられたほか、オープニングの"DRIVE MY CAR"など全24曲中11曲のBEATLESナンバーを収録。そのBEATLESが『ABBEY ROAD』をリリースした際に流れた「PAUL死亡説」をパロディにしたタイトルとアートワークも大きな話題を呼びました。

PERFORMED BY:
PAUL MCCARTNEY: VOCALS, BASS, ELECTRIC & ACOUSTIC GUITARS, PIANO
LINDA MCCARTNEY: VOCALS, KEYBOARDS
HAMISH STUART: VOCALS, ELECTRIC & ACOUSTIC GUITARS, BASS
ROBBIE MCINTOSH: ELECTRIC & ACOUSTIC GUITARS, VOCALS
WIX WICKENS: KEYBOARDS, VOCALS
BLAIR CUNNINGHAM: DRUMS, PERCUSSION





●PAUL MCCARTNEY / AMOEBA GIG (COLORED 2LP) 輸入LP 6,696円(税込) (UNIVERSAL / 772-8975 / 0602577289750)
《輸入クリア/半透明アンバー・ヴァイナル仕様2LPアナログ》



●ポール・マッカートニー / アメーバ・ギグ 国内SHM-CD 2,880円(税込) (ユニバーサルミュージック インターナショナル / UICY-78982 / 4988031339787)
《国内紙ジャケットSHM-CD》
初の完全版/初の紙ジャケット化 / 2019年最新リマスター / 2019年EU盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様 / インナースリーヴ付 / 英文ライナー翻訳付/歌詞・対訳付 / SHM-CD仕様/完全生産限定盤

未発表テイクも! 07年ライヴの拡張版音源が各種リイシュー! 完全版/紙ジャケ化は初! 

オリジナルは2009年に4曲入りの先行シングル『AMOEBA'S SECRET』として流通し、のちに2010年1月17日付けの英国の新聞「THE MAIL ON SUNDAY」に12曲入りのフリーCDとして付属しファンの話題をさらった限定盤ライヴ・アルバム。今回さらなる拡張版として未発表テイクを含む全21曲ヴァージョンが初お目見えとなります。

HEAR MUSIC移籍第1弾作『MEMORY ALMOST FULL』の発売を記念して2007年6月27日にハリウッドの巨大レコード・ショップAMOEBA MUSICで行われたプロモーション用のフリー・シークレット・ギグの模様を収録しています。RUSTY ANDERSON、ABE LABORIEL JR、BRIAN RAY、DAVID ARCHというレギュラー・バンドを従え、店内に溢れかえった約900人の老若男女のファンの至近距離で繰り広げられた白熱のパフォーマンスをパッケージしています。新作楽曲に加え、BEATLES時代の"I SAW HER STANDING THERE"や"HEY JUDE"に"LET IT BE"、さらにWINGS時代の"C MOON"等も収録したファン必聴のステージです。





■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

7/11(木)ROCK・PROGRE新品新入荷!ETERNAL GROOVESの新作が到着など

  • 2019-07-11 (Thu)
  • ROCK/PROGRE
  • Bookmark and Share
★ETERNAL GROOVESの新作が到着!

●ビートルズ / スターズ・オブ・'65 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGDR-0106 / 4589767512460)
★ビートルズの未発表ライヴ・シリーズ第6弾!
★『ヘルプ!/四人はアイドル』を発表し充実期の65年のライヴ傑作選!
★地元英国でのNME人気投票コンサート、全5曲完全収録。
★英国TV特番「ナイトアウト」での「イエスタディ」など全6曲完全収録。
★ETERNAL GROOVESから、デジパックで登場!

ビートルズの貴重な未発表ライヴを年代順に追いかけるライヴ・シリーズ。第6弾は、いよいよ1965年に突入です。

前年11月に世界初のフィードバック・ギター・サウンドをイントロに取り入れた「アイ・フィール・ファイン」をヒットさせたビートルズ。1965年に入ると、2作目の主演映画『ヘルプ!/四人はアイドル』の撮影と、サントラのレコーディングも始まり、多忙を極める中、アイドルからの脱皮を予見させる告白調の歌詞で歌われる「ヘルプ!」や、弦楽四重奏を施した「イエスタディ」といった傑作を生み出して行きます。

そんな時期のビートルズのライヴは、まず1965年4月の英国音楽誌N.M.E.の人気投票コンサートから5曲収録。ロンドンの大観衆の中、その「アイ・フィール・ファイン」や、2日前にシングル発売された「涙の乗車券」が早くも演奏されています。ここでのジョンはスタジオ盤と同じくギブソンJ-160E(エレアコ)を使って「アイ・フィール・ファイン」を弾いています。以降はリッケンバッカー(エレキ)で弾くことになるので貴重ですね。

2月から始まった映画撮影の合間を縫って、彼等は欧州ツアーも敢行。2週間程のそのツアーの音源は、ほとんど発見されておらず、初のイタリア・ローマ公演(7月27日)から、わずか2曲ほどですが「セニューレ」とイタリアの司会者の紹介から始まる貴重な放送用ライヴ音源を収録しました。途中までですが「I'M A LOSER」はこの時期のみのレアな演奏です。

そして8月には、『HELP!』の映画とアルバム発売に合わせて、英国TVでの特別番組『BLACKPOOL NIGHT OUT』に出演。アンソロジー映像版でも数曲取り上げられた重要なライヴです。「イエスタディ」など新曲を中心に全6曲のライヴを完全収録。

最後にボーナストラックとして、時期が遡りますが、米国TV「シンディグ!」用にロンドンで収録されたライヴから「KANSAS CITY / HEY HEY HEY」など3曲を追加収録。

世界中で人気が爆発したさなか、レノン&マッカートニーの作曲能力も冴え渡り、レコーディングにも果敢に挑戦していったザ・ビートルズの飛躍の年、1965年のライヴ集です。

当時の状況、背景などを記した日本語解説を内ジャケに掲載。
ETERNAL GROOVESよりデジパックCDで登場です。

★日本著作権協会JASRAC許諾商品 
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ





●バーズ / ミスター・タンブリン・マン・セッション 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0026 / 4589767512569)
★ザ・バーズの1965年、初期傑作アルバム・別バージョン集!
★きらめく12弦ギター!鮮やかなスタジオワークス!
★「ミスター・タンブリン・マン」メイキング音源も!
★ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

元祖アメリカン・フォーク・ロック! ザ・バーズの、1965年のハリウッドのスタジオで行われたファースト・アルバム「ミスター・タンブリン・マン」と、セカンド・アルバム「ターン・ターン・ターン」のレコーディング・セッションから、別バージョンなど貴重音源を収録。12弦ギターの魔法使いロジャー・マッギン。ソングライターとして天賦の才を放つジーン・クラーク。後にCSNYを結成し西海岸ロックのレジェンドとなるデヴィッド・クロスビー。フライング・ブリトー・ブラザーズやマナサスで伝説を残すクリス・ヒルマン。そんな、のちのロックのレジェンド達を生んだザ・バーズ。

まず伝説のスタートとなった1965年1月20日の「ミスター・タンブリン・マン」の録音では、12弦エレキ・ギターを弾くロジャー・マッギンしか演奏参加はできず、ハル・ブレイン(DRUMS)やレオン・ラッセル(KD)のバック演奏に、メンバーがボーカルを乗せ「ミスター・タンブリン・マン」が完成します。しかし3ヶ月後のアルバム・レコーディングの際はメンバーもしっかり演奏して成長ぶりを発揮します。そんなセッションから、名曲「すっきりしたぜ/I'LL FEEL A WHOLE LOT BETTER」やビートルズの「恋をするなら」に流用される「THE BELLS OF RHYMNEY」、そして「IT'S NO USE」など7曲の別バージョンを収録。

セカンド・アルバムのレコーディングからは、歌入れ前の演奏トラックのセッションから公式テイクとは違うバージョンを8曲収録。いろんなテイクを重ねる音源の中から、完成バージョンに至る前の興味深いテイクばかり。幻の曲といわれたクロスビー作の「STRANGER IN A STRANGER LAND」は、後の「EIGHT MILES HIGH(霧の8マイル)」などサイケ・ロックへと繋がる歴史的ナンバーですが、ここにはジャム・セッション風に演奏が始まるアーリー・テイクを収録しました。

そして最後には、その「ミスター・タンブリン・マン」録音時のセッションから、4テイクを収録。TAKE1ではプロデューサーであるテリー・メルチャーが演奏にストップをかけ、TAKE2前にはハル・ブレインと思われるスネアのロール音や声のカウントも。フィル・スペクターやビーチ・ボーイズに重用されたバック・ミュージシャン~レッキング・クルーの温かみある演奏もさすがです。そこにバーズのボーカル・ハーモニーが乗ると一瞬であのバーズ・サウンドが現出します。一大ブームとなる、フォーク・ロックが誕生する刹那。米国ロックを先導したザ・バーズの素晴らしい貴重音源集です。

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。
ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ






●サイモン&ガーファンクル / マンチェスター 1967 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0027 / 4589767512576)
★英国グラナダTVに残された未発表スタジオ・ライヴ完全版!
★「ザ・サウンド・オブ・サイレンス」、「59番街橋の歌」。美しいハーモニーが響きます。
★「7時のニュース/きよしこの夜」は、ニュース朗読と合奏するアルバム版の再現ライヴ!
★ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

1966年の傑作『パセリ・セージ・ローズマリー&タイム』発表後の絶好調の時期に、英国マンチェスターにて収録されたフォーク・デュオ時代の最重要ライヴと言える素晴らしい未発表ライヴ! 英国グラナダTVによりマンチェスターのスタジオで1967年3月に収録され、5月2日に放送されたライヴ番組。TV用として映像も残されたのですが、2015年に突如発見されるまで、放送された事実を含め、知られることのなかった貴重なパフォーマンスです。フォーク・ロックの時代の幕開けと共に脚光を浴び、1966年に「ザ・サウンド・オブ・サイレンス」が一気にブレイク。そんな時でも、彼等のライヴは一切飾ることなく、アコギ1本と2人のボーカルのみという構成。ポール・サイモンは6弦と12弦のギターを使い分け、チューニングを自在に操りながらの素晴らしいギター伴奏と、アート・ガーファンクルの澄み切ったボーカル。たった二人だけのシンプルな演奏だからこそ際立つ名演です。収録は1時間近くにも及び、破格の放送時間枠といえます。おそらくすべてが放送されたわけではないのでしょう。しかし、ここには収録された全18曲を完全収録しました。

ステージは初期の彼等の重要曲「私の兄弟」から幕を開けます。友人であった公民権活動家が殺害された事件を歌っています。続いてセカンド・アルバムから「木の葉は緑」と「とても変わった人」を演奏。これは、不遇時代にポールが過ごした英国で作られた曲だからでしょう。そして当時の最新アルバムであった『パセリセージ・ローズマリー&タイム』から、英国での初のチャート・イン曲「早く家へ帰りたい」。12弦ギターに持ち替えて、アートの澄んだボーカルが美しい「エミリー・エミリー」。P・サイモンのフィンガー・ピッキングと2人のハーモニーが絶妙な「夢の中の世界」。特に「7時のニュース/きよしこの夜」のここでのライヴ・テイクは、アルバムと同じように、アナウンサーによるニュースの読み上げと合奏されており、ほぼ今まで明らかにされていなかった初公開となる貴重テイクです。さらに人気曲「クラウディ」や、当時の最新シングル「冬の散歩道」、「AT THE ZOO」も披露。最後は最大のヒット曲「ザ・サウンド・オブ・サイレンス」まで、緩急を自在に操りながら2人の呼吸もぴったりの、全54分のコンサート。ハロー暗闇よ、僕の友達よ。沈黙の音はまだ鳴っていますか?激動の60~70年代、僕等の日々はS&Gと共にありました。静謐さが胸を打つ幻のライヴが、52年の時を越え甦ります。

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。
ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ






●ビーチ・ボーイズ / サマーデイズ(&サマーナイツ!!)・セッションズ 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0028 / 4589767512583)
★好評!アルバム毎の別バージョン&メイキング音源シリーズ! 
★名曲「カリフォルニア・ガールズ」のメイキンング・セッション収録。
★33年間封印される幻の曲「SANDY」の1965年バージョン、2テイク収録。
★ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場! 

ザ・ビーチ・ボーイズのアルバムごとのセッション別バージョンを集めた ETERNAL GROOVESレーベルの人気シリーズ。今回は、通算10作目のアルバム『サマーデイズ(&サマーナイツ!!)』。1965年3月に傑作アルバム『トゥデイ』を発表してからわずか4ヶ月後。また夏が来て、ザ・ビーチ・ボーイズの新作が出ない訳には行きません。もちろん親会社キャピトル・レコードからも夏発売のアルバム制作の指令が出ます。そんな無茶振りに応えてしまうブライアン・ウィルソンの天才ぶりにも驚愕です。3月から開始したレコーディングは、最新の8トラック録音機材を導入し、ブライアン・ウィルソンも水を得た魚のように、陽気に爽やかに、・・しかし鬼気迫るアレンジを見せ傑作アルバムを作り上げます。ポップス界に輝く金字塔「カリフォルニア・ガールズ」と、全米1位を記録する「ヘルプ・ミー・ロンダ」も収録されました。

ここには、そんな名作の別バージョンを、ワーキング・マスターから、制作途中段階のベーシックな演奏トラックに、コーラスパートやリード・ボーカルを追加録音していく過程をとらえた音源を収録。アルバム曲順通りに別テイクとメイキング(歌無しバージョン)を収録し、曲の完成していく様子をイメージしやすい曲順としました。モータウン・サウンドを意識したオープニング曲「THE GIRL FROM NEW YORK CITY」。「AMUSEMENT PARKS USA」は歌詞が違う初期バージョンと、そのベーシック・トラック。ブライアンのコンソール・ルームからの威勢のいい声から始まる「SALT LAKE CITY」TAKE.9はインストのみですが、公式版にはない2小節のイントロがついた非常にレアなテイクです。名曲「カリフォルニア・ガールズ」はラフ・ミックスに加え、ブライアンが演奏について的確なアドバイスをコンソール・ルームから送り、レッキング・クルー(スタジオ・ミュージシャン)達と、伴奏トラックを作り上げる様子が聴けるメイキング・セッション音源も追加収録。また、幻の曲として、33年後の1998年にブライアンのソロ・アルバムに歌詞とタイトルを変えて発表されるまでお蔵入りとなる「SANDY」を、後半にわずかだけ歌が登場するボーカル入りテイク(おそらく歌詞が未完だったのでしょう)と、インストとして聴いても美しいバッキング・トラックの2テイク収録しました。青い海、輝く太陽、白いビーチにビキニのカリフォルニア・ガールズ。1965年の夏、ザ・ビーチ・ボーイズの傑作アルバムの貴重音源集です。

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。
ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場! 

★日本著作権協会JASRAC許諾商品 
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ






●クリーム / ロンドン・ギアーズ 1967 国内CD 2,484円(税込) (ETERNAL GROOVES / EGRO-0029 / 4589767512590)
★1967年、ロンドンを熱狂させたクリームの未発表ライヴ!
★リッキー・ティック・クラブでの1967年1月ライヴ、7曲。
★マーキー・クラブでの1967年5月ライヴ、8曲。
★ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

1967年はクリームにとって、いやロック史にとっても記憶に残されるべき年です。66年12月にデビュー・アルバムをリリースしたクリームは、67年になると、その演奏力が発揮できる場所・・ライヴ・ステージを何度も重ねて、その噂は英国だけにとどまらず世界を駆け巡っていました。そして米国の名門アトランティック・レコードとの契約を獲得。後にブルース・ロックの歴史的名盤となる2枚目のアルバム『カラフル・クリーム (DISRAELI GEARS)』を5月に録音し秋にリリースします。

ここに収録したのはそんな時期の2つのライヴ。まずは1967年1月の地元ロンドンの小さめの会場、リッキー・ティック・クラブでの激烈なるライヴから7曲。このクラブは、ヤードバーズが出演したミケランジェロ・アントニオーニ監督の映画「欲望」でのライヴ・シーンが撮影された会場でもあります。バンド・コールのあと、クラプトンの声のカウントも聞こえてくる臨場感のなか、5月に録音する「サンシャイン・ラブ」も既に披露していますが、アルバム版と違い、ここではアップテンポで、いきなり1曲目からフル全開というべき演奏です。E・クラプトン、J・ブルース、G・ベイカーという強烈なる個性の3人が、演奏する喜びやこのバンドへの手ごたえを感じているのがこちらにも伝わってくるような熱量マックスのライヴ!

そして次に収録したのは、バンドの成長を促したプロデューサー、F・パパラルディとの2NDアルバム『カラフル・クリーム』録音後の1967年5月の地元ロンドンの著名ライヴ・ハウス、マーキー・クラブでの秘蔵ライヴ。公式な録音ではなく、音質クオリティに多少難はあるのですが、バンドが急成長するこの時期に、老舗マーキー・クラブという場所で繰り広げられた強烈なるライヴの前ではそんな事も気にならない歴史的音源です。レコーディング直後で発表前の「WORLD OF PAIN」、「DANCE THE NIGHT AWAY」のライヴは珍しく、「SWEET WINE」後半ではクラプトンの強烈なギター・ソロが聞け、観客が熱烈な拍手を送っています。1967年春のロンドン。ジミ・ヘンドリックスはパープル・ヘイズをヒットさせ、ビートルズはサージェント・ペパーズを発表しようとしていました。スウィンギング・ロンドンにサイケデリックの波が押し寄せる、まさにそんな時代の空気を感じて頂けたらと思います。そんな時代、1967年のクリームの未発表ライヴです。

当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説文を内ジャケに掲載。
ETERNAL GROOVESの"ROCK OFF"シリーズから登場!

★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★GETTY IMAGES JAPANのライセンス写真使用ジャケ





★ヴィンテージ・ソウル発掘レーベルSOUL 4 REALから秘蔵デモ名曲2曲がファン待望の7"シングル・カット!

●DAN PENN / BLUE IN THE HEART / TIME TO GET OVER YOU (7") 輸入7" 2,160円(税込) (SOUL 4 REAL / S4R07 / 2299990799528)
ヴィンテージ・ソウル発掘レーベルSOUL 4 REALから秘蔵デモ名曲2曲がファン待望の7"シングル・カット!アラバマ州ヴァーノン生まれ。CONWAY TWITTYのヒット曲"IS A BLUE BIRD BLUE"や、CHIPS MOMANとの共作による"DO RIGHT WOMAN, DO RIGHT MAN"、プロデューサーも務めたBOX TOPSの"THE LETTER"などなどなど数多の名曲を量産。盟友SPOONER OLDHAMとのコンビで同州マッスル・ショールズのサザン・ソウル至宝レーベル/スタジオFAMEの専属ライターを務めるなど、米国のポピュラー~ソウル音楽史における最も重要なソングライターの一人として 世界中のスワンプ・ロック/サザン・ソウル・ファンに愛されたDAN PENNことWALLACE DANIEL PENNINGTON。

世に出た音源以上に多くの優れた楽曲を残していた彼の埋もれた仕事は2000年代以降に発掘デモCDシリーズとして掘り起こされますが、今回その中でもよりマイナーながらも良曲として愛される2曲がファン待望のアナログ音盤化となりました。女性ソウル・シンガーIRMA THOMASの00年作『MY HEART'S IN MEMPHIS - THE SONGS OF DAN PENN』に取り上げられ、2014年リリースのデモ・シリーズ第3弾『I NEED A HOLIDAY』に収録された"BLUE IN THE HEART"をA面に、ケイジャン・レジェンドJO-EL SONNIERの共作で2017年の第4弾『SOMETHING ABOUT THE NIGHT』に収録された"TIME TO GET OVER YOU"をB面にコンパイル。

400枚限定盤。







★MSIから新作入荷!

●V.A. / お楽しみはこれから~あなたの知らないソフト・ロック名曲選第三集 国内CD 3,348円(税込) (MSI / MSIG1314 / 4938167023364)
1960年代末から70年代初頭にかけて発表された「知られざる」ソフト・ロックの名曲を集めた豪ティーンズヴィル編集のコンピレーションの第三弾。緻密なアレンジ、軽快なメロディ、魅惑的なハーモニーからなる多幸感溢れるサウンドで気分はもう桃源郷!

今回はビーチ・ボーイズの影響を強く感じさせるスプリング・フィーヴァー、サンライズ・ハイウェイ、キューバ出身のアイドル、ルイス・ブラボー、ゲイリー・アッシャーの曲をカヴァーしているファインダーズ・キーパーズ、後にアル・クーパーのプロデュースでアルバム・デビューすることとなるマイケル・ゲイトリー、スティーヴ・バリがプロデュースしたバリー・ゴードン、スナッフ・ギャレットがプロデュースしたジェシー・ロペスにエターナル・フレイム、日本では「セーラー・ボーイ」のヒットで知られるシェリー・シスターズ、山下達郎の楽曲の英語詞を手掛けたことでも知られるアラン・オデイ、そしてミュージカル歌手として活動していたバーブラ・ストライサンドが初めて録音したポップ・ソングなど全33曲を収録。

詳細な英文解説の対訳付。





★京都出身でシカゴ在住のSSW/マルチプレイヤー、SEN MORIMOTOが2018年にリリースするも入手困難となっていた1stフルアルバム『CANNONBALL!!』がリイシュー!

●SEN MORIMOTO / CANNONBALL!! 輸入CD 1,944円(税込) (SOOPER / SR025 / 0719104892359)
●SEN MORIMOTO / CANNONBALL!! (LP) 輸入LP 2,916円(税込) (SOOPER / SR025LP / 0659696496712)

”Dynamic,introspective Jazz Rap...Cannonball! sounds fresh everitime you press play” -Pitchfork卓越したジャズ奏者としてのテクニックを持ちながらヒップ・ホップを取り入れたポップミュージックを作り上げたセン・モリモト。”Cannonball”のPVを見た"88rising"(アジア圏出身のミュージシャンをUSメインストリームに続々と送り込んでいるレーベル)のショーン・ミヤシロが連絡をとり、彼らのサイトやYoutubeで公開され一躍話題に。フリージャズの即興性とヒップ・ホップのプロダクションを融合させながらもドリーミーなポップミュージックへと昇華させた天賦の才能。センスの塊とも言えるサウンド・アレンジの数々は今後注目の存在。
日本ではほとんど音源の流通がなかったにも関わらず、SUMMER SONIC 2018に出演して圧巻のパフォーマンス(日本での初ライヴ!)を披露。

京都出身ではあるものの日本にいたのは赤子の頃だけで、話せる言語は英語だけとのことです。日本語のボキャブラリーはかなり少ないそうですが、日本語交じりでラップしている曲もあります。激メロウ曲「How It Feels」は必聴。

■LPはダウンロードコード付き







★ララージにも比類する孤高のアンビエント・ジャーニー! 82年エキゾチック・ミニマム・アンビエント唯一作がCD化!

●マイケル・オシェイ / マイケル・オシェイ 【国内盤】 82年エキゾチック・ミニマム・アンビエント唯一作がCD化 国内CD 2,484円(税込) (ALLCHIVAL / ACMOSCDX1JP / 4988044888296)
●MICHAEL O'SHEA / MICHAEL O'SHEA (CD) 【輸入盤】 82年エキゾチック・ミニマム・アンビエント唯一作がCD化 輸入CD 1,728円(税込) (ALLCHIVAL / ACMOSCDX1 / 7115834806520)

ララージにも比類する孤高のアンビエント・ジャーニー! 82年エキゾチック・ミニマム・アンビエント唯一作がCD化!!

1982年にポスト・パンク・レジェンドWIREのBRUCE GILBERTとGRAHAM LEWIS運営レーベル DOME RECORD からリリースされた、特殊音楽家 MICHAEL O'SHEAの唯一作が遂にCD化。オシェイの操る自作17弦楽器のシタール、ダルシマーともつかない音色に魅了されるエキゾチック・ミニマム・アンビエント。ドイツや、フランス、西アジアを渡り歩いた経験、その土地土地で出会った異文化との出会い、そしてストリート・ミュージシャンとしての活動がWIRE / DOMEの二人の音響工作も相まって旅情を誘う作品。今もな勢力的なリイシュー & リリースが続く桃源郷ニューエイジ/アンビエントの重要作家LARAAJIと並び称されるべき、80年代アンビエントの重要作品!!

帯ライナー付国内盤仕様
解説:藤井友行藤井友行(Tomoyuki Fujii)...
ポスト-アンビエント音楽を紹介するブログ「森と記録の音楽」の書き手。フランスのインディペンデント・ウェブラジオ LYL Radio のレジデンシーDJ。







★68年ミニマル・ミュージック名作が180グラム重量盤でLP再発!

●STEVE REICH / LIVE/ELECTRIC MUSIC 輸入LP 3,132円(税込) (MUSIC ON VINYL / MOVCL047 / 8719262009615)
TERRY RILEY、PHILIP GLASSと並ぶ現代音楽、ミニマル・ミュージックの最重要人物STEVE REICHの1968年リリース作『LIVE/ELECTRIC MUSIC』が、180グラム重量盤でヴァイナル・リイシュー。

ペンテコステ派の牧師さんによる世界の終焉についての説教をループさせ、タイミングをずらしながら再生させる事で音の干渉作用(モアレ)を発見したライヒの出発点といえる"IT'S GONNA RAIN"、そして同様に、初期ライヒを代表するフェイズ作品"VIOLIN PHASE"を収録。「ズレ」が持つ色彩はとても表情豊か。そして美しい。ライヒ音楽の魅力の根幹を知る事の出来る、ライヒを知るうえでは絶対にはずせない歴史的重要作品!!







★'76年デビュー作『SYMPHONIE POUR ~』から'90年作『HÄXAN』まで在籍し“Dr.Zab”のニックネームでも知られる黄金期ART ZOYDの中心人物の1人だった名b/cello奏者であるThierry Zaboitzeffを中心とした3人組Progressive/Avantgarde Rockグループ、'19年作がデジパック仕様で登場!

●ARIA PRIMITIVA / SLEEP NO MORE 輸入CD 2,592円(税込) (WTPL MUSIC / BTZAP001 / 3760231765846)
前記中心人物がベース,チェロ,サンプラーそしてヴォーカルを担い、あとの2人がそれぞれキーボードとサンプラー、キーボードとオンド・マルトノ(電子楽器)を演奏する不規則な編成。
ART ZOYDの音楽性を継いでいるアヴァンで緊迫した空気感を軸としつつ、下部試聴にあるBrian Eno作曲のDavid Bowie'Heldon'のカヴァーでは神秘的な音世界を展開しており、変則な編成ながら全編で高水準のエレクトロニックの作品です。







★Serge Fiori(g/flu/vo)、Michel Normandeau(g/vo)、Louis Valois(g/b/key/vo)により'73年結成されたCanada:QuébécのProgressive/Folk Rockを代表する名バンド、加CBSからリリースした'76年作が加Sonyから発表40周年記念盤として'16年リマスター再発!

●HARMONIUM / L'HEPTADE XL: 40TH ANNIVERSARY EDITION - REMASTER 輸入CD 2,808円(税込) (SONY / 88985351272 / 0889853512720)
本盤は2枚組通常盤、楽曲ごとにメンバーを代え大所帯で制作された、ジャケットが連想させる大気圏外的な夢想感溢れるサウンドに仕上げた'76年作。オリジナルのアナログも2枚組の大作、各種弦楽器にハープやフルートも加えた壮大なオーケストレーションとエレクトリック・ピアノ/シンセが先導し、楽曲ごとにパーカッションやギターを際立たせつつ、何名かのヴォーカルもフィーチャーして静観かつ雄大な音世界を繰り広げる。まるで空の上か、夢の中かと思ってしまうほどに限りなく儚い作品です。
マスターはCanada:Ryan Morey MasteringのRyan Moreyによるオリジナル・マスター・テープからのリマスタリング音源を使用。ジャケットはオリジナルから色を変えた新規ジャケット・デザインを使用。
【Remaster/2枚組】







【再入荷】
★69-89年FMラジオ放送用ライヴ音源が6CD化!

●BYRDS / THE BYRDS ON A WING (FEATURING: THE FLYING BURRITO BROTHERS, FLYTE, DESERT ROSE BAND AND DAVID CROSBY) (6CD) 輸入CD 4,536円(税込) (SOUND STAGE / SS6CDBOX49 / 5294162604922)
DISC 1には FLYING BURRITO BROTHERSの 69年7月27日、ワシントン州ウッディンヴィル のGOLD CREEK PARKで開かれたシアトル・ポップ・フェスティバル公演を収録。

ZEPPやBYRDS、CHICAGOやSANTANAに混じっての出演で、リリースされたばかりのデビュー・アルバム『THE GILDED PALACE OF SIN』からのナンバーを中心にEVERY BROTHERSの"WAKE UP LITTLE SUSIE"やLITTLE RICHARDの"LUCILLE"カヴァーも収録。なんと言ってもGRAM PARSONSのヴォーカルが素晴らしく、重ねてCHRIS HILLMANとのハーモニーはまさに絶品。そしてGRAMはこの年には脱退してしまうため、オリジナル・メンバーでのライブ音源は大変貴重となっています。

DISC 2には 78年2月9日、サンフランシスコはBOARDING HOUSEでのBYRDS再結成公演を収録。

77-78年のUS/ヨーロッパツアーではROGER MCGUINN、GENE CLARK、CHRIS HILLMANがそれぞれのソロと様々なコンビネーションで観客を沸かせた彼ら。満を持しての78年の当ライヴではDAVID CROSBYも参加し、ファン待望の再結成で最高のパフォーマンスを熱演。1曲目から『THE NOTORIOUS BYRD BROTHERS』収録のインスト・ナンバー"BOUND TO FALL"を披露し、その意外性で客席を沸かせる一夜。この1週間前の音源はファンにお馴染みでしたが、ガラッとバンド・セットを変えた本公演は未聴の方も多いのでは!? BYRDSとしてはブランクがあったものの、やはりこのメンバーの相性は抜群。様々なアプローチで楽しめるハーモニー、メロディを是非ご堪能ください。

DISC 3&4には GENE CLARK & CHRIS HILLMANによるFLYTEが残した 82年12月18日、ノース・ハリウッドのPALOMINO CLUB公演を収録。

言わずと知れたBYRDSのふたり、GENE CLARKとCHRIS HILLMANが、ブルーグラス系ギター/バンジョー奏者HERB PEDERSEN、MANASSASやFLYING BURRITO BROTHERSでも知られるスティール・ギター奏者AL PERKINS、LES DUDEKのD.F.K. BANDにも参加したベーシストTREY THOMPSONと組んだ短命バンドFLYTEの貴重なライヴ録音2セットを収録した2枚組。THE BYRDSからDILLARD & CLARK、THE FLYING BURRITO BROTHERSにソロ・キャリアまで、EMMYLOU HARRISの前座として表れアコースティックなセットを披露する至高のステージです。

DISC 5には DESERT ROSE BAND名義の 89年1月、NYはTHE RITZ公演を収録。

85年、BYRDS/FLYING BURRITO BROTHERSでおなじみのCHRIS HILLMANがHERB PEDERSENらと結成したDESERT ROSE BAND。88年9月の2ND『RUNNING』期の一夜で、新作からの"FOR THE RICH MAN"、"I STILL BELIEVE IN YOU"、"SUMMER WIND"、"HELLO TROUBLE"、"JOHN HIATTの"SHE DON'T LOVE NOBODY"、87年1ST『THE DESERT ROSE BAND』の"LOVE REUNITED"、"TIME BETWEEN"、"ONCE MORE"、"ONE STEP FORWARD"、CHRIS HILLMAN名義の84年ソロ『DESERT ROSE』の"I CAN'T KEEP YOU IN LOVE WITH ME"に、翌90年の3RD『PAGES OF LIFE』の"START ALL OVER AGAIN"、"EVERYBODY'S HERO"、"DARKNESS ON THE PLAYGROUND"も披露。ブルーグラスとトラディショナル・カントリー、カントリー・ロックをブレンドしたカントリー・ロックのキー・パーソンらしい名演のステージです。 

DISC 6には DAVID CROSBYの 89年4月8日、フィラデルフィアのTOWER THEATER公演を収録。

DAVID CROSBYのパワフルでエモーティヴなヴォーカルを主軸に、長年のバンドメイトMICHAEL FINNIGAN (KEYBOARDS)、DAN DUGMORE (GUITAR)、JODY CORTEZ (DRUMS)、AND DAVEY FARAGHER (BASS/VOCALS)を引き連れた一夜はアコースティックなセットではじまる美しくも力強い名演です。リリース直後のセカンド・ソロ『OH YES I CAN』からは"TRACKS IN THE DUST" "DRIVE MY CAR" "LADY OF THE HARBOUR"を、さらにはツアー・バンド用にアレンジし直された"GUINNEVERE" "DEJA VU" "WOODEN SHIPS" "ALMOST CUT MY HAIR" "LONG TIME GONE" "IN MY DREAMS"とCSNクラシックの数々を披露と、薬物所持での服役など長い間の困難からどうにか立ち直りポップスの現場に回帰した重要な時期、自身の地道な演奏でシンガーソングライターとしての確かな才能を再度証明する貴重な録音です。





【再入荷】
新たな時代の到来を予感させる大型新人!ロンドンを拠点に活動する今最も刺激的かつ謎多きバンド、black midiが〈ROUGH TRADE〉からデビュー・アルバムをリリース!

●BLACK MIDI / SCHLAGENHEIM 輸入CD 1,890円(税込) (ROUGH TRADE / RT0073CD / 0191402007329)
ジョーディ・グリープ(vo/g)、キャメロン・ピクトン(b/vo)、マット・ケルヴィン(g)、モーガン・シンプソン(ds)の4人で構成される彼らは、メディア露出も殆どなくその多くが謎に包まれるなか、常に変化するセットリストや圧倒的な演奏技術とオリジナリティー溢れる楽曲でゲリラライブを精力的に行い、ロンドンでは噂が噂を呼んで一連のライブが即完売するなど、結成から僅か1年というスピードで、『UKアンダーグラウンド・ミュージック・シーンで今最もアツいバンド』という評判を早々に確立している。
最近では、米SXSWや北米各地でライブを行い、SXSWでは最も目立ったアクトとしてその名が挙がったほか、初のNYでの2公演も完売させた。米音楽メディアPitchforkは“不気味なほど正確でストイック”と評し絶賛している。
ブラック・ミディの楽曲は、ポストパンクでありながら、時にサイケデリック、ノイズ、プログレ、インディー、ブルースとジャンルの垣根を問わず縦横無尽に繰り広げられ、どのカテゴリーでも言い表せない全く新しいものであり、ロックの未来を提示する衝撃作がここに完成した。







【再入荷】
★永遠のクイーン・オブ・ポップ、MADONNAが14thアルバム『MADAME X』をリリース!

●マドンナ / マダムX (デラックス)(2SHM-CD/初回限定盤) 国内SHM-CD 3,780円(税込) (ユニバーサルミュージック / UICS-9159/60 / 4988031336182)
■初回限定盤/輸入国内盤仕様/SHM-CD/2CD(ボーナストラック4曲収録(1曲は日本盤&一部海外デラックス盤ボーナストラック))/ハードカバー・ブック型パッケージ/解説/歌詞/対訳付き

数年前から暮らすポルトガルのリスボンに影響されたという本作は、マドンナがキャリアの当初から関わってきたラテンを始めとした世界中の音楽とカルチャー からの影響が映し出されている。
◆プロデュース:マドンナ、ミルウェイズ(マドンナ『ミュージック』など)、ディプロ他
◆参加アーティスト:マルーマ、クエイヴォ、スウェイ・リー







【再入荷】
★ステラ・ドネリーのUSツアーもサポートしたUS女性SSW3rdアルバム / 限定カラー・ヴァイナル!

●FAYE WEBSTER / ATLANTA MILLIONAIRES CLUB (LP/GOLD VINYL) 輸入LP 3,294円(税込) (SECRETLY CANADIAN / SC376LPC / 0656605037639)
"Secretly Canadian"のレーベルメイト、Stella DonnellyのUSツアーもサポート!USアトランタをベースに活動する21才のSSW、Faye Websterが3rdアルバム『Atlanta Millionaires Club』をリリース!同郷のラッパー、Fatherもゲスト参加!

■限定ゴールド・ヴァイナル、ダウンロードコード付き

Faye Websterは米アトランタをベースに活動する21才のシンガーソングライターだ。2013年、15才の時にデビュー・アルバム『Run & Tell』を自主リリース。2017年3月には地元アトランタのラッパー、Fatherのレーベル、Awful Recordsよりセカンド・アルバム『Faye Webster』をリリースし、注目を浴びるようになった。その後、Secretly Canadianと契約。2018年11月にはニュー・シングル「Kingston」をリリースした。

当『Atlanta Millionaires Club』は約2年振りとなる自身3枚目のアルバムだ。Secretly Canadianからは初のアルバムで、Faye WebsterとDrew Vandenbergの共同プロデュース。ジョージア州アセンズのChase Park Transductionでレコーディングは行われた。Faye Websterはアルバムがコンテンポラリーなサウンドになることを避けようとした。一方、ペダル・スティールを通常とは違う形で多用し、ブルーグラスの罠に陥ることはなかった。特にアルバムの音作りで参考にしたアーティストはいなかったが、如何にサウンドを使うかという点において、Aaliyahは主な音楽的なインスピレーションとなった。

2 0 1 9 年3 月にはアルバムのリリースがアナウンスされ、シングル「Room Temperature」が公開。同月にはStella DonnellyのUSツアーをサポートした。尚、アルバム収録曲の「Flowers」ではFatherがフィーチャーされている。まずはキュートな「Room Temperature」のMVをどうぞ!





■お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
ディスクユニオン横浜関内店
〒231-0014 横浜市中区常盤町4-45 アートビル2F(1F スターバックス)
TEL:045-661-1541
買取専用フリーダイヤル:0120-231-543
E-MAIL:dy@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~20:00


友だち追加数

Home > ROCK/PROGRE

■他店舗ブログ
横浜西口店
町田店

★ジャズ取扱店舗ブログ
新宿ジャズ館
JAZZ TOKYO
渋谷JAZZ/RARE GROOVE館
吉祥寺ジャズ館
大阪店

Page Top